相棒7 天才たちの最期
今回は、ヒッチコックよろしく、冒頭からユーモラスに巻き込まれパターン
それも、トリオ・ザ・捜一が雁首並べて困惑。そこに、たまたま通りかかった、右京さん。伊丹刑事(川原和久)「しめしめ…」とばかり、ちゃっかり押しつけて… ですから笑ってしまいますよね

天才とうたわれ、「ランボーの再来」とまで期待された安原慎一(三浦涼介)の死に「自殺じゃない!」と食いさがる友人。柘植瑛子(黒川芽以)の殺し文句は(出版社勤務ゆえ)「書きますよ!」ですから、はなから「おやおや」(^_^;)ゞ

事件は、詩の発表会。文化勲章・目前なほど、その功績が認められた詩人であり、准教授。城戸幸四郎(中島久之)のゼミ・イベント。詩壇の重鎮・五十嵐孝介(西沢利明)の内弟子である安原が、寸劇チックな詩の朗読会で、なぜか毒を飲んで死亡

警察は自殺と断定したのですが、調べていくうち、7年前にも酷似したことが

同じシチェーション。これまた、“天才詩人”とよばれた、梅津朋美(清水美那)が、新作の詩を発表したものの、盗作を疑われ、身の潔白を証明すべく、抗議の服毒自殺してる過去が、瑛子の勤務する、時創社の上司。堀江恵一(三上市朗)のハナシで判明

その謎に斬り込んでいくうち、諸々が明らかになっていくのですが…

気のせいか、断然、空気が若返った気がします
「相棒シリーズは“ハナシの面白さがイノチ”です。それも最後まで気を抜かせない…」
ってあたり、思いっきり初心に戻ってる感

すこし未知の分野。才能系なのも、興味深かったし…

我家的には(シリーズ初期、同様)「あまり顔が売れすぎてない人の場合。展開の微妙なところが見えなくてイイよね」と、噂してしまうことしきり。楽しめました。満足

PS:今回はDSの宣伝が面白かったですね
   来週のゲストは、かの、“とんでも相棒”クンだぁ!
e0080345_8314513.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2009-03-05 08:37 | ドラマ | Trackback(12) | Comments(6)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/9762575
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 日々“是”精進! at 2009-03-05 08:52
タイトル : 「相棒season7」第17話
第17話「天才たちの最期」右京はひょんなことから、出版社に勤務する瑛子の再捜査の依頼を受けることになった。瑛子が初めて担当した詩人の安原が自作の朗読会の舞台で自殺したらしいのだが、彼女は将来有望な安原が自殺をするはずがないという。右京は、開演前は自信満...... more
Tracked from ぷち丸くんの日常日記 at 2009-03-05 15:03
タイトル : 相棒 第17話「天才たちの最期」
出版社でアシスタントをしている瑛子(黒川芽以)から再調査の依頼を 受けた右京(水谷豊)は、特命係の部屋で彼女の話を聞くことにする。 詩人の安原(三浦涼介)が朗読会の舞台上で衝撃の自殺をしたが、 瑛子は将来有望な彼に自殺は有り得ないと言う。 右京は安原の師である... more
Tracked from レベル999のマニアな講義 at 2009-03-05 17:28
タイトル : 相棒シーズン7 第17話 ある天才詩人の死
『天才たちの最期』内容右京(水谷豊)が、出勤すると騒ぎが起きていた。伊丹刑事(川原和久)らに、2日前に起きた事件について、自殺ではないと1人の女性が訴えていたのだ。たまたま通りかかった右京は、伊丹に押しつけられる。小さな出版社・時創社に勤める柘植瑛子(...... more
Tracked from ○雪愛のやねうら部屋○ at 2009-03-05 18:19
タイトル : 相棒 Season7 第17話
第17話「天才たちの最期」 脚本:波多野都 監督:和泉聖治 冒頭、面倒事をしれっと右京に押し付けるトリオザ捜一(笑)。。 芹ちゃん、先週の恩義はすっかり忘れたのか??! ぬ~ん、結局詩壇の救世主・安原くんは自殺だったって事なのねん? 最後、静か~にキレ気味だった右京さん。。 詩壇の重鎮のおじいか城戸教授が怪しいんちゃうの?と思っていたけど そう簡単な話ではなかったぽ。。。 結局は権威のある人がいい思いをして、下っ端の新進気鋭の若手が 犠牲になるなんて許せない話...... more
Tracked from Sweetパラダイス at 2009-03-05 18:39
タイトル : 相棒7−17
相棒のDSに薫ちゃんがいるドラマでは卒業したし薫ちゃん不足なんだよね〜DS買って薫ちゃん補給しよかっなうわ〜見た?見た?あのイタミンの嬉しそうな顔右京さんに全部押し付けるなんてさすがイタミンだわきゃははは右京さんにひっかかってるよ〜そんなにびびらなくて...... more
Tracked from 時間の無駄と言わないで at 2009-03-05 20:54
タイトル : 『相棒 season7』第十七話
DSソフトのCMが一番面白かった。 次は次週予告かなぁ。 亀山退場の報を聞いてから、時期相棒候補として一番多くの人が予想した組合せなんじゃなかろうかと。 楽しみだなぁ。 詩って苦手なのよねぇ。 面白いと思ったコトが一度も無いんだよねぇ・・・。 そういや三....... more
Tracked from 伊達でございます! at 2009-03-05 21:19
タイトル : テレビ朝日「相棒 Season 7」第16話:天才たちの最期
盗作物にありがちなストーリーとは一線を画する、3人の罪と安原との関わり、殺しではなく自殺だったという結論に向けたストーリーの組み立て。今回も見応えがありました。... more
Tracked from §相棒馬鹿 at 2009-03-05 22:15
タイトル : 相棒7ー17 天才たちの最期
あの女性詩人をやっていた人をどこかで見たことがあるなと 何の番組だったっけなと考えていて時間がすぎてしまった今回。 結局最後まで思い出せなかったよーーー(;;) もやっもやだ。後でチェックしよう。 ...... more
Tracked from 50代・ベテランママの、.. at 2009-03-06 16:51
タイトル : 相棒・第17話「天才たちの最期」
 相棒。  亀山さんが消えたシーズンですが  新しい相棒は決まりませんね〜・・。  さて3月4日放映分  出版社の瑛子(黒川芽以)から再捜査の依頼を受ける右京(水谷豊)。  詩人の青年・安原(三浦涼介)が  朗読会の舞台上で衝撃の自殺をしたが  瑛子...... more
Tracked from 荒野の出来事 at 2009-03-06 19:46
タイトル : 相棒 season7 第17話 感想
 相棒 season7  第17話  『天才たちの最後』  いい題名^^    -キャスト-  杉下右京:水谷豊  亀山薫:寺脇康文  亀山美和子:鈴木砂羽  宮部 たまき:益戸育江  米沢 守:...... more
Tracked from ドラマでポン! at 2009-03-08 10:34
タイトル : 「相棒7」詩人の自殺☆☆☆
新相棒がミッチーに決定!?ウヒー全く予想外の人選(><)そんな記事で半分記憶が吹っ飛んでしまいましたが、なかなか面白い回でした。何しろ、朗読会!!本当にあんな前衛芸術の様なんでしょうか。照れ屋で滑舌悪いと詩人になれませんよ。それに盗作って、それこそ言葉...... more
Tracked from 別館ヒガシ日記 at 2009-03-09 22:28
タイトル : 相棒ミッチー&必殺仕事人&韓国に負け2位
相棒は2つの自殺から詩の盗作が発覚する展開だが 今回は盗作された自殺&天才詩人の自殺で は病死を覚悟も盗作が発覚する頼まれ自殺を選び 過去の大御所が犯した自殺が発覚する流れだけども 前回が事故&今回が自殺と2週も殺人が無い状態で ドラマでは珍しくも犯人... more
Commented by よく肩がこるチャングム評論家 at 2009-03-06 00:15 x
こういう相棒も面白いですね,noho_hon2 さん。
 波多野都という脚本家は,新人女性でしょうか。いかにもそれらしい話の作りで,大人たちの描き方が少し型にはまり過ぎていましたが,「非運の天才たちのプロテスト」というテーマが新鮮で,謎解きも面白かったと思います。
 7年前の事件に鍵があり,梅津朋美の詩作ノートを堀江の戦術に乗ってさがし出し,真相とトリックを暴き出した右京さんの直感的推理力は,もはや天才的です。
 余談ですが,実は私も天才で,盗作されたことがあります。星陣の研究発表で,日本語版は早くに世に出したのですが,英語版が遅れている間に,日本語のわかる中国の青年が,自分の発見のように英語で書いて発表したのです。
 私の英語版が出るに及んで,偽物はすぐに消えましたが,大した騒ぎにはなりませんでした。話の内容が難しいので,数学は商品化しないからです。
 そう,年寄りの天才てぇのも,はやらないよね。せめて早死にしないとね。
 貴女も旦那さんも,早死にしてはいけません。
  摂田寛二:よく肩がこる数楽者,チャングム評論家

Commented by noho_hon2 at 2009-03-06 08:15
こんにちわ、チャングム評論家 さん。どうも、肩こりには、痛い部分と逆の腕をぶんぶん、うりうりするのも、なかなかに有効な模様ですよ。機会あればお試しあれ (^。^:)

どうも今回の脚本。かなり新しい方にチャンスが与えられた雰囲気ですね。パターンにハマってた部分もありましたが、チャレンジ精神部分が、なかなかにキモチよかったです。

2つの大きな才気がたどる悲運。だけど、それだけに通じあうものがあったんでしょうね。同じ天才である右京さんのレーダーにひっかかる何かがあったの、かも。同時に、つい、魔が差した凡人の邪心が、結果的にうちのめされる機微も、個人的に印象に残りました

それだけに、チャングム評論家さんの実体験は… うむむ、なものがありますね。もちろん (ーー;)な体験と心情、お察ししてしまうのですが、「分かる人には(その価値が)分かった!」んだなぁ、と、そういう意味で感心させられました
やはし、サスガ!ですよね。ますます、チャングム評論家さんには、新時代のネット環境の中。価値を見いだされて欲しいものだなぁ、と痛感

私たちは、仲良くケモノ道ずんずん、ゆえご安心くださいね
Commented by あちこち痛いチャングム評論家 at 2009-03-06 09:25 x
丁寧なコメント・バックをありがとう,noho_hon2 さん。
 そうなんです。あの中国人の青年も,よくわかったものだと,私も感心したのです。だから,抗議はしませんでした。さすがに盗作を歓迎するとまでは言いませんでしたが,内心嬉しかったことをおぼえています。
 これは別の話ですが,ある読者から次のような指摘を受けました。
 「鳴海風の小説『美しき魔方陣』を読みました。久留島義太が作ったと書かれている文字通り「素晴らしい立体4方陣」が貴兄の作だと気が付いたのは、その後立体4方陣の歴史を調べてみて初めてわかったことです。・・・ 江戸時代にしては、見事すぎると思いました。」
 これも「盗作」かも知れませんが,私は放置しています。たとえ引用のコメントが無くても,読まれていたことを嬉しく思っています。
 摂田寛二:物忘れがどんどんひどくなっているアルツハイマー病初期の数楽者,チャングム評論家

Commented by noho_hon2 at 2009-03-06 18:17
ますます、さすが!ですね、チャングム評論家 さん。たしかに、分野が分野だけに「ん? これって…」な場合。普通に考えると「これこれ…」でしょうが、そこまでの時間と情熱をさいたこと自体に、「やるな」感もあるかもしれませんね。なるほどなぁ…

だけど、その相手も、オハナシの中。ノートを盗んで栄光を手にしたものの、代償として、うちのめされ続けた光と影と同じものを味わった… かも

また、創作の糧になったとしたら… それもまたグレイトなこと、かもしれませんね。大きな才は、同じぐらい大きな才に理解されるのだなぁ、としみじみ。いろいろな意味で、感慨深かったのでした。
Commented by 光闇 at 2013-05-16 10:12 x
コメント失礼します。本日再放送とのことで、いろいろ拝見させていただいてます。

自殺をすることで抗議になるかどうかは、私にはわかりません。
ただ、それを利用して殺人に見せかけて、恨みを晴らそうって言うのは、利己的人間ですよね。おなか真っ黒というか。
そういう点ではさすが相棒という流れに思えました。
Commented by noho_hon2 at 2013-05-16 17:06
光闇さん、こんにちわ。相棒名物・お気の毒バージョンの才能系でしたね。

梅津朋美の自殺は抗議のソレでしたが、安原慎一の場合、病に苦しみ、それを尊敬する梅津朋美の自殺に目をむけさせるべく、仕組まれたものでした。それも、周りのオトナ達の入れ知恵で… 

それをして「おなか真っ黒」には思わず大ウケ。それをエンタメにするあたり、さすが相棒、ですね。
<< 慢性肩こりの正体(ためしてガッテン) 神の雫 初恋の詩に秘めた謎 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
貴族探偵 #02
from 刹那的虹色世界
「釣りバカ日誌(2)」1..
from ドラマでポン
「人は見た目が100パー..
from ドラマでポン
貴族探偵 第2話
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 第2話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第2話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第2話
from ぷち丸くんの日常日記
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)