ロッキー
e0080345_1636355.jpgし、知りませんでした
真面目に見たら、めちゃくちゃ、よくできた人間ドラマでもあったのですね。

先日、偶然。新聞で読んだ、この作品に関するエピソード。シルヴェスター・スタローンには、かなり長い不遇時代があったこと。それを経て、自らを投影しつつ?書いた脚本であること。

それを持ち込んだら、大いに評価されたものの「映画会社が考えるスターが演じる」のが納得できず、根性で主演してしまい、大快挙!(なにせ、アカデミー賞の作品賞ですもんね)なオハナシに「へ~ぇ」

そういう興味から見た分、よけいに驚いてしまったのでした

最下層でくすぶる、なんとも不器用な感じが、すっごく雰囲気で、それゆえの恋や友情が、たいへんリアリティ… 「なるほどなぁ」とえらい感心

歳月を経て、全然、色あせてないないのがスゴイです

(また、これまた知らなくてコケてしまったのですが、エイドリアン役のタリア・シャイア。ゴッドファーザーに、この作品と、一体。何者?と、調べてみたらコッポラ監督の妹であったとは! のけぞるやら、納得してしまうやらで (^_^;)ゞ)

だけど、なんといっても、音楽が… 神!

映画って予算じゃないんですね(低予算ゆえのエピソードの数々、可笑しすぎ)
運と気合い!もありますよね。改めて、しみじみ…

ダンナさんの「こういう作品。逆に今の方がウケるんじゃないかなぁ…」に同感

シルヴェスター・スタローンを見る目が、大幅に変わった次第
(「ランボー」も脚本に名を連ねてたのに、これまた、驚くやら納得してしまうやら)
[PR]
by noho_hon2 | 2009-03-01 16:54 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/9731689
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 銭ゲバ 命の値段も結局金ズラか… 海洋堂 鉄道博物館ヴィネット >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
大河ドラマ『おんな城主直..
from レベル999のgoo部屋
おんな城主 直虎 第42..
from みはいる・BのB
おんな城主直虎 第42回..
from 平成エンタメ研究所
NHK大河ドラマ「おんな..
from 真田のよもやま話
【おんな城主 直虎】第4..
from ドラマ@見とり八段
科捜研の女17期第1話 ..
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
相棒16期第1話(10...
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)