<   2007年 07月 ( 63 )   > この月の画像一覧

ウグイスと猫
まだ、梅雨は明けません。
なぜか、この界隈。ウグイスが鳴いてる(!)のでした
e0080345_1816936.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2007-07-31 18:18 | 街角スケッチ | Trackback | Comments(4)

女心
e0080345_935913.jpg月9ドラマ。「ファースト・キス」の初回。
ヒロイン、美緒の発言

「いいひとは、すぐに忘れられてしまうけれど、ずっと覚えていて欲しい。だから、強烈な存在(悪い子ちゃん)になるの」みたいな台詞

なにやら、ユーミンの名曲を連想して
「…女心だなぁ…」と感じてしまいました。

たしか、外国の有名な詩にもありますよね。
1番、悲しいのは、忘れられた存在だ、みたいなの…

微妙に違うけれど、どこか通じるニュアンスを感じたエピソード。
あるヤングママが。あくまでユーモラスに語ってくれたのですが

「あのね。駅で、かつての憧れの人を見たの。
懐かしさのあまり、思わず声をかけようとして…ハッ!
だって、片手に3歳児、赤ん坊を前だっこで、髪ふりみだしてる自分の姿

ふと我に返った瞬間、回れ右。どうぞ、神様。見つけられませんように… と願いながら、小さくなって、コソコソ… 猛ダッシュで逃げたぁ」
って、告白に、思わず「…… (^ー^:)」だったのでした。

少し前の山田太一ドラマにも、似たニュアンスの場面がありましたよね。
幼子ならぬ、孫がいるシチェーションだったけど。
こういうキモチに、年齢はないんだなぁ、と、 (^。^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2007-07-31 08:45 | 雑感 | Trackback(2) | Comments(0)

ストライク・ゾーン
e0080345_8383586.jpg先日、田中宥久子について調べてると、大ブレイク以降の最近は、すっかり「顔が10歳若返る、奇跡の造顔マッサージ」となってますが、

当初のうたい文句は、「7年前の顔になる」だったんですね。

このあたりの機微。当初、敏感に反応した層と、ターゲットの拡大による路線変更の機微を感じて、思わず、プププ… だったのでした。

思えば社会人になった当初。1番、頭を抱えた質問は「…何歳に見えますか?」というクエスチョンでした。

だって、ずっと長い間。人間関係の基本は、横並び世界。同級生が、ほぼ大半を占める中で暮らしてたもので、急にダダッと、そのタガが外れ、放り出されてしまうと、しばし、呆然。だって、本当に「……???」だったんですもの。

しかも、下手にこたえると、ウケる場合は、まだしもイイですが、場合によっては落ち込ませてしまったり、長く語りぐさになるので、うむむ。頭を抱えた記憶あります。

(貫禄の35歳課長は、恰幅よさと頭髪の関係か、新人ちゃんに「…50代?」と言われて、撃沈。ショックのあまり、しばらく浮上できなかった) 

しかし、逆の立場になると、な~るほど。
社会人のとき、カレシのお見舞いに行ったら、看護婦さん達が「やっぱり、中学生のカップルは可愛いわね」と噂してるのが耳に入り、へなへな…

でも、最初に住んだ集合住宅。遊びにいくと「わ~っ、ここの住人だったの? 私、てっきり、近所の学生カップルかと…」って、これは、ちょっと嬉しかったかも。

女心。たしかに、若く見られるほど嬉しい、と言いますが、
あくまで「嬉しい範囲」というか、ストライクゾーンがあるなぁ、と、しみじ~み 
[PR]
by noho_hon2 | 2007-07-31 08:24 | 雑感 | Trackback(3) | Comments(0)

ビューティ・エキスパートはマニッシュ
e0080345_18305999.jpgなぜか、若い子ちゃん達のカリスマ・モデルが、不思議と美少年風なのに「へ~ぇ」だったのですが、

少し前なら、佐伯チズ
最近では、上手にリンパを流して、「10年前の顔になる」がうたい文句。造顔マッサージの田中宥久子

気のせいか、すごく共通した匂いがあるなぁ…、と感じてたら、かなり意図的に、風貌をマニッシュに演出してる部分かもしれません。

たとえば、佐伯チズなら、少し色を入れたシルバーのベリーショート。
田中宥久子の場合、テーマ・カラーは黒の感で、トレードマークのような帽子スタイルに、インパクトありますもんね。

双方、印象として、颯爽とパンツスーツ!の感…

考えてみると、三浦りさ子黒田知永子も、ショートカットによって、ますます、人気を不動のものにした感。どちらも、よりパンツスタイルが似合いそうです。

…なんだか、面白いなぁ、と感じてしまったのでした。
[PR]
by noho_hon2 | 2007-07-30 18:44 | 雑感 | Trackback(14) | Comments(0)

ホラー顔の謎
e0080345_8391923.jpgすごく、しょ~もない話ですみません。

それはそれは、根が怖がりぃなもので、ホラーの類は、ほとんど見たことない、というか、気配を感じただけで、回れ右。

ターボダッシュで、百万光年は、とんで逃げるクチですが…

夏になると、半ば定番のように街角にペタペタ。
雑誌で特集される、ホラー映画のポスター類…

とくに、古典的・名作ポスターで、インパクトある「ひぇ~~っ」顔。目を見開いてる女性の怯え顔をみてると「…(人選の段階で)ホラー顔ってあるのかなぁ」と感じてしまいます。

気のせいか、かなり目鼻立ちがクッキリ・ハッキリか、もしくは、線が、やや細目。
ほとんど、そのケがない私でも、「…ちょっと、怖がる顔が見たいような…」という、好奇心と共に、プチデビルな衝動のわく顔、ですもんね。

考えてみると、お化け屋敷なぞ、ほとんど演出がイノチ!ですもん。

微妙な光や構図、タイミングのパターンともども、ホラー的である要素の定番。
お約束な構造の黄金律ってあるのでしょうか

(カラクリが見えると、ちょっと怖さが薄れる?期待もあいまって)
ちょっと、興味深いなぁ、と感じてしまったのでした。
[PR]
by noho_hon2 | 2007-07-30 08:38 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

嵐とドラクエ
e0080345_8264117.jpg昨晩は、選挙の荒れ模様にリンクしてか、ものすごい雷・ナイト!でしたね。

当エリアでも、幾度も、派手なバリバリ音あり。2度も停電あり…で、「…久々だな」と感じてしまいました。

余談ながら、嵐といって忘れられないのはドラクエ。

2つ前の… たぶん7。「エデンの戦士たち」の時だったと思うけれど、着いてみると、住民が全員、石になってる、なんとも切ない展開で、音楽も、いかにも、ソレ風。

とても心細い気分で、悩みに悩み、迷いに迷うことしきり。
そのうち、外が急に暗くなり、ついには、雷までなりはじめ、物語の気分とあいまって、それはそれはドキドキ。

停電で、いつ、データが飛んでしまうかってリスクとあいまって(それでも、根性でやるかぁ…) 強烈なインパクト!だったのでした。

うんとチビだった頃。わりと近所への落雷に、驚きと怖さのあまり大泣きしたことと共に、なぜか、忘れられない思い出、です (^ー^;)
[PR]
by noho_hon2 | 2007-07-30 08:16 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

ちび・アフラック
ラブリーな、動物キャラたち
ちび・アフラック君たちも、卵形ドームの中で、楽隊に扮してるあたり、とても今風?!

e0080345_14294837.jpge0080345_1429551.jpg
[PR]
by noho_hon2 | 2007-07-29 14:30 | 街角スケッチ | Trackback | Comments(0)

深田恭子、最強伝説 (山おんな壁おんな)
e0080345_7393085.jpg今朝の新聞。日曜版… テレビ特集部分のイラスト。この指摘に思わず、大ウケ!してしまいました。

たしかに、今期のドラマは、これまでになく、コミック原作の浮世離れ系… 持ち味が「んなバカな!」っぽいものが目立ちますが…

「山おんな壁おんな」の脱力ぶりは、ある意味、イイ味だしてますよね。あまりの、お気楽極楽ぶり。すちゃらかな音楽ともども、頭からっぽになれるので、思わずリラックスできてしまふ…

特に、山おんな・毬谷まりえを演じる深キョンの、ほんわかした天然ぶりが嫌味なく可愛いくて、「…いいなぁ」。思わず、ほわん♪ 

考えてみると、「下妻物語」の、ロリータ・ファッションなぞ「…ここまで無敵に似合う方、他に誰がいるのでしょうか?」ってほど、圧倒的!でしたもんね。

新聞では「役になる以前、役を自分側にひきよせてる感じ」とさえ書かれてましたが、なるほど、同感!です。「ムリ目設定も、どんとこい」とは… 言えてます

演技力以前に、改めて、今を演じる上で希有な資質、なのかも
[PR]
by noho_hon2 | 2007-07-29 14:28 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(2)

ポケモンラリー、カップル用浮き輪
駅に、ポケモンラリーの、親子・大行列ができると…
夏休みを実感 (^ー^*)

ちょっと、不思議空間。駄菓子屋さん的・雑貨店?!
e0080345_18121782.jpg

カップル用の浮き輪、だそうですが 
実際に使用してる図を想像すると、ちょっと、プププ…
e0080345_1812389.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2007-07-28 18:15 | 街角スケッチ | Trackback | Comments(4)

PUFFYが、GAPの世界展開ポスターに
e0080345_915100.jpg最近、一部では、たいへんにウケてる存在が、他では、意外と不評だったり…

(記憶に新しいところでは、本年度のミス・ユニバースに輝く快挙! にも関わらず、いまひとつ、国内評判は「…ん?」な、森理世とか

CanCamの看板娘。山田優、蛯原友里、押切もえラインの、美少年系・カリスマぶりが、同世代の熱い支持をうけながら、気のせいか、オジサン層。かなり後ずさり気味だったり…)

うけとめる層によって、温度差が目立つのが印象的、な今日この頃ですが…

出てきた時。「まるで、アニメ世界から抜け出したような…」と感じてたPUFFY… 全米でも成功したし、ついに、世界的の顔にも匹敵するポジションに抜擢された!んですね。

ある意味で、切れ長のマナザシで、西洋の美意識をひっくり返した、山口小夜子にも匹敵する、大きな波…かも。

これ、なかなかに興味深いなぁ… と感じてしまったのでした (^。^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2007-07-27 08:18 | 日々のメモ | Trackback(5) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「ブランケット・キャッツ..
from トリ猫家族
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)