「のうだま」と向田邦子
「のうだま―やる気の秘密」の新聞広告に、思わずウケて!しまいました

いわく。やる気をださせるのは「脳をだませばいいのです」
その「スイッチをいれる」ノウハウ… 誰でもできるテクニックを紹介

「海馬 脳は疲れない」(糸井重里との共著。感想はコチラ)の池谷裕二が、脳医学的にも解説し、それを「キッパリ!」や「スッキリ!」をヒットさせた、人気イラストレーター・上大岡トメが、ユーモラスに分かりやすく図解… さわりがチラッと載ってたのですが、ひとつでもマルならOKの模様

「からだを動かす」      →脳の「運動野」にあるスイッチが入る
「いつもとちがうことをする」 →「海馬」にあるスイッチが入る
「ごほうびを与える」     →快楽によって入る。「テグメンタ」にある
「なりきる」          →「前頭葉」にあるスイッチが入る

ねっ、ねっ、面白くないです? これだけでも、「なるほどなるほど…」と大いに盛り上がったのですが、なにより、その要をなすポジション。スイッチの位置が、淡蒼球… ちょうど眉間あたりに存在する、との説に、おもわず膝ポン!

だって、向田邦子のエッセイに、思いっきり似てる印象的なくだりがあったんですもの。
要約すると、彼女は大の「食べること」好き。その探求に全身全霊を傾けた模様、だったのですが、その「味を把握する」ことに際し

集中すると、エネルギーが集まり、ビー玉ぐらいのサイズになり、このポジションにす~っとくると「覚えたぞ!となります」との描写。いたく感心させられたのでした。

それにしても、印象に残る、大きな広告だったなぁ…
(出版社の期待がうかがえます)
本も売れそうだし、評判になりそうな予感ヒシヒシ

(写真:初音ミク・オルゴール… ネギもって踊る彼女も、ついに三次元化!)
e0080345_11125393.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2008-12-14 11:16 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/9204869
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 真央 vs キム・ヨナ 韓国... 「赤い糸」プロジェクトを心配する >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「ブランケット・キャッツ..
from トリ猫家族
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)