「shall we ダンス?」ふたたび
たぶん、我家的に、もっともリピート率の高い、大好きな作品。BSでオンエアされた嬉しさ。また、大喜びで見いってしまいました。(前回のレビューはコチラ

e0080345_16444117.gifやはり、この作品に漂う、映画的な幸福感… 日常のほんの半歩先にあるファンタジー性や夢、微妙な機微。成長要素がたまりません。

とくに導入シーンの見事さ。その灯りが、最後の伏線にもなってるあたり、何度みても唸ってしまいますよね。素晴らしいです

通勤シーン。自転車をこぐ姿だけで、その折々のキモチや周辺にある“多くのもの”を表現してしまうあたり、やはり、サスガ、役所広司。

e0080345_951562.jpgヒロイン。舞を演じる、草刈民代
その存在感と、なにげない立ち姿だけで、無二の輝き

その持ち味を上手にひきだす、キャスティングが、じつに絶妙
彼女がクールでスレンダーな分。たま子先生と、杉山・妻を演じる、原日出子のふっくらとしたあたたかみ。

それが、若さによる未熟さ、一本気に対する、オトナの余裕と包容力でヨイです。

主人公、杉山が、生真面目でシャイ。清潔な分。
竹中直人と渡辺えり子の、突き抜けたコンビ(!)がうみだす、ユーモアと躍動感
なにげに探偵。柄本明も、じつに味だし 

とくに、リメイク版の「Shall We Dance?」(レビューはコチラ)を見ると「それはそれでアリ」なものの、なおさら、その美点。長所にうなってしまうばかり

あらためて堪能しました。満足 (^-^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2008-10-26 10:34 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/8828627
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 王様と私 リボルテックエキスポ08 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
彼らが本気で編むときは、
from あーうぃ だにぇっと
陸王 (第9話/25分拡..
from ディレクターの目線blog@..
刑事ゆがみ (第10話/..
from ディレクターの目線blog@..
コウノドリ #10
from ぐ~たらにっき
コウノドリ[2] (第1..
from ディレクターの目線blog@..
「相棒 season 1..
from 三毛猫《sannkeneko..
コウノドリ2 第10話
from ぷち丸くんの日常日記
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)