48時間PART2 帰って来たふたり
e0080345_852963.jpgすごく些細なことですが…

パート1(82年)は、最初に「ニック・ノルティ」の名前が出てくるのですが、このパート2(90年)になると、冒頭。いきなり、エディ・マーフィ・フィルムだったのに、ブハッ!

特に、最初のを見てると、かの大ヒット作品。「ビバリーヒルズ・コップ(84年)」の原点は、ここにアリの感ヒシヒシ… 

調べてみると… この作品では、エディ・マーフィ・原案。最初の作品で脚本、および監督だったウォルター・ヒルを筆頭に、生田の面々が「キャラクター創造」担当になってたのに、妙にウケた!のでした

それだけで、ギョーカイの力関係。裏事情、等々がうかがえ?ますよね

江戸っ子・真っ青に喧嘩っ早い、はみだし刑事ジャック(ニック・ノルティ)と、服役中の、口八丁・すちゃらかレジー(エディ・マーフィ)の迷コンビ・復活。

なにかというと、派手にポカスカ。人も、容赦なくバカバカやられちゃうけれど、ここまで軽いノリ。徹底的だと、ほとんどチャンバラ感覚?!
洋の東西を問わず、「徹底娯楽は、こうでなくっちゃ」と感じてしまいます

ごつごつ岩のようで直情型。無骨なジャックと
脳天気な、おとぼけキャラ。しなやかな動きで、喋りまくるレジー

こういう、組み合わせの妙。掛け合い漫才チックなトークで“笑い”をまぶしたのは、画期的だったかな?と、改めてみると「へ~っ」

やはり、面白いのはパート1だけど、頭からっぽにして楽しむには最適
動きと喋り… 娯楽の、大きな魅了ポイントであるのを、改めて実感 (^ー^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2008-09-24 08:30 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/8659793
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< オペラ座の怪人 雨に唄えば >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
民衆の敵~世の中、おかし..
from ぷち丸くんの日常日記
民衆の敵~世の中、おかし..
from ディレクターの目線blog@..
民衆の敵~ふざけんな! ..
from 平成エンタメ研究所
大河ドラマ『おんな城主直..
from レベル999のgoo部屋
おんな城主 直虎 第42..
from みはいる・BのB
おんな城主直虎 第42回..
from 平成エンタメ研究所
NHK大河ドラマ「おんな..
from 真田のよもやま話
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)