<   2008年 09月 ( 71 )   > この月の画像一覧

ミシンのパーツ交換
e0080345_17491231.jpgありがたや、ネット時代

先週あたり。突然、ミシンのパーツが壊れて真っ青に

じつは以前、ミシンの調子が悪くなった際、えらいこっちゃなタライ回しにあい、トホホ… だったので、かなりブルーだったのですが

調べてみると、そういう修理屋さんがあったので、ダメモト半分。電話で問い合わせてみると、丁寧に対応してくれた上。「そういうことなら…」とパーツを取り寄せてくれる最寄りのお店を紹介してくれて、感動

そちらもまた、うんと親切で、部品が届いた、との連絡。いってみると、まるで三丁目の夕日真っ青な下町商店街のはずれあたり。こじんまりとしてるけれど、ほのぼのとしたお店で「へ~ぇ」だったのでした。

素朴ながら、うんとイイ感じだったので、現在のミシン事情をきいてみると(そろそろ、ガタがきそう、なので)いろいろ教えてくれて「…なるほどなるほど」

強引に、新品セールスをすることなく「その時は、お力になりますが、いい機種ですよ。大切に使ってあげてくださいね」と言われ、ますます感心

やはり、なにごとも“愛がある”ってイイですね。
同時に、長く存在する機械って偉大だなぁ。(モノによっては、十年以上たつとメーカーにも部品がなくなったりして… ぶつぶつ) そういう界隈には職人さんも多いのかな?

だけど、それを知ることが出来たのも情報時代ならでは
(いくときも、住所を教えてもらったので、地図検索で簡単だった)

おもわず、しみじ~み
[PR]
by noho_hon2 | 2008-09-30 18:08 | パソコン、家電等 | Trackback | Comments(0)

はるな愛と、エドはるみ
e0080345_9204635.jpgちょっと前の休日。テレビをつけてたら、偶然ながら、見る番組見る番組、すべてに、はるな愛が出演してて「…あらま」

しかにも、おもいっきりスポットが当たってたのに、驚きました

いま、もっとも勢いある、このおふたかた。

その魅力に共通してるのは、華とユーモア
基本的に明るくて、芸とトーク上手が、目と耳にグー

どこか。公私共に“超えてきたヒト”特有の、
突き抜け感が心に届くのかもしれませんね

思えば、「フォー!」も「そんなの関係ね~ぇ」も、その傾向あった
気がするのですが… 

園児のハートをも、がっちりな、見た目と音のインパクト。
それと、スパイスとしての「もやっとゾーン」の存在も侮れない?!

キメがあって、テンポをつかんだヒトは強いなぁ…
おもわず (^ー^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2008-09-30 08:56 | テレビ | Trackback | Comments(0)

こだま兼嗣
e0080345_8301421.jpgそれにしても、いまやGW恒例の、ドル箱シリーズ。コナン映画の監督さんって、一体。どんな人?と調べてみると…

あらま、びっくり

1970年に東京ムービーに入社するなり『巨人の星』の制作。作画にたずさわり、その後も、『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』の、7割の作画監督を担当し、『新ど根性ガエル』(1981)で、初めての演出。

やがて、『キャッツ♥アイ』で初監督。『シティーハンター』の、総監督、監督、演出、コンテ、脚本と、ヒットを連発する快進撃のヒト!だったとは
あまりにも華麗なる仕事内容に
  
    w( ̄o ̄)w オオー!

『名探偵コナン』に関しては、序盤からテレビ・映画にわたり、全作品の監督、演出を担当。8年間にわたり、つとめあげて、2年間ほど活動休止。とのエピソードに「へ~ぇ」

(映画は、『迷宮の十字路』まで)

気のせいか、少し前、オンエアされたコナン映画が、ちょっと「…あれれ?」だったのは、そういう理由だったのかな。急に納得いった、のでした。

やはり、原作の魅力ともども、テレビや映画は、テンポとリズム。それを最高に「面白くみせる」職人さんありての、長寿人気なんだなぁ、と、再確認 
[PR]
by noho_hon2 | 2008-09-30 08:40 | アニメ・コミック | Trackback | Comments(0)

世紀末の魔術師
e0080345_7583074.jpgコナン映画のなかでは、1番、好き。

怪盗キッドに平次、和葉ちゃんも出てくるし
をを、おなつかし~~っ、白鳥刑事っ! (うるうる)

調べてみると、映画での灰原哀ちゃん登場は、このときが初、だったんですってね

漫画ならではの荒唐無稽さや「そんなバカな!」が、なんとも楽しいです。序盤の舞台も大阪になってるしぃ

エッグの秘密オープン・シーンなぞ、音楽ともども、うんとロマンチック
(映画館で見たので、この場面は本当に素敵だった)

お約束、新一と蘭ちゃんのデリケートな機微が、最後の素敵な見せ場
そこに、怪盗キッドがからむのもグー

今みると、ところどころ、絵が時折、ご愛敬?! (^ー^;)

(私でも分かる)明快なミステリーの醍醐味に加え、あくまで個人的・趣味の領分ですが、コナン・シリーズのツボは、やはり新一と蘭ちゃんの、微妙な距離感かな?

純情と恥じらい、強がりと切なさが、まさに恋心の原点
少年少女ものは、いいなぁ… なのでした。

(たいへん蛇足で話の飛躍ながら、「Shall we ダンス? 」のツボ
 リメイク版との決定的な差は、そのあたりにある気がして…)
[PR]
by noho_hon2 | 2008-09-30 08:14 | 映画 | Trackback | Comments(0)

ポール・ニューマン
e0080345_18222760.jpgラジオは、ポール・ニューマン追悼企画として、代表作の音楽をがんがんオンエア…

「あ、これも、そうだったんだ…」と、思わず、しみじみなってしまったのでした。

個人的には、すこし前に見た『熱いトタン屋根の猫』における若さと美貌。複雑な役柄の熱演に「へ~ぇ」だったのですが、

俳優のみならず、レーサーや実業家としても成功し、晩年は、慈善活動にも大変、熱心だった、んですってね

惜しむ声の多さ。そのスター性と、人望の大きさがうかがえるのでした
心より、ご冥福をお祈りします
[PR]
by noho_hon2 | 2008-09-29 18:40 | 日々のメモ | Trackback(1) | Comments(0)

タモリのボキャブラ天国大復活祭スペシャル
e0080345_7584065.jpgなんだかんだで、懐かしさ半分。(リアルタイムで楽しみに見てたクチゆえ)ふたりして大笑いしつつ、全部、見てしまいましたぁ

やはり、当初の、一般投稿によるヒットソング・ダジャレ大会より、芸人バトルになって以降にスポットがあたってましたね。

随所にボカシが入り、場合によっては、かつての相方まで黒塗り、あ~んど真ん中に「相方」と書かれてたのには、思わずプププ…
(ここまで徹底してると笑える)

やはりオトナの事情云々が、いろいろあったのでしょうか?
ここまで多いのも、珍しいですよね

3時間と長かったけれど、名作オンパレードと、トークも面白いところ、のみ。
同じ企画での、新興勢力・ネタバトル、同窓会的なネタバトル(けっこう、真剣!)と、盛り沢山ながら、テンポが、うんとヨカッタので、飽きたりダレずに見られました。

かつて大笑いしたけれど、現在では、やや賞味期限切れっぽいもの、何度みても可笑しいもの。10年の歳月がたってると、そういう意味でも興味深かったかな?

やはり、十年ひとむかし。栄枯盛衰ぶりや、オーラの差、等々。
なにげに、いろいろなものが浮き彫りになって感慨無量

招かれた新たらしい顔ぶれたち、やはりサスガ!
追いかける者は強いなぁ。勢いありました。

お笑いは、半分、鮮度。現在の追い風に乗ってる面々、おそるべし!
個人的には、決選投票になった満点組の中で、(1等賞になった、台風中継より、むしろ)ザ・タッチと友近、好きでした。

現在の全体レベル高さを再確認。

だけど、やはりトリをつとめたネプチューンと爆笑問題は、当時からダントツ!だったけれど、いま見てもパワフル。かぎりなく、横綱相撲の感、でしたね

名物。ネプチューンのドタバタ登場やアキラ・ネタも見られたし…
ヨカッタヨカッタ。大いに満足
[PR]
by noho_hon2 | 2008-09-29 08:22 | テレビ | Trackback(2) | Comments(2)

バナナ、大人気
e0080345_20135051.jpg噂にはきいてたけれど…
本当にホントウだったんですね。

夕方のスーパーで、びっくり

ひとつのワゴンがガラリーーンと完全にソールドアウトしてて、「…これは、一体。ナニ?」と、パチクリ

よくみると、その中身が、じつはバナナであったのに、2度ビックリ、だったのでした …思わず感動
[PR]
by noho_hon2 | 2008-09-27 20:17 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

キティちゃんのら~めん缶
はろうきてぃのら~めん缶
味はしょうゆ味、だそうです

なんと、メガネっ娘?!
「ご主人さま~ ら~めんができましたぁ」というコメントと
どんぶり模様に挟まれた AKIBAの文字が遊び心で、ヾ(≧▽≦)ノノ))

どういう層がターゲットなのか、聞いてみたい気分です
e0080345_17553327.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2008-09-27 18:02 | 街角スケッチ | Trackback | Comments(0)

されど、逆上がり
e0080345_18232764.jpg『包帯クラブ』に、逆上がりができなくて、トホホ… な少年がでてきて、鉄棒に包帯まくシーンが描かれるのですが

案外。多いのかな? そういうお悩みって

実際。学生時代「私、困るの。ショーライのために、真剣に困るの…」と、夜の小学校。

恋人をボディガード兼、見張り(!)にして
せっせと練習に通ってた先生の卵ちゃんがいて、うんと印象に残ってます

だけど、当人にとっては大問題?
ちょっと、(^ω^;) な気分になったのでした
[PR]
by noho_hon2 | 2008-09-26 18:15 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

包帯クラブ
e0080345_1711429.jpgやはり、柳楽優弥には、ありがちなラブ・ストーリーより、ギザギザ・ハートの物語がよく似合う!

きっかけは、ちょっとした偶然から。

でも、ネットで依頼をうけ「心に傷をおった場所に包帯を巻き、それを撮影して依頼者に送る。許可があれば公開」するアイディアといい、それを「クラブ活動にする」という発想自体、今っぽいなぁ、と感じました

活動を通じて、自身が癒されると同時に、ぞれぞれが密かに隠しもつ痛みも明らかになっていき…

思春期特有の繊細さと優しさ。ビッグバーンな部分、等々。
複雑なエリアと事情にスポット。

ヒリヒリするような領分。蒼い空気を描いてるだけに、バックに流れる音楽の優しさと、堤幸彦の映像センスがオトナの包容力。救いになってた気がしました

出演者達、これから、大いにビッグになりそう

e0080345_1863267.jpg思春期と制服が似合う、ラストチャンスな年齢(!)だけに、ヨカッタですね。
こればかりは、時期があるので

ちゃっかり娘を演じた貫地谷しほりは、既に『ちりとてちん』と『あんどーなつ』の成功で、中央街道にでてきた感ですが、

『ハチミツとクローバー』で、山田さんを演じた関めぐみ。そのメリハリある美貌で、複雑な役柄を演じて、柳楽優弥と並ぶ、たしかな存在感! 先が、うんと楽しみ、であります

石原さとみは、少し突っ張った感じが似合ってました
『パズル』のチャレンジ精神が、ちょっと惜しかったけれど(^ー^;)ヾ ぜひ作品に恵まれて欲しいもの

きくところによると、業界初の試みとして、一般鑑賞料金を1000円とする早割チケットにしたり、内容的には高評価を得たものの、ほとんどが3週間で打ち切りとなり、興行収入も1.5億円に留まったとのこと

あるいはハーフビター風味と、重さが万人受けしなかったのかもしれませんが
出演者たちの躍進と共に、長く支持される作品と確信 (^。^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2008-09-26 17:45 | 映画 | Trackback(9) | Comments(2)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
貴族探偵 #02
from 刹那的虹色世界
「釣りバカ日誌(2)」1..
from ドラマでポン
「人は見た目が100パー..
from ドラマでポン
貴族探偵 第2話
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 第2話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第2話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第2話
from ぷち丸くんの日常日記
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)