3分の法則
e0080345_17455497.jpgふと、耳にしたヨモヤマ話。人気バラエティ番組の制作者が、さまざまな経験。試行錯誤の結果。

「3分を、ひとつのタームとして、ひとくぎりとするリズムが、どうも1番、良いようです」みたいなオハナシが、うんと印象に残りました。

だって以前、あの伝説の番組。「ウゴウゴルーガ」を制作した方も、まったく同じことを言っておられたんですもの。(ひとつのコーナーを、テンポよく、3分で完結するのに徹したそうです)

ひとつには、こちらの基本は“子供がターゲットゆえ”だったのですが、それがオトナをも魅了したのが印象的ですよね。

子供もオトナも、生理的に心地よいリズム、みたいなものは同じなのかな?
どの世代も、無意識はコドモで出来ている?!

だから、往々にして子供の琴線に触れたリズム(とくに歌)は、大きなヒットになりえるのでしょうか?

個人的には、ゴールデンタイムで、長寿人気を誇る番組って「なんだか、中学校の教室みたいだなぁ」と感じることあります。

その和気藹々ぶりや、ヤンチャさ、脱線ぶり。ひょうきん者がいる一方、上手に舵取りする、先生や委員長的立場の方がいて、密かな憧れポジション。華的存在もいて… みたいな、配置の具合が

なんだか、面白いなぁ、と (^v^)
[PR]
by noho_hon2 | 2008-01-17 18:00 | テレビ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/7104047
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ヤッターマン、鬼太郎 人気者必至?! 川上未映子 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「ブランケット・キャッツ..
from トリ猫家族
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)