ちょい悪・ポジション
e0080345_17491814.jpgそういえば、「野ブタ。をプロデュース」がオンエアされた時、エンディング・テーマの「青春アミーゴ」 は、この年度、最大のヒットに。

時期的にも絶妙、だった関係。密かに、若い子ちゃん達から (イメージこわれるので) 「オジサンたちに熱唱して欲しくないナンバー」とされてたエピソードに、失礼ながらウケてしまったのですが

じつは、上の世代の心をも、わしづかみにした理由は、ちょっと懐かしめ。クサいぐらいの、昭和歌謡なメロディのみならず「地元じゃ負け知らず」の語が、キーワードだった旨も「…なるほどなぁ」と感心した記憶あります。

考えてみると、雑誌のあおり文句のみならず、男女老若を問わず、誰しも、「ちょい悪」の匂いって、憧れてしまうのかもしれませんね。

だって、ジョニー・デップが、若くて美形なオーランド・ブルームよりも、人気で圧倒してるのは、役柄のみならず、そこに微妙な「ちょい悪ティストが、あるか無いか」みたいな気がしますもん。

面白いなぁ、と感じてしまったのでした (^。^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2008-01-11 17:58 | 雑感 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/7077537
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by コロン at 2008-01-12 06:10 x
『青春アミーゴ』は確かに昭和テイストで、聴きやすかったですね…。

また、ジョニー・デップについて、昨日『チャーリーとチョコレート工場』をテレビで観ていましたが…改めて演技の幅広さを感じました。

確かに、ジョニーの魅力はチョイ悪風の部分もあるかもしれませんが…私は彼の眼にあるような気がしてなりません。

Commented by noho_hon2 at 2008-01-12 07:06
こんにちわ、コロン さん。「青春アミーゴ」は、耳馴染みの良さも秀逸だった気がします。このあたりの匙加減が、まさにジャニーズ、ですよね

ジョニー・デップについては… 言えてます言えてます。じつは私も彼のファンなのですが、やはり、あの目が素晴らしい! 「チャーリーとチョコレート工場」も見事、でしたね。

「シザー・ハンズ」では、美形封印してたけれど、目の演技だけで、すべてが成立してた気がします。ある時期、個人的には、あの天才ぶりに加え、ある時期。かなりヤンチャだった過去も、大いに糧になってるように思われるのでした (^。^*)
<< 2ちゃんねるTシャツ 「野ブタ。をプロデュース」再放送・2 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「ブランケット・キャッツ..
from トリ猫家族
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)