石川鷹彦は天才である (みゅーじん/音遊人)
e0080345_844479.jpg惜しむらくは、見たというより、なんとな~く用事をしつつ「聴いてた」ので、詳細は、よく分からなかったのですが

「みゅーじん/音遊人」という番組
石川鷹彦の回が、印象にのこりました

特に驚いたのは、フォークソング全盛時代の名曲。誰もが1度は耳にしたことある、イントロ部分…

具体的には「神田川」の冒頭。印象的なマンドリンを筆頭に(もちろん、間奏も)
「22才の別れ」「旅の宿」「あの素晴らしい愛をもう一度」「チャンピオン」などなど。
全部。彼の手によるもの、だったんですってね

    ( ̄◇ ̄;) …ス、スゴイ…

しかも、それをして、石川氏の笑いながら、軽く語ってた、なにげないヒトコト
「“どうだ、うまいだろ~!”とやるとダメなんですよ。それを感じさせない、一歩手前で止めるのがコツなんですよね」に感動おぼえることしきり。…深いです

美しく、印象に残るメロディラインもそうだけど
このあたりの匙加減。勘所に、天才をひしひし…

しかも、当時の、多くのギター少年のキモチを代弁するかのように、アルフィーの坂崎幸之助いわく。「あの音色に、それはそれは憧れて… だけど、どんなに練習しても、同じ音は出せないんですよ。

そして、おそらく、このギターを彼に渡したら、全く違う音… 彼でしか出せない音がでると思います」みたいな台詞に、また感心してしまったのでした。

それ、分かる! 同じ楽器から、全然、違う音が出る瞬間を、何度も目の当たりにしましたもん。(同じメンバー。違う指揮者でも… って、小学校時代。合奏団にいた頃の経験ですが)

手掛けた作品、じつに3000曲以上。結果、指が変形してるほどなのに、それでも
「まだ、(たかだか)40年」と軽やかに笑うあたり、ますます頭がさがります

同時に名曲は、作詞作曲。歌い手のみならず、こういうアレンジャー等々
さまざまな方々の結晶でもあるんだなぁ、と再確認。ハハッ~~ツ
[PR]
by noho_hon2 | 2008-10-30 08:19 | テレビ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/8856271
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 両さんのガンダム講義に大爆笑 スロー筋トレで脳をだます?!(... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
民衆の敵~世の中、おかし..
from レベル999のgoo部屋
民衆の敵~世の中、おかし..
from ぷち丸くんの日常日記
民衆の敵~世の中、おかし..
from ディレクターの目線blog@..
デスノート Light ..
from だらだら無気力ブログ!
デスノート Light ..
from 西京極 紫の館
陸王 第5話
from MAGI☆の日記
おんな城主直虎 第46回..
from 事務職員へのこの1冊
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)