犯人役は大成する?!
ふと思ったことですが…

若い頃。あるいは駆け出し時代。犯人役で高く評価された方って、ビッグになる可能性・大だと思いません? それも、かなり非情だったり、異常性がきわだつほど、ポイント高い?!

たとえば、緒方拳の「復讐するは我にあり」
水谷豊の「青春の殺人者」…

トヨエツや織田裕二も、デビュー当初は、犯人役を演じてるのが印象的

渡部篤郎も、大きく注目されたのは、ストーカー役から、じゃなかったっけ?
草彅剛も「沙粧妙子-最後の事件-」では、連続婦女暴行犯を演じてます

考えてみると「古畑任三郎」も、面白さの半分以上は、ゲストである犯人ぶりに、かかってるように思われて

悪を演じてこそ、俳優としての資質・充分、なのでしょうか?
ちょっと面白いなぁ、と感じてしまったのでした

(ピークは過ぎたけれど、まだまだ紅葉が鮮やか)

e0080345_18301196.jpge0080345_18302979.jpg
[PR]
by noho_hon2 | 2008-12-18 18:38 | テレビ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/9234641
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 風のガーデン 最終回 H&M って、こういう感じ >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「ブランケット・キャッツ..
from トリ猫家族
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)