ボクらの時代 (川上未映子、しょこたん、竹熊健太郎)
e0080345_17394745.jpg芥川賞作家の川上未映子氏と、しょこたん、こと中川翔子。編集家の竹熊健太郎、が出演した「ボクらの時代」が、ものすごく面白かったです

さすが、突き抜けた方は、オリジナリティのパワーが違いますね。ビジュアル的にも、うんと贅沢感

まさに、「時の人!」である川上未映子をゲストに迎えた、ラジオやテレビの番組に、最近、よく遭遇。「ををっ!」と振り向いてしまうのですが… そのトークに、ハズレなし。

川上未映子、全身で現代を受信し、未映子カラーに変換のうえ、発信してる感、です。
関西弁もイイですね。新地勤めの経験をも糧とするバイタリティ。だけど、この不思議な透明感。あの篠山紀信、大絶賛の理由も、分かる気がして。

現代の樋口一葉と称されるのも、納得です

(しかし、ブログがじつは「売れないシンガーだった頃の、安上がりな宣伝活動目的…」ってのには、笑ってしまった。女性陣ふたり、部屋がカオスだそうだし)

そのトークでも話題になってた「「HEY!HEY!HEY!」での、しょこたん。
憧れの松田聖子に初対面の回なぞ、めちゃ傑作!でしたもんねぇ。

現役アイドルが、あそこまで舞い上がり、しかも自らの心境を絵で表現。「そこまでやる!?」の自己崩壊像(楳図かずお風)を描くこと自体、アッパレ、であります

知れば知るほど、タダモノじゃありません。

表現者として才能豊かな彼女が「あえて、明るいこと、嬉しいこと、元気な要素をピックアップすると、それによって励まされ、元気になれる」って、ブログのスタンス。分かる気がしたなぁ…

その昔。北杜夫や、狐里庵(こりあん)先生こと遠藤周作。ユーミンが、うんと明るい作風と、ダークでディープな路線なものを、交互に書くことによって「自らのバランスをとっていた?」そう

最近では、たけしが、映画とテレビの使い分けで、それをやってるみたいですが、ベクトル的には、その親戚に近いものがあるのかもしれませんね。創作パワーにあふれ、振幅が大きい方ほど、自らのチューニング法も独特なのかな?

女性陣ふたりに、抜群に華がある分。中和剤として、活性剤として(!)竹熊健太郎も、イイ味だしてました。プロの進行にない、面白い話が聞けた気がします。揃って、お母さん大好き!人間な部分とか…

こんな贅沢な企画を、こんなに朝早くにオンエアするのは、もったいないような…
だけど、見ることができて、超ラッキー気分です
[PR]
by noho_hon2 | 2008-04-29 17:47 | テレビ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/7838991
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 料理お役立ち情報 at 2008-05-01 21:18
タイトル : 鶏ささみ肉の梅味噌焼きのレシピ
朝の忙しい時間のお弁当作りに電子レンジは大きな味方! 観音開きした鶏ささみ肉に、たたき梅を混ぜた味噌を塗り、電子レンジで蒸します。鶏ささみ肉の梅味噌焼き レシピ★おいしいお弁当作りのコツ!・このまま蒸した状態でも充分、おいしく召し上がっていただけるのですが、オーブントースターで少し焼き色をつけることで見た目にも食欲をそそる一品となります。◆材料(2人分)・鶏ささみ肉・・・2本・梅干(柔らかいタイプのものがよい)・・・1個・青じそ・・・少々・みそ・・・小さじ2◆つくり方1.鶏ささみ肉の下ごしらえをします...... more
<< ラブ ジェネレーション お気に入り >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「ブランケット・キャッツ..
from トリ猫家族
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)