プロフェッショナル 名人戦 森内俊之 VS 羽生善治
e0080345_983710.jpgパッと見、弁慶 対 牛若丸?!

風貌、性格、将棋の特徴、等々… あらゆる意味で、きわめて対照的な、おふたかた

文字通り、宿命のライバル。ハンパな創作やエンタメ。裸足で逃げ出しそうな面白さ
そして、途方もない迫力!でした

おなじ天才でも、早熟で、閃きの羽生善治名人に対し、
遅咲きで、どっしり&じわじわと迫る、重厚な将棋をさす、森内俊之九段

その出会いは、なんと27年前。小学校4年生だった、というから驚きです。
じつに中3でプロデビューした羽生善治に遅れること1年半後、森内も同じ世界に

お互い、ハンパでない「負けず嫌い」と称するのも分かる気がして…
(過去に負けた形成を、わざと再現し、あえてリベンジするあたり、似た者同士で可笑しい)

羽生善治が、20代前半。破竹の勢いで、記録を塗りかえつづけ、ついに前人未踏の7冠をうちたてた頃のことを「神がかってた」というぐらいだから、よっぽど、だったんでしょうね。

しかし、その頃、森内俊之は大スランプ。かなり長いトンネルを彷徨い、やがて、ふっと突き抜けたとき、「何かが変わり」急成長。やがて、森内のほうが先に永世名人の座に輝いたんですから、これもまた、あまりにも劇的です。

(しかし、ひとつの対局が、じつに20時間前後に至る、とは知らなかったぁ。超人!)

流れがギリギリの攻防に至ったとき、羽生の指が、ブルブル震えるさまに「エエ~~ッ!」

もちろん圧巻は、終盤の宿命の対決、でしたが
個人的には、それぞれが、それぞれの印象を語ってたのも興味深くて

羽生は森内を「いろいろな意味で、自分にないものを持ってる人」と称し
森内は羽生を「自分を、ここまで導いてくれた人。恩人…」とコメントしてたのに、思わず、ジーーン

文字通り、天才 対 天才
しかし、そういう相手が偶然。同世代で「巡りあえる」こと。
「あいまみえる」ことができたのは、奇跡であり、とても幸福なこと、ですね。

微妙に分野は違えど、先日まで「ヒカルの碁」再放送をずっと見てて、先週。最終回に感動しただけに、いやがうえでも、ヒカルとアキラを連想。よけいに感慨もひとしお、でした

テレビで見守る関係者、ギャラリー達が固唾をのんでる中、緊張の場。対局してる2人が、ふと「笑ってるように見えた」のが、うんと心に残ることしきり。

いや~~、いいものを見せてもらいました。
いろいろな意味で、感慨無量… (((o(^。^")o)))
[PR]
by noho_hon2 | 2008-07-16 08:41 | テレビ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/8311539
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from エリのささやき at 2008-07-16 15:35
タイトル : NHKプロフェッショナル (棋士 森内俊之VS羽生善治)
今週は名人戦の模様を2ヶ月に渡って追ってくれたということで1時間の番組になっています。 ... more
<< ツナちらし寿司 学校じゃ教えられない! >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「ブランケット・キャッツ..
from トリ猫家族
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)