<   2009年 02月 ( 64 )   > この月の画像一覧

海洋堂 鉄道博物館ヴィネット
ショールームで、これを見て、「なになにっ?!」
帰り。思いっきりファミマに走りました
(ファミリーマート限定、だったので)
e0080345_16345251.jpg

海洋堂に作らせると、やはり「…さすが!」ですね
e0080345_1635193.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2009-02-28 18:28 | コレクション | Trackback | Comments(0)

きっかけ
e0080345_18165574.jpgなんとまぁ、ひょんなことから「ゴッドファーザー」2回目、見る展開になってしまいました

ダンナさんが、映像チェックのため、さわりだけ見ようとして、結局。惹きこまれ、ノンストップになってしまったんですね。

パート2まで見た上で、リピート。ようやく最初の人間関係と、利害関係の細かい部分が分かった、わが、頭のザルさにトホホ…

うう、忘れぬうち、ざっくりした印象を形にし、ようよう「頭を整理できた」つもりでいましたが、まだまだ、でした。(混沌を整理し、多少なりとも理解するべく、ブログつけてるような…)

だけど、考えてみると「ゴッドファーザー」を教えてくれたの、彼なんですよね
カリオストロ城もそう

もともと、ほとんど映画、見なかったのですが、名画座に通うほど、元・映画少年だった(らしい)彼に敬意を表し、結婚をきっかけ。「ここまで無知では、申し訳ないっ」と、見るようになった次第 (^_^;)ゞ

「きっかけ」ってあるんだなぁ、面白いなぁ、と感じてしまったのでした
[PR]
by noho_hon2 | 2009-02-27 18:43 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

ありふれた奇跡 真実と家族たち
e0080345_8565332.jpgついに、問題は核心に
なんとも切ない展開になってきました

(その分。なごませどころは「ますます、癖になって」加速する、翔太パパ。風間杜夫 の女装姿?!)

あいかわらず、問題は若い二人の思惑をよそに、というより、二人が奥手でシャイだけに、勝手に暴走しまくり。

それぞれの親たち、祖父母たちのドタバタが続きます。結果的に、加奈(仲間由紀恵)は、もっとも隠したかった、辛い真相を語らざるを得なくなって…

根が善良だけに、二人を飛び越えて、迷走する周囲の人々
エゴを恥じつつ(このあたりの、微妙な含羞がヨイ)、それぞれの思惑

そうして、ただでさえ不器用なのに、否応なく、距離を置かされてしまう二人
こういう時、メールって便利なんですね。
その役割は、ロミオとジュリエットの頃から変わらない?

だけど… あのぅ。ものすごく野暮天で
あくまで、独断と偏見による予測なんですが

ひょっとしてひょっとして…

「ありふれた奇跡」って、現時点では、ありえないけれど、ありがちな出来事
ひょんなことから、サプライズ幸せ、到来パターンではないでしょうか

(具体的には、若い二人が、周囲の反対で暴走した結果。授かってしまう?)

とかく、忘れがちだれど、とても大切なこと。
ひとつの命がもつ重さ。その背景にあるものに脚光

それを再確認するため、それぞれが、深いところを彷徨い、
諸々を見直しつつ、心の旅してるのかなぁ、と感じてしまいます

やはり現代。数字を取れるのは、どうしても「死」の周辺だけに
(ミステリーをみよ。難病モノをみよ)むしろ、その対極にある
「誕生」を、正面きって描くのは、エンタメ的に難しいこと

だからこそ、山田太一、最後の作品ならではの心意気であり
チャレンジ精神、だったりして、と、勝手に憶測&期待

登場人物がみな、愛すべき面々だけに
なんだか、心から、そう願ってしまうのでした (^_^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2009-02-27 08:56 | ドラマ | Trackback(12) | Comments(2)

Q.E.D 証明終了 罪と罰
冒頭は、「ややっ、銭ゲバかっ!」ってぐらいの、どよどよな雰囲気
世への不満。恨み、つらみで、暗黒オーラたちこめるモノローグ

こんなに優秀なのにぃ、将来を嘱望されてたのにぃ… オウチの事情。授業料の支払いもままならず、四六時中バイトしても、借金に追われる極貧生活の我身

かたや、同じ年齢。余裕ある家庭に生まれたばかり。ぐうたら三昧生活。パチンコ資金として、親から金をむしる不届き息子が、のうのう。対する自分は、こんなに優秀な人間で、本来。エリート(選ばれし人間)なのにぃ… キ~~ッ!

そこで、もくろんだのが完全犯罪
(たしかに、「罪と罰」のラスコーリニコフ状態、ですね)

最初は、昨今。頻発してる窃盗の被害者を装い
つぎに入った先では… な、なんと、既に殺されていたぁ!
慌てて、お金のみ盗んで逃走

でも、周到な計画の割に、いまひとつツメが甘く、おまぬぅ、なんですよ
可奈の父、水原警部でさえ「…あやしい」と勘づくぐらい

そこで、警部の依頼で、燈馬想(中村蒼)、登場。
彼の推理は、ディテールの辻褄あわなさから、また 違った視点で展開

今回は、きわめて「藪の中」な、ツクリ。
あくまで、真相は視聴者に問いかけ?だったように思われました

冒頭がダークで、動機も、現代の暗黒面に迫るっぽかった分。水原可奈(高橋愛)の、ちゃっかり・食いしん坊、炸裂!なオトボケぶり。脳天気さが、バランス的にイイ味

実際、ネットでも、感想や意見が、盛大に分かれたこと自体、狙い目は大当たり?!
その反響自体が興味深いなぁ、と感じました

現代版、もとい、「Q.E.D 証明終了」流、罪と罰。
かなり、実験的な試み? 問題提示の回として、なかなか… だったかも
e0080345_8393781.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2009-02-27 08:34 | ドラマ | Trackback(10) | Comments(4)

キイナ 呪いの人形
な、なんと、キイナ の元カレ。工藤真一郎(塚地武雅)は、奥さんは既に亡くなってるものの、3人の子持ちであったぁ! まじっ (; ̄Д ̄)

鍵が掛けられた密室の部屋で、小学校教師の死体が発見。
しかも、部屋は、異常なまでの魔除けグッズだらけ。

荒らされた形跡が無いことから、他殺の可能性は低いと見られてたものの、
なぜか、小学生の女の子が「私が、担任の牧野先生を呪い殺しました」と自首してきて…

その子。莉子(森迫永依)が、工藤のお嬢さんだったんですね
思い込みからくる、良心の呵責に苦しむ彼女に、キイナ持ち前の「ほおっておけない」精神がめらめら… 「真相をつきとめる」と約束

じつは、牧野教師の死因は、スズメバチによる、アナフィラキシー・ショック
それを知る、ストーカー女の仕業で、赤いコートにマスクの不審女が、小学生達の遊び、こっくりさんから判明して…

やや、強引な展開。ドラマお約束の、山場は、単独行動が裏目。
追い詰められて、倉庫で危機一髪。すわ、ピ~ンチ!に、どこで知ったのか
お父さん、登場。身を提してかばう… の図に、親子が和解。めでたしめでたし

キイナ失恋の真相も、お嬢さん急病による、デートすっぽかし
それによる、真一郎の心の迷いから… と判明したり

名物。瞬間記憶能力による、超・検索シーン。「わかったぁ」「見~つけた」姿に
キイナ抜擢の真相と期待が判明したり、ドラマとして、かなり転機だった… かも

個人的に、名前だけはよく聞く「こっくりさん」が、どんなものが知らなかったので
その実際と、からくりを知ることができて嬉しかったです。

呪いも、たぶんに、ある種の自己暗示で、諸々が科学的に証明
正式名称もあるのに「…なるほどね」

(おそらく、その真逆ベクトルが、スポーツ選手、等々にはあるんだろうなぁ…)

あと、キイナ、菅野美穂の、子供に対する優しい物腰にも、大いに癒されたナ…
ゆるいお約束と、コメディ・タッチの明るさが、週の半ばには、ほどよい?
かなりローカルなディテール部分に、満足 (^。^*)
e0080345_18234166.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2009-02-26 18:29 | ドラマ | Trackback(21) | Comments(2)

相棒7 髪を切られた女
まさか、捜査一課の芹沢慶二(山中崇史)が、相棒としてタッグを組む日がこようとは!

って、なにげに、捜査一課。毎回。情報をダダ漏れにしまくり、ユーモアを与えてる意味では、案外。影の相棒(?)なんですがね (^-^;)

そのコソコソぶりや、抜けだしの口実もコミカルだったし、伊丹の似顔絵も笑えます
最後は当然のごとく、仲間一同にガミガミやられてたしぃ

今回は、芹沢の学生時代の友人が亡くなった件に関し、葬儀で疑問を感じ(密かに崇拝する?)右京さんに相談して… なオハナシ。

なぜか「髪を切られる」連続殺人犯の手口を真似て… じつは、にはじまり
いろいろな意味で、チャレンジ精神ふんだん

伝説な監督の、密かな事情。彼をリスペクトする、周囲の情熱、大暴走
でも、その真意と仕事愛に、人としての誠実さアリ?な感だったかな

映画知識と、その裏事情、等々をふんだんに盛り込んでる仕掛けが味でした。

9割方まで「え~~、これで終わっちゃうの~?」と見せかけ
最後。二転三転するところは、さすが、脚本の相棒。ラストの仕掛けも、なかなかに粋

人によっては、ゲスト。秋野太作のひきたて度。テンポ等々に、ややご不満な声もありそうですが、「新しい可能性を」という意欲と、続けて見てる分には「過去作品にリンクする面白さ」があった気がして。変化球バリエーションとして、マル

SP:だんだん楽しみになってきた、映画のスポットCM。
   今回は、ダイイングメッセージが「主役は…米」 ヾ(≧▽≦)ノノ))
e0080345_9205466.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2009-02-26 08:12 | ドラマ | Trackback(13) | Comments(4)

玉置浩二と石原真理子、結婚
男女の縁って不思議だなぁ、と、しみじみです

(A國式メイドフィギュアって、名前に洒落っ気ありますね
 タヌキ、親子ブタが混じってる遊び心も、グー?!)
e0080345_1714823.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2009-02-25 17:15 | 日々のメモ | Trackback(3) | Comments(0)

トライアングル アリバイ
e0080345_15272964.jpg25年前、郷田少年は何を見たのか?
「動くな。振りむけば、お前も殺す」と脅され、何も見てませんでした ☆(ノ_ _)ノ ズルッ

物語の冒頭で登場した、疑惑の血は、とっさに、どういう状況か分からず、佐智絵をゆさぶった時、ついたのですね。

家に戻り、兄にコトの次第を説明し、相談すると「黙っている」ことを薦め、「誰かに言うと、今度は、お前が危ない」と、子供らしからぬ(!)アドバイス

そして、人を信じる力を無くした彼
単独行動や挙動不審のベースは、そこに発端があったのが判明

ますます、みんなしてあやしく、上海での志摩野(堺雅人)殺害に関し
犬のお父さん、ホワイトならぬ、黒木パパ(北大路欣也)、あやしさ爆発!

それを調べるべく、上海行きの飛行機の搭乗者名簿をチェックしてると
そこには率先して協力してくれた、丸山(小日向文世)の名前が

これは、捜査チームの仲間割れを狙った?とのことでしたが、
もう、なにがなんだか…

今回は、さらに、佐智絵パパが疑惑の対象に浮かび上がりました
って、ますます、ツインピークスかっ!

オハナシ自体は、ほとんど動かず。

唯一の救いは、25年前の手紙から、佐智絵と郷田亮二が、じつは初恋の両想いだったことが判明したことでしょうか? さてさて、どう決着がつくのやら
いろいろな意味で、見ものです (^-^;)
[PR]
by noho_hon2 | 2009-02-25 15:54 | ドラマ | Trackback(26) | Comments(0)

ゴッドファーザーPARTII
e0080345_8225396.jpg移民としてアメリカに渡り、一代で、大ギャング・ファミリーを築き上げた、初代ドン、ヴィト・コルレオーネ

彼には、幼くして家族を失い、追われる身ゆえの事情と決意がありました(ロバート・デ・ニーロ )

かたや、はからずして、その家督を継ぐことになった、三男坊・マイケル・コルレオーネ (アル・パチーノ)

その、親子の軌跡が、交互に、だけど、きわめて対照的に、映像美に満ちて描かれます。

自らの頭の整理として、ヴィトの子供達

長男は、元気活発だけど、やたら血の気の多く、すぐカッとなるのが難。特にオトナになってからは、愛すべき点もあれど、相当、DV男入ってた、アンソニー(ジェームズ・カーン)

次男は、病弱で心優しいけれど、やや優柔不断。ちょっと、だめんずっぽい(?)、小男のフレッド(ジョン・カザール)

ひとり娘、コニー(タリア・シャイア) ←どこかで見た顔だなぁ、と思ってたら、「ロッキー」のエイドリア~ン!だったんですね

そして三男が、おとなしく、インテリなマイケル (アル・パチーノ)
当初から父の期待を一身に担ってたものの、それを嫌って大学進学。家族に黙って、海軍志願してたとは知りませんでした。

マイケルの妻、ケイが、ダイアン・キートン
(「アニー・ホール」「ミスター・グッドバーを探して 」、最近では「恋愛適齢期 」の方だっ! ウッディ・アレンの公私パートナーとしても有名)

e0080345_9283054.jpgオハナシは…
父・ヴィト少年は、故郷・イタリア・シチリア島のコルレオーネ村で、地元マフィアのゴタゴタから家族を皆殺しにされ、かろうじて母の機転と、土地の人の助けで逃亡。

追っ手をのがれ、孤児の移民として、新天地アメリカへと渡ります

やがて家族をえて、穏やかに暮らしてたものの、生活のため、やむなく泥棒家業。

でも、当然、その筋の上には上が。理不尽な上納金を要求する、地域の黒幕を抹殺した結果。一目置かれる存在になり(カーニバルの賑わいとのコントラスト。屋根の上を歩くさまが印象的)

気がつくと、必殺チックな(!)依頼が殺到
その筋のドンへと、のしあがっていきます

(パート1で描かれた「家族を大切にしない男は、オトコじゃない」が、キーワードとして、より深い意味をもってきますよね)

e0080345_95985.jpg息子、マイケルは、ホテル・カジノ経営で成功したものの、大きくなりすぎた力が、上院議員もからんだ利権を脅かし、反発をかい、やがて紆余曲折あったのち、裁判になります。

でも、それに勝利する代償はあまりにも大きく、結果的に、どんどん家族を失うことに…

ラストシーン。湖畔にたたずむマイケルの回想シーン。
父の誕生日を祝い、ファミリーが集まってた頃のコントラストが切ないこと…

いってしまえば、同じ“血塗られた”修羅の道なのに、家族のために、やむなく、それを突き進んだ初代のヴィト。それが大きくなりすぎたために、今度は、そのファミリー(組織)をまもるため、家族を犠牲にしたマイケル… 

湖畔での姿。諸行無常の果ての静寂は、あまりにも (ーー;)

パート2が1を超えるのは難しいけれど、それをやってのけた希有な手腕に、ただただ、平身低頭
[PR]
by noho_hon2 | 2009-02-25 08:38 | 映画 | Trackback | Comments(0)

それにしても… (ゴッドファーザー2)
e0080345_18403681.jpg若かりし頃の初代ドン、ヴィトを演じた、ロバート・デ・ニーロ、男前~~っ ♪

このシリーズを撮った時のコッポラ監督、30代前半だっただなんて… 神っ!

たいへん過酷な幼少期だったけれど、周囲の人望も厚く、孫と遊びつつ大往生なヴィトと対照的に、えらくなるほど、ひゅるる~~っ

家族からまで嫌われちゃう、その息子。マイケル(アル・パチーノ)

そのコントラストが狙いとはいえ、オハナシとはいえ… あまりにも、お気の毒すぎ (T_T)

必殺シリーズもそうだけど、非情が名作になりえるには、やはり役者と美学だなぁ、と、しみじ~み。

(まだまだ、先は長いっ! …3歩あるくと忘れそう、なので (^-^;)ゞ )
[PR]
by noho_hon2 | 2009-02-24 18:27 | 映画 | Trackback | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「ブランケット・キャッツ..
from トリ猫家族
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)