<   2008年 07月 ( 57 )   > この月の画像一覧

新人ブレークのキーワードは「着うた」
e0080345_18201627.jpg今年上期にシングル売り上げ首位を記録した、青山テルマ
新人で初のアルバム首位を飾った、キマグレン

その共通キーワードは「着うた」

そういえば、気がつくと歌番組のランキングでも、今やしっかり「着うた」のダウンロード数データは欠かせない存在に

会社側も、その数字が、ある一定以上続く新曲のCDには、徹底的に宣伝販促を強化しているそうです。な~るほど!

音楽環境自体が、大きく変わりつつある現在。当然といえば当然、なのかもしれませんね。

中学の頃、ヘッドフォンの臨場感に魅了され、つい夢中に
しかし、母の「ごはんですよ~っ」の声が聞こえなくて、突然、肩を叩かれ、目の前に、プンスカ顔。心臓が止まるほどビックリして以来、「耳を塞ぐ」系に抵抗感な、小心者のワタシ (;^◇^;)ゝ

…ちょっと、しみじ~み
[PR]
by noho_hon2 | 2008-07-31 18:31 | 日々のメモ | Trackback(1) | Comments(0)

仲里依紗 と 吉高由里子 の制服姿
e0080345_8142387.jpgひょっとすると、順番マジック?
それとも、私だけなのかなぁ…

仲里依紗 と、吉高由里子。なんだか「女子高生じゃない」方が、本来の持ち味が発揮されてた、ように思われてなりません

とくに、仲里依紗。
「学校じゃ教えられない!」では、な~んか損してる気がして

先の「ハチワンダイバー」における、受け師さん姿や、みるくちゃん、ことメイドさん・ルックが、じつによく似合ってただけに…

それは、吉高由里子も、しかり
学園モノ (太陽と海の教室)も、それはそれでアリですが… う~ん

「あしたの、喜多善男」における、元アイドル。宵町しのぶ役の、妖しい倦怠感。
しっかと目化粧し、今風・キャミ衣装を着てる姿が、数倍。よく映え、キラキラ輝いてました

ガッキー(新垣結衣)ちゃんじゃないけれど
普通、この年齢だと、制服姿が無敵!なんですがね

…ちょっと、認識を新たにした次第です (^^;)ヾ
[PR]
by noho_hon2 | 2008-07-31 08:17 | テレビ | Trackback | Comments(2)

のっけて、ゴーヤチャンプル
暑い日が続いてます。
日によっては、雷鳴ゴロゴロ
突然の夕立になるほど

こんな折は、南国・沖縄パワーの知恵を見習って…
e0080345_80921.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2008-07-31 08:02 | うまうま | Trackback | Comments(0)

イチロー、3000安打達成
e0080345_1841403.jpgまさに快挙!

日米通算とはいえ… ものすごい数字ですよね

文句ナシに、天才の偉業
おめでとうございま~す!
[PR]
by noho_hon2 | 2008-07-30 18:42 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

安室奈美恵、新アルバムに思う
e0080345_812283.jpgきくところによると、安室奈美恵。なんと、14年間連続シングルTOP10入り、なんですってね

(ブレイク当時、ラブラブだったカップルが、ほどなくゴールインして、ファミリーができたとしたら、既に思春期? どひゃ~~っ!)

本日、6年ぶりのベストアルバム「BEST FICTION」が発売になる関係か、昨日。ラジオで彼女の曲が、どんどんかかってて楽しかったです

中でも、特集で、新アルバムの、ざっくり紹介があったのですが、
これが音といい、PVの説明といい、なかなかに興味深いこと。

女性パーソナリティだったせいか、ファッションの説明、等々も、すごく上手で、愛とユーモアに満ちた解説は、思わず「その姿。見てみたい!」と感じる巧みさ

(かっこいい、修理工場・バージョン、には思わず爆笑。
 「この可愛さで、“ご飯3杯はいける”」に、思わずプププ…)

偶然。すこし前に、中森明菜のヒット曲がかかってたせいか、その印象の差に「へ~ぇ」
思わず感心してしまったのでした。

往年の曲って“図が浮かぶ”というか“ドラマが想像される”ところありますが、現在のヒットって
どこか、絵よりも空気。“気分を伝える”みたいなところ、ありますよね

    イマジネーションより、エモーション?!

脳内劇場。うっとり鑑賞する、映画・ドラマ型での、小さな旅から、背景型
むしろ、プリクラ的に、自らが主役である、小道具にほど近くなってきてる気がします

やはり、長持ちする方、ずっと時代の真ん中の存在できる方は、圧倒的・実力もさることながら、オリジナリティを極めつつ、上手に時代とバランスをとってる方が支持されるんですね。

パフュームなんて、ようよう時代がシンクロした感だし…
歌は世につれ、を、しみじ~み (^。^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2008-07-30 08:14 | 日々のメモ | Trackback(1) | Comments(0)

たむけん、陳謝姿に驚く
私だけでしょうか? たむけんの謝罪会見に、思わず
「誰、これ?」
思わず、のけぞったのは…

髪型もフツーだし、スーツを着ると
意外や意外の、誠実そうな好青年姿。

お笑いの、作り込んだキャラ… 半裸にふんどし、サングラス
変テコ髪で暴走する図とは、ほとんど別人!であります。

ある意味。ここまでのサプライズは、希有な例かも
(あのGHの素顔でさえ、落差的には負けてる気がする…)

起こったことはナニですが、たむけんに「逆風」吹くか との記事まで
飛び出すのも、分かるような気がして

私も、陳謝に、大幅、好感度アップ
塞翁が馬になるとイイなぁ… と感じた次第 (^ー^*)

(昨日の夕焼け空)
e0080345_18132230.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2008-07-29 18:16 | 日々のメモ | Trackback(1) | Comments(0)

吉高由里子、ハマり役 (太陽と海の教室)
e0080345_845865.jpgどこか、複雑さと危うさをもった、心寂しい少女。灯里役に、吉高由里子。本当に似合ってました

こういう、現代的な役柄を演じさせると、本当にうまい!ですよね

また、それに振り回される、ちょっと地味目な、片想い少年・八朗(濱田岳)や、じつは… な機微。青春期ならではの切なさは、ほとんど定石パターン

ひょっとして、要潤。現在、役者さんとして「芸域を広げてみよう」強化期間中
チャレンジャーして、試行錯誤してるのかな?

「キミ犯人じゃないよね?」の、「そこまで…やる?」の、脱力・アホ坊ちゃん刑事役に続き、今度は、かなり、おまぬぅなヒール役に挑戦とは!

しかし、私。いまひとつ野暮天、なのでしょうか?

ピ~ンチ!の灯里を救出する、朔太郎(織田裕二)の突入シーンに、
思わず、心の中。「ダイ・ハードかっ!」と突っ込みそうになったり

「あれだけ、みんなが呼んでるんだから、早くドアを開けてあげてよ~ぉ」とか
「えーーい、ところで、その間。彼(悪役)はナニしてる?」と、じりじりで
おもわず、(^ー^;)ヾ

出演者達は、みな魅力的。
オハナシとしては、よく分かります。
言わんとしてる趣旨も、すご~くよく理解できる!んですよ。

どちらかというと、「そういう世界なのですね」と、受け入れる性分なのですが、なぜか始終。「なぜ? どうして?」回路が発動してしまい、オハナシに集中できないのが寂しかったのでした

当然、ダンナさんとも、ひとしきり話題に
「…どこが、どう違うんだろうね。…ちょっとした匙加減なのかなぁ?」
「どんなにベタベタのコテコテでも、面白く見られる作品も多いのにぃ…」

結果。「どこか、なんかを間違えてる気がする…」
との結論になってしまった我家でした。うむむのむ
[PR]
by noho_hon2 | 2008-07-29 08:22 | ドラマ | Trackback(21) | Comments(0)

27時間テレビ
e0080345_744411.jpg結局、ザッピングの時、ふと目にしただけで、自身はリアルタイムでは見なかったのですが、

ネット情報。見た方々の感想やレポを読んでると「へ~ぇ」「ほ~ぉ」の連続

逆に、そちらの視点やレポが興味深くて、面白いなぁ、と感じてしまいました。

さんタクの企画が、なかなかに見もので、
とくに、キムタクのチャレンジ精神がヨカッタとか

ヘキサゴンの新旧対決・企画は、大いにタイムリー。
今が旬!の若手達。イケイケどんどん・パワーもヨイけれど、
味わい深いベテランの可笑しさも、なかなか… 等々

でも、とくに「ほぼ日刊イトイ新聞」の「今日のダーリン」
「これは、さんまさんを主人公にした、ロールプレイングゲームだったんだなぁ」
って発想に、おもわず目から鱗! 

そうか。そうだったのか…

「ミスしたり意外なボーナス点を得たりしながら、 ひとつの番組ごとにステージクリアしていく」

「しだいに体力が減っていくという負の条件や、次々に「期待」という敵が待っているという条件や、元妻だとか、素人だとか、強烈な暑さだとかいう 障害物も続々と立ちふさがる」
は、可笑しい。可笑しすぎますぅぅ! _(⌒▽⌒)ノ彡☆ 

そのあたりが、見守る側のハラハラをよび、おもわず釘付け
「主人公の意外性に満ちた方法によって、 ひとつずつなんとか乗り越えられていく」
って、うんうん。たしかに、それは、ゲーム的・醍醐味、なのかも。

さすが、人気ゲーム。マザー・シリーズを手がけた方、であります

    (私は、あのキムタクが出演した、不思議CMのセンスを筆頭
     ホームシックになって、オウチに電話することによって回復したり
     頭が混乱すると“まっすぐ歩けなく”なって、なぜかヒーラーさんに
     直してもらう、って仕掛けに、大いに感動)

中には「編集してない、ダラダラなお笑いが、こんなに脱力だったとは…」等々、キビシー意見も少なくなかったですが、なんだか、これを読んだだけで、大いに得した気分になっちゃいました。

おもわず ♪(* ̄ー ̄)v
[PR]
by noho_hon2 | 2008-07-29 08:00 | テレビ | Trackback(2) | Comments(2)

エヴァ娘で、ガールズバンド
惣流アスカ、綾波レイちゃんに、
アイドルマスター・双海真美を加えて、新ユニット結成?!

(衣装と小道具。なにげに、身体の表情のつけ方も、凝ってるぅ)

リボルテックなら、こ~んな遊び心も、簡単に出来ちゃうので
ついハマってしまうのも、分かる気がして… (^_^*)
e0080345_829392.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2008-07-28 08:32 | 街角スケッチ | Trackback | Comments(0)

ROOKIES(ルーキーズ)  最終回
e0080345_9303324.jpg純粋に、ドラマとしてのパワー。底力のある作品でしたね。珍しく(大半のドラマから、即リタイアしてしまう)ダンナさんがハマってました。

監督の川藤(佐藤隆太)は、諸事情。球場前までしか近寄れないし、主力選手である、安仁屋(市原隼人)、若菜(高岡蒼甫)も、密かな怪我で、ピ~ンチ !

正直いうと、じっくり腰を据えて見たのは、初回と最終回だけ (^-^)ヾ

中盤は、往々にして、喧嘩のハイテンションさに圧倒されてメゲ気味。ながら見で、ざくっと点で抑え、あら筋と感想を、みなさまのレビューで追ってた… のが実情だったのですが、

このフィニッシュは、純粋にスポ根ドラマの王道として面白かったぁ!

ダンナさんが「音楽の使い方がうまかったね」とのことでしたが、全く同感です。

「…ひょっとして、(ドラマ版)セカチューの人かな?」とのことでしたが、
調べてみると、ビンゴぉ! 演出ともども、同じタッグだったんですね。

     (ちなみに、私はドラマ版・セカチューは名作だと信じてやみません。
      ヒロイン・綾瀬はるかも初々しさも抜群だったし、あの空気感といい…
      ああ、夏ドラマの傑作として、もう1度、見たい!)

配置も上手でしたよね。とくに、初主演の佐藤隆太の起用が、大正解!
アツい先生を演じて、暑苦しくなりすぎず、キモチがまっすぐに伝わってくるのがヨカッタです。爽やか市原隼人も、初のワイルド路線。新境地を拓いた…かも

個人的には、御子柴(小出恵介)が、影の主人公ではないか、って気がしたほど。
みんなして、やたら血の気の多い設定。見た目的にも濃ゆ~い面々だけに、彼の、醤油顔と、さらっとした雰囲気が、とても効いてたように思われました。

とくにラスト。彼を語りべにしてたのも、抜群の効果
緩急のツボを、心憎いまでに心得てます

「ホームラン後。ほとんど放心状態で、とぼとぼ… ってのは、初めて見たね」
と、わがお茶の間。この演出なぞ、かなり画期的!だったかもしれません。

余談ながら「地デジになって、見せ方も変わってきたね。コマ割りの感じとか… やたら、カメラ、振り回さなくなったし…」との視点も、なるほどなるほど。
(実際、大画面だと、揺れが辛いのです)

最後、後ろ姿のみ見せてたのは誰だったのかな?

怒濤の番宣は、そういう伏線もあったのでしょうか
秋の2時間ドラマと、映画化・決定。おめでとうございま~す (^▽^)/
[PR]
by noho_hon2 | 2008-07-27 10:02 | ドラマ | Trackback(21) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「ブランケット・キャッツ..
from トリ猫家族
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)