しょこたん、80年代の聖子ソングに大感激
e0080345_804928.jpg思えば90年代はじめに発表された、矢沢あいの「天使なんかじゃない」(感想はコチラ)が、今も変わらぬ人気をはくしてる、との噂に「へ~ぇ」だったのですが

しょこたんぶろぐ。「黄色いカーディガン」で、松田聖子、83年の歌声の歌声。それも、ウブで純粋な片想いの情景を歌ったものを、

「神神神神神神 ・゜・(つД`)・゜・神神神神神神神すべてにおいて神」と、いかにも彼女らしい語彙と表現を駆使して、大絶賛してるのに感動おぼえました

(心の高鳴りを、オリジナルな感性。皮膚感覚で表現してるのが素晴らしい)

私も聖子ベストワンは、オールタイム「赤いスイートピー」だもんなぁ

案外、そんなもの、かもしれませんね
あの藤子不二雄 先生が「ドラえもん」世界。延々と「公園の土管」を描き続けたように…

トトロの田園牧歌世界が、海の向こうの方にもワカルように、シャーロック・ホームズの時代を知らずとも、霧に満ちたシックな街並みが浮かぶ、この不思議…

現代の最前線をいき、そういうツールを駆使した結果。現代の寵児・しょこたんの琴線に響く、80年代女子の、あまりにもシャイで、やわらかい心。

洗練とスタイリッシュな作風でファンを惹きつけつつも、なぜか不動人気の、シンプルな王道作品。「天ない」ワールド

(キムタクに「ロンバケ」、最近では「はねトび」もそうだけど、なぜか愛される存在は、3~4文字に縮められるのは、法則?)

時代と表現って、そういうものなのでしょうか?

作者が明かした「ガラスの仮面」こぼれ話。長いオハナシになりそうば場合。「意識的に流行をとりいれない」エピソードには笑っちゃいましたがね

なんだか面白いなぁ… と感じてしまったのでした
[PR]
by noho_hon2 | 2009-02-04 08:14 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/9537426
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 表現の才人はオコサマ・パワー?! 恵方巻 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
【コード・ブルー-ドクタ..
from ドラマ@見とり八段
ウチの夫は仕事ができない..
from ぐ~たらにっき
ウチの夫は仕事ができない..
from ぷち丸くんの日常日記
居酒屋ふじ (第7話・2..
from ディレクターの目線blog@..
下北沢ダイハード (第5..
from ディレクターの目線blog@..
「新しい靴を買わなくちゃ」
from ゆっくり歩こ。
金曜ドラマ『ハロー張りネ..
from レベル999のgoo部屋
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)