そうだったのか「ベン・ハー」
e0080345_749045.jpg言わずとしれた、史上最多、アカデミー賞11部門受賞 映画史上に燦然と輝く史劇スペクタクルの最高峰!

この記録は、『タイタニック』(1997年)、『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』(2003年)がタイ記録を樹立するも、破られていないんですってね。

ああ、我ながら、なんという鳥頭…
(3歩あるくと、忘れる)

何度も見てるはずなのに、同じチャールトン・ヘストン主演の『十戒』、おなじような服きて、波瀾万丈する「いまに見ておれ!」物語。『グラディエーター』と、思いっきりごっちゃになってて、笑われたのでした

「エーーッと… 杖をふると、海がパカッと割れるのが十戒だってのは、まだしも分かるんだけどぉ… 馬車レースは?」
「それは、『ベン・ハー』」

「奴隷船は?」
「それも、『ベン・ハー』」

「なまじ、優秀だったがゆえに、嫉妬されて陰謀にあい、不幸のズンドコ。底辺までおちて、のしあがって、勝負するのは…」
「それは、たぶん『グラディエーター』!」

「あい~ん、服や顔が一緒だと、まざっちゃうよ~~っ」
と嘆くと「こらこら…」だったのでした (^-^;)ヾ

よって、解説付きで“ちょっと解説してもらう”つもり。さわりだけ見ようとしたら、ハマるハマる… だって、ちっこいテレビでしか見たことなかったので、豆粒みたいだったのが、デカくなると、CG全盛の現代では考えられない、“ディテールの生身感!”に圧倒

    w( ̄o ̄)w オオー!

ガレー船の木槌の音。「コン、コン…」に、脳天気に、ふたりしてハモり
「お~~っ、運動部のシゴキだシゴキだ~~っ」
「馬力ならぬ、ウン人力? 船の性能たしかめてまんな~」とか
しょ~もないこと、ペチャクチャ喋りながら

結局、クライマックスの馬車レース直前まで、見てシマッタのでした

あまりにも盛り沢山、だったので、緊張のとける珠玉シーンで、思わずコックリ… なってしまい「こら、寝るな~~! 1番いいとこなのに~~」と、雪山の遭難救助みたいに、頭うりうりされたりしてね。すみませ~ん

また、冒頭クレジット。「えっ!? ウィリアム・ワイラー 監督って… 『ローマの休日』の監督さん?」と、のけぞってみたり。

調べてみると、1925年にも、助監督として製作にたずさわり、『ベン・ハー』とってたんですね。してみると、執念のリベンジ編?! 誰かの「そりゃ、知り尽くしてる分、完全版、撮れるわな」説に、思わず、ブハッ!

う~ん、おもいがけず、画面がデカくなる。
ネット方面から、いろんな豆知識が入ってくる…
以前だと考えられない、また違った楽しみ方がヨイですね。

個人的に意外や意外!だったのは、ずっと「なんて、憎々しい奴… 」と思ってた、敵役のメッサーラが、じつは、当初は、肩を抱いて再会を喜ぶ仲。

案外。きわめて小心な、人間臭いヤツだったのかも、と感じたりして。
(彼を演じた、スティーヴン・ボイド。『ミクロの決死圏 』にも出演してたとは!)

お楽しみにとっておいた、戦車レースが楽しみ楽しみ (^ー^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2008-09-16 08:13 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/8621094
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< スワニー元町店 男性が母性に弱いのはなぜ? >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
TOO YOUNG TO..
from だらだら無気力ブログ!
『WALL・E ウォー..
from こねたみっくす
「警視庁捜査一課長 se..
from 三毛猫《sannkeneko..
映画評「TOO YOUN..
from プロフェッサー・オカピーの部..
警視庁・捜査一課長 Se..
from ドラマハンティングP2G
『TOO YOUNG T..
from みはいる・BのB
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
ソースさんの恋「彼女がソース..
at 2017-06-23 07:45
警視庁・捜査一課長 Seas..
at 2017-06-23 07:41
ウォーリー (2008)
at 2017-06-22 07:45
蜜のあわれ (2016)
at 2017-06-22 07:21
MONSTERZ モンスター..
at 2017-06-21 07:37
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)