<   2008年 05月 ( 48 )   > この月の画像一覧

どこを、カット? (古畑任三郎)
e0080345_1819527.jpg現在、関東地方では1999年にオンエアされた、第3シーズンが再放送中…

何度か見たつもりでも、肝心なところや微妙なディテールをすっかり忘れてて、大いに盛り上がり、楽しんでるのでした。

(昨日の「その男、多忙につき」(犯人役・真田広之)で使われた、井マークの印象的だったホテルなぞ「どこでロケしたんだろう」「どこまで作ったのかな?」と、ひとしきり話題に)

しかし、噂によると、その初回の「若旦那の犯罪」(犯人役・市川染五郎)が、本来15分拡大版だったのを、通常版と同じ長さに編集されて放映されてた、んですってね。

一体、どこをカットしたんでしょ。
逆にそちらが「気になる~ぅ」だったのでした。
うむむのむ (^-^;)ヾ
[PR]
by noho_hon2 | 2008-05-30 18:27 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

菊池桃子はエライ
e0080345_8124097.jpgここのところ、新曲を発表した関係か、かなりの勢いでテレビ(の歌番組)に出てる菊池桃子

彼女を紹介する際、改めて、その歴史というか、昔の映像が出てくると、あらためて「…す、すごい!」と感心してしまいます

松田聖子もエライけれど、別の意味で、彼女もグレイト!

だって、デビューは1983年ですから、じつに、四半世紀前とは

   w( ̄o ̄)w オオー!

もちろん、昔の初々しい姿も素敵ですが、今もかわらず、アイドル・オーラ
可愛い中にも、女っぷりが増して、じつにチャーミング、なんですもの。

十年以上の結婚生活にもかかわらず… というより、むしろ、結婚や出産が、むしろ“感じの良さ”に拍車をかけ、とても追い風になった意味では、最高に成功した例のひとつ、かもしれませんね。

バラエティで、所帯話をしても、ちっともイメージダウンにならない、どころか、「ほ~ぉ、彼女には、もう小学校6年生の息子さんがいるのですか」と驚嘆したり、「こんなお母さんがいたら、さぞジマンだろうなぁ…」とため息でたり

どこか夢物語っぽく、微笑ましい図が浮かんでしまいます。

残る人、第一線であり続ける方の資質は、オリジナリティと別格感なのかな?
それと、(相手に抱かせる)独特のイマジネーション、なのかも

考えてみると、デュエット相手の鈴木雅之も、圧倒的・歌唱力と、ぶっちぎりの個性、という意味では、そのものですもんね。

「恋のフライト・タイム〜12PM〜」、ちょっとオトナの曲なんですか、彼女が歌うと、不思議とファンタジーっぽくなってしまうのが (^。^*)でした。
(紅いドレスが、とても、お似合いです)

歌う人物によって全然、違ったニュアンスになりそう…

はたして、「渋谷で5時」みたいにヒットするかな?
興味津々
[PR]
by noho_hon2 | 2008-05-30 08:23 | テレビ | Trackback(1) | Comments(0)

紫陽花もブルブル
昨日まで日傘日和。「7月並」と言われた気温だったのに
うってかわり、今日は「4月の気候」とのこと
体感温度的に、とても“寒く!”感じられます。

色づきはじめた紫陽花もブルブル?!
e0080345_18185080.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2008-05-29 18:25 | 日々のメモ | Trackback(1) | Comments(2)

山田太一ドラマスペシャル 「本当と嘘とテキーラ」
e0080345_739519.jpgやはり、期待にたがわぬ名人芸!
贅沢な時間でした。

だって、樋口可南子が、ものすご~~く雰囲気だし、うつくし~っ。美人というより、麗人

佐藤浩市の魅力オーラにも、クラクラだし… 設定上、緊張感あふれるツーショットには、それだけで「…参りました」。このふたりが登場するだけで、見ごたえ満点です。

柄本明も、じつに本領発揮して、イイ味だしてたし、(なりゆきから、ちゃっかり傍らに。公私共に関わってきて、困惑した夜には、どっかり居座り「今夜は、家に帰りたくな~い!」 その叫びが、なんとも愛嬌で、おもわずプププ…)

終盤の山場。真打ち、登場!の感な、山崎努の出番に至っては、貫禄とファンタジー。「そうだよね。この役やれる人、この方と、ほんの数えるほどだろうなぁ…」と唸ってしまうばかり、だったのでした。

また、山田太一ドラマのセオリーとして、ものすごい実力者達と、なぜか必ず投入される、フレッシュな新人が特徴、に思えるのですが、夏未エレナ、大いに好演。

14歳という設定にしては、かなりオトナびてるかな?と思える端正さ、でしたが、母をうしない、でも、健気に父と二人暮らしする優等生。芯に、とても強いものをもった少女、という役柄に、うんと似合ってる気がしました。

e0080345_13224521.jpgオハナシは、「娘の同級生が(原因不明のまま)自殺。なぜか、残されたメモに、娘の名前が記されてて…」という、かなりショッキングな導入。

その謎を軸に、観てる者をぐいぐい引きこんでいく手法です。

散りばめられた「そうだよね。現実は、リアルは、そういうことろあるよねぇ…」ってな提示の反面。ドラマ的なファンタジー要素も随所に散りばめられ緩急自在な展開、アッパレ、だったのでした

(個人的には、「悲しいかな、相性の悪い親子」って設定に、しんみり。仕事では堂々。テキパキでも、父親となると、急にオロオロ。弱くなってしまう、佐藤浩市も、じつにヨイ))

キーワード。テキーラが、上手に使われてて印象的。
(研修で、新人に接客業を教えるノウハウ。心ひそかに、テキーラと唱えることによって「形から入る」テクニック)

たとえば、最初に紙を発見。相談の上、生き続けていく少女を想い、握りつぶしてしまった事実を胸に秘めた学校関係者も、それだけで、大きなテキーラだろうし

たいがい、社会に生きる人なら、多かれ少なかれ、随所で、テキーラ。
その中で、どこまで誠実に、本当と嘘につきあっていくんだろうなぁ… 大いに考えさせられました。

だけど、もっとも大きなメッセージは、山崎努、演じる社長の台詞に託されてたのかもしれませんね。

「嘘をつき続けるのも大変なんだ、でも、勇気をもって、本当のことを言った人間は、エライ。誉められねばならない」
私も、大いに同感 & 共感です (^-^*)

ある意味では完全に、一方的「やつあたり」であり、ほとんど、不慮の事故。とてつもないダメージであるにもかかわらず、同世代ならではの直感。相手の「寂しさ」を理解し、母親のもとを訪れた、少女の勇気と成長にも深く感銘。しみじみ…
[PR]
by noho_hon2 | 2008-05-29 08:14 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)

美形もたいへん?!
e0080345_8421781.jpg最近、印象に残ったものに、雑誌のタイトル
「元美人とよばないで」みたいな見出し

「昔はキレイだった… と言わせない」等の煽り文句が、インパクト

週刊誌の広告を眺めてても、気のせいか、そういう目線で展開された手記が、急に増えてきた気がして
w( ̄o ̄)w オオー!

「昨今の密かな悶々。だけど、この商品のおかげで、私のポジション、ミゴト復活!」
めいた体験エピソードに、大いに感心してシマッタのでした。

思えば、これまでは、あまり無かった… というより、あったのかもしれませんが、ここまで堂々とは「表には、出てこなかった」気がして

個人的には「う~ん、1度でも栄光があるだけで、なんて羨ましい!」と思うものの、それが「共感を得る」こと自体、世の中の意識や空気が変わりつつあるのかな?

はたまた、「東京ラブストーリー」で、(自分にないものをもつ?)リカが支持され、(より、自らに近い要素をもった)さとみが、やたら評判悪かったり

なぜか、テレビの世界では、突き抜けた、強気キャラがうけてみたり、
潜在願望もあってか、ヤンチャ・キャラがウケちゃう現象にも通じるものがあるのでしょうか?

ふと、興味深いなぁ、と感じてしまったのでした。
[PR]
by noho_hon2 | 2008-05-28 08:34 | 雑感 | Trackback(1) | Comments(0)

相棒
e0080345_8101169.jpg映画が大ヒットになったり、水谷豊のコンサートに2万人も集まった現象への興味から、ミーハーにチェック

ここんところ、再放送枠でオンエアされてるものを何本かみてみました。

そして印象に残ったのは…
めちゃくちゃ、分かりやすい!んですね。
ほとんど意図的なまでにシンプル。人とオハナシをじっくり見せるせいか、音や映像の加工は、かなり、ひかえ気味

サスペンスもの、といえば、派手な効果音や凝った映像。トリックの凝りようや、二転三転するジェットコースター型しか知らなかったもので、その淡々ぶりが意外や意外!だったのでした。

まず手口を先に見せちゃう、コロンボほどはいかずとも、
私でも、最初から犯人や、おおまかなトリックが見当ついてしまう、ウルトラ明快さ。

それを、予定調和のように詰めていき、だけど、どこかに必ず、味わい深い要素や、プチ・サプライズを盛り込む技に、「へ~~っ」だったのでした。

噂で伝え聞く、とにかく「脚本に凝ってる」旨が、なんとな~く納得
逆に、シンプルゆえ、もともとの素材がきわだちます

疲れた胃に優しい(!)、でも丁寧な仕事の、和風料理を連想

クールな杉下右京(水谷豊)と、熱血で、すちゃらか亀山薫(寺脇康文)のコンビがイイ味だしてます。微妙なトボケ具合も素敵。なるほど“相棒”ですよね。

定食の味わいゆえ、これほど長く、シリーズが続いてる、とみた!

2時間サスペンスも、見たことない人間ゆえか
(「マンハッタンラブストーリー」のパロディで、雰囲気を知ったほど)
個人的に、未知の分野をみたようで、目をパチクリ

いやぁ、まだまだ知らないエンタメの分野があるんだなぁ
こういう領分が、根強く支持されてるのも、ひとつの発見でした

あっさり、じんわり路線。
昨今、胃もたれしそうな云々が多いだけに、よけい、ひとつの方向性として、大正解だったのかも。改めて、この流れ。興味津々 (^-^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2008-05-28 08:10 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(4)

「SONGS」 松田聖子
e0080345_7463840.jpg本当に、いまだ聖子パワー、おとろえず。
ハイビジョン映像をも、ものともしない、奇跡のような40代!

可愛い、といっては失礼かもしれませんが、キラキラ光線に包まれてて、圧倒されました。

(個人的には、「HEY!HEY!HEY!」での、若手のリアクションぶり。中でも、しょこたん、大暴走の図が、うんと印象的でしたが)

喋ると、しっとり落ち着いたオトナの側面も見せつつ、歌うと、変化自在になるあたり、まさに歌姫。「ああ、希有のアーチストなんだなぁ」と、しみじみ… だったのでした。

あと、意外!だったのは、ネット情報によれば、出てきた頃の彼女は、ビジュアル方面では、(その筋では眼力!なプロである)事務所から全く期待されてなかった旨、

当初は、まるで駆け出し時代の倖田來未みたいな扱いをされてた? らしきエピソードにも、えらい感心。

あの、鳥山明や柴門ふみが、新人時代。編集者から「あなた、プロにはなれません」ぐらいの、けちょんけちょんな言われ方をしたエピソードがダブって、プププ…
“流れを変える”ほどの方は、むしろ、そうなのでしょうか?

もちろん、天分も運もあったに違いありませんが、強靱なプロ根性によって、ここまで人は育つんだなぁ、雰囲気もかわっちゃうんだなぁ

まるで、砂糖菓子みたいなアイドル光線、放射しまくり!な、若い頃の映像と、現在の「いろいろ超えてきたんだなぁ…」感のあふれる姿。そのコントラストだけで、充分、ドラマ、です。

じつは「あなたに逢いたくて」が、彼女最大のヒットであったこと。

「瑠璃色の地球」が、シングルカットされてないのも「あらま、そうだったんですか?」
(こちらは、ネット情報)

番組の最後。どうやら、「あなたに逢いたくて」に続く、コンサートでの盛り上がりソングが生まれつつある様子に、彼女が感慨無量になってるシーンが印象に残りました。
本当にヨカッタねヨカッタね。

もはや、文句ナシに“選ればれし”人
いろいろな意味で、さらなる活躍を期待してやまないのでした (^。^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2008-05-27 08:08 | テレビ | Trackback | Comments(2)

その後のCPU
どうも、ワクワクと組み立てたものの、
その持ち味を発揮させようとすると、やたら爆音になるそうです
パソコンにむかい、突っ込みまくってます

能力や情報は、あったであったで、それぞれ
違った形の、お悩みが… なんですね

おもわず ヾ(≧▽≦)ノノ)) だったのでした
e0080345_8574012.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2008-05-26 08:39 | パソコン、家電等 | Trackback | Comments(0)

苦手
e0080345_840127.jpgボヤキにて失礼します。

どうにも、キチンと系作業が苦手です。
とくに、パブリックな書類方面のダメダメさは、鬼も落涙級… 方向音痴レベル。

思えば、ひとり暮らしをはじめて以来。引っ越し関係だけでも、お役所や銀行等々にいく回数が、(ダメだしの連続で)窓口との往復。リターンマッチ率が通常の3倍以上はあるような…

だんだん、開き直って「そうよ、亀だもん。要は結果オーライ。たとえ、人の数倍、手間暇かかっても、辻褄さえあえば… ぐっすん」と思うものの

ただでさえ、悪筆。修正箇所の多さと、訂正印の嵐。どんどんトホホが増す書類に、見てると悲しくなってしまふ… うるうる

一発OKできる方なぞ、神様に見えます。後光がさしてます。

あ~~、パソコン時代になってヨカッタなぁ
(直せるし、まだしも“他人が読める”形になるので)
文明の進化はありたがいなぁ。思わず、しみじ~み… なのでした
[PR]
by noho_hon2 | 2008-05-26 08:30 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

メタボ・ドラゴン
e0080345_815435.jpg街角で、ふと小耳にはさんだ会話に大ウケ

「さっきの、親子の会話、きいた?」
「え、なになに?」

「う~んとチビチビの、おしゃまな女の子ちゃんが、ドラクエのモンスター人形みて、“あっ、メタボ・ドラゴンだぁ!”だって」
これには、o(〃^▽^〃)oあははっ♪

そっくり返って火を吹くドラゴンかしら?
う~ん、何だったんだろうなぁ

たしかに、ファイナルファンタジー系のモンスターより、ドラクエ系の方が、御愛敬ですもんねぇ… しかし、そのフォルム。メタボと一刀両断にするとは…
その感性と表現力、素晴らしすぎます

さすが、イマドキっ子!
日本の未来は明るいとみた (^ー^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2008-05-26 08:18 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「ブランケット・キャッツ..
from トリ猫家族
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)