菊池桃子はエライ
e0080345_8124097.jpgここのところ、新曲を発表した関係か、かなりの勢いでテレビ(の歌番組)に出てる菊池桃子

彼女を紹介する際、改めて、その歴史というか、昔の映像が出てくると、あらためて「…す、すごい!」と感心してしまいます

松田聖子もエライけれど、別の意味で、彼女もグレイト!

だって、デビューは1983年ですから、じつに、四半世紀前とは

   w( ̄o ̄)w オオー!

もちろん、昔の初々しい姿も素敵ですが、今もかわらず、アイドル・オーラ
可愛い中にも、女っぷりが増して、じつにチャーミング、なんですもの。

十年以上の結婚生活にもかかわらず… というより、むしろ、結婚や出産が、むしろ“感じの良さ”に拍車をかけ、とても追い風になった意味では、最高に成功した例のひとつ、かもしれませんね。

バラエティで、所帯話をしても、ちっともイメージダウンにならない、どころか、「ほ~ぉ、彼女には、もう小学校6年生の息子さんがいるのですか」と驚嘆したり、「こんなお母さんがいたら、さぞジマンだろうなぁ…」とため息でたり

どこか夢物語っぽく、微笑ましい図が浮かんでしまいます。

残る人、第一線であり続ける方の資質は、オリジナリティと別格感なのかな?
それと、(相手に抱かせる)独特のイマジネーション、なのかも

考えてみると、デュエット相手の鈴木雅之も、圧倒的・歌唱力と、ぶっちぎりの個性、という意味では、そのものですもんね。

「恋のフライト・タイム〜12PM〜」、ちょっとオトナの曲なんですか、彼女が歌うと、不思議とファンタジーっぽくなってしまうのが (^。^*)でした。
(紅いドレスが、とても、お似合いです)

歌う人物によって全然、違ったニュアンスになりそう…

はたして、「渋谷で5時」みたいにヒットするかな?
興味津々
[PR]
by noho_hon2 | 2008-05-30 08:23 | テレビ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/8034075
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 全国日帰り情報 at 2008-06-10 18:21
タイトル : 日帰り旅行
日本各地の日帰り旅行・温泉・ドライブ・キャンプ情報です。旅のお供にご利用ください。 掲示板は随時、更新しますのでぜひご覧ください。... more
<< どこを、カット? (古畑任三郎) 紫陽花もブルブル >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
TOO YOUNG TO..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)