<   2007年 06月 ( 70 )   > この月の画像一覧

バーゲン、デモ行進
e0080345_17521475.jpgバーゲンに参加!
エキスパートなる隊長(ダンナさん)の援軍を仰ぎつつ、戦ってきましたぁ (^ー^*)v

アキバで、珍しくデモ行進に遭遇

よくよく見ると、思いっきりシャレっ気集団で、(しかし、警官が先行)かぎりなく学園祭のノリ。

シュプレヒコールも「スズミヤー!」とか叫んでるわ、コスプレイヤーさんありぃの、仮面の人ありぃの、実に様々。
…思わず笑えたのでした
e0080345_17473937.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2007-06-30 17:53 | 街角スケッチ | Trackback | Comments(0)

宇多田ヒカルがエヴァのテーマソング
e0080345_17411181.jpg「エヴァンゲリヲン新劇場版:序」(庵野秀明総監督)に合わせ、新曲「Beautiful World」でもって、だそうですが

しかし、あの独特の哀愁ある声でもって、かの名曲をカバーするのも聴いてみたい… と思うのは私だけでしょうか?

シリーズの新作を公開する、となると、やはり、9月1日の公開にあわせ、夏休み中。旧作・各種も、オンエアするのかな? 

もし、そうだとしたら… 楽しみ~~っ (^。^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2007-06-29 17:48 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

素麺
とても蒸し暑いので、お素麺を食べたくなりました。

ちょっと前の、夕刊コラム。
「素麺や冷麦。ほんのちょっぴり、色つき麺があると嬉しいのは自分だけ?」
みたいなつぶやきに、思わず (ここにもいま~す!  (´▽`)ノ )

…ああ、なんて影響されやすい私…
e0080345_1323378.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2007-06-29 17:23 | うまうま | Trackback | Comments(6)

知らないけれど、あるらしい
e0080345_859038.jpg本日のほぼ日刊イトイ新聞、「今日のダーリン」コラムに、思わずウケまくって!しまいました。

どうも、糸井サン。ずっとガンダムを知らなくて、一部で使われてるキーワード。「シャア」とか「ザク」とかは、なんとな~く耳なじみはあるものの、完全に蚊帳の外。

ただ、現象自体には興味があり、一部の層の「よく分からない専門用語を、夢中になって連射してる風景に、よく立ち会います」って呆然気分と、感慨深さ。

これほど「知ってる」と「知らない」の間に、ギャップがあると、かえって面白い、って感想には、思わず「分かる分かる分かるぅぅ!」のあまり   (T▽T)ノ彡☆バンバン

その気分をおきかえて「人によっては、自分にとっての、野球話なんか、そうかもしれないなぁ…」って考察部分に、思わずブハッ! だったのでした。

たしかに、おもえば、子供時代にみた大人同士のトーク。
男性陣のメカニックとか、デカいもの、パワフルなものへの関心。女性陣のコスメ談義なんか、異性から見たら、もろ、そういう感じでしょうねぇ。

井戸端会議ひとつとってさえ、同じような生活サイクル。似たような情報をして、これほど違うビジョンと世界が展開されるのだろうか?と、思わず感動をおぼえること、しばしば、ですもん。

「知らない(場合によっては、眼中に入らない)けれど、あるらしい」
本当に、その通り!だわ。

面白いなぁ、と感じてしまったのでした。
[PR]
by noho_hon2 | 2007-06-29 08:19 | 雑感 | Trackback(1) | Comments(0)

デトロイト・メタル・シティ
e0080345_17473040.jpgじつは、作品自体は読んでないんですが、新聞コラムで、設定とあらましを読んだだけで
「…お、面白いっ!」

めちゃくちゃ、ウケて!しまいました 
そういうことは久々だったので…

どうも、主人公は、ロマンチックと、甘々ソングを愛する、きわめて奥手な、ナヨナヨ男子。小心のあまり、片想いのひとつも、進展できません。

ところが彼には、もうひとつの顔があり、それは過激なパフォーマンスで大評判の、悪魔系ヘビメタ・バンドの人気ボーカル。ヨハネ・クラウザーII世

とにかく、毒々を加速し、デーモンすればするほど、ファンは大喜び。
どちらかというと、なりゆきで仕方なく(片想いの相手に誉められたから、らしい)「オシゴトだから…」と、苦手を嫌々なのに、なぜか、クラウザーさんしたとたん、ウケるウケる…

しかし、街頭で。素顔で、こっそり、愛してやまぬ、甘々ソングを歌えば、ひゅるる~~状態。みんなして、思いっきり、引く引く

そうだよねぇ。世の中、こういうことって、往々にしてあるよねぇ、と
(^。^;)ヾ だったのでした。

ウケるもの、周囲が求めるものと、当人が好きなもの、やりたいことって、ギャップがあること。とくに表現の世界では、ありがちですよねぇ。というより、どこの世界でも、ありそうです。

どうも、そのオバカさと、ギャップ。クラウザーさんの過激さとあいまって、決して万人ウケしない作風ながら、一部でカルト人気をはくしてるみたいですが… (あのB'zや、木村カエラ、長澤まさみも愛読してるらしい) その存在。なりゆき自体に、密かに、大注目
[PR]
by noho_hon2 | 2007-06-28 18:27 | アニメ・コミック | Trackback | Comments(0)

柳原可奈子は、新しい
e0080345_939811.jpg家電量販店「さくらや」のCMで、独特の、ぽっちゃり風貌と、なにやら、脳裏に「からみつく」系の、インパクトある喋り…

「…存在感あるなぁ」と感じてた、柳原可奈子ですが
「あらま、びっくり」に芸暦は長いんですね。

幼児期、既にモデルとして雑誌デビューしてたとは!

しかも、「じつは、かなり頭イイ」の情報に
密かに「…納得!」してしまいました

小枝ちゃんのように、か細い女の子が全盛な、ブラウン管世界で、このルックスと大らかな空気は、それだけで黒船です。

その持ち味の活かし方次第では、さらに大化けする… かも
個人的に、大いに興味津々 (^。^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2007-06-28 08:53 | 日々のメモ | Trackback | Comments(2)

バンビ~ノ・最終回
e0080345_8493829.jpg終わっちゃいましたね。バンビ~ノ… 早かったなぁ

その成長ぶりが、終盤に入って、特にめざましく、まさに伸び盛りの感! じつにイイ感じだったし、店のスタッフ自体が、ご馳走感満点。

それだけ、個人的には「もうちょっと、見守りたかったのになぁ…」と感じてしまったのでした。

我家では、毎回が、なかなかに楽しい、ヤンヤ劇場。
「突っ込みどころ満載」で、ダンナさんの野次りまくり(!)も、楽しかったりしてね

パワフル漫画ならではの、直球ストレートな表現。ぐっとくる台詞に「そうだよねぇ…」と共感したり、「ひゃあ、美味しそう♪」と叫んだり… 

昨晩も、セレモニーの最後。「ドルチェは、ど~した、ドルチェは!」と、お茶の間で、大いに熱くなってたのでした (^。^)ヾ

あいかわらず、若さパワー全開!に暴走… あいやいや、突き進む伴クン。

かなり、傍迷惑しまくってたけれど、その迷いっぷりや、エネルギーが、知らず知らずのうち「周囲に影響」って機微も、ヨカッタです。

さすが、市村正親。劇団の花形スター。なんとも味な存在感!でしたよね。

バンビの頭くしゃくしゃっとなでるポーズも好きだったし、台詞も逐一、キマッテます。最後。親友とふたりで、「もう1度、バンビ~ノ」と、第二のスタートするあたりも、素敵♪

与那嶺サン。どんどん、ジャック・スパロウ化説には、思わずプププ…

可能ならば、続きを見たいなぁ… と、しみじ~み
本当に、3ヶ月が、アッという間でした。楽しかったです。満足
[PR]
by noho_hon2 | 2007-06-28 08:38 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(0)

あらま、びっくり。ビリー隊長とさんまって
e0080345_15481926.jpg同い年だったんですね。

いや、なんでもないことではありますが、この記事を見て、えらい感心…

それぞれ、わが道をゆく独自芸風と、人気キャラぶり。いっときは「ビリー隊長が激怒!さんまギャグ連発」だなんて… なんだか、図が目に浮かぶよう

それぞれ、負けず劣らず、ゴーイング・マイウエイ、ですもんねぇ
最後の「最後は抱き合って健闘を称えた」展開といい…
ちょっと笑えました (^。^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2007-06-27 15:54 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

大車輪、セミフレア・スカート
e0080345_15241444.jpg今年は、半分。冗談でつくった、麻のセミフレア・スカートが、思いがけず、大活躍!

前田まゆみ「小さな暮らしのソ-イングノ-ト」に載ってたデザイン、であります。ヒップボーン型(腰ではくタイプ)が、なかなかに新鮮。実際には、1mで出来ちゃったのも、びっくり。

横にボリュームが出すぎず、ちょっとオット~ナ、なのも気に入ってます。スッキリなのに、足さばきヨイだなんて… やはり、ちょっとしたデザインの威力、おそるべし!ですね

オフホワイトのボトムってのは、本当に何にでも合うので感動してしまふ…
Tシャツのみならず、シャツも合います

おうちでは、コットンのギャザー・タイプ (少しぐらい、お行儀わるくても大丈夫)
ご近所、ほろりんには、リネンのしゃきっと感が、うんと気分♪なのでした。

不思議なものですね。昨年度は、あれほどワンピース・ラブだったのに… 面白いなぁ
[PR]
by noho_hon2 | 2007-06-27 15:47 | ハンドメイド | Trackback | Comments(4)

スターの資質 (ハンカチ王子、ハニカミ王子)
e0080345_9175883.jpgハンカチ王子こと、斎藤佑樹の「どこまで、星があるの?」感さえある快進撃ぶりといい

(大学野球の頂点に君臨、のみならず、満場一致で日本代表に、ってあたり、凄すぎ! 逆に、漫画だと、こうは展開できない…かも)

前代未聞の連続。いく先々で「予期せぬ出来事」が起こりまくってる、ハニカミ王子、石川遼クンの周辺をみてると、

あらためて「スターの資質」について考えさせられます。

たしかに、あそこまで、運と実力。ルックスと人気に恵まれてると、異性や、脇でプレイしてる面々からは「コンチクショ~!」の目で見られるのは、半ば宿命。でも、その逆風や、負のパワーをもねじふせるサムシングがありますよね。その実例をみる思いがして…

印象的だったのは、ハニカミ王子、行く先々での波紋や騒動。
大きな注目が集まるあまり、天下のテレビ局さえ、常識(モラル)を失ってしまうほど。

それに、従来例からは考えられない、「会場に赤字がでる」現実に、「…あらま」だったのですが、自主的なカンパが集まった展開に「…なるほどなぁ」だったりしてね。

とにかく、まだ十代半ばにもかかわらず、礼儀正しく、周囲に配慮できるのが凄い!
案外。この姿勢事態が、むしろ「運を呼び込んでる」のでしょうか?

騒ぎに陳謝しつつ、真摯な姿で、逆風にとりくむ姿に、ますますファンが… ってあたり、改めて「器の大きさ」を感じてしまうばかり。

どちらかというと、ヤンチャで破天荒型のヒーローが幅をきかせてただけに、そういう意味でも、新しい流れを感じてしまいます。

いろいろな意味で、目が離せない存在に、ますます興味津々
[PR]
by noho_hon2 | 2007-06-27 08:43 | 雑感 | Trackback | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「ブランケット・キャッツ..
from トリ猫家族
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)