<   2008年 06月 ( 63 )   > この月の画像一覧

にしむくさむらい
e0080345_18474966.jpgそう入力したら、「もしかして: 西向く侍 」に
おもわず (;^_^A

ラジオを聴いてると、パーソナリティさんが
「今の子って、西向く侍(小の月の覚え方)知らないんですよね~~。若いスタッフ、全滅っ」
とボヤいてて、「へ~~っ」

その話を、ダンナさんにしたら
「…ところで、侍って、どうして?」と言われ w( ̄▽ ̄;)w

「ほら、士って、縦に読むと11っぽいじゃな~い」と言うと「ああ、な~るほど」

しかし、ふと「…じゃ、小の月を、どうやって覚えたの?」ときくと
「指を、チョンチョンして覚えたも~ん(指と指の股を順番にカウントする… らしい)」とのこと。
あらま、それは知りませんでした。

余談ながら… ものは試し。「すいへいりーべ(元素記号の覚え方)」と入力すると、ずらずら並ぶわ、「もしかして: 水兵リーベ 」されて、タジッ

「ターミネーター2」も、あれれ?なシーンと、突っ込みどころが1ページ目にでてきたし… 検索くん、君は楽しいっ!

(バジルの花が咲いたよ)
[PR]
by noho_hon2 | 2008-06-30 18:45 | 日々のメモ | Trackback | Comments(2)

ソロモン流 江口惠津子
e0080345_8504536.jpgじつは、サブタイトル。「仰天リフォーム達人主婦…築37年中古マンション大胆改造&誰でも簡単狭小部屋を広々変身術」に実用方面での興味を感じ、チェックしたのですが…

この方、タダモノじゃないですぅぅ!
    w( ̄o ̄)w オオー!

江口恵津子の仕事ぶり。そのキャラと、プロフィールの興味深さにも、いたく感心してしまったのでした。

早くから、この方面に興味を感じていたものの、当時は、その受け皿がないこともあいまって断念。若くして、縁ある相手に巡りあい、早い結婚(学生結婚)。社会人経験の無いまま、3人の子供の親として、専業主婦生活。ところが、下のお子さんが幼稚園ぐらいの頃、転機が 

(90年代に入り、インテリアコーディネーターが脚光を浴びはじめた)

一念発起して学校へ通い、頭角をあらわし、ついに2000年3月の、「TVチャンピオン インテリアコーディネーター選手権」で、第3回チャンピオンに。そこから快進撃!という経緯に「へ~」 

とくに、仕事ぶりをみると、決して頭でっかちでならず、斬新なアイディアが“絵に描いた餅”にならないバランス感覚。それまでの生活経験とセンスが遺憾なく発揮されてるところが素敵…

なにより、住まいの特徴と、依頼者の事情や歴史を尊重した、愛とプロ意識に満ちた仕事ぶりがヨカッタです。(場合によっては、故人であるご主人が愛した一角を残し、活かしたり、等々)超多忙にかかわらず、志と軽やかさがあるのは、奥薗壽子に似てるなぁ… と、ふとね

現場にマメに顔をだして指示、アフターケアも怠らない、フットワークの良さは、さすが!
生活者の実感とクールなプロの目。両方の視点をもってるあたり、一線を画してます。
もちろん、メディアの威力も、大いに熟知。

キャラも素敵だったし、ますます、これからブレイクしそうだなぁ… の予感ヒシヒシ、だったのでした。

個人的に印象的だったのは、本人の努力と天賦の才もさることながら、栗原はるみと同じく、ダンナさまの理解に恵まれたラッキー部分も大に思われて

その仕事ぶりともども、目が離せないなぁ、としみじ~み
[PR]
by noho_hon2 | 2008-06-30 08:46 | テレビ | Trackback(3) | Comments(0)

ターミネーター2
e0080345_861432.jpgダダン・ダダン… 史上最強のタフガイにして、映画史上・屈指のハマり役、あいつが帰ってきた!

言わずと知れた、SFアクション、最高傑作のひとつ

名作は冒頭シーン。出だしの音楽ひとつ、映像からして、ひと味違う、というか… 「3秒で勝って」ますよね。
キャメロン・マジック、おそるべし!

我家的には「まだ、これ以上、CGをうまく駆使した作品は生まれてないんじゃない?」と、もっぱら評判の作品であります。
17年前の作品なのに「いまだ、超えられない」部分が多々あるように思われて

(個人的には、映画公開時の決め台詞だった「あいるびー・ばっく」がスポット宣伝で「帰ってくるぜ」になってたのが「…なるほどナ」だった)

「なんて、バイクが似合う!」
「すごい。銃を片手で軽々…」

研究所でのドンパチは、すごすぎて笑ってしまったし、
(でも、派手にやりまくっても、ジョンとの約束を守り、ターミネーター・ビジョンでは、「死傷者ゼロ」となるあたり、妙に可笑しい)

しょもな~い、というか、素朴なディテールに感心しまくり。
完全に、突っ込み劇場になってしまいました。

T-1000が液体窒素で固まり、バラバラに崩壊したあと
「これで最後でも、誰も怒らなかったよな~~っ。でも、こっからが凄い」

しかし、印象に残ったのは、やはり敵役。液体金属のT-1000の存在… というかキャラ設定! タフな好敵手は数あれど、こんなに、不気味で、しつこく、情けない敵役って、画期的だったかも (終盤、チッチッするオトボケも笑えるし)

シュワちゃんの持ち味とカブらないようにしてるところが、ポイントですね

あと、父を知らず、マニアックな英才教育を施されて(?)育つ、ジョン・コナー少年が、それゆえ、多感なお年頃。最初の頃は、やや迷走気味だったのが、どこかターミネーターが、父っぽい存在。

ロボットとの友情。その関わりの中で、「共に成長する」ところも上手に描かれ、うまいです。
アクション・センスもさることながら、この作品が傑作なのは、溶鉱炉に沈むシーン。
とくに、つきだした親指に (ノω・、) ウゥ・・・

思えば、それまで「何度でも蘇る…」比喩を「まるでゾンビのような…」と言われてたのが、いつしか「おまえは、ターミネーターかっ!」になったのが印象的

ちょっと前。新番組の紹介。人気の女性タレントさんが新ドラマのキャラを、「いわば、恋愛ターミネーターですね」。そこまで存在が浸透してるのに感心してしまいました。

シュワちゃんも、いまは堂々の政治家さん。改めて、時の流れを、うむむのむ。
[PR]
by noho_hon2 | 2008-06-30 08:28 | 映画 | Trackback | Comments(0)

カプセルプラレール 副都心線編
早っ! がちゃの世界にも、既にしっかと
副都心線が開通してました。しかも、プラレール…

これで、オトナもコドモも、てっちゃんも、がっちり!ですね
e0080345_1834433.jpg

知りませんでした。サザン30周年、B'z20周年
たれぱんだは、10周年?!
e0080345_1863931.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2008-06-28 18:07 | 街角スケッチ | Trackback | Comments(0)

「ラスト・フレンズ」スペシャルアンコール特別編
e0080345_8255261.jpg予想はしてたものの… やはりネット横丁に転がるちゃぶ台の数と、ため息の分量は、ハンパでないものがあったみたいですね (;´▽`A``

たしかに、スペシャルアンコール特別編という名目。
総集編にして、最終回のスウィート度を、さらに増したティスト。

これまでの、緊張感にあふれたメリハリ感と、絶妙なスパイシーさ
散りばめられてた謎に魅せられてた分には、かなり ( ̄Σ ̄;)ブー かも

(やはり「ドキドキさせる」のには、充分なタメや、予感を含めた、音響効果等々。ディテールが大切なんだなぁ、と再確認)

それに、スピンオフでいいから、そのあたりも描いて欲しいような… と感じた、似た者同士の匂い? 美知留に意地悪してた美容室の先輩とか、タケルのトラウマ部分とか

とりあげたことへの期待感の割には、あまりにもアッサリしすぎてて
これまた、拍子抜けを加速させた模様… ですが

個人的には、「ああ、やはり、作り手さんのエッセンスは、このあたりにあったんですね」
そのあたりを確認 & 納得できた!意味で、溜飲がさがりました。

アラフォーで、登場人物達に語らせてたように
最後。タケルに、そのバトンを渡したあたり、私はヨカッタと思われます

とくに、物語が終盤に至るほど、評判のあまり、オトナの事情が加速しすぎ(!)、やや一貫性を貫きそこなった、かもしれませんが、なかなか奮闘してたように思われて

どうしても、この尺では、はじめて見た方には「……??」
全部みた方への、ファン感謝祭としては、かなり物足りなかったかな?

だけど、救済があった、というか、シェアハウスの本来の意義と
その結果 「ついに、そういう境地に達することが…」という部分で、
評価したい気がしました。とくに、タケルの成長に ♪(* ̄ー ̄)v

ひょっとしたら、本編の最終回。ラストをコレにしたかったの… かもね
(欲をいえば、オープニングをもう1度、フルバージョンで流して欲しかった)
[PR]
by noho_hon2 | 2008-06-27 08:24 | ドラマ | Trackback(16) | Comments(4)

サザン30周年
e0080345_18313632.jpg昨日のことですが… TOKYO FM では1日中、サザンの曲オンリーでした

な、なんと、30年前の、この日。サザンオールスターズが「勝手にシンドブック」でデビューしたのだそう

しかし、あまりにも「コレ、知ってる!」曲ばかりで
その偉大さに、w( ̄o ̄)w オオー!

余談ながら、今でこそ、他の新語に押され気味ですが、ニューハーフっていう語は、桑田佳祐が対談中に発した語が由来、なんですってね

改めて、その時代&言葉センスに脱帽!
[PR]
by noho_hon2 | 2008-06-26 18:44 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

野いちご
e0080345_9114455.jpg見~つけた!

こういう季節感には、それだけで、ふと
心なごむものが、ありますね
 (((o(^。^")o)))
[PR]
by noho_hon2 | 2008-06-26 08:27 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

じゃこレタス
残り物に愛?!

グッチ裕三は、じゃこピーうどんに、じゃこキャベ、等々
おじゃこを使った簡単料理のアイディアが、本当に豊か!
よって、試しに、じゃこキャベを、レタスの外葉でチャレンジ♪

ついでなので、大根のしっぽ、人参、鶏皮を、細かく刻み
めんつゆかけて、レンジでチン
e0080345_8523043.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2008-06-26 08:25 | うまうま | Trackback | Comments(0)

おせん 最終回
e0080345_18265913.jpgなんだか「…惜しいナ…」と感じてしまいました

光る部分、魅力的な箇所は、アチコチにあったし、とりあげた題材も、なかなかにタイムリーだっただけに

エンタメ的に、もう、ひと味。欲しかったような気がしたのでした。(とくに最後。スカッとするカタルシス要素が!)

私だけでしょうか? あのケチャップ少年の食べ方に、ひぇ~~っ!
とくに“お刺身にまで…”シーンに、ムンクになってしまったのは

とりあえず、めでたしめでたし、っぽかったものの、
あくまで、問題提起型だったのかな? (;^◇^;)ゝ

でも、おせんちゃん、可愛かった♪
彼女の表情と着物姿は、本当に魅力的でした。
舞台の風情やお料理もなかなか… まさしく、“目の保養”ドラマってことで (^ー^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2008-06-25 18:49 | ドラマ | Trackback(11) | Comments(4)

自由が丘
屈指の緑上手な、美しい街
そんな、達人要素に心惹かれ、自由が丘をてくてく
e0080345_1875697.jpg

e0080345_1881556.jpg

どこが、どんな風に違うんだろうなぁ…

だけど、モノの選び方ひとつ。置き方や、ちょっとした演出で、
こんなにも魅力的に見えるって感動的!
e0080345_1884617.jpge0080345_1885629.jpg

e0080345_2030399.jpge0080345_20301270.jpg

e0080345_20302327.jpge0080345_20303226.jpg
[PR]
by noho_hon2 | 2008-06-25 18:35 | 街角スケッチ | Trackback | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「ブランケット・キャッツ..
from トリ猫家族
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)