<   2007年 01月 ( 47 )   > この月の画像一覧

なるほど「フランダースの犬」
e0080345_17353976.jpg先日の「伊東家の食卓」を見てると、あの、あまりにも有名な「フランダースの犬」のラストシーン。

それは、最後まで思い悩んで… の結果だったとのこと。そのエピソードに、うんと興味深いものを感じてしまいました。

どうも、オハナシの面白さ。つい先走って原作を先に読んだ、小さなオトモダチが、その悲劇的な結末に衝撃。「ネロを死なせないで」との嘆願書があまりにも多く届いた結果、

「子供にみせる表現」として「眠っている状態で、天使に抱かれていく、というスタイルが一番ふさわしいのでは」となり、ああなった… ってオハナシに「へ~っ」でした。

それを聞いて、思い出したのは、手塚治虫が苦笑しながら、テレビで語ってたエピソード…

アトムの最終回。自らが犠牲になり、地球を救う展開にショックをうけた子供達から、あまりにも多く「お願い。アトムを助けて」との声が寄せられたため、胸が痛み「じつは…」と生き返ることにしたら、今度は、えらい不評だった!んですってね。

思わず、吹き出してしまいました。双方のキモチ、ちょっとワカル気がして… 

余談ながら、ラーメンを新発売する際、事前の市場調査で「1番人気のもの」を選ぶと、それは「大きな間違い」なんですって。幾多の経験を重ねるうち、見えてきた意外な結果。それは、実際は、2番人気のものの方が、商品としては成功し、ロングセラーや定番になることが多いとのこと。

なぜか?

1番人気のものは、消費者が満足というか納得しすぎて「もう1度、買いたい」気にならないそうで… むしろ、多少、物足りないぐらいで「…なんか、気になる…」ってのが消費者の心をつかみ、リピートしてもらえるみたいです。

で、冒頭のオハナシですが、あの、漫画の神様・手塚治虫でさえ、勘違いしてしまった人間心理の摩訶不思議。

もしも世間の声に負けて、ネロを助け、めでたしめでたし… にしたら、こんなにも長く、人々の心には残らなかったような気がして… そういう意味で、「表現を工夫した」あたり、えらいなぁ、と感じてしまいました。

オハナシとしての悲劇は山ほどあるけれど、ここまで「語り継がれ」愛されたもの。リピートされまくりの存在は少ないですもんね。

改めて、人の心はミステリアス。
恋愛関係でも、「気に入られたい」と願うあまり、ひたすら要求にこたえまくったら、単なる「いいひと」になるトホホじゃないけれど… げに、パラドックスに満ちてて、面白いですね
[PR]
by noho_hon2 | 2007-01-31 17:59 | テレビ | Trackback | Comments(4)

受難顔、翻弄され顔
e0080345_18131848.jpg先日の「華麗なる一族」を見てて、ふと思ったのですが…

あの犠牲になった支店長さんを演じた田山涼成、って、「白い巨塔」でも、医療ミスで、エライ目にあう患者さんじゃなかったっけ?

そういう意味で、女性では、薄幸顔というか「(運命に)翻弄される」役に、木村多江が配されてるのが印象に残るのですが… (ちょっと前なら、このジャンルは、戸田菜穂だった?!)

ありますよね、そういうのって。

(検索してたら、木村多江に関し、ウィキペディアに「日本一、不幸が板に付く女優」というのが載ってて、思わずウケしまいました)

たしかに、翻弄されたり受難なのは、ちょびっと薄味。しょうゆ顔の方がイイのかも。
バター顔だと、むしろ敵役になりそう

今にして思えば、チェ・ジウ姫なんか、そのもの! 難病も、三角関係でおろおろ… も、なんとなく「許せる」ものがありますもんね。

杉本彩あたりだと、同じ「えらい目にあって」も、自力でがんがん何とかして、「目には目を!」とばかり、百倍返し、しそうです。

そういう風に考えると、本当にキャスティングって微妙ですよね。

あるプロデュサーによると「メロドラマにむく顔」「ホームドラマにむく顔」があるそうですが、それにも「…なるほどなぁ」

それに、時代によって「ウケる物語」自体、かわるので、そのあたりも、面白いなぁ… と感じてしまったのでした。
[PR]
by noho_hon2 | 2007-01-30 18:08 | 雑感 | Trackback(3) | Comments(2)

華麗なる一族
e0080345_171342.jpg基本的には、陰謀渦巻く展開や、「これもか!」にドロドロな人間関係、大掛かりセットに圧倒され、感心しつつ見てます。

個人的には、背広姿のキムタクに、思わずハート♪ オジサンたちと女性陣の濃ゆさに「…ドラマだねぇ」

だけど、2人で見ると、たちまちテレビが「突っ込み劇場」と化してしまう我家 

鯉とイノシシに、「でたな、リモコン鯉」だの「ちんまり、イノシシ」だの… 言いたい放題。

「それにしても、動物もんが下手やなぁ」「もっと、お金のかけ方。バランスを考えろよ~ぉ」との声に、思わず笑い転げてしまったのでした (;^◇^;)ゝ
[PR]
by noho_hon2 | 2007-01-30 17:24 | ドラマ | Trackback(10) | Comments(0)

バッジにビビる
e0080345_917193.jpgサイバーエージェント社長、藤田晋のブログ。「渋谷ではたらく社長のアメブロ」の社章、を眺めてたら、ふと、懐かしいことを思い出してしまいました

学生時代を、のんびりとした四国の城下町ですごし、気に入るあまり、骨をうずめる気まんまん?!

都会願望がカケラもなかったせいか、都市は地球の裏側ぐらい、彼方なる地。自分には関係ない別世界、と思い、おっそろしく無知でした。

のちに、ひょんなきっかけから関西に就職することになったのですが、就職試験にいく運びになったとき、心配した叔母が「どこで待ち合わせようか? どこ、知ってる?」と、電話で声をかけてくれた際

「では、オーサカ駅の出口あたりで」
と、あっけらか~んと言い放ち、アングリさせたツワモノなんですもの (^ー^;)ヾ

「出口がいっぱいある」だなんて、想像もしなかったのでした。
ましてや「駅自体、ゴマンとある」だなんて… あうあう

一事が万事。あとは、推して知るべし?!
無知にくわえ、盛大に勘違いをしたのは、サラリーマンのバッジでした。
(親が、背広族ではなかったため)

まだ、海路のリーズナブルさが、貧乏学生の大いなる味方だった頃。
船で大阪まで行き、ど真ん中を経由して、友人が住んでる信州までひとり旅したのですが、みんな、心配のあまり、あれこれアドバイスをしてくれることしきり。

やれ「いくら、珍しいから、といっても、高いビルに見とれ、キョロキョロしちゃイカンよぉ」とか「動く歩道でコケたら恥やで」とか… 問題は「バッジをつけてる人には、気をつけなさい。ついていっちゃダメだよ(いまだ意味不明)」説に「…そ、そうなの?」

こともあろうに、船が港に着いたのは朝はやく。
よって、ラッシュ時間帯のオフィス街を経由する羽目となってしまいました。

まず、地下鉄が、地上を走ってるとは思いもよりません。探し回って、右往左往。工事のおっちゃんが「ねーちゃん、地下鉄かぁ? これやで、これ」と笑いながら教えてくれたのだから、笑ってしまいますよね。

ようよう電車にのった瞬間。私、石化しました。
だって、乗客の過半数。背広のおじさんが、ほとんど全て「バッジをつけてた」んですもの。ここは、どこ? な、なにが起こってるの?! ひ~~っ!

ドッと大汗かいたのを白状してしまうのでした。

あな、おそろしきは、無知&勝手な思い込み。
今にして思えば、かつがれたのかな?

藤田社長の社章は、なかなかに、お茶目で可愛いですよね。
でも、こんなバッジだったら… 百万光年は、とんで逃げた、かも (^。^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2007-01-30 09:52 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

松本潤、6年ぶり連ドラ主演
e0080345_1812148.jpgこのタイトルをみた時、思わず「…ん?!」 キョトンとなってしまいました。

あんなにも、多くのドラマで見かけた気がしてたのですが、じつは「主演ではなかった」とは!

(個人的には、「ごくせん」と「きみはペット」の役が好きだったなぁ…)

余談ながら、月9の「東京タワー」いまひとつく視聴率的に伸び悩んでるみたいですが、もこみち君は、あくまで平成ハンサムなので、その彼に昭和カラー濃厚な物語を演じさせるのは、かなり酷だったかもしれませんね。 

「バンビ~ノ!」は、どうやら熱い主人公みたいですが、「野ブタ。をプロデュース」で、あれほど魅力的で人気沸騰。期待されまくった、亀梨和也、堀北真希が、その後の役どころで、ちょっと苦戦してるように… 人気者になってのちの配役って、微妙で難しいもの?!

キャスティングがハマるといいのになぁ… 思わず、期待してしまうばかりです (^ー^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2007-01-29 18:21 | テレビ | Trackback(2) | Comments(0)

あるある騒動とスピリチュアル
e0080345_1774153.jpgしかし、出るわ出るわ… 捏造の実態。レタス味噌汁、ついにはあずきに至るまで。ここまでくると「よくぞ、ここまで」の感ですよね。

なぜか、あるあるの先日までの栄華と、突然の、猛バッシング。とくに「あるある」書籍、大手書店の自主撤去相次ぐという記事をみてると、なぜか、スピリチュアル・ブームを連想してしまいました。

正直いって、今ひとつ、この手の番組が苦手で、見たことくせに発言するのはケシカランかもしれませんが(^。^;)ヾ それに対する反響とか、考察。場合によっては批判記事みたいなものは、うんと興味深いなぁ、と、感じてしまいます。

ちょっと前まで、新聞の片隅に連載されてた「スピリチュアルにはまる若者たち」というミニ特集が面白かったです。週刊誌にでてた、なぜに、前世と守護神は「いかにも、パターンで、ソレっぽいの?」みたいな批判記事に、思わずウケてしまいました。

そして、ふと感じたことは、あるあるで紹介された商品を買いに走った方もそうでしょうが、みんな、生活の片隅。「ささやかな夢」をみたいのかもしれませんね。

以前。宜保愛子が寵児だった頃、ある方の「真偽のほどはナニだけど、私は彼女の、相談者をして“ああ、こうだったらイイのになぁ…”みたいな願望を上手にすくいとって、背中を押してくれるあたり、とてもヨイと思う」みたいな声に、ふと、人気のヒミツを垣間見たような気がしました。

みんな、手の届く、小さなファンタジーを求めてるのかもしれませんね。

若くなりたい、スレンダーになりたい、健康になりたい…

守って欲しい、明るい未来を信じたい

半信半疑ながら、密かに、そこに託されたエネルギー自体が大きかった分、作用反作用の法則。こんなにも反動というか、怒りエネルギーは大きかったのかな? おもわず、考えさせられたのでした

(お安いけれど、カニかま、うまうま。和風のお皿にはえます。ポン酢か、マヨネーズで、ごくごく“素朴に食べる”のが好き♪)
[PR]
by noho_hon2 | 2007-01-29 17:44 | 雑感 | Trackback(3) | Comments(2)

まだそんなに老けてはいない
e0080345_9535266.jpg山田太一の脚本と、深町幸男演出という、クレジット部分に心惹かれ、チェックしました

とくに、深町幸男に関しては、個人的に、好きな作品。「あ・うん」と「花へんろ」で、お見かけた名前だなぁ、と琴線に触れるものがあったので。

(再放送されるたび、印象と感慨がかわるのが凄いのです)

あるいは、この、さらっと描かれた上質な「オトナのオトギ話」ぶりは、昨今のドロドロ・コテコテなドラマを見慣れた目には、やや薄味に感じられるかもしれませんが、

もうすぐ、100万人の団塊世代が、定年を迎える現実を控えてる分。その、じつに「時代を見据えた」斬りクチには、いつもながら、アッパレ!だなぁ、と舌を巻いてしまうことしきり

(時代の半歩先をとらえる眼力的には、コンビニが現在のような存在になる前。千葉真一を起用してつくったドラマや、アジアン・スターの追っかけOLを題材。薬師丸ひろ子が主演した作品が印象的。先頃、昼にオンエアされてたドラマも、「出会いのきっかけ」を、漫画喫茶にしてて、「…やるぅ!」でした)

軽く見られるけれど、大いに深いものを感じました。面白かったです
主役に、中村雅俊を据えたキャスティングも、想像以上に新鮮。

あの、大滝秀治をして「笛をふくだけ」の老人にしたり、池内淳子を喫茶店主としてだけ脇に登場させ、その存在感と上質な品で、全体を締める、だなんて… なんて贅沢なツクリでしょう。

原田美枝子も、実年齢より、やや上の「普通の主婦」を演じきってオミゴトです
余貴美子も、味なポジションでしたよね。

こういうスタンス。こういうオシゴトが出来るって、いいな… と感じてしまうことしきり。

昨今。なにかとバッシングの対象なテレビ界ですが、かくも作品に対し、丁寧な仕事をし、発表の場を与えるって、その真摯さには、思わず嬉しくなりますね (^。^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2007-01-29 09:35 | ドラマ | Trackback | Comments(2)

まさに「ガラスの仮面」、菊地凛子
e0080345_13433759.jpg遅ればせながら… ふと垣間見た、テレビの特集コーナー。

菊地凛子の、これまでの出演作品というか、過去映像の、顔の多彩さ。そのバラエティ豊かさに、思わず感動してしまいました。

ほとんど、「ガラスの仮面」の北島マヤも真っ青!ですよね。

(とくに、富士通FMVの新CMにおける彼女と、今回の大注目で流された、金髪写真は、まるで他人のよう)

今回の、「バベル」における快挙も納得です。
しみじみと、その努力と大きな才能に敬服…
[PR]
by noho_hon2 | 2007-01-28 13:47 | 日々のメモ | Trackback(2) | Comments(4)

こたつ・リラックマ、うりぼう君
リラックマ君も、コタツの季節なのですね (左)

イノシシ年ゆえか、UFOキャッチャーにも、こういう限定グッス
(うりぼうぬいぐるみ?!)が登場してたのに、びっくり (゚。゚) (右)

e0080345_1824745.jpge0080345_18241696.jpg
[PR]
by noho_hon2 | 2007-01-27 18:19 | 街角スケッチ | Trackback | Comments(2)

ひとり御飯
e0080345_16421090.jpgネット世界に接するようになって、驚いたこと。それは、先日の「ハケンの品格」にもエピソードとして出てきましたが、外で「ひとりで御飯」を食べられない人がいる

というより、「けっこう多い」ってのに「へ~ぇ」と感心してしまいました。

考えてみると自分は、ひとり暮らしをはじめて、疑問をもつ余地なく、昼御飯は外でマイペースに食べてたし、どちらかというと、隣りの大学の食堂にもぐりこむほど「楽しみにしてた」クチ。

しかも、就職すると、当初は外回り三昧だったので、知らない土地で、食べるところを探すのは、あまりにも「当然のこと」…

紅一点慣れしてたので、時と場合によっては、ダウンタウンな駅の構内にある店。周囲がズラリと労働者のおっちゃんの中、平気でホットケーキをパクつくのを、別に何とも思いませんでした。

でも、今にして思えば、OL時代。「昼御飯がツラい…」とコボしてた方は、ひとりで自由に食べたくても「それが、できない」がゆえに嘆いていたんですね。(…し、知らなかった…)

たしかに、何年か前。事情で、急に帰省する羽目になったとき、移動距離の長さ。「どこかに入って注文する」のが面倒で、田舎駅のベンチで、コンビニおにぎりとあんぱん(大好き♪)を食べたからなぁ… って、あっ、これも、かなり、イレギュラーでしょうか? 

最近では、時代が追いついてきて(!)「おひとりさま」なる語が出てきたのですが、逆に考えれば、それまで「きわめて少数派」だったから、かな? ドキッ

先日、みた番組で、周防監督の「ひとり・焼肉」とか「ひとり・しゃぶしゃぶ」(奥様がお肉を食べないから、だそう)って語に、思わずウケてしまいましたが、男性だから笑えるのであって、女性だと、周囲がひいてしまう…かも (^_^;)ヾ

だけど、一緒に御飯の良さがワカルのも、ひとり御飯の長短をしってこそ初めて、かもしれませんね。ふと、そんなことなぞ、つらつら考えてしまったのでした。
[PR]
by noho_hon2 | 2007-01-26 17:43 | 雑感 | Trackback(2) | Comments(6)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
火曜ドラマ『カンナさーん..
from レベル999のgoo部屋
僕たちがやりました 第6話
from レベル999のgoo部屋
映画評「スター・トレック..
from プロフェッサー・オカピーの部..
スター・トレック BEY..
from とらちゃんのゴロゴロ日記-B..
劇場鑑賞「スター・トレッ..
from 日々“是”精進! ver.F
カンナさーん! 第6話 ..
from ぷち丸くんの日常日記
スター・トレック BEY..
from 銀幕大帝α
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)