キムタクドラマ、じゃないけれど
e0080345_8345684.jpg実家の母とのヨモヤマ話から
思わず考えさせられたこと。

いっとき、よく連呼してたのは
「オトモダチが欲しいわ~っ」
ん?

「いや、世間話をする相手は沢山いるんだけど、話してキモチいい。ちょっとワクワクするような話相手ってのは、そうそう見つからなくて…」に「…なるほどね」

とくに、オウチの事情、知識欲はあれど、学校へ行けなかった分。(本を読むような)知的な友人に憧れてた母は、ふとした縁。やっと見つかった友人に、それはそれは喜んでたのですが、今度は「なんでもないことだけどねぇ…」

どうも、意気投合のあまり、お気に入りの本を交換する仲に。
ところが、読書の趣味、というかツボみたいなものが微妙に、というより、かなり、くいちがってるよう、なんですよ。

とても朗らかで快活。いろいろ苦労なさった分、情も細やか。前向きな姿勢といい、きわめて好人物。願ってもない相手みたいですが、お気に入りの本というのが… 

ひとくちにいうと、ハランバンジョー系 (^ー^;)ヾ

かぎりなく、実体験的「こ~んな途方もない難儀が、次から次へとふりかかり…」路線。察するに、そこから突き抜けたサムシングが感動を呼ぶ醍醐味?!

母は、同じ苦労人でも、そういうのは、読んでて身につまされ、気が滅入るクチ。
よって、なんで、わざわざ… と、頭が疑問符だらけになってしまい、でも、言うは野暮だし… と、モヤモヤ。つい、身内にボヤいてしまった模様

どちらかというと、母は川柳みたいな、軽くてユーモラスなものが好きなんですね。
「話してる分には、あんなに爽やかなのに…」と不思議でたまりません。 

私が「きっとね。その方にとっては、“そういうので、うんと癒される”のよ。心の中でエールしてる内、自身が元気で爽やかになれんだと思うナ。きっと(いわば、暑い場所での熱いミルクティー。チャイ効果?)」というと
「なるほどねぇ…」

えらい感心されてしまい、逆に、コチラがビビってしまったのでした。

でも、そういうことってありますよね。
その人にとっては「これが、たまらん」ってものが、別の人には、逆方向に作用してしまうことって。

キムタクドラマじゃないけれど、「大切なのは“人と自分は違う”ことを理解すること」
ついつい忘れてしまいがちだけど、年齢、境遇、関係ナシに、1番、重要なこと、かもしれませんね

思わず、反省ともども、考えてさせられたのでした
[PR]
by noho_hon2 | 2008-06-13 08:24 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/8120613
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ハーブ にゃんこ、カルテット >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
青空エール
from 象のロケット
Baker busine..
from Baker business..
Plant busine..
from Plant business..
映画「青空エール」
from FREE TIME
おんな城主直虎第33回「..
from 森の中の一本の木
警視庁いきもの係 第7話
from レベル999のgoo部屋
日曜劇場「ごめん、愛して..
from レベル999のgoo部屋
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)