<   2007年 09月 ( 63 )   > この月の画像一覧

がんばって営業中
関東では、昨日の残暑から一転。一気に気温がさがりました。
急に女性の足元、ブーツ率があがったのが印象的

銀座の片隅。まるで、電柱工事みたいな車が出動して、柳の剪定をしてました。
なるほど、街の美観は、このような影の努力でなりたってるのですね

「がんばって営業中」の文字に、思わずプププ…
好きです。その遊び心 (^。^*)

奥には「タイガー&ドラゴン」ならぬ、ドラゴンの絵が…
e0080345_1735750.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2007-09-29 17:04 | 街角スケッチ | Trackback | Comments(2)

ゆるみの効用?!
e0080345_17391822.jpg「情婦」を見てて、ふと感じたのですが…

よくできた緻密なオハナシ。完成度の高いミステリーだからこそ、ほどよい緩み… ユーモアが生きてるなぁ、と、いたく感心してしまいました。

毒舌で気むずかしい俊腕の弁護士だからこそ、ずんぐりむっくり体型とか、看護士さんとの、どこかトボけたやりとりが「…いいなぁ…」。

それは、チャングムを見てても、毎回。唸ってしまうんですが、主人公が、うんと優秀で真面目。オハナシも筋が通ってるからこそ、ゆる担当(と、勝手に読んでいる)トックおじさんの周辺や、脇役サングン達の、すちゃらかさが、なんとも、いいバランスですよね。

だって、終始。あのテンションだと、見てる方がもたないですもん

料理やファッションの達人ほど、甘辛の使い分けが上手なように、
気のせいか、名作ほど、こういう匙加減が上手だと思いません?

ほんの少~しだけ、名人のツボが垣間みえたぞ感に、
勝手に、むふふのふ (^。^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2007-09-28 17:50 | 雑感 | Trackback(1) | Comments(4)

情婦
e0080345_17141897.jpg巷の評判でも、この邦題には、かなり賛否両論。
「ちょっと待ったぁ!」の声も多かった模様ですね。

(レンタルで借りるとき、恥ずかしかった、とか、あらぬコーナーに分類されてた、の声に、思わずプププ…)

監督がビリー・ワイルダーで、マルレーネ・ディートリッヒが出演してる興味から、「彼女の姿が拝めるまで…」と、さわりだけ見ようとしたのですが、

退院してきた、辣腕・老弁護士の毒舌と気むずかしさ。それを、ずんぐりむっくり体型の氏が演じる、独特の可笑しさと、看護士さんとのやりとりのユーモラスさが、いい味だしてます。

e0080345_17163442.jpgそれゆえ、なんとな~く眺めてたんですが、じつは、アガサ・クリスティの短編が、ロングランを記録した舞台になり、それをワイルダーが映画化。映画史上に残る、どんでん返しの傑作、だったんですね。

たしかに、タダモノでない感に満ち満ちた女性を、ディートリッヒが演じる迫力に「ほ~ぉ」 (彼女の魅力は、あのアルト声と立ち姿にもあるとみた!)

しかし、このとき、彼女は50代後半。しかし、曲線美をも披露。
「う~ん、女優力だなぁ…」と、えらい感心してしまったのでした。

くわえて、看護士さんも、その美貌と存在感に「…デキるな、おぬし…」と感じてたら、やはり、かなりのビッグネームだったみたいですね。えらい納得!

きくところによると、この作品。ヒッチコックにライバル意識メラメラ…で、チャレンジした、との噂もあったのだとか。なるほど、同じ原作で、ヒッチコックにも作らせてみたかったなぁ…の感想に、思わず1票!だったのでした。

通ほど、たいへんに高い評価だったのも、よく分かる気がしました。

改めて、名作は、脚本とキャスティング、演出がイノチなんだなぁ、と再確認
[PR]
by noho_hon2 | 2007-09-28 17:35 | 映画 | Trackback(1) | Comments(0)

男女の機微も、また…
e0080345_8371441.jpgバーゲンの渦中にいると、モテモテ気分が、疑似体験できるよう…  (^~^)ヾ

だって、カゴ(袋)を見てると、集めてるチョイスに「かなり、傾向がある」ように思われて。

クリントンさんの女性遍歴に、誰もが内心「…そっくりじゃん!」と突っ込んだであろう、あの感じ

だけど、誰しもクローゼットやコレクションを眺めてると、ポリポリ… だったりしてね

それに、他の人のカゴの中身が、やたら「よく見える」のは、なぜ?
みんなが奪い合ってると、ひきよせられるし、テンションもあがります

人気者が、ますますモテるのは、案外。こういう人間心理を突いてるせいなのかもしれませんね。

生真面目な方には、怒られてしまいそうですが、モノとの関係をみると、「男女の機微… いろいろな恋や結婚も、こういう感じなのかな?」と感じてしまいます。

まるで恋女房のように、一目惚れして、ずっとラブラブなもの。なんとな~く、手に入れたけど、気がつくと手放せなくなってるもの。延々と続く、憧れの存在。逆に、あれほど夢中だったのに、いつのまにか熱が冷めてしまうパターン。かと思えば、また舞い戻ってくる、ループ状態だったり…

エンタメで、一途愛、奔放愛と、多彩なパターンがウケるのは、誰しも、経験の有無にかかわらず「そういうものの片鱗を、多少はもっている」から、かも。

だから、共感したり、憧れてしまうのかな?
…思わず、考えさせられたのでした
[PR]
by noho_hon2 | 2007-09-28 08:40 | 雑感 | Trackback(1) | Comments(0)

なにかに似てる
e0080345_813172.jpgたとえば、学生時代。やたら盛り上がったコンパの、集団での帰り道。和気藹々と笑いながら、ほろほろ歩く、夜道。

誰かが「ねぇ、ケンケンパー、やろうよ~」などと、脳天気なこと言い出し「わ~い、やるやるぅぅ!」と、無邪気にジタバタする表情とか

…なにかに似てるなぁ… と思ってたら、ふいに膝ポンッ! 「幼稚園の頃に似てる」と感じて、密かにウケた記憶があります。

気のせいか、親しくなるほど、みんなして幼児化する傾向に「キミたちは~~っ!」
呆れるのを通り越し、笑ってしまいました。

そういえば、昔。「人生に必要な知恵は、すべて幼稚園の砂場で学んだ」って本がありましたが、喜怒哀楽のベース。その本質は、そういうものかもしれませんね。

盛り上がってるバラエティ番組は、どこか小学校、高学年から、中学校に似てると思いません? 生真面目な子がいて、マドンナがいて、憎めない悪さしたり、茶々を入れて教室を盛り上げる、やんちゃっ子がいて

…気のせいか、長持ちタレント、とんねるずや、ダウンタウンの場合。そのポジションは、思いっきり後者のような気がしてなりません。

よく、オシゴト方面、絶好調な方ほど「まるで、部活のような」「ずっと、(準備の苦労を含め)学園祭をやってるみたい…」って感想にも、「…なるほどなぁ」と、うなずけます。

銀座ママの奥義によると、場を、まぁるくおさめる秘訣は、その集団に「(疑似)家族の役をわりふる」ことがコツだそうですが…

長寿ドラマほど、どこか、ソレに似てるなぁ、と感じてしまうのは… 気のせい?

ちょっと、興味深いなぁ、と感じてしまったのでした
[PR]
by noho_hon2 | 2007-09-28 08:36 | 雑感 | Trackback(2) | Comments(0)

車下の子猫
あいやいや…
そう、構えずとも (;^◇^;)ゝ
e0080345_1861735.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2007-09-27 18:10 | 街角スケッチ | Trackback | Comments(0)

「かもめ食堂」、最初は2館
e0080345_9102438.jpgラジオで、新作映画「めがね」のキャンペーンにやってこられた制作関係者が、ふと語られてたヨモヤマ話…

あの「かもめ食堂」は、な、なんと、最初。
2館での公開から始まったんですってね。

…たった、2館?!

それが、クチコミで、どんどん評判になり、ここまでの人気になった模様

それでも、あの作品のクオリティの高さ。独特の空気感、テンポは、圧巻!
スタッフや俳優陣の愛が、ひしひし伝わってくる佳作でした。

日本映画が元気!と、もっぱらの評判ですが、それは、こういう方々の情熱に支えられてるんですね。…思わず、しみじ~み (ー_ー)

ちなみに、「めがね」に登場するワンちゃんは、かぎりなく予定外の存在。
みんなのアイドルと化すあまり、なんとな~く画面に入り、じつにイイ味だしてる展開も、ほとんどアドリブみたいなもの、だったんですってね。見てみたいなぁ… 
[PR]
by noho_hon2 | 2007-09-27 08:25 | 映画 | Trackback(2) | Comments(0)

秋色セット
なぜか、店頭や雑誌を見てると、ふつふつと“秋色カラー”が欲し~っ!
マイブームが到来したので、おうちウェアを作ってみました

昔のLEEに掲載されてた、雅姫デザインのギャザー・スカート(ウエスト部分。タックを入れて、ボリュームを調節)と、ここのところ、大のお気に入りで定番化した、内田彩仍デザインの、キャミソール型ワンピースです。
e0080345_8523858.jpg


e0080345_18385999.jpge0080345_1351415.jpg春先は、ワンピースをリネンでつくるのに燃えてましたが、

ワゴンで、今、話題の、ダブルガーゼ素材のハギレ(柔らか~い♪)を見つけたので、無謀にも1mカットで挑戦。見事、クリア

ああ、このパズル力が、どうして整理整頓や、片付け方面では、センチ・ミリミリも機能しないのでしょうか? 我ながら、不思議不思議… とほっ
[PR]
by noho_hon2 | 2007-09-27 08:15 | ハンドメイド | Trackback(1) | Comments(2)

名作の映像化、リバイバル・ブームに思う
e0080345_9294443.jpg気のせいか、ここのところ、アニメ、ドラマ、映画と、エンタメ全般が「往年の名作を、見直そう」ブーム。

そのせいか、「いいものはいい?!」
それを再確認すべく、リメイク、シリーズもの。オリジナル・バージョンと、新旧問わず、じゃんじゃんオンエアされてるのが嬉しいです。

「鉄人28号」は、時代背景を濃厚に反映。どこか哀愁さえある作風に、「え~~、こういう作品だったの?」 えらい、びっくり!しました。

「ブラック・ジャック」は序盤。原作に忠実な頃は好きで、声も合ってるし、ワクワクしたのですが、終盤。オハナシが続きモノになって、アレンジ色が濃厚になってしまうと、急に「安く」なってしまったのが、残念だったかな?

「ガラスの仮面」は、最初。ややレトロで、のどかな絵柄を、今風・細密なアニメーションで再現することに、やや戸惑い感もありましたが、圧倒的・物語力に、すぐに気にならなくなりました。惹きこまれることしきり。

「スタートレック」と「ヒッチコック劇場」は、断然。最初のが好き…

シリーズの新作。リメイク・バージョンよりは、オリジナルがパワフルで、個人的には軍配… だって、ディテールの古さを凌駕するストーリー性、ユーモアとペーソスが圧倒的、なんですもの(クリンゴン星人が、最初は、ああだと知らなんだ)

技術の進歩と「心をとらえる度」って、微妙、なんですね。
ちょっと、興味深いなぁ、と感じてしまったのでした。
[PR]
by noho_hon2 | 2007-09-26 08:38 | テレビ | Trackback | Comments(2)

地球へ…
e0080345_8335283.jpg…こういうオハナシ、だったんですね。納得!

この前にオンエアされてる「ラブコン」が、すごく今っぽい、すちゃらか学園ラブコメだけに、やたら流れる空気が対照的! そのコントラストの大きさ。個人的に、ウケてしまったのでした。

(って、思い入れ度バリバリな方、ごめんなさいね)

だって「ラブコン」が、やや小さめ。従来サイズなのに、「地球へ…」になると、急に、どど~んと、フルサイズ。ぐぐっと重厚になるあたり、「紅白歌合戦」が、「ゆく年くる年」になるみたいで「ををを!」 

制作スタッフの思い入れと気合いが、ヒシヒシと伝わってくる作品でした。

なるほど、30年前に描かれたとは思えぬほど、テーマが、うんと現代的!
だけど逆に、流れをかえるほど画期的!すぎたせいか(たしか、受賞しまくってますね) その後、ドド~ッとSF全体の流れがそっちにいっちゃった関係?

至るところ「あ… 似てる」と感じてしまう、デジャブー感、多々。
「でも、まてよ。発表は、こちらが先だったんだよね」と、改めて、考えてしまう点で、やや、順番マジックのうむむ、を感じてしまったのでした。

かなり邪道の見方ですが、作者の思い入れ度によって、絵柄の魅力度が、かなり思いっきり違うあたり「…天才漫画家も、やはり、人間なんですね」と、思わず (^ー^*)

1977年の作品であることに、尊敬の念を禁じえません
(思えば、ガンダムより早かったんですね)
名作を堪能したぞ~~感、ヒシヒシ
[PR]
by noho_hon2 | 2007-09-26 08:22 | アニメ・コミック | Trackback(1) | Comments(2)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
貴族探偵 #02
from 刹那的虹色世界
「釣りバカ日誌(2)」1..
from ドラマでポン
「人は見た目が100パー..
from ドラマでポン
貴族探偵 第2話
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 第2話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第2話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第2話
from ぷち丸くんの日常日記
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)