が〜まるちょば、夙川アトム
e0080345_17503429.jpgやはり、言葉を使わず、徹底的に“動きのみ”
パントマイムで笑わせる、が〜まるちょば、強いですよね。

まず、海外で大評判になり… って快進撃の理由、分かる気がしました

以前、朝のニュースの注目コーナー。ゲストに招かれ、芸を披露したのち、インタビュー。お国柄の違いによる、反応の差エピソードが興味深かったのですが

(韓国のリアクションは、途方もなくパワフルで、日本は、ややシャイ、ってのも可笑しかった)

今日は、いいともに出てて、うわおっ!
ミスター・ビーンにも通じる(国境ナシな)この芸風。ブレイクの予感ひしひし

ラジオを聴いてたら、売れてるヒトのリズムってある、みたいなオハナシが心に残りました。言えてますよね

(例として、今をときめく、東野圭吾の小説をひきあいに出してて「…なるほどなぁ」。ガリレオ・シリーズ。最新作には、ドラマのオリジナル・キャラであったはずの薫が登場してて「…ん?」だったって、ヨモヤマ話も、興味深くて)

リズムで… って意味では、昨日。ザッピングしてる時、偶然。目にした、夙川アトム。斬新だなぁ、と感じました。

だって、ビジュアルといい、言葉といい、こてこてなまでに「一昔前の業界人」ってネタで笑わせるんですもの。

ものすごい「さかさま言葉」! 正直いって、かぎりなく意味不明なのに、なんか可笑しい。誰もが知ってるオトギ話を紙芝居で見せつつ… って工夫は、アイディア!

昔。タモリの芸で、意味不明な外国語を駆使して笑わせてた気がするのですが、それに通じるものがある? 個人的に、注目株です (^v^)
[PR]
by noho_hon2 | 2009-01-16 18:06 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/9424037
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ゴジラもマスク ひとつ屋根の下2 (アンちゃん... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
映画評「TOO YOUN..
from プロフェッサー・オカピーの部..
警視庁・捜査一課長 Se..
from ドラマハンティングP2G
『TOO YOUNG T..
from みはいる・BのB
WALL・E ★★★★★
from TRIVIAL JUNK B..
蜜のあわれ
from 映画的・絵画的・音楽的
【フランケンシュタインの..
from ドラマ@見とり八段
「蜜のあわれ」
from 元・副会長のCinema D..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
ソースさんの恋「彼女がソース..
at 2017-06-23 07:45
警視庁・捜査一課長 Seas..
at 2017-06-23 07:41
ウォーリー (2008)
at 2017-06-22 07:45
蜜のあわれ (2016)
at 2017-06-22 07:21
MONSTERZ モンスター..
at 2017-06-21 07:37
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)