<   2006年 09月 ( 68 )   > この月の画像一覧

お祭り
e0080345_17452842.jpge0080345_17453587.jpg
[PR]
by noho_hon2 | 2006-09-30 17:45 | 街角スケッチ | Trackback | Comments(2)

たらこソングに、BBCが取材
e0080345_18215246.jpg少し前。ヨーロッパでつかまった家出少女が「アニメで憧れの日本に行きたかった」と言ってた時は、思わず感心してしまいましたが

あの、たらこソングに、今度は天下のBBC。英国営放送の取材が入ったとは…

考えてみると、ワールド・カップよりも、冬ソナを筆頭とした、韓国ドラマのブレイクで、より、身近に感じられ、

言葉を習う人が急増したり、お隣の国の文化の違いに「…じつは、そうだったのか…」と納得してしまった現象じゃないけれど、

(チャングムで初めて、韓国の昔の服装を知ったしね)

エンターテイメントがもつパワーって侮れないものがありますよね。
思わず、しみじ~み
[PR]
by noho_hon2 | 2006-09-29 18:14 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

藤圭子は、ヒカル・ママ
e0080345_17485971.jpgラジオを聴いてたら、ニュースのコーナー。藤圭子という前に「歌手の宇多田ヒカルさんの母親で…」と紹介されてたのに、感慨深いものがあったです。

降谷建志が、古谷一行ジュニアというより、むしろ、「ドラゴンアッシュのボーカル」といった方が分かりやすいのに感心した気分にも近い… かも

それにしても、あの、カード天国の米国で、現金、約42万ドル(約4900万円)を「持ち歩いていた」だなんて… その度胸。凄すぎるぅぅ!

麻薬探知犬は、多額な現金にも反応するとは… 
この世は、知らないことだらけだなぁ
[PR]
by noho_hon2 | 2006-09-29 17:57 | 日々のメモ | Trackback(3) | Comments(4)

内田彩仍バッグ (黒)
夏に、キッチン・クロスで作ったバッグが、普段使いに、とても重宝したので、これからの季節。ダークな色味のものも欲しくなり、人気スタイリスト。内田彩仍のデザインにチャレンジしてみました

内ポケットの仕様やサイズ。内側の布も自在に選べるのが、作っちゃう場合の嬉しいところ。けっこう、大きいです。たっぷり荷物も入りそうで、活躍しそうな予感ヒシヒシ

e0080345_17383072.jpge0080345_1829815.jpg
[PR]
by noho_hon2 | 2006-09-29 17:46 | ハンドメイド | Trackback | Comments(4)

羽生王座15連覇、歴代2位
e0080345_18222946.jpg少し前の番組で、羽生善治にスポットを当てた企画が興味深かったのですが

登りつめたあと、なおも勝ち続けること。
あるいは、いったん、トップの座を譲ったあとに、再び、それを奪回すること。

そして、それを守り続けるのって、並大抵のことじゃないですよね。

このニュースを見たとき「そうか、今は“名人”でなく、“王座”と呼ばれてるのね」とか、「こんなに凄い記録なのに、それでも、まだ上がいたなんて…」と、そのことに驚いてしまいました。

でも、しみじみと快挙!です。
この若さで、偉いです。思わず、ふかぶか~~っ
[PR]
by noho_hon2 | 2006-09-28 18:28 | 日々のメモ | Trackback | Comments(2)

またまた、お騒がせ。亀田親子とTBS
e0080345_1822121.jpg今度は、亀田兄弟の次男坊。大毅の試合で前代未聞の乱闘騒ぎ

またまた、TBSの電話は(試合結果に対する、抗議の声で)鳴りっぱなし

でも、深夜枠としては高い8.3%の視聴率をマーク
当然のように、「乱闘は放送せず」って顛末に、思わずイカンと思いつつ、吹き出してしまったのでした。

ここまで続くと、いろいろな意味で、なんだか考えさせられますね。
[PR]
by noho_hon2 | 2006-09-28 18:12 | テレビ | Trackback(6) | Comments(0)

新垣結衣、ポッキーCMに
e0080345_17465428.jpgやはり、CMのキャスティングを見てると、現在の人気者と、次に脚光を浴びそうな顔ぶれがよく分かり、うんと興味深いですよね

思わず「誰、それ?」と検索してみると、新垣結衣もまた、沖縄出身であるのに「へ~ぇ」

そして、彼女と同じ沖縄出身オレンジレンジとのコラボ企画ってのも、面白いなぁ、と感じたのでした。毎回、じつに楽しいですよね。

最近では、石原さとみのバージョンが印象に残ってるだけに、新作が楽しみ♪
[PR]
by noho_hon2 | 2006-09-28 17:56 | テレビ | Trackback(3) | Comments(0)

サーフィンのように
e0080345_1749194.jpg先日、ダンナさんに「ところで、ファイナル・ファンタジー(個人的には、1を希望)やらないの?」と尋ねられた際、

「うん、ここんとこ、ちょっとキテる波(手作り熱)が、一段落したら考える」と答えた、自分自身の返事に、思わずウケて!しまいました。

(余談ながら、ネットで「マイブーム」を検索してみたら、「今は死語」「流行語大賞、受賞」ってのが可笑しかった)

誰しも、ある気がしません? ある時期、ワ~~ッと盛り上がり、熱くなってたのに、熱が冷めると、ひゅるる~~っ。「あれは何だったんだろう?」と、我に返ったら、もうダメ。2度と再び「同じことはできない…」と感じてしまうことって。

でも、風がふき「波にのってる」時って、なんだか、無性に幸福なんですよね。
知らず知らずの内、追い風状態。目がおもいっきり「それセンサー」になってるし、「やらされた」ら、まず絶対にできないことが難なくできちゃいます。

誰かがエッセイで「マメ子さんがやってくる」と表現してて、思わず膝ポンッ!

時折、まるで、奇跡のような、お掃除熱というか、「整理整頓・したい」欲が訪れ、ワ~~ッ!と憑き物状態でやることあるけれど、いったん、熱が冷めると「…ムリッ!」と感じてしまうエピソードに、共感の嵐。

だけど、同じぐらい、ナギの時だってあるもの。
願わくば、サーフィンのように出来れば、いいのにね。

(ついに、ドコモダケが、UFOキャッチャーに。欲し~~っ♪)
[PR]
by noho_hon2 | 2006-09-27 18:09 | 雑感 | Trackback | Comments(2)

スタートレック 「二人のカーク」
e0080345_172382.jpg今年は、スタートレック・生誕40周年なんですってね。

えらいぞ、ケーブルテレビ。それを記念して、ど~んと大盤振る舞いで、人気作品を、一気に放映。

メイン出演者達のインタビュー企画から、日本の吹き替え担当者、対談まで、その密度の濃さは、ほとんど感涙モノ、だったのでした。

カーク船長こと、ウィリアム・シャトナーが、じつは、舞台出身だったのには、えらい納得!

ミスター・スポック役のレナード・ニモイの、芯の通ったインテリさと芸術家ぶり。
ジョージ・タケイ氏の意外な美声にも、驚いてしまうことしきり。

最初は、「タロス星の幻怪人」が、前編のみかと思い、「そんなバカな!」とのけぞったのですが、ひとつはさんで後編もあり、ホッと安堵。しかし、なんて大胆な設定と、ストーリー展開なんでしょうね。これぞ、SF!

個人的には、「二人のカーク」 が、うんと興味深かったです。

転送機のトラブルで、カーク船長がふたりに分裂。いってしまえば、ブラック・カークと、ホワイト・カークになる訳ですが… 前半は、ありがちな展開に思えたのですが、親切で優しいホワイト・サイドだけでは、リーダーは務まらず、どんどん判断力も弱り、軟弱に。

じつは、粗野で凶暴な面をもつ、ブラック・サイドとの一体化によって、はじめて「勇気と決断力ある指揮官がつとまる」という解釈に、スタートレック・シリーズの人気と長寿の秘密を見たような気がしたのでした。

同時に、声を担当した矢島正明が「この回で、役者として、大いに溜飲が下がりました(笑)」という、密かなエピソードにも、大ウケッ!

ふと、海外では有名スターが、じつにのびやかで楽しそうに敵役をひきうけるキモチが、ちょっと分かったような気がして (^^;)ヾ
[PR]
by noho_hon2 | 2006-09-27 17:44 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)

復活「ミカ・バンド」の“助っ人”に木村カエラ
e0080345_18244483.jpgこの記事に、ふと興味を感じ、

無知な私。検索してみて「へ~ぇ、加藤和彦って、サディスティック・ミカ・バンドの人だったんだぁ… と、いたく感心した、のでした。

「ところで、気のせいか、よくお名前を見かけるような気がするけれど、一体。どんな人?」と、さらに調べてみると…

あの「パッチギ!」で一躍、脚光を浴びた「イムジン河」にも、浅からぬご縁があったとは。

しかし、ミカさんは実在し、じつは結婚相手だった、とか、イギリス・ツアーにいったとか(あの時代に!)、次の結婚相手は、安井かずみ(人気作詞家)だったとか、80年代には、桐島かれんを迎え、ミカ・バンドを再結成してた、とか…

トリビアじゃないけれど、「へ~ぇ」「へ~ぇ」の連続。

その昔は、辞書や百科事典、本屋さんが、こういう感じでしたが、いまや、こういう種のサプライズって、断然、ネットの独壇場ですよね。(というより、私が無知すぎ?)
ただただ、感心させられるばかり… 

先日の、31年ぶりの「つま恋」じゃないけれど、この世代は、改めてパワフルですね 
[PR]
by noho_hon2 | 2006-09-26 18:40 | 日々のメモ | Trackback(2) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
貴族探偵 #02
from 刹那的虹色世界
「釣りバカ日誌(2)」1..
from ドラマでポン
「人は見た目が100パー..
from ドラマでポン
貴族探偵 第2話
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 第2話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第2話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第2話
from ぷち丸くんの日常日記
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)