攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 最終回
e0080345_13361457.jpgやっとこさ、念願叶い、通して見ることができました。
そして、ようやく片鱗が見えた感…

瓦礫の下に閉じ込められた、クゼと少佐。
その、束の間の静かな時間… 切なすぎます

最初の(笑い男)バージョン「STAND ALONE COMPLEX」の時も、そうだけど、またまた、タチコマがぁ… (ノω・、) ウゥ・・・

機械達の純情、という意味では、プロトくんの
「なんてことだ 君たちにはきっと ゴーストが宿っているんだね・・・」も泣けたし

クライマックス。「素子ぉぉぉ!」と叫んで、突撃していくバトー
その、密かな想いもまた、緊張感に満ちた、ドンパチの中。人間模様が光ってます
動と静のコントラスト。機械と生身の間のデリケートさがきわだってること。

しかし、素子さん。
「あらそう。なら、死になさい!」は、凄すぎ ヾ(≧▽≦)ノノ))

総理が女性って発想からして斬新だし (SPは、その影響をうけてたのかな?)
ハードボイルドに、タフな女性は、よく似合う?!

映像センスの秀逸さもさることながら、未来を予見したストーリー、ディテールが、ひたすら、アングリ・レベルでした

もしも、手塚治虫が生きていたら、いっとう、めらめらなったのは、宮崎監督と、この士郎正宗、あ~んど、押井守、だったかもしれませんね。
世界中の表現者がガツンとなり、影響されたのも、よく分かる気がして

圧倒的・才気に、ただただ、脱帽…
[PR]
by noho_hon2 | 2008-07-03 08:35 | アニメ・コミック | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/8237680
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< コード・ブルー ~ドクターヘリ... モンスターペアレント >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
TOO YOUNG TO..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)