カテゴリ:雑感( 334 )

鈴木先生と長谷川博己
e0080345_8233635.jpg年の差恋愛。しかも、ダブル不倫で、なにかと話題で注目を集めた「セカンドバージン」の鈴木行役の時は、女性陣がパワフルすぎたせいか、今ひとつピンとこなかったのですが

鈴木先生を演じる、長谷川博己。黒メガネと、ややダサ姿が逆に抜群のスタイルとか、じつは涼しげなハンサムぶりとか、素材の良さを引き立て、なかなかにイイなぁ… と感じてしまいます

(をを、奇しくも同じ鈴木ですね)

1歩間違うとキモくなりそうな、シュールな可笑しさや、表向き、体温低めで理知的でありながら、じつは密かに悶々。

煩悩に悩む姿も、もちまえの爽やかさと品の良さで上手に中和し、上手に表現してるなぁ、と感心させられるばかり。まさに、ナイス・キャスティング!です

なんだか、作品ともども、時代の気分にピッタリあってる感じ

原作の表紙はそうでもなかったのですが、ドラマ版の鈴木先生、「理性、注入!」とばかりの、お茶目なポーズ姿と、ガイドブックの存在には、ちょっと、ときめいた…かも

あるいは、これって、のだめ(上野樹里&玉木宏)や干物女(綾瀬はるか&藤木直人)の成功で実証された「美形の変人ぶり、あるいは変顔、ますますポイントアップぅ♪」効果にも通じるものがあるのでしょうか? (って、考えてみると「ガリレオ」の福山雅治もそうかな?) なんだか、後れ毛効果みたいで、興味深いなぁ…

ますます、注目… なのでした (^-^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2011-05-11 08:12 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

されど、声…
e0080345_2025555.jpgふと、感じたこと。
サザン、ミスチル、スピッツ… 音楽性もさることながら、やはり、楽器としての声の魅力が大なのかもしれませんね

シンガーのみならず、人気俳優さん、長持ち俳優さんは、たいがい、そう。

ある時期のキョンキョンが無敵にCM女王だったのも、工藤静香がキムタク夫人におさまったのも、その威力が大である気がしてならないのでした

(クロスオーバー11や、ジェット・ストリームのファン、だった私です。調べてみると、他にもファンが多いとみえ、前者はなにかと復活企画が目白押し、だったとは知らなかったぁ (^。^*))
[PR]
by noho_hon2 | 2010-09-02 20:23 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

吉沢悠 的進化
e0080345_98395.jpg先日の「GM~踊れドクター 誤診」を見てたら、今回。スポットが当たってた、対人恐怖症の後田先生(吉沢悠)が「…どこかで見た顔だなぁ…」と思いつつ、しばらく思い浮かばず、

ワンテンポ遅れて「ああ、『動物のお医者さん』で主役の西根公輝クンだった!」と思わず膝ポン! 同時に、その変化自在ぶりに w( ̄o ̄)w オオー! だったのでした。

(余談:名物キャラ、変人、菱沼さんを演じる和久井映見が、雰囲気といい、ファッションといい、味でした。今みると、劇中ナレーションや動物達の声を含め、キャスティングが豪華で、びっくり)

とくに、手術前の宅間を元気づけるべく、同じ「美少女戦士ラブラブムーン」ファン同士の合い言葉。その決め台詞を演じた場面なぞ「……(役者魂だわ)」でしたもんね

本当に、いっとき。ある時期の瑛太か向井理か、ってぐらい、頻繁に出てたように思われて。映画でドラマで、主演も何本もあるんですね (やっぱりぃぃ?!)

気のせいか、顔のツクリ。どことな~く織田裕二にも似てません?
雰囲気は全然、別だけど

それだけに、こういう進化もあるんだなぁ、と思わず感心させられたのでした
主役まで演じ、超・売れっ子だった方の、こういう、ふっきれたチャレンジ精神… 問答無用で頭が下がります。ハハーッ
[PR]
by noho_hon2 | 2010-08-04 09:00 | 雑感 | Trackback | Comments(2)

なるほど、ダイエット
e0080345_8311265.jpgこの数年で10キロ以上の体重変化を経験しました。そして感じたこと…

ある時期。御飯が、美味しくて美味しくて…、食べるたび「ああ、幸せ♪」 堪能するあまり、つい油断してたら、これまでの生涯で見たこと無い数字になってて、w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!

その時、なにが悲しかったかって、市販服で「…わぁ、いいなぁ」ってものの大半が圏外になってしまったことかもしれません。突然、仲間はずれになった気分に、しょぼぼ~ん。

幸運にしてサイズがあっても「ごめんねごめんね、このお洋服を作った人」ってなシルエットに、見てるだけで llllll(-_-;)llllll

あまりにも悲しいので、次第に、足自体が向かなくなってしまいました

とくに帰省すると、会う人ごとに「…太った?」と言われて、(^^;)

その頃、目に飛び込んできたのは、本屋でも、ドラッグストアでも、ダイエット関連のもの。だって、タイトルやネーミングに釣られ、自然と「目に飛び込んでくる」んですもの。人間心理ですよね。しみじみ。

ところが、半年あまり前から、なぜか急に食が細くなり、あまり入らなくなりました。テレビや雑誌の記事でも、食関係に関心が薄くなってしまい… というか、むしろスルー気分。結果、これまた、気がつくと、目にしたことない数字になってました。… あらら。

でも、急に体重が減ると、素朴な話。元気がなくなります。
気のせいか「面白いこと」が、すごい勢いで減ってしまい、…マジ?
着道楽する気力さえ、薄れてしまったんですもの。

最近、やっと落ち着き、ようよう見渡す気力がわいて感じたのは…
食こそ、生きる原動力。だからこそ、悩ましい…

勢いがある時は、水を飲んでも太るのがトホホだったけど、食べる幸福。よく分かりました
早い話。食べる量が減れば痩せます。でも、ヒト最大の楽しみとパワーに直結してるんですね。

いっとき大流行し、今も微妙に形をかえて存在するテレビのジャンル。大食い関連が、いまだに苦手なのですが、(美味しそうに食べるのはOK。でも、苦しそうなのに強引に… が、パスッ!)あれって「できたらイイなぁ。そんなこと」な夢であり、願望なのかもしれませんね

この経験。人の考えること、興味や関心は、想像以上に「身体とリンクしてる」のを身をもって知りました。

きくところによると、今年度は、「巻くだけダイエット」とか「計るだけダイエット」とか、「~だけ**」の類がベストセラーだそうですが、その心理(タイトルの勝利、だわ)。すごくすごく、大納得!
[PR]
by noho_hon2 | 2010-07-01 08:26 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

オカルトの醍醐味は抜け道気分?
e0080345_18411376.jpgそうか。そうだったのか! 平成エンタメ研究所さんの「爆笑問題のニッポンの教養 オカルトは救いのシステム」というオハナシが、ものすごく膝ポン!

じつは、オカルト的な空気が、やや苦手。あの独特な雰囲気に、かぎりなく後ずさりしてしまいます。

でも、今でいうパワースポット。伝説の類も、異次元への入り口であり「楽に生きるためのシステム」って説に、思わず「な~るほど!」

なにを隠そう、根がかなりの怖がりぃ。よって、苦手なものがてんこ盛りでして、ホラーの類も気配からして回れ右、なのですが (^^;) 

ある時、知り合った友人(美人)が「ホラー、だ~い好き。スプラッターなんか、もう、血が騒いじゃうもんね。作り物ならではの醍醐味。見てるとワクワク、すっきりする」と聞いた時、めちゃくちゃ「へ~っ(そのような方もいるんだぁ)」。感心すると同時、「だから、人気あるのね」と、思わず目から鱗、落ちまくり、だったのでした

その時と同じぐらい、納得感に、溜飲がさがりました
私もまた、不可解がひとつ、ほどけて「楽に」なったです。ありがとう

あっ、今、気づいたけれど、だから自分には、昨今の医療モノ、事件モノの類の表現のリアルさに目を白黒、なのですが、それゆえ、世間の期待? 時代と共に加速してるのでしょうか?

ネットの醍醐味も、ある意味。一種、通じてるかも説には、さらにさらに、大いに共感
[PR]
by noho_hon2 | 2010-06-25 18:43 | 雑感 | Trackback(2) | Comments(2)

気圧の影響と身体
体調がナーバスになると「気圧の変化… 前線の通過が分かる」ってのは以前から、よくきいたことがあり、「へ~~っ」だったのですが、(実際、産婦人科勤務の看護士さんいわく。「月の満ち欠けと気圧の変化が、もろ忙しさに関係するのよぉ。嵐の日とか、産気づくことが多い」とのこと)

先日のラジオ・パーソナリティさんの「前線が通ったせいか、昨夜と今朝では、何もしてないのに、1、5キロ、体重が違った。びっくり」ってオハナシに、これまた感動してしまったのでした。

人間もまた、自然の1部なんですね。しみじみ…
e0080345_831268.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2010-04-21 08:31 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

探し物は案外、在庫に
e0080345_8125429.jpgあるのかもしれませんね。
そう感じてしまった今日この頃です

やはり、人間、1年たつと忘れますね。
年度替わりしたので、プチ衣替え、というか、ささやかな季節のモノの入れ替えをしてると

    ( ̄◇ ̄;)エッ

日頃、お買い物の時「こういうものを探してるんだけどなぁ…」と頭にインプットしてるイメージにほど近いアイテムが奥から出てきて、(;´▽`A``

嬉しいやらトホホやら… 
でも、ダンナさんも、よく工具箱を見て「なんだ、あったじゃん」とよく叫んでるしね

基本的にツボや回路が変わらない限り、ターゲットは、そう大きくは異ならないのかな?
思わず、考えさせられました
[PR]
by noho_hon2 | 2010-04-05 08:22 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

ふと、立ち止まる
e0080345_8314930.jpg変化といえば… 最初は、(ブログの目的は)あくまで自分への未来メモ。

書いてた頃のことは、やたらよく覚えてるのに、体調を崩し、何も記録を残せなかった時期が、見事なまでに混沌状態。「…お、思い出せない…」な反省から

「あとで、振り返った時、ひもとけるように…」と記し始めた、諸々の感想文。手作り、および購入したり、印象に残った諸々の記録、スナップの類

でも、気がつくと、どんどんドラマ等「こってり説明するように」なってきました。他の方のをみると、あまりにも詳細で理解も深く、説明が丁寧。焦ってしまったんですね。

尊敬のあまり、影響され、真似してるうち、最初は初回と印象に残った回。最終回のみ、だったのが、毎週レビューしたり筋を追ったり、長くなってきて…

でも、年度替わり。初心に帰ってもイイかなぁ、と感じはじめました
感じたまま、脱線放題。素っ気ないほどアッサリと。
(世の主流は、すっかりツイッター・サイズだしね)

だって、自分のための未来メモなんですもの。

思わず考えてしまった次第です (^-^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2010-04-02 08:46 | 雑感 | Trackback | Comments(2)

流れの分かれ道
e0080345_81249100.jpgある時期。あれほど通った店や界隈に、気がつくと足が向かなくなっていた。

あれほど好きで着まくった服に袖を通さなくなる… 場合によっては、すごく懇意にしてたのに、距離が出来てしまっていた、等々。

その時点では、気にもとめない小さな変化なんだけど、そういう事… ふと流れの変わる瞬間。分かれ道ってありますよね。

先日、年度替わりでラジオ番組のレギュラーな面々ががらり変わり、ひさびさにチューニングを動かしました。ザーザーという音や「ややや、ひさしぶり」な、その局、独特の時報の合図を久々に聴き、妙に感慨無量。

そっかぁ… 昔は、ココをエブリデー、聴いてたんだナと、改めて、ドキドキリ

案外、きっかけは、こういう小さな変化なのかもしれないなぁ、と、思わず、しみじみ。
[PR]
by noho_hon2 | 2010-04-02 08:23 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

濱田岳ポジション
e0080345_8363948.jpg「コードブルー2」、どんどん「泣かせ」の方向に走ってるみたいですね。今週の回では、濱田岳の悲運が、o(;△;)o (彼女を守って犠牲に)

思えば「太陽と海の教室」でも、思いっきり彼が海で犠牲になってた記憶があるのですが、

命まで削らずとも「プロポーズ大作戦」では、その健気さが、なかなかのインパクトになってなかったっけ?

思えば青春群像モノでは、思いがけず誰かが召される展開が多いもの。
気のせいか、少~し小柄だったり華奢で細面だったり、「影が薄い」ことが多いですよね
(「愛という名のもとに」では珍しく太っていたけれど)

一般ドラマ。女性では、昔。戸田菜穂、今、木村多恵、りょう等が、この路線。健気だけど「幸薄い」役回りが回ってきがちな気がするのですが、濱田岳には気のせいか、その男性版を感じてしまう私…

ぱるぷんて海の家」さんの指摘じゃないけれど、月9で2度も白羽の矢が当たるなんて! (しかも短期間に)ちょっと、この先の彼に興味を感じてしまったのでした (^^;)
[PR]
by noho_hon2 | 2010-01-26 08:59 | 雑感 | Trackback | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
アンナチュラル 第2話「..
from MAGI☆の日記
【西郷どん】第2回感想と..
from ショコラの日記帳・別館
アンナチュラル 第2話
from ぷち丸くんの日常日記
アンナチュラル (第2話..
from ディレクターの目線blog@..
大河ドラマ「西郷どん」
from 半秦絆記
BG~身辺警護人~ #01
from ぐ~たらにっき
隣の家族は青く見える 第1話
from MAGI☆の日記
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)