あまりにも、見えすぎて!?
e0080345_9301449.jpg大画面テレビがやってきて、3週間あまり…
素朴な感想、等々

これまで「もっと、よく見たい」って時は、ずずいと画面に寄っていく… もしくは、目を見開いてた気がするのですが、現在は、むしろ逆。

「寄る」より「引く」方が、むしろ「より、よくワカル」んですよ。これ、意外や意外!でした

それは、映画館でも、最前列や左右の端は、いまひとつ不人気
より「見えやすい、いい場所」は、やや後ろである理屈と似てるかもしれません

自然と「知らぬ間に、後ずさり。そういう場所に移動してしまう」のが不思議不思議…
身体センサー、おそるべし?!

それに、気のせいか、ダラダラ見ができなくなったような…
同じ映像でも、あまりにも情報量が膨大すぎるせい、でしょうか?

どういう訳か、本編より、ディテールの変なところが気になって気になって…

たとえば、メイク! そんなに明るい方ではないものの、ここまで「まざまざと見えてしまう」と、ただただ、感心させられるばかり。

沢尻エリカがエリカ様になりえたのも、もともとの素材と、勘の良さ、オーラや、怒濤のガッツもあるでしょうが、自分でも言ってた「メイクが好き。だから、大半は自分でします」って旨はダテじゃありません。

とくに、ローティーン頃の写真と比べると明白で、最近は、あゆと同様。その威力に目覚めるあまり、やや頑張りすぎかな?の感もあるのですが、目尻に入れたラインだけで、バランスが、これほど変わるものか… と感心したりしてね。

好対照なのが、ギャル曽根ちゃん。彼女の持ち味は、もちろん、その特技とキャラにあるのは間違いないのですが、「なるほど。ギャルメイクとは、こういうものか」と納得。その特徴は「かなり大胆な白(ホワイト)の入れ方にある」んですね。…初めて、よく理解できました。

その分、プロとしての自覚をもち、もしくは、本職を雇い、作り込んでもらったメイクとライトの効果がスタンダードになってしまうと、一般人や、ワイドショーに追っかけられる、白日のもとの姿に「……」

「…武士の情けです。ことに、アップは控えるのが、思いやりでは?」
と思ってしまう場合も、少なくなかったりしてね (^_^;)ヾ

映画のツクリとテレビの技、というか、映像テクニックが違うのも、大いに実感…

デジタル・ハイビジョン時代。いろいろな意味で、今後は作り手、見る側の意識や勘所が、思いもよらぬ部分で、大きく変化しそうな予感、ヒシヒシ
[PR]
by noho_hon2 | 2007-09-19 08:52 | パソコン、家電等 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/6484573
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from メイクの仕方で大変身!! at 2007-12-07 14:29
タイトル : 色んなメイクアップの仕方
ナチュラルメイク、ギャルメイク、ビジュアル系メイク、一重メイク、 コスプレメイク、などなど、上手にメイクアップして女の魅力アップ!... more
<< 「花ざかりの君たちへ~イケメン... ハモネプ全国大会 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
4号警備 総括
from ぐ~たらにっき
「緊急取調室 SECON..
from 三毛猫《sannkeneko..
貴族探偵 #06
from 刹那的虹色世界
貴族探偵 第6話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第6話
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 第6話
from ぷち丸くんの日常日記
アリス・イン・ワンダーラ..
from ★yukarinの映画鑑賞ぷ..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)