“おバカトリオ”、CDデビューに感心
e0080345_18132134.jpgここのところ、なんとな~く「クイズ!ヘキサゴンII」、見てます。

だって、その、ゆるさ。脳天気さが、ハードで殺伐としたニュースが続いたあとでは、妙に気分なんすもの。

最近、やけにパワーアップしてる、終盤名物の、おバカ対決。ほとんど恒例化した、脱力級の無知の嵐!に「…これって、演出。はたまた、素?」と、感心しまくり、だったのですが

ちょっと前の週刊誌。「彼等彼女等。おバカであることで、芸能人としては、うんと得してる! だって、笑いはとれるし、画面に映る時間は長いし…」説に「なるほどなぁ」

しかし、その勢いでもって、その名も「おバカトリオ」
CDデビューの商魂たくましさには、( ̄□ ̄ノ)ノ
 
「…さすが、芸能界」と (゜◇゜;) だったのでした

思えば、マリリン・モンローの当たり役の大半は、「頭の軽い、ナイスバディ娘」だったけれど、これも、古今東西と問わない、ひとつの芸風なのでしょうか? うむむのむ
[PR]
by noho_hon2 | 2007-09-05 18:26 | テレビ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/6406627
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ハート at 2007-09-05 20:50 x
演出家 作家さんなどが 演出したもので、素じゃなのでしょうね。
きびしい 芸能界では才能がないとTVには出てもうけないでしょう
Commented by noho_hon2 at 2007-09-06 07:51
冷静に考えてみると、そうですよね>ハートさん。数あるクイズ番組。頭ひとつ抜けるには、やはり、特徴やアイディアが必要ですもん。

だけど、あれほど「周囲を納得させる」真に迫った演技、絶妙のタイミングで繰り出される、アチャラ方向な珍回答は、ある意味。尊敬に値する… かも (^。^*)
<< バック・トゥ・ザ・フューチャー... 男女の友情 (恋人たちの予感) >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
大河ドラマ『おんな城主直..
from レベル999のgoo部屋
【おんな城主 直虎】第3..
from ドラマ@見とり八段
居酒屋ふじ (第12話/..
from ディレクターの目線blog@..
おんな城主直虎 第38回..
from 事務職員へのこの1冊
NHK大河ドラマ「おんな..
from 真田のよもやま話
地味にスゴイ!DX 校閲..
from ぐ~たらにっき
『植木等とのぼせもん』 ..
from 美容師は見た…
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)