ハモネプ全国大会
e0080345_821461.jpgじつに久々… 5年ぶりだという、この名物企画。数々のプロを世に送り出し、アカペラ・ブームを起こし、「ボイパ」の存在を知らしめましたよね。

結局、腰をすえて、じっくり見られたのは、後半、というより、終盤付近。クライマックスも付近になってから、だったのですが… 想像以上に面白かったです。

やはり、頂上決戦レベルまでくると、かぎりなく、選曲がイノチ。どれだけ、それぞれの個性、持ち味とマッチしてるか、そのセンスが試されるものがありましたね。

当然、当面の目標は初戦突破ゆえ、最初に選んだ曲が最高の自信作!のは当然で、決勝戦での曲は、嬉しい予想外?! そこらへんの綾も、なかなかに興味深かったのでした。

印象に残ったのは、こういった、アレンジで再確認する、ヒット曲の仕組み。

なかでも、圧倒的・歌唱力で突き抜けてたもの。かなり、ビブラードをきかせまくった、独唱。歌い上げタイプの曲は、ハモりの美しさが醍醐味の場合、難しいんだなぁ、と妙に感心したりしてね。

具体的には、宇多田ヒカル、ドリカム、オフコース(小田和正)… 人を選びます

一世風靡で、ロングランを続ける定番の名曲だけど エヴァンゲリオンのオープニング・テーマン。「残酷な天使のテーゼ」は、やや切なさを含んだ、天空ボイス(むしろ、少年っぽい女性の高音)が合ってるんだなぁ、と、意外な発見。

男性コーラスでは、雰囲気が変わってしまいました。残念!

思えば、スマスマで、宇多田ヒカルがデュエットした際、SMAPと共演するには、彼女の声の特徴である揺れが、かなり「……」であったのも思い出したりしてね。

しかし、場合によっては、逆もまた真ナリ?! 

優勝者の面々。最初の曲は、どちらかというと、若い世代にはマイナー路線のナツメロ選曲(ひばりのヒット曲、等々)だったので「別の選曲で聴いてみたいナ」と思わせたのが、あるいは、勝因だった…かも

決戦では、難しさで定評の森山直太朗に、あえて挑戦。
それも、圧倒的・実力を信じ、ど真ん中・直球な歌い方に「へ~ぇ」

本職さえ唸らせて、感動させた顛末に「…なるほどなぁ」だったのでした。

個人的には、演出で異彩を放ってた、リクルート・スーツ姿に囲まれて、突き抜けたパフォーマンスで、ハジけまくり。周囲を圧倒し、笑いをとった彼女に、キャラとしての特別賞をさしあげたいような気がしました。

やはり、青春ものの醍醐味は、初々しさもさることながら、未知数と成長、かもしれませんね。往々にして、出演者達が、緊張のあまりガチガチなので、ネプチューンのゆるめで、すちゃらか。かなり、ユーモラスな司会がイイ味だしてた気がしました。

楽しめました。満足♪
[PR]
by noho_hon2 | 2007-09-19 08:26 | テレビ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/6484416
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from Simple*Life at 2007-09-21 23:04
タイトル : ハモネプ
を見た。 ネプリーグ・・・っていまやクイズ番組だけど・・・ 前ってハモネプとかやってなかったっけ? 私の記憶ちがい? でもそれが終わったのは今から6年も前だったんだね~。 あのころすごくすごく必死に見てた。 もちろん、この「ハモネプ」も大好きなコーナ...... more
<< あまりにも、見えすぎて!? 存在感 (探偵学園Q 最終回) >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
映画「青空エール」
from FREE TIME
おんな城主直虎第33回「..
from 森の中の一本の木
警視庁いきもの係 第7話
from レベル999のgoo部屋
日曜劇場「ごめん、愛して..
from レベル999のgoo部屋
大河ドラマ『おんな城主直..
from レベル999のgoo部屋
土曜ドラマ『ウチの夫は仕..
from レベル999のgoo部屋
青空エール
from 銀幕大帝α
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)