<   2008年 01月 ( 72 )   > この月の画像一覧

「ちりとてちん」を見はじめる
あまりにも遅ればせながら…
先週末より、「ちりとてちん」を見はじめました

理由は、新聞の日曜版で紹介されてた声に興味おぼえて…

「視聴率に比べ、実際に見てる人の反応が、うんとアツい」とのことで、視聴者の中には「毎日、2度はみて堪能」「4月には、燃え尽き症候群になるかも」に、…そ、そこまで?!

「従来の朝ドラとは、(とくに、ヒロインの性格が)たいへん違う」
「“そんなバカな!”だらけだけど、それもまた魅力」「草々にいさんに、久々に萌えてます」
「二度寝の、お布団のよう」

決め手になったのは「この作品で、はじめて大阪が好きになれた」との声に、
(……?!)
「これは、実際に確かめてみるかないっ!」

好きな俳優さん。和久井映見、渡瀬恒彦が、とても評判ヨカッタのも、「どれどれ…」気分を、後押ししたのでした。

もはや完全にストーリーは後半で、??だらけだけど、なるほど「二度寝の、お布団」説に、納得
半ば、転入生感覚だけど、この謎解き気分も悪くない…かも (^。^*)
e0080345_184735.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2008-01-31 18:07 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(5)

またまた、エコバッグ
e0080345_17444862.jpg先日、CHECK & STRIPEで求めたハギレ。ひとつは、最も活躍してるエコバッグになりました。

(あまりにも、従来品とウリなので、画像ナシ)

布を、いっぱいいっぱいに使って制作した関係。やや、浅め&厚手なのが、使い勝手的には、どうかな?

このあたりの微妙なトコロに、興味津々 (^-^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2008-01-31 17:53 | ハンドメイド | Trackback(1) | Comments(0)

発信マジック
e0080345_831533.jpgおもえば、初めて取材依頼が舞い込んだのは、こんな、寒~い冬の日。

なんのことはない「作ってみました。こんな生活グッズ」みたいなアイディアを、ミセスむけ雑誌に紹介する旨、だったんですがね。

まず感動したのは、やってくるなり、素人がつくった、ゴミみたいなクタクタ道具を、キレイに並べ、まるでショップの商品か、カタログ雑誌。別物のように魅力的に見せるスタイリストさんの手腕!

それも、電光石火の速さ。ほとんど魔法の手です。
その鮮やかさに、ただただ、驚嘆して、見とれるばかり…

(持参したボードを使ったり、モノによっては、公園の鮮やか遊具を利用してみたり…)

次に、のけぞったのは、厳冬なのに
「あのぅ… できれば半袖に。発売は、GW頃なので」と言われたとき、「…は?」

そのようにして、嵐のようにやってきて、風と共にさり、いってしまったあとは疲労困憊のあまり、倒れ込むと、2度と再び起き上がれない位、エネルギー残量・ゼロ、だったのでした。
…はぁ、ぐったり…

その頃の私は、摩訶不思議オーラでも出てたのか、その後も、次から次…
まだ、ネットと主婦、という組み合わせが珍しかった頃は、そういう趣旨もありました。

しかも、依頼の直後。やってくるのは、すぐ、だというのに
私の不注意から、愛機を、ちゅど~ん。この時は、さすがに (ノ ̄□ ̄)ノ

ネット仲間達が大喜びで、かわりのノートパソコンもって、はせ参じてくださったり、「家のテレビ画面にうつしだす」仕掛けをつくり、驚かせてみたり… なつかしや

その時、感心したのは…
当時、住んでたのは、「三丁目の夕日」真っ青のタイムスリップ・エリア
みんなして「ヨコハマにも、こんなレトロな界隈があったとは!」と、のけぞる外観。しかも、家具屋さんが、配達してきて「…降参」。白旗ふった伝説が、そこいらに転がってた、狭小企画の住まい

「まずは、家の中で…」と提案された時。「どこを、どう撮れば…」と、素人目にも、思わず考え込んでしまったほど。しかし「任せて下さい、そこはプロです」と胸はるカメラマン。

脚立をもってきて、ほぼ真上からのアングル。しかも、ベランダから強いライトをあて、周囲を、巧みにトバしてしまうテクニックに、誌面をみたとき、うわおっ! 「…脱帽」だったのでした。

可笑しかったのは、周囲のリアクション。
住人をして「ここ、どこ?」 大笑いでしたもん

現在のポンコツ住宅。家中を駆使して、「お手入れしましょ」みたいな企画に出たこともあるのですが、「なんちゅ~、ええとこ。住んでるんぢゃ」と、往年の友人に言われまくったのに、アングリ… 

でも、その時、感じました。メディア経由の情報って、こんなにも、発信マジック。うけとめる側には、盛大に「別物化する」んだなぁ…ってね。って、自分の場合、あくまで素人ゆえ、笑い話ですが。

しかし、たとえば本職さんの場合、このギャップって、ハンパじゃないんだろうなぁ。極端な場合「それ、ちが~う!」の声が頻繁にでるのも、ワカルような気がします。

だから昨今。タレントさんが、自ら発信するのって、じつに画期的
きわめて、オリジナル、ですもんね。

いろんな意味で、時代は動きつつあるんだなぁ、面白いなぁ、と感じてしまうのでした
[PR]
by noho_hon2 | 2008-01-31 08:23 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

半歩、先を読む (カンブリア宮殿)
e0080345_1838747.jpgここのところ、「カンブリア宮殿」の、食品業界における、半歩、先読み名人シリーズ(?)が面白かったです

まだ、コロッケが、お総菜だった頃に神戸コロッケを仕掛け、90年代、「これからの時代は、サラダだ!」と、常に常にパイオニアであり続けるロック・フィールドの岩田弘三社長

考えてみると、サラダなら、かなり以前からあった気がします。
だけど、あえて「デパートで売れる」「高級食材をめざした」狙い目が、ひとあじ違いますよね

そのために、こだわり食材であることはもちろん、使ってる品数の多さ、盛りつけ(ミルフィーユ盛り、アッパレ♪)から、ショーウィンドウの材質から、光源に至るまで、気をつかうあたり、凄い! 思わず舌を巻いたのでした

社員食堂で、店で扱ってるものを、そのまんま出すって贅沢さは「エエ~~ッ!」だったけれど、「その人気いかんによって、商品を見直す」というリサーチ効果もあったとは

商品開発を任せてた氏も、現在でこそ「サラダの匠」と呼ばれてるけれど、もともと漁師さんだったってあたりも、「その素質を見抜く」慧眼ぶりがハンパじゃないです

(スタジオで配られた新商品のフルーツサラダ、くる…かな?)

そういう意味では、紅虎餃子などを経営する、際コーポレーションの中島武も、いい味だしてました

売り上げの落ちた店舗を改装するさまに密着してたたのですが、内装も「その時点では新鮮だったけれど、今は古い!」と、どんどん指示する様に、逐一「…あ、なるほど…」
まさに、「ビフォーアフター」の感に合点がいきます

あえて暗目にしてた照明を、意図的に明るくしたり、ロゴの雰囲気を、すっきりさせたり。「食の流行も、服と同じぐらい、刻々と変わる」と、当然のように言い放つのに、「ほ~ぉ」でした。

可笑しかったのは、スタッフ・シェフの素朴なオハナシ。

「社長の提案は、たいがい3年ぐらい先を読んでます。だけど、その時点では新しすぎて、正直いって、まずいことも多いんですよ。だけど、3年すると、人々は、そういう味を好むんですよ。そのあたりを調整するのが僕らのシゴトですね」に、思わずプププ…

ユーミンも言ってるけれど、先すぎるとダメなんですよね。

だって、現在の最先端を3年前に提案したら、絶対に「…なんか、変!」ですもん。具体的には、半や定番化したスキニーなんか、3年前だと絶対に「それ、おかしい」だわ

このあたりの機微と匙加減。眼力と行動力…
大いに興味深いなぁ、と感じてしまったのでした。

(写真:気がつくと、パソコンが五重塔ならぬ、二重の塔に! まるで、バムが狛犬のよう)
[PR]
by noho_hon2 | 2008-01-30 18:38 | パソコン、家電等 | Trackback(2) | Comments(0)

さがして欲しい (薔薇のない花屋)
e0080345_9294737.jpgさすが月9。あいかわらず、(ドラマとしての)御馳走感、満点♪ですね

「ああ、このヒトが見たいなぁ…」ってな、今が旬の、贅沢なキャスティング。なにかと話題の野島伸司脚本も、随所に「琴線にふれる」要素、盛り沢山

サスガ!であります。(謎も、ふんだんだしね)
中江功の演出、あいかわらず映像美がオミゴト!

奇しくも、先日まで見てた、再放送の「野ブタ。をプロデュース」の中。
なにげないシーンだけど、修二ファミリーでの、パパの提案。「ひとつ、盛大に駄々をこねてみろ。1番、ヨカッタ者に、このコロッケをあげる」みたいな顛末。

(修二パパの「会社も上司もキライだ~~っ!」なジタバタは、じつに傑作!)

パパが修二に「そういえば、オマエは子供の頃から、駄々をこねない子だったよなぁ…」「そうだったっけ?」ってな描写が、以後のデリケートな機微。展開とあいまって実に秀逸だったので、それとリンクして、「駄々こね」要素が、よけい心に残ったのでした。

今、話題の「空気を読む」に関しても、ベタではありますが「空気は“読む”ものじゃない、“すう”もんだ」ってくだりも「…なるほどナ」だったし。さすが、時代感覚の鋭敏さが冴えわたってます

特に印象に残ったのは、終盤・お約束(?)の、いかにも、ドラマ的・ファンタジー要素

先週は「お姫様だっこ」でしたが、今週は「渋谷でかくれんぼ」
これもまた、女子の… いや、人間誰しもの願望であり、夢、かもしれませんね。

だって、子供の「かくれんぼ」は、スリルと同時。最大のポイントは「探して欲しい」。そして「見つけて欲しい」が、最大のキモだと聞きますもん。

たとえば、童話(シンデレラとか)、オーディション番組の不動人気。
とくに、恋愛の核心は、そのあたり、なのかもしれませんね。

子供っぽい、との声もありましたが、
ヒトとして、きわめて、ド真ん中に思われました。

ほかにも、ドラマならではの醍醐味。謎や、ピュアを引き立てる、ダーク要素、等々。巧妙に配置されてるだけに、以後の展開が興味津々 (^。^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2008-01-30 08:15 | ドラマ | Trackback(21) | Comments(0)

ZARD、(女性ボーカルグループ)歴代1位タイ ドリカムに並ぶ
e0080345_9211943.jpgZARDの2枚組ベストアルバム「ZARD Request Best ~beautiful memory~」が、発売1週目で12.7万枚を売上げ、2月4日付オリコンチャート、初登場1位

しかも、DREAMS COME TRUEと並び、女性ボーカルグループ歴代1位となったんでってね。

約50万通にも及ぶファンからのリクエストを元にしたベストアルバム、という企画もヨイです。グッジョブ♪

ひとつには、紅白歌合戦で披露された、ラストレコーディング・シングルの「グロリアス マインド」が収録された、ってのも追い風になったのかな?

この歌声と、みんなの愛。天空まで届くとイイのにナ…
[PR]
by noho_hon2 | 2008-01-29 08:40 | 日々のメモ | Trackback(1) | Comments(0)

大相撲初場所千秋楽、「SP」最終回、高視聴率
e0080345_8521654.jpgな、なんと、大相撲初場所千秋楽は、関東地区で24・4%、関西地区で19・1%で、平均視聴率、24・4%

結びの1番に至っては、瞬間最高34.1%

「SP」最終回は、18.9%、
深夜ドラマで過去最高を記録した
んですってね

ここのところ、なにかと、ドラマ離れ。その不調や低迷が叫ばれてますが、やはり、人々は、純粋にドラマを求めてる!?

思わず見守りたくなる、ハラハラやドキドキ。そして、役者ぶり。場合によっては、痛快感… そういうものに、興味津々なんだなぁ、と、大いに再確認 および感心させられたのでした

箱根駅伝の高視聴率も、そういうことなの…かもね  (^。^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2008-01-29 08:27 | 日々のメモ | Trackback(1) | Comments(0)

「プロフェッショナル」 イチロー・トークスペシャル
e0080345_8275858.jpg個人的に、愛用の道具(バット)に関するエピソードと、仰木監督にシビれた、なにげないオハナシが興味深かったです。

とくに、バットに関する件は、凡人は「へ~~っ」と目を丸くしますよね。だって、かぎりなく規格外なバットに、それこそ「一目惚れ!」

手にもった瞬間。今風な表現でいうと、ほとんど
「キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━.」

(実際、彼自身。そのように比喩してたのが、微笑ましかった)

運命的な出会いを感じて、以後、十数年。それ一筋!
以後、他のバットやグラブに触ることさえ嫌い(自分のモノとは違った“感触が残る”のが嫌、なんだそうです)、とは… これ、尋常なことじゃありません。

あるいは、身体能力と感覚が、桁外れな方ならでは?

「中には、頻繁に変える選手も珍しくないですよね」との茂木健一郎の問いかけにも、「自分はコレでなければダメなんです。(ほとんど、一体化するあまり)コレでダメなら、自分が悪い…」と笑い、そこまで言い切る信頼ぶりには「…… (゚ー゚;)」

感動おぼえました。
同時に「なんだか、あぶさんに似てるなぁ…」ともね

仰木監督との件も、新人時代の、ささやかな、バスの中でのエピソード

新人時代。チームが負けて、全体の空気も、どよよん。当然、彼もクサってたところに
「なに言ってるんだ。キミはヨカッタよ。現に、ヒット打ったじゃないか。全体は私が見る。それがシゴトであり、役割なんだ。任せて欲しい。だから、キミはキミの全力を尽くせば、それでイイ」みたいな指摘に大いに安堵。かつ、ノックアウトされたとは…

ふと、分かる気がしてね。
同時に、自分は女性なので、なぜ、ここまで野球が人気あるのか、プレイのみならず、監督の采配、ひとつひとつに人々(とくに男性陣)が、熱くなって一喜一憂するのか、ふと、垣間見えたような気がして「…なるほどなぁ…」

えらい感心!してしまったのでした。

また、イチロー専用のトレーニング・マシンを、茂木健一郎が、実体験。
「あ… (キツいけど)なんだか、キモチいいかも」と素朴な感想をもらし、「そうでしょそうでしょ」と、かなり鼻高々な表情も楽しかったです。

プロフェッショナルな筋肉って、日々。このようにして鍛えられ、調整されるんですね。
…これまた、なんだか、新鮮♪

今回も、ふとしたディテールが、味わい深かったです。
NHKの取材力に脱帽…
[PR]
by noho_hon2 | 2008-01-29 08:18 | テレビ | Trackback(1) | Comments(4)

佐々木夫妻の仁義なき戦い
e0080345_17371319.jpg最初は「なにも、日曜の夜。ヨソサマの家のゴタゴタを見ずとも…」と腰がひけ気味。眼中になかったのですが、思いがけない、ネットでの評判良さと高視聴率。

ふと興味をもってチェックしてみると…
(最近は、こういうヒトのために初回・再放送があるので、親切~♪)

性格が真逆のあまり、ダイナミックに喧嘩するほど仲がいい(?)弁護士夫妻の、毎回・完結な裁判モノだったんですね

コミカルで軽いノリと、テンポがヨイです
基本的に美形なおふたりだけに、ドタバタも、絵になること

とくに、小雪のダメ妻っぷりと、外でのシャキーーン。お仕事はテキパキな部分の落差がマル。ひょっとしたら、新境地…かも

(部屋の惨状は、のだめや干物女で、既にありましたが、酔って力尽き、玄関前で、お道具を並べたまま寝る姿は圧巻! 抜群の美人だけに、その突き抜けようが可笑しいです。しかも、ゴローちゃんのフォローが、また傑作 ヾ(≧▽≦)ノ )

美形でスタイル抜群ならではの、アンバランスの妙。なんだか、「離婚弁護士」の天海祐希を思い出してしまったのでした。裁判劇を、あえてカラッとコミカルにテンポよく描く部分といい… どことな~く、似てません?

あるいは、裁判事務所のオフィス自体が、“たいがい、そういうツクリ”なのかもしれませんが、ヒトやモノの配置。カメラアングルまで劇似に思えて、にゃは… だったのでした。

初代の、ミムラ演じた、ちゃっかり娘が、酒井若菜
玉山鉄二、演じたワカゾーが、小出恵介
津川雅彦のポジションが、 藤田まこと、なのでしょうか?

しかし… 出ました! クセモノ・お姑さんを演じたら、いまや江波杏子の右に出る者、いないですね。実生活では、未婚でいらっしゃる(…ですよね)だけに、薬師丸ひろ子のお母さん役と同じぐらい、演じる世界の不思議を感じてしまいます

でも、なぜに、プロレス?と思ってたら、脚本家の方が、熱烈なプロレス・ファンだったから、とは
裁判劇ドラマ。こういう方向性もあったのね、と、ひとしきり感心。
[PR]
by noho_hon2 | 2008-01-28 17:57 | ドラマ | Trackback(7) | Comments(0)

SP 最終回
e0080345_962588.jpgやはり、既にスペシャルが決まっている関係でしょうか?
フィニッシュとはいえ、随所に謎が散らばりまくり。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」じゃないけれど、
ラストに、デデーーンと「To Be Continued」と、テロップが出てもおかしくないような、微妙な余韻と、ハーフビターさ。ミステリー要素、残しまくりなエンディングでしたね。

(エンドタイトル、各回に使われた音楽が、丁寧に出て他のが印象的でした。えらい、クラシックが多かったんですね。たしかに、効果抜群!)

我家的には「やはり前半部分… 病院の回が、1番凄かったね。あれは、かぎりなく、映画レベルだった!」とのことで、感想で一致しました。

これがゴールデンに進出したら、どう微妙なカラーやディテール要素が変わるのか、そういう意味でも、楽しみ楽しみ (^-^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2008-01-28 08:42 | ドラマ | Trackback(20) | Comments(2)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「ブランケット・キャッツ..
from トリ猫家族
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)