指先の貴公子
e0080345_1755401.jpg第32回モントリオール国際映画祭で、最高賞のグランプリを受賞した「おくりびと」ですが

物語を誉める傍らで、ラジオでも、新聞でも、たしか、他のメディアでも一様に、主演。本木雅弘が演じる主人公の、指先(の動き)が美しいと誉めてたのが印象に残りました

きけば、彼自身。とても、そのことには気を配ってた模様。さすが、役者魂!であります。

あと、個人的に、物語の中。すごく「指先に惚れ惚れ…」といえば
「愛していると言ってくれ」のトヨエツ(豊川悦司)の指先!

ものすごく雄弁でエレガント。そして、せくすぃ、でした。何度みても惚れ惚れ…
特に、物語の特徴から“言葉にたよらない”分、なおいっそう、その表現がひきたってた気がします

思うに、ヒットしたサスペンスの要になる人物も、とても指先が印象的ですよね
(「あと、ひとつ…」と、指を立てる仕草、等々)

要所要所で、とても優雅で印象的。決まってます。
古畑任三郎といい、杉下右京といい…
ジェレミー・ブレットのホームズも、そのあたり、抜群!

なにげに、このあたり。人の心を貫くのでしょうか?
なんだか大いに興味深いです。
注目してみる価値ありそう、ですね (^ー^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2008-09-12 18:21 | 雑感 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/8603969
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ふゆこ at 2008-09-12 21:23 x
激しく同意しますっ
愛しているといってくれのとき
手話の指先に惚れましたっ
送りびともみたいですっ
うー(^_^)v
Commented by noho_hon2 at 2008-09-13 07:00
わぁ、共感してくださる方がいて、嬉しいな♪>ふゆこさん
そうなんですよ。本当に、あのドラマ。思いを“伝える”ことの大切さと、その意味を問いかける意味で秀逸だったし、軸をなす常盤貴子, 豊川悦司の表現方法が、全身型の動と、集中型の静、だったのも素敵なコントラストでした。

素朴な話。女性は男性の“指に”キュンとしたり、ハッとさせられる瞬間。それだけで、既に、かなり“心つかまれて”ますよね。私も、そういう意味で「おくりびと」に興味津々
<< H&Mに大行列 豪快な殺人?!  >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
カンナさーん! (第6話..
from ディレクターの目線blog@..
コード・ブルードクターヘ..
from レベル999のgoo部屋
「コード・ブルー-ドクタ..
from 三毛猫《sannkeneko..
【コード・ブルー-ドクタ..
from ドラマ@見とり八段
コード・ブルー3 第6話..
from 平成エンタメ研究所
コード・ブルー~ドクター..
from ディレクターの目線blog@..
青空エール
from 象のロケット
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)