<   2006年 05月 ( 42 )   > この月の画像一覧

刑事コロンボ 「パイルD-3の壁」
e0080345_189364.jpgなぜか、ケーブルテレビで見る刑事コロンボには、あの有名なテーマソングが出てこないのですが、ひょっとして、あれは日本版独自のオリジナル、なのでしょうか? ちょっとミステリー…

はじめて見た時、すごいインパクトで、シリーズ中。「もう1度みてみたい作品」の、かぎりなく筆頭に近かったのですが、2度目みた時は、あまりにも期待が大きすぎたのか「あれれん?」

でも、再び見たら、やはり面白かったです。
クレジットを見たら「監督:ピーター・フォーク」になってて、びっくり。

(なにを勘違いしたか、私はず~っと、これが若かりし頃のスピルバーグ作品と思い込んでた。正確には「構想の死角」がそう、なんですってね)

思わず興味をもって調べてみたら、シリーズ中、唯一。彼の監督作品だそうで… 名優は、たとえメガホンはとらずとも、常に“監督としての視点”も持ってるのかもしれませんね。面白いなぁ…
[PR]
by noho_hon2 | 2006-05-31 18:19 | ドラマ | Trackback | Comments(2)

ジャニーズ的バランス
e0080345_1845576.jpgあるいは、「それってジョーシキ!」と笑われてしまうかもしれないんですが…

ジャニーズのグループにおけるバランスの妙というか、構成エッセンスは現在「王子、不良、ストリート」なんですってね。
…その勘所に、いたく感心してしまったのでした。

個人的には、往年の欽ドンの「良い子悪い子普通の子」で、最後の「普通の子」を入れたセンスの慧眼ぶりじゃないけれど、

うま~い具合に、相手の持ち味を際立たせつつ、自分も輝く、惑星系のほんわかした子(SMAPの草薙君や、V6のイノッチ、等々をご想像あれ)を入れる配慮も忘れない部分に感心してしまったりして… やるぅ。
[PR]
by noho_hon2 | 2006-05-30 18:54 | 日々のメモ | Trackback | Comments(2)

未来予想図
e0080345_8541198.jpg思えばチビの頃。おままごとには目もくれず、なぜか電車がだ~い好きな女の子でした。

転勤族ゆえ、ことに幼い頃は引越し続き、だったのですが、幼稚園前。移動中の岐阜駅で「疲れた。もう、歩けな~い」と半ベソをかいた時。

大好きなオレンジとグリーンのツートンカラーの電車の玩具を与えたとたん、喜びのあまり、抱えて走り出した…というエピソードをもつほど。(いまだに、親にからかわれまくり)

小学校の頃から、メカニックやサイエンスに興味をおぼえ、壊れた時計や玩具等を、ドライバーで片っ端からバラしてましたから、当然、馬があうのは男の子ばかり。裏山や廃墟の地下室を秘密基地。トランシーバー片手に、真っ黒になって走りまわってた記憶があります。

そういう訳で、母の心配は「こんなに、オテンバ娘で…」と頭を抱えることしきり。
年頃になっても、男の子は、ゴマンと遊びに来るものの、甘いムードは片鱗もなし。友人の提灯もちばかりやってるのが、嘆きの種だったみたいですが… 

やがて、奇特な相手があらわれ、結婚する運びになり、日常は「はじめてのオママゴト」みたいで珍しく、面白かったのでした。毎日が、ごっこ遊び、みたいだったしね。

な~んてことを考えてしまったのは、少し前。偶然、テレビの取材番組でみた、鉄道マニアの父子に、母親だけが、きわめてクール。だけど、気のせいか、イジケつつも、どこか寂しげ。それを見て、「わ~~、もったいない~~っ! 私なら、喜んで参加しちゃうのになぁ…」と感じてしまったのでした。

今でも、駅のホームの片隅で、カメラを構えてたり、珍しい車両に嬉々として群がってる、小さいオトモダチや、大きいオトモダチを見てると「…いいなぁ…」と思ってしまふ

じつをいうと、秋葉原のジャンク横丁も、幼い頃。秘密基地の漫画で見た、SFチックなエリアか学校の研究室や倉庫みたいで、懐かしさ混じりな親近感、覚えるのです。

ただ、私が愛機(ミシン)を前にすると「なんだか、服、縫ってる、ってより、プラモデルでもつくってるみたい」と笑われるんですがね。型紙とる姿も、設計図ひいてるみたいだそうだし…

だけど、まぁ、それはそれで、少しだけ、藤子漫画や、クロノトリガーのルッカ、ハガレンのウィンリイみたいに(モノをつくる存在になる、という)夢が、片鱗はかなったかな? 感じてしまいます。

憧れたり、夢見る力、おそるべし?!
[PR]
by noho_hon2 | 2006-05-30 09:39 | 雑感 | Trackback | Comments(2)

チャングム、トリック、吾輩は主婦である
e0080345_9171038.jpgいっときは、あまりにもお気の毒で、不遇と理不尽の連続。ハン・サングンは亡くなってしまうし… 辛すぎて「はたして、見つづけられるだろうか…」と不安さえ覚えてた、チャングム。

しかし、逆境にもメゲず、持ち前のパワーと天分を発揮。また、どんどん面白くなってきましたね。昨年度の集中放送では、前半の料理人編までしか見られなかった分。楽しみ楽しみ。

「トリック」は、あいかわらず、何度みても面白いっ!

(しっかし、映画化記念・特別企画とはいえ、あまりにもランダムな時間帯に放映するの、何とかならない? うるうる、何話か見逃してしまったよぉ)

先日、再放送してたのは、高橋ひとみをゲストに迎えた「するする、スリット」の回。随所に散りばめられた、遊び心に笑い転げてしまったのでした。もはや3ともなると、ほとんど無敵状態。やりたい放題!の、のびのび感がイイですよね。

やりたい放題といえば、話題の昼ドラマ。「我輩は主婦である」

ついに、斉藤由貴演じる、みどりに漱石がのりうつり、今週は急展開の予感ですが、個人的には、笑えるほど所帯感の無いミッチーや、すちゃらかお義母さま、竹下景子にウケまくって!ます。

しかし、はたして、この時間帯、本来の固定ファン層が、このハジけぶりに、どこまでついていけるのでしょうか? そういう意味でも、反響が興味津々… (^。^;)ヾ

(ビルの谷間で、ハシゴ車が訓練中…)
[PR]
by noho_hon2 | 2006-05-29 09:32 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(4)

場所がかわると…
e0080345_18211040.jpg日本では、昔から「イワシの頭も信心から」って語がありますが、お国がかわると、これがニンニクになったり、カメになったりして「へ~ぇ」なものがありますよね

そういえば、中学の英語の授業。
「日本では、“覆水、盆にかえらず”と、“水”であるけれど、英語では同じ意味が、“ミルク”になるんだよん」と教えてもらい、えらい感心。

それならば、コチラでいうところの“水に流す”って観念は、どうなるのかしらん?と素朴な疑問を抱いた記憶ありますが…

しみじみと、場所と習慣はそれぞれ、ですね
[PR]
by noho_hon2 | 2006-05-26 18:20 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

おいしくしたら、そっぽ?!
e0080345_1757137.jpg「マズさ」で話題になり、ヒットしたジンギスカンキャラメルが、良かれと思って第二弾では、美味しさ、パワーアップしたら急に不人気に。売り上げ半減してしまった… ってニュースに思わずウケて!しまいました。

考えてみると、テレビの世界でも、よくある気がしません?

そのヤンチャさ。奔放さで話題になってた方が、ブーイングに懲りて、お行儀よくしたら、全然、注目されなくなったり、

気のせいか、次の世代の真ん中にくるヒトって、でてきた当初は、むしろ「ちょっと変」な印象。そのアクやアンバランスさが賛否両論であることが少なくない気がして。

あの、鳥山明と柴門ふみも、駆け出しの頃は「この絵柄は(今風でないので)ウケない。あなたはプロにむかない」と編集者に言われた(らしき)エピソードが、うんと印象に残ってます。

キョンキョンがブレイクしたきっかけも、当時としては、ほとんどタブーであった「アイドル髪を、見事なまでにバッサリ」によって、急に人気がでたエピソードが、なぜか脳裏をよぎったりしてね。

先日の、ギィ・ブルダンの進化じゃないけれど、規格外は強み?!
ちょっと面白いなぁ、と感じてしまったのでした。
[PR]
by noho_hon2 | 2006-05-25 18:17 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

恵比寿ガーデンプレイス
もう、できて10年以上たつのですね。

晴れ間ののぞきはじめた空に、広々とした開放的空間がキモチよく、
こ~んな隠れ家的スペースも味わい深かったです。(と書いたら、脇から「なにをおっしゃるウサギさん。これは、たいへんに有名な高級レストランだぞぉ!」と突っ込まれた(^^;)ヾ)

e0080345_1653068.jpge0080345_1653959.jpg

往年のビール工場の空気を残しつつ(左)、ひとあじ違ったコンビニもあったりして(右)

e0080345_1654544.jpge0080345_16541537.jpg写真では分かりにくいですが、カタカナで「ファミマ」と書いてるのに、思わずプププ…。

品揃えが、じつに魅力的で、この界隈に勤務なさってる、とおぼしきOLさん達。ここで購入して、ベンチで楽しげに、オシャベリしつつ食べてるのが印象的でした

思いがけず、恵比寿麦酒記念館、面白かったです。
4種類のビールが飲み比べのできるスペースなぞ、じつに本格的で、オッシャレ~♪
(ただし、飲み物は有料) う~ん、大満足

e0080345_16564527.jpge0080345_16565418.jpg
[PR]
by noho_hon2 | 2006-05-24 16:59 | 街角スケッチ | Trackback(5) | Comments(3)

ギィ・ブルダン展
e0080345_16301347.gifダンナさんがチケットをゲットし、東京都写真美術館で行われてるギィ・ブルダン展に行ってきました。

きくところによると、「20世紀で最も影響力のあるファッション・フォトグラファーのひとりである」とのこと。…し、知りませんでした (^。^;)ヾ

その代表作のみならず、初期の作品等々も展示されてて、なかなかに面白かったです。

写真というより、むしろ、アート作品。あのマドンナも影響された、ってのも、大いにうなずける(一瞬、ギョッとさせる)斬新さのオンパレードです。それが、圧倒的なサイズでもって、ところ狭しと並べられてる図は、まさに圧巻っ!

個人的には、まだファッション業界や、コマーシャル・フォトの分野。フレンチ・ヴォーグで頭角をあらわし、世界中に、その名をとどろかせる以前の作品が興味深かったです。

構図的にも色彩的にも完璧で、どこか少年時代のピカソ作品を思わせます。
でも、それだけでは「とても上手な写真」なんですよね。そこから頭角をあらわすには、やはり、サムシングが必要?!

その完成度から、意図的にバランスをかえ、悪ノリぎりぎりでありながら、なお品性と美学を保ちつつ、ド肝を抜くアイディアや工夫を加味。その分。省略をつくして無機質ティストに仕上げて「作品が、さらになるパワーをもつ」過程が興味深くて… 

写真やアート方面に興味ある方なら、ぜひ、一見の価値アリ
[PR]
by noho_hon2 | 2006-05-24 16:49 | 街角スケッチ | Trackback(4) | Comments(4)

鍋奉行が多すぎて
e0080345_18403659.jpg先日、テレビをみてたら、料理系・情報番組に吉行和子が招かれてて「私、すき焼きは大嫌いなの」ってひとことに、キョトンとなってしまいました。

いわく。「だって、劇団時代。すき焼きすると、みんなが自分の説を譲らず、最後は必ず、ものすごい喧嘩になってたから…」って理由に、思わず爆笑。

たしかに、あるかもしれませんね。

学生時代、サークルの合宿で焼肉をしようとしたら、喧嘩にこそならなかったものの、買い出しの段階。「食材選び(とくにオプション)」からしてで「あ~でもない、こ~でこない」と、けんけんごうごう、かんかんがくがく・・・

みんなして自説を譲らず、帰ってきてからも、切り方で沸騰し、焼く順番で、また主張の嵐。にぎやかの限りで、タハハ… だったんですもの。

思えば、かの名作。「戦艦ポチョムキン」なぞ、身もフタもなく要約すると「食い物の恨みは怖いぞ~~っ。それこそ、革命まで起こっちゃうもんね~」ってなオハナシですもんね。
ちょっと、考えさせられました
[PR]
by noho_hon2 | 2006-05-23 18:52 | テレビ | Trackback | Comments(6)

型破りへの憧れ
e0080345_1871026.jpg気のせいか、なにかと週刊誌や新聞のテレビ欄等々で、とりあげられることの多い「弁護士のくず」

その中でも「現実が窮屈な分、せめてドラマの中では、型破りな存在が活躍するのが見たい」って意見が、うんと印象に残りました。

あるいは亀田兄弟の人気の理由は、そういうことなのかもしれませんね (^-^;)
[PR]
by noho_hon2 | 2006-05-22 18:12 | 雑感 | Trackback | Comments(2)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
貴族探偵 #02
from 刹那的虹色世界
「釣りバカ日誌(2)」1..
from ドラマでポン
「人は見た目が100パー..
from ドラマでポン
貴族探偵 第2話
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 第2話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第2話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第2話
from ぷち丸くんの日常日記
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)