カテゴリ:映画( 747 )

名探偵コナン 迷宮の十字路(2003)
e0080345_08253049.jpg

ファン投票でも1位を獲得する人気作、なのだそう

まず、舞台が京都ってのがヨイし、なるほど、旅情ミステリーっぽい観光ガイド感あり、人気キャラの服部平次が共に活躍するストーリーなのも嬉しくなってしまいます。

もちろん、平次の幼馴染・遠山和葉も登場。実写では不可能な、アニメならではの見せ場が満載で、ミステリーやアクション部分も楽しいです。

また、蘭ちゃんと、行方不明ってことになってる、高校生探偵・工藤新一が、束の間、月光のもとで再会するシーンもあって、ジーーーン、だったのでした。

久しぶりに見たけれど、面白かったです。なるほど人気が高いのも納得。

次のコナン映画では、また、平次&和葉が登場するとか。楽しみですね。

   (解説)

古都・京都を舞台に、盗まれた仏像と連続殺人事件の謎に少年探偵・コナンが挑む長編アニメーション・シリーズの第7作。監督は「名探偵コナン ベイカー街の亡霊」のこだま兼嗣。青山剛昌による原作を下敷きに、「名探偵コナン 天国へのカウントダウン」の古内一成が脚本を執筆。撮影監督に「~ベイカー街の亡霊」の野村隆があたっている。声の出演に「~ベイカー街の亡霊」の高山みなみ。

   (ストーリー)

東京、大阪、京都で、5人の男が弓矢や日本刀で殺される事件が発生。殺害されたのは互いを「義経記」の登場人物の名で呼び合う盗賊団「源氏蛍」のメンバーだった。生き残っているのが「義経」と「弁慶」「伊勢三郎」であることのほか手がかりが見つからないなか、京都の山能寺の僧・竜円から依頼を受けた小五郎はコナンたちを連れて京都へ赴く。この寺は12年に一度だけ公開される秘仏が有名だが実は仏像は8年前に盗まれていた。仏像の公開を3日後に控えた寺に送られてきた秘仏の隠し場所を示す“暗号”に挑むことになる小五郎。

仏像を盗んだのが「源氏蛍」だと直感したコナンは、連続殺人事件と暗号の謎を解くために五条大橋へ。そこでコナンは西の高校生探偵・服部平次と遭遇。よきライバルとしていままでにも協力して事件を解決してきた2人は、京都府警の名物刑事・綾小路の忠告を無視し「義経記」にまつわる場所を巡るが、鞍馬山で翁の面をつけた何者かが平次を襲撃する…

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-10 08:25 | 映画 | Trackback | Comments(0)

アドレナリン・ドライブ (1999)
e0080345_15011869.jpg

『ウォーターボーイズ』 『スウィングガールズ』 『ハッピーフライト』 『ロボジー』の矢口史靖監督が、『ウォーターボーイズ』(2001年)で、大注目される前の、1999年に撮った作品。

優柔不断な男と冴えない看護婦が、ひょんなことから暴力団の裏金を持ち逃げし、蓼科高原を舞台にドタバタ逃避行。

「そんなバカな」なコミック展開と、どっかトボケた空気が可笑しいです。

個人的に出て来る俳優さんがツボだったので、ウケました。特に現在、大注目の松重豊のハジケたヤクザ役に爆笑してしまったのでした。

石田ひかりが可愛く、チャーミング。安藤政信も好きだったし、楽しかったのでした。

    (解説)

ヤクザの金2億円を巡って、平凡な男女が巻き起こす騒動を描いたコメディ。監督・脚本は「ひみつの花園」の矢口史靖。撮影を「ビッグ・ショー! ハワイに唄えば」の浜田毅が担当している。主演は、「ベル・エポック」の石田ひかりと「鉄道員」の安藤政信。99年度ベルリン国際映画祭ヤングフォーラム部門、香港国際映画祭、シアトル国際映画祭、ブリスベン国際映画祭、バンコク映画祭コンペティション部門、台北映画祭出品作品。

    (ストーリー)

レンタカー屋で働くごく平凡な青年・悟は、ある日、黒岩というヤクザのジャガーに車を追突させ、事務所に連れて行かれてしまう。ところが、そこでガス爆発が発生。奇跡的に生き残った彼は、偶然、事務所の表に居合わせた人生超地味な看護婦・静子と共謀して、混乱に乗じてヤクザの闇金2億円を盗み出す。警察の取り調べをかわし、2億円をゲットしてほくそ笑むふたり。と思いきや、静子の勤める病院に運ばれていた重傷の黒岩がチンピラ6人組を使って彼らに迫ってきた。捕まったら殺される!悟と静子はチンピラたちの追跡を切り抜け、高原のホテルへと逃げ延びるのであった。新婚だと偽り、ホテルのスイートルームに宿泊したふたりは、洋服を買ったり髪を切ったり贅沢三昧。しかも、ふたりの関係もいい雰囲気だ。ところが、静子の金が泥棒に盗まれてしまった。なんとか取り戻すことに成功するも、事件がテレビのニュースで流れてしまい、それを見たチンピラ6人組と黒岩が、高原のホテルへやってきてしまう。2億円を巡り、悟と静子、欲に目が眩み黒岩を裏切ったチンピラ6人組、そして黒岩が三つ巴の争奪戦が展開。だが、壮絶なカーチェイスの末、金は全て燃えてしまうのであった。しかし、実は静子の機転で金はふたりの結婚通知葉書にすり替えられていたのである。こうして、まんまと2億円をゲットした悟と静子は、車に乗って新しい人生に向けて旅立つ。



[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-09 15:01 | 映画 | Trackback | Comments(0)

攻殻機動隊 新劇場版 (2015)
e0080345_06261002.jpg

現在、ハリウッドで、スカーレット・ヨハンソンを主演に、実写リメイク版映像化が話題になってますが、たしかに雰囲気と迫力バリバリですが、このシリーズは、かなり一見さんには難しいかもなぁ、と感じました。

さすが、原作が士郎正宗だけに、天才が炸裂。

個人的に、連載で草薙素子の少女時代に触れた「草迷宮」エピソードが好きだったので、観てみたい気に。

レギュラー陣はもちろん、ユーモア担当のタチコマも登場していて、嬉しかったのでした。

好きな人は大いに支持し、場合によっては、やはり、押井作品の持ち味が好きって派もいそうだし、設定が煩雑すぎて、分かりにくいって方もいそう。

でも、やはり、「笑い男」のシリーズは傑作でしたね。

    (解説)

テレビアニメ、小説、映画化などメディアミックス展開され、世界中で絶大な支持を獲得してきた『攻殻機動隊』シリーズの連載開始25周年を記念した劇場版長編アニメ。1989年に士郎正宗が発表したSFコミックを基に、サイバー犯罪を制圧すべく組織された攻殻機動隊の起源と、超絶ハッカースキルを持った全身義体のサイボーグである主人公・草薙素子の出生の秘密が明かされる。シリーズの原点に迫るストーリー、そしてスタイリッシュな映像世界に注目。

    (ストーリー)

2029年、総理大臣が殺害され、草薙素子はバトーやトグサらと捜査を開始。その過程で、義体開発の技術的な障害となっている「デッドエンド」をめぐる政治的な動きや、洗脳、ゴーストへの侵入、疑似記憶の形成を行うことができる電脳ウイルス「ファイア・スターター」の存在が浮かび上がる中、素子はある手掛かりを得るが……。     
[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-09 06:26 | 映画 | Trackback | Comments(0)

64 ロクヨン 後編(2016)
e0080345_07445432.jpg

ベストセラー作家・横山秀夫の小説「64(ロクヨン)」を映画化した2部作の後編

映画の後編は、原作と異なるラスト、だったんですってね。

警察の広報担当と、記者クラブの激しい対立のさなかに起きた、ロクヨンを模した誘拐事件。

それは、あまりにも切ない顛末だったのでした。

ロクヨンで、傷ついた人々の、その後の軌跡もまた、胸痛みます。

男臭いメンバー達が対立しまくる中、華を添える榮倉奈々、図書館戦争に続いて制服女子になっちゃいましたね。

個人的に、永瀬正敏、凄い役者さんだなぁ、綾野剛、美しいなぁ、と感じたのでした。

特に後編が、賛否分かれたみたいですが、受賞した名作の名に恥じない、力作に思われました。

    (解説)

佐藤浩市はじめ、綾野剛、榮倉奈々、瑛太、永瀬正敏、三浦友和ら日本映画界を代表する豪華キャストが結集し、「ヘブンズ ストーリー」「ストレイヤーズ・クロニクル」の瀬々敬久監督のメガホンで、ベストセラー作家・横山秀夫の小説「64(ロクヨン)」を映画化した2部作の後編。昭和64年に発生し、犯人が捕まらないまま迷宮入りした少女誘拐殺人事件・通称「ロクヨン」。事件から14年が過ぎた平成14年、新たな誘拐事件が発生。犯人は「サトウ」と名乗り、身代金2000万円を用意してスーツケースに入れ、父親に車で運ばせるなど、事件は「ロクヨン」をなぞっていたが……。後編は原作とは異なるラストへと向かっていく。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-07 07:45 | 映画 | Trackback(18) | Comments(2)

テラスハウス クロージング・ドア(2015)
e0080345_09183638.jpg

本放送の方は見てなかったので、今ひとつ、詳しい事情が分からず、??な部分も多かったですが、想像の余地も、また一興

そうですか。「テレビ最終回の直後から始まり、菅谷と新たな住人たち、そしてテラスハウスを巣立っていったメンバーたちのテレビ放送終了後の姿を描い」たのでしね。

感想としては、「そうだよね。リアル・ワールドは、むしろハーフ・ビターな恋愛未満がゴロゴロしてるもんね」と甘酸っぱい気分になってしまいました。

うまくいった恋より、むしろ諦めた恋、玉砕した想い方が印象的で… 愛しくて

「男として見てもらえなかった」り「友達としか感じられなかった」り、「奥さん子供がいるので諦めた」り「男同士で、テラスハウスに残り、クリスマス・パーティした」り、… メンバーが選ばれた時点で、既に、上の方では諸々を計算済だったのでしょうが、

ある種の等身大とリアル。そして、youさんを筆頭とした、スタジオ・ギャラリー・トークの存在も味わい深かったです。

みんなに、その後の幸が待っていますように。

     (解説)

海が見えるシェアハウスに暮らす男女の日々を追い、2012~14年にフジテレビ系列で放送されて人気を博したリアリティ番組「テラスハウス」を映画化。番組開始時から2年間、テラスハウスに暮らし続けた菅谷哲也が扉を開き、家を出ていこうとするところで終わったテレビ最終回の直後から始まり、菅谷と新たな住人たち、そしてテラスハウスを巣立っていったメンバーたちのテレビ放送終了後の姿を描く。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-05 09:18 | 映画 | Trackback | Comments(0)

64 ロクヨン 前編
e0080345_14190524.jpg

豪華キャスティングと役者力で、魅せてくれたし、わずか1週間の昭和64年に発生した少女誘拐殺人事件・通称「ロクヨン」事件が、多くの人生にダメージを与え、その軌跡を狂わせたことは分かったのですが、

いまひとつ、佐藤浩市が、現在は警務部の広報官として働き、記者クラブとの確執や、刑事部と警務部の対立などに神経をすり減らす日々の詳細が、よく理解できず、

対立の理由や、特に娘さん(これが先日まで朝ドラヒロインだった、芳根京子だったのですね)の反発の原因がよく分からなかったのでした。

誘拐事件のさなか、科捜研にミスがあり、それを隠して責任を感じた当人は、やがて引きこもりに… ってな状態は、まだしも理解できたのですが、

プロフィールを秘した人物が何者で、ロクヨンと、どういう関連があったのか、よく飲み込めなくて…(追記。公安関係の娘さん、だったのですね)

記者クラブ(特に瑛太)の怒りと、情報開示後の動きも、今ひとつ見えませんでした。

そして、後編ではロクヨンを模したような事件が起こるのだそう… ついていけるか、ドキドキ。

   (解説)

「半落ち」「クライマーズ・ハイ」などで知られるベストセラー作家・横山秀夫の著作で、2012年「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、13年「このミステリーがすごい!」第1位など高い評価を得た警察小説「64(ロクヨン)」を映画化した2部作の前編。佐藤浩市を筆頭に、綾野剛、榮倉奈々ら若手から永瀬正敏、三浦友和らベテランまで、豪華キャストが集結し、「ヘブンズ ストーリー」の瀬々敬久監督がメガホンをとった。わずか1週間の昭和64年に発生した少女誘拐殺人事件・通称「ロクヨン」。事件は未解決のまま14年の時が流れ、平成14年、時効が目前に迫っていた。かつて刑事部の刑事としてロクヨンの捜査にもあたった三上義信は、現在は警務部の広報官として働き、記者クラブとの確執や、刑事部と警務部の対立などに神経をすり減らす日々を送っていた。そんなある日、ロクヨンを模したかのような新たな誘拐事件が発生する。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-04 14:19 | 映画 | Trackback(17) | Comments(0)

ズートピア (2016)
e0080345_07120809.jpg

やはり、ディズニー・アニメは基本的に美しくて、ユーモラス。夢と明るさと成長、活劇があって、見どころ満載。勧善懲悪で分かりやすいのもヨイなぁ、と再確認。

ウサギの新米警官ジュディは警察学校を1番で出た優等生、そして、初めてのウサギの警官です。

でも、張り切って臨んだのに、命じられたのは、駐車違反の検問。「でも、倍の速度で任務遂行するわ」と出向いた先で、出会ったのは、キツネの詐欺師ニック

すっかり騙され、おかんむり、でしたが、ひょんなことから一緒に事件を追うことになって…

本当に、ズートピアに居るのは、あらゆる動物。ナマケモノが職員で、途中、協力してもらうことになるも、そのスローモーさは筋金入りだったり、ウケたのでした。

途中、ニックが夢を思い出し、トラウマ克服するところが素敵だったかな?

これは、必ずや続編が出来そうだなぁ、と確信。

     (解説)

あらゆる動物が住む高度な文明社会を舞台にした、ディズニーによるアニメーション。大きさの違いや、肉食・草食にかかわらず、動物たちが共に暮らすズートピアで、ウサギの新米警官とキツネの詐欺師が隠された衝撃的な事件に迫る。製作総指揮をジョン・ラセターが務め、監督を『塔の上のラプンツェル』などのバイロン・ハワードと『シュガー・ラッシュ』などのリッチ・ムーアが共同で担当。製作陣がイマジネーションと新たな解釈で誕生させたという、動物が生活する世界のビジュアルに期待が高まる。

     (ストーリー)

ハイテクな文明を誇るズートピアには、さまざまな動物が共存している。そんな平和な楽園で、ウサギの新米警官ジュディは夢を信じる一方、キツネの詐欺師ニックは夢を忘れてしまっていた。そんな彼らが、共にズートピアに隠された事件を追うことになり……。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-03-29 07:13 | 映画 | Trackback(24) | Comments(0)

秒速5センチメートル (2007)
e0080345_15131224.jpgひとりの少年を軸に、物語を展開させた三本の連作アニメーションは、繊細で、とても美しかったです。

「ああ、世界がこんな風に見えた事があるなぁ…」と、背景の瑞々しさに感動おぼえます。

五感で味わう素敵さ、でした。

誰もが精一杯だっただけに、ちょっと切ない余韻ですね。

大ヒットした「君の名は」、及び、「言の葉の庭」にも通じるもの感じました。

アジアパシフィック映画祭「最優秀アニメ賞」やイタリア・フューチャーフィルム映画祭「ランチア・プラチナグランプリ」などの映画賞を受賞も、納得です
   (解説)

国内外で高い評価を受けた前作『雲のむこう、約束の場所』から2年、新海誠監督の待望の最新作。誰もが通り過ぎゆく日常を切り取った、切なくも美しいラブストーリー。一人の少年を軸に、ヒロインとの再会の日を描いた『桜花抄』、別の人物の視点から描く『コスモナウト』、そして彼らの魂のさまよいを切り取った『秒速5センチメートル』という三本の連作アニメーションからなる本作。映像の美しさに定評のある新海監督の、光や風、天や草木などの自然描写は極上。

   (ストーリー)

小学校の卒業と同時に離ればなれになった、遠野貴樹と篠原明里。そのとき、二人の間には二人だけの特別な想いが存在していた。しかし、無情にも時だけが過ぎてゆく……。そんな日々を重ねたある日、ついに貴樹は明里に会いに行くことを決意。訪れた約束の日、チラホラと舞う雪がスピードを増し、辺りを白く包んで行った……。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-03-20 15:13 | 映画 | Trackback(1) | Comments(0)

塔の上のラプンツェル(2011)
e0080345_06184316.jpgこの作品、かなり好みだなぁ、と感じてしまいました。

ずっと、誘拐され、悪い魔女に塔の中に閉じ込められて育った、ラプンツェル。彼女が、初めて外界に出て、万物に感動するシーンは、まるで、「アバター」で主人公が、美しい異世界に感動するシーンのようで、ジーーン。

特に、終盤、夢を語ってた男達が、本当に夢を叶えちゃう遊び心も素敵。

吹き替えのしょこたんも合ってました。

自立あり、ロマンスあり、冒険とアクションあり、夢と美とユーモアにあふれた素晴らしい作品でした。

     (解説)

グリム童話の「ラプンツェル(髪長姫)」を映画化した、ウォルト・ディズニー・スタジオの長編アニメ第50作。逃亡中の盗賊フリン・ライダーは、山奥の谷にそびえ立つ高い塔を見つける。好奇心から塔に入ったフリンは、髪が驚くほど長い不思議な少女ラプンツェルと出会う。彼女は18年間、塔の中だけで生活してきたがフリンとともに外の世界へ冒険の旅に出ることになる。

       (ストーリー)

好奇心旺盛な18歳の少女・ラプンツェルは、魔法の力が宿る彼女の髪を狙っていたゴーテルによって赤ちゃんの頃誘拐され、高い塔に閉じ込められて暮らしてきた。ゴーテルを母親と信じ外界を知らないラプンツェルは、毎年自分の誕生日に空に浮かぶ美しい“灯り”を見に行くことが夢だが、ゴーテルは外の世界は危険だと言い、外に出してくれない。

ある日、誕生日を目前にしたラプンツェルの塔に大泥棒のフリン・ライダーが迷い込む。フリンはお城から王冠を盗み出したあと警護隊から追われ塔に逃げ込んだのだった。ラプンツェルはフリンから王冠を取り上げ、王冠と引き換えに自分を塔から連れ出してほしいと頼む。フリンはラプンツェルのお供を引き受けることになるが…。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-03-11 06:19 | 映画 | Trackback(16) | Comments(0)

ルーム(2016)
e0080345_11040727.jpg前半は密室劇。ずっと、この映画を「どうして、脱出劇になるのだろう」と不思議に思ってたのですが、学校帰りに突然、事件に巻き込まれ、監禁されてたんですね。

それから7年間、青春を奪われて成人した、少女と、その家族の事を思うに、胸が痛くなります。

「外の世界を知らずに育った息子」ジャックが、5歳になった時、ついに脱出を試みます。

そして、初めて見る空、外界… ジャックは、最初、母親のそばを離れず、小声でしか話せなかったのが、周囲の愛と適切な気配りによって、どんどん、普通の少年になり、やがて同じ年頃の友人と遊べるまでに

ところが、ある日、メディアの取材を受けた女性がパニックを起こしたか、自殺未遂騒動になった(?)かで緊急事態に。その母に力を与えるため、ジャックが、長かった髪を祖母に切って届けてもらうエピソードは感動的だったのでした。

あと、ただ事でない少年を見て、すぐに事の次第を察知。事件として手配した女性警官の勘の良さにも胸打たれました。

アイルランド出身の作家エマ・ドナヒューのベストセラー小説「部屋」を映画化したそうで…、半ば実話ベースなのかな? その想像力にも、舌を巻くことしきり。

ずっと、どんな作品だろう?と思ってただけに、念願叶いました。

    (解説)

アイルランド出身の作家エマ・ドナヒューのベストセラー小説「部屋」を映画化。監禁された女性と、そこで生まれ育った息子が、長らく断絶されていた外界へと脱出し、社会へ適応していく過程で生じる葛藤や苦悩を描いたドラマ。第88回アカデミー賞で作品賞ほか4部門にノミネートされ、息子とともに生きようとする母を熱演した「ショート・ターム」のブリー・ラーソンが、主演女優賞を初ノミネートで受賞した。監督は「FRANK フランク」のレニー・アブラハムソン。7年前から施錠された部屋に監禁されているジョイと、彼女がそこで出産し、外の世界を知らずに育った5歳の息子ジャック。部屋しか知らない息子に外の世界を教えるため、自らの奪われた人生を取り戻すため、ジョイは全てをかけて脱出するが……。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-02-28 11:04 | 映画 | Trackback(12) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
大河ドラマ「おんな城主 ..
from オールマイティにコメンテート
「後妻業の女」騙された遺..
from オールマイティにコメンテート
「リバース」~最終回 ☆☆
from ドラマでポン
『後妻業の女』 社会的な..
from 映画批評的妄想覚え書き/日々..
後妻業の女
from 映画的・絵画的・音楽的
後妻業の女
from とらちゃんのゴロゴロ日記-B..
後妻業の女〜ハセキョンが..
from 佐藤秀の徒然幻視録
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)