バクマン
e0080345_15232223.jpgあの「DEATH NOTE」コンビ。原作・大場つぐみ、作画・小畑健のタッグで描かれる、現代の“まんが道”という評判から読んでみたのですが…

いかにも14歳の中学生らしい、少年の純情と、この年代ならではの屈折や自意識過剰。夢みるパワーにあふれたエネルギッシュさ、等々。

「うんうん、こういう年齢の頃があったあった…」と、思春期気分にニマニマ。その「あったら、いいな…」なドリーム要素とシビアな現実をすくいとってる意味で、

個人的に、先日よんだ「天使なんかじゃない」や
(こちらは、女の子の夢と憧れ。等身大が、ぎゅっと詰まってる)

先に漫画家となり、栄光と挫折、無念を抱えつつ夭逝した、おじさんという存在。および、設定に、ふと片鱗だけど「ヒカルの碁」が脳裏をよぎることしきり

(序盤には、かるい「デスノート」のパロディ要素もあり)

その、おじさんが、密かな純情を捧げた文通相手。思い人でもあった女性の子供である美少女(可愛い♪ 少年漫画の王道ですね)に、甥である彼もまた想いをよせたり 

秀才で、頭がキレて分析力と情報量があり、オハナシが作れそうな、秀才少年と、おじさんの天分をうけつぎ、絵が描ける子の二人組という関係も、いろいろな意味で面白かったし、ほどよく、今風な情報も満載。リアルを盛り込んでるあたり「…なかなか」

一部の噂では、原作の大場つぐみは、ジャンプ史上に残る、絵はトホホだった漫画家さんではないか、とネットでは実名も飛び交ってるみたいですが、そういう要素を楽しみつつ、連載してるあたり、もはや遊び心。プロ根性だなぁ… と感心。

どのように展開していくか、先が楽しみです
[PR]
by noho_hon2 | 2009-02-12 14:40 | アニメ・コミック | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/9592104
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from うがいしてますか? at 2009-02-16 07:54
タイトル : ちと遅いが話題の「バクマン。」を読む
とんと御無沙汰。半月ぶりの俺です。 週刊少年ジャンプから離れて早四年ほど。 個人的には興味薄になっていたジャンプですが最近友人との漫画トークでちらほらと話題にでてくるのが「バクマン。」。 これが脈..... more
<< ふたごの不思議に学べ! “神の雫ワイン”が市場から消えた!? >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
TOO YOUNG TO..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)