カテゴリ:アニメ・コミック( 146 )

甘々と稲妻 最終回「あいじょーたっぷりお好み焼き」
e0080345_14221730.jpg半年前に妻を亡くした高校教師、シングル・ファーザーの、飯田小鳥が忘れ形見の幼い娘、つむぎに「美味しいものを食べさせたい」、「美味しいものを食べて満足する顔を見たい」、ただ、それだけの物語…

特に最終回は、法事もあって多忙なあまり、過労で、出来合い(お店での)「お好み」を食べさせようとして、つむぎがイライラ・マックス。

彼等に愛情を寄せる、生徒・小鳥によって、本格派お好み焼きを食べる事が出来、大満足の回でした。

愛は「(美味しいものを)食べさせる」ことであり、一緒に食べることだなぁ、と再確認。

雰囲気の大らかさと、きめ細かなディテール。つむぎの「美味しい顔」が何よりの御馳走でした

[PR]
by noho_hon2 | 2016-09-30 12:48 | アニメ・コミック | Trackback(3) | Comments(0)

三者三葉「もうこはんはもうないんですね」
e0080345_1944149.jpg名前に「葉」の字がつく三者三様の性格の女子高生たちが繰り広げる日常が、ほんわかして楽しいです。

思いがけず、制服を着てバイトする羽目になった顛末がユーモラスで、ヨカッタです。

原作は「まんがタイムきらら」から。

あい変わらず、なかなかに味な名作が多いですね。

     (ストーリー)

ついに始まった待ちに待った夏休み!葉子・双葉・照の3人で遊びに来たものの疲れで眠ってしまう葉子様。そんな葉子様に代わってバイトの手伝いをする事になったのは…。
[PR]
by noho_hon2 | 2016-05-16 08:40 | アニメ・コミック | Trackback | Comments(0)

くまみこ「先駆者の村」
e0080345_1943989.jpg「くまみこ」が他人と思えません。

特に、ずっと、何の疑いもなく、ド田舎生活に満足してて、進学で、ひとり暮らしを始めたとたん、プチ都会生活に。地下街に驚いた身には…

遅ればせながら見てると、ヴィレッジバンガードに遭遇して、マチちゃんが、カルチャーショックをうける回に、思わず (^^*)となってしまったのでした。

思えば、さらに、四国から就職で大坂に行って驚き、結婚で横浜に移り住んで、さらに驚した自分の、ヴィレッジバンガード初体験は、なぜか京都旅行で。調べてみると地元にもあることが分かり感動。

これからも、マチちゃんを優しく守ってね。熊のナツさん

    (概要)

東北地方のとある山奥、中学生のまちはクマを奉る神社に巫女(みこ)として仕えていました。ある日、まちは後見人(人?)であるクマのナツに「都会の学校に行きたい」と訴えます。やる気はあっても根気はない、世間知らずのまちに、心配性のナツは都会で生きていくために必要なあらゆる試練を与えていくのですが…。 

    (ストーリー)

神事を執り行う熊出神社の本殿に集まった村人たちですが、きょうは少し様子が違います。村役場の職員が村人たちからアイデアを集め、ナツに採択してもらおうと「村おこし会議」を行っているのでした。

しかし、村おこしをするに当たって若者が休日にどんな所に出掛けているのかが分からず、居合わせた響に問い掛けます。響はあるお店の名前を挙げるのですが、村人たちは聞き覚えがないようで…。

(今回の旅行でも、いってみました。大坂のヴィレッジバンガード)
e0080345_19509.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2016-05-13 19:05 | アニメ・コミック | Trackback(8) | Comments(0)

坂本ですが「パシリスト坂本/恋のかくれんぼ」
e0080345_19135479.jpg「声優陣が、すごく豪華なんだよぉ」とのプッシュから見始めた、この作品。

初回から、大受けして、爆笑しながら見てるのですが、その「ぶっちぎり感」による顛末が、痛快。

相変わらず斬新で、凄く面白かったです。

とにかく、何をしても、スタイリッシュに完璧にこなす、スーパー男子高生・坂本。

パシリにされても、ついに相手をして「かなわない~っ」「もう、許してくれ~っ」と自ら動かせしめるし、

家庭教師をすれば、そのママンに恋されて…

ここまで突き抜けると、「ワンパンマン」じゃないけれど、斬新ですよね。遅ればせながら…の視聴ですが、次回が楽しみ楽しみ

     (ストーリー)

2年生の不良・丸山は、1年生をパシリに使って身の回りの世話をさせていた。坂本もそのパシリの一人となるが、彼のズバ抜けた「おもてなし」に丸山も超ご満悦。次第に指示を出すのも面倒になった丸山は、坂本に究極の命令を下す…!
[PR]
by noho_hon2 | 2016-05-12 19:07 | アニメ・コミック | Trackback | Comments(0)

田中くんはいつもけだるげ「白石さんの秘密」
e0080345_1848194.jpg思いがけず、すごく面白かったです。

高校デビューに関し、すごく背伸びして頑張った結果、キラキラの、アイドルの座を獲得した白石さん

でも、実は、地は、思いっきり地味でダサダサな干物女だったとは!

それに気づいたのは、けだるげで、常に大田に背負われてた田中。お互いの間に友情が芽生えた結果、白石さんも、少しだけ、パツパツな努力をやめて、メガネ女子になり、いい雰囲気に。

毎回、面白かったけれど、この回は、特に味わい深く、オチもユーモラスでした。
遅ればせながら、追いかけてますが、次回も楽しみ。

    (ストーリー)

今日も田中を抱えて登校する太田。遅刻ギリギリで廊下を走っていると、クラス委員長の白石にぶつかりそうになる。衝突は回避したものの、びっくりした白石が転んだ拍子に委員会の資料を落としてしまった。責任を感じた太田と田中は資料の作り直しを手伝うことに。そして放課後、廊下を歩くだけで生徒の視線を集める白石。成績優秀で美人なだけでなく、性格もよい白石はみんなの憧れの存在なのだ。しかし、パーフェクトな彼女には誰にも言えない秘密があって……。
[PR]
by noho_hon2 | 2016-05-11 18:43 | アニメ・コミック | Trackback(1) | Comments(0)

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」再放送・初回
e0080345_18395410.jpg熱い要望に応え、再放送が始まり、初めて機会あって、初回を見たのですが、

ものすごく自然な導入で(のちの展開を知ってる分)「なるほどなぁ…」と感心してしまったのでした。

個人的に、集中放送の途中から劇場版実写版の順番で見たのですが、順位としては、集中放送、劇場版、実写版の順番だったかな?

でも、ルーツであるところの、この初回を見たら、ものすごく描写が丁寧で、自然。「ああ、ここから始まったんだなぁ…」と感慨深かったです

少し戸惑いつつ発信した、作り手の熱く繊細な想いが、しみじみ…
[PR]
by noho_hon2 | 2015-10-23 18:39 | アニメ・コミック | Trackback | Comments(0)

DEATH NOTE リライト ~幻視する神~ ふたたび
e0080345_12395966.jpg思わず、気になって部分チェックしてしまい、2回目です。(最初の感想は、コチラ

なるほど。より原作に忠実なアニメ版。ミサミサと死神をはさみ、このようにして月とLの決着がついたのですね。

思わず、以前、映画天国から録った、このアニメ版・前後編の総集編。クライマックス・シーンを確認してしまいました。

個人的に、月とLの最後のシーン。野球の延長か何かで、偶然に見逃して… でも、小さな画面で見た「靴を履かせる」場面が、なぜかすごく印象に残り、気になって気になって…

でも、総集編では、カットされてたんですね。それでも、嵐の中での、2人の会話は残っていて、まだしも溜飲が下がったのでした。

この総集編では、映画と同じく、月とLの息づまる対決、そして、ミサミサにスポットがあたってます。切ない名作。

ひとり勝手に納得してすみません。
ちょっと、ひとつの謎が解けたのでした。

   (ストーリー)

「月を越える人間が出てこなくてな。どいつもこいつもライトの足下にも及ばねぇ・・・あいつは神になろうとしていたんだからな・・・」
天才的な頭脳を持ち、日常に退屈している高校生・夜神月はある日、高校の校庭に落ちている1冊のノートを拾う。表紙に「DEATH NOTE」と書かれたそのノートには、英語で「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」という注意書きがあった。月は、デスノートを使って悪人を掃討し、理想的な新世界を創り上げることを決意する。
世の中に溢れる犯罪者たちに次々と死の制裁を下し、いつしか“キラ”と呼ばれるようになる月。果たして月=キラは、世界を救う救世主なのか。それとも独裁的な殺人者なのか。キラを崇拝する者、その行為を否定する者。世界は大きく揺れ動いていく…。
一方、キラの存在にいち早く気付き、その犯罪行為を止めるべく、世界的な名探偵・Lが捜査に乗り出す。全世界を巻き込み、月vs L―天才vs天才―の熾烈な頭脳戦が始まる!

[PR]
by noho_hon2 | 2015-07-06 12:52 | アニメ・コミック | Trackback | Comments(0)

たまこまーけっと
e0080345_09180760.jpgうさぎ山商店街にある餅屋の娘、高校1年生の北白川たまこは、商店街の花屋で人の言葉を話す鳥・デラと出会います。

そして、デラは、たまこの家で居候の身に。

うさぎ山商店街と、たまこと家族、その友人たちの、あったか、ほっこり、不思議ストーリーが、四季感たっぷりに展開

けいおん!』の監督の山田尚子による完全オリジナルアニメ作品、なんですってね。

登場人物が皆、イイ味出してて、2014年にはアニメ映画による続編『たまこラブストーリー』が公開されたのも、納得です。

[PR]
by noho_hon2 | 2015-04-20 09:18 | アニメ・コミック | Trackback | Comments(0)

響け!ユーフォニアム「ようこそハイスクール」
e0080345_09031457.jpgやはり、京都アニメーションの作品は、丁寧で、繊細な表情の機微から空気感まで伝わってくるのが秀逸ですね。

高校デビューをきっかけに「リセットしたい」ので、同じ中学の子が少ない高校を選んだ気持ち、分かる気がしたのでした。

自分の場合、中高一貫だったけど、「何かを変えたい」気分になり、眼鏡をコンタクトに変えた経験者なので、思わず、 ( ゚ー゚)( 。_。)ウン  と共感。

ヒロインの久美子、最初は吹奏楽部をためらってたけれど、結局、周囲に押し込まれるように入部しちゃいました。

周りのキャラ達もチャーミング。
そして、最近のアニメには、なぜか必ず、お約束のように居ますね。クール・キャラ。

現時点では、実力がへっぽこだけど、感動の快挙まで行くのかな?
原作は、ライトノベルだそうですが、京アニの「けいおん!」がヨカッタだけに、楽しみ~っ!

    (ストーリー)

中学の吹奏楽コンクールでの麗奈の言葉が忘れられないまま、久美子は北宇治高校に進学した。
クラスメイトの葉月と緑輝に誘われ吹奏楽部の見学に行くと、そこへ麗奈がやって来て――。

[PR]
by noho_hon2 | 2015-04-10 09:05 | アニメ・コミック | Trackback(7) | Comments(0)

弱虫ペダルGRANDE ROAD 最終回
e0080345_07135250.jpgまさか、自転車レースで、こんなに面白い、毎回がクライマックスに熱くなれる名作が出来るだなんて…!

対決モノとしては、ちょっと無いような感動的な勝利であり、最終回でした。

本当に、デットヒートの小野田と真波に、手に汗握ってハラハラ。

そして、渾身の勝利。
総合優勝は、総北!

2位や3位にも、ちゃんとスポットを当て、見せ場を作ってるところもヨカッタです。

特に斬新だったのが、最後に笑いが盛り込まれたことかな?

小野田の原点、秋葉原をチームで走り(浮きまくり!)サプライズとして、ユーモラスなプレゼントを渡す光景には、あははは…

最後の最後まで魅せてくれました。

ずっと、テンションが落ちなかった意味で、スタッフに頭が下がります。
個人的には、坂道クンと、モンスター・キャラ、御堂筋が好きでした。

祝・映画化♪ まだまだ、「弱虫ペダル」人気は続きそうですね。

[PR]
by noho_hon2 | 2015-04-01 07:32 | アニメ・コミック | Trackback(3) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
コウノドリ #06
from ぐ~たらにっき
映画「本能寺ホテル」
from FREE TIME
コウノドリ2 第6話
from ぷち丸くんの日常日記
コウノドリ[2] (第6..
from ディレクターの目線blog@..
「相棒 season 1..
from 三毛猫《sannkeneko..
【この声をきみに】第7話..
from ドラマ@見とり八段
本能寺ホテル
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)