<   2009年 11月 ( 36 )   > この月の画像一覧

坂の上の雲 少年の国
e0080345_8313665.jpgとても丁寧で予算もふんだん。クォリティ高い、期待させるドラマがはじまりましたね。

私、正直いって随分。斜に構えてました。とても有名な作品ではあるけれど、実際に読んだダンナさんが

「世間で騒ぐほどの“良さ”が、自分には、よく分からなかったなぁ」と感想を述べてたので、勝手に名度の割にはポジション急降下。

だけど、鳴り物入りだったので、試しにドラマを見てみた感想は「なんて分かりやすい!」

ダンナさんも「なるほど。この時代背景や、諸々の事情が把握できてないと、この時代のことって分からないんだね。ものすごく特殊! 読んだだけじゃピンとこなかった」とのこと。そういう意味でも、それを懇切丁寧に、“映像で見せる”ドラマは大きな価値がありそうです。

オハナシは、ざっくりいうと、秋山真之、そして好古の兄弟。そして、幼馴染み正岡子規を軸とした大河ドラマ。

好古の誕生から、(兄の嘆願がなければ、あわや寺にやられかけた)折々の歴史背景を丹念に織り交ぜながら、幼年期、少年期を通し、やがて上京していくまでの経緯です。

個人的には、四国の言葉が懐かしかったのと魅力的なキャスティング。逐一「よく撮ったね~~」と感嘆してしまう、丁寧に描かれたディテールのビジョンを堪能しつつ、1時間半がアッという間でした。

阿部ちゃんの明治男姿が、なんだか無性に嬉しかったです。ふたりの父親役、伊東四朗が、ちょっとトボけてて、イイ味だしてました。竹下景子が優等生っぽかったので、よけいに、夫婦のコントラスト的にマルだったかな?

個人的に、脚本家のひとり、今はなき野沢尚の名があったのに、思わず胸がジーーーン。
本当に、豊かな才能だったんですね

随分、気の長いスパンで製作されるみたいですが、映画感覚で、楽しみ楽しみ
[PR]
by noho_hon2 | 2009-11-30 08:48 | ドラマ | Trackback(16) | Comments(4)

JIN-仁- 歴史の針が変わる
e0080345_740319.jpgついに、自ら“仁友堂”という病院を立ち上げ、さらに高品質のペニシリン製作に励む仁(大沢たかお)と咲たち。

しかし、緒方洪庵(武田鉄矢)といいう大きな理解者であり支えを無くした彼には、莫大な資金調達(400両)が必要だったり、次々と難題が襲いかかります。

今回は、敗血症にかかった初音(水沢エレナ)の命を救うべく、新しいペニシリンが必要。それを何とかするべくみんなが奔走する形で、それぞれの器が試される意味で、それぞれの役割、等々、興味深いテーマを含んだ回でした。

醤油商の濱口(石丸謙二郎)、勝海舟(小日向文世)、龍馬(内野聖陽)、恭太郎(小出恵介)、野風(中谷美紀)、役者男男(吉沢悠)、咲(綾瀬はるか)と、みんなに見どころがあって上手にからみ、きわめて感動的だった気がします。

とくに、恭太郎の精一杯の男気と、己を知る涙には泣かされたなぁ

醤油商の濱口の仁を表した人物評も「…なるほど!」
(だからこそ、登場人物がみな輝くのかもしれませんね)

仁は写真に一体。何を見たのでしょうか?
どのように物語は転がっていくのでしょうか? 興味津々
[PR]
by noho_hon2 | 2009-11-30 08:14 | ドラマ | Trackback(27) | Comments(4)

のだめカンタービレ 23巻
e0080345_15283483.jpgついに最終巻
このフィニッシュに関して、我家では意見が分かれました。

ダンナさんは「もっともっと膨らませ、もっともっと続けることができただろうに… 作者が飽きた、というか息切れしちゃったのかなぁ」と、ひどく残念がってましたが、

私は、とても納得のいく、キレイな終わり方だった気がします。
逆に「ああ、連載をはじめた時点で、ここに行き着くビジョンが、しっかりあった、というか、きっちり見えてたんだろうなぁ」と感じてしまったほど。

そういう意味でも世間の評判に興味津々です
(どちらかというと「いきなり」感というか、駆け足気分を覚えた方のほうが多かったみたいですね)
[PR]
by noho_hon2 | 2009-11-29 15:32 | アニメ・コミック | Trackback(4) | Comments(0)

手ぬぐいTOKYO
銀座のクリエイションギャラリーG8で行われてる、
「手ぬぐいTOKYO」 200人のクリエイターによる200の提案を見てきました

古くからある生活の道具である素材を用い、自由な発想で描かれたものは、それ自体が絵としても面白く、それぞれのアーチストの個性が出て、斬新でユニーク。面白かったのですが、瓶や、いろいろなものをラッピングすると、また違った味わいが生まれ、別の意味で目を見張りました

見られてヨカッタです。大いに満足 (^。^*)
e0080345_1816555.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2009-11-28 18:10 | 日々のメモ | Trackback(2) | Comments(2)

お寝坊サンタさん
パソコンの間でなごんでます (^-^*)
e0080345_17473843.jpg

小さな小さなガラス人形達の表情はこう。
e0080345_17475020.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2009-11-26 17:43 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

相棒8 フェンスの町で
今回の事件は、かなり異彩を放ってましたね。
郵便局で強盗事件が発生。防犯ビデオの動きや手口から「訓練を受けてる者」… 基地関係者が走査線上に浮かびます。

しかし、右京は、そのディテールに、プロらしからぬミス(違和感?)を発見。むしろ、サバイバルゲーム集団に目をつけます。そこから浮かび上がってきたのは… 基地問題、思春期の苛立ち、家庭の事情。難しい問題によく丁寧に突っ込んでいたように思われました

結末は、形はどうあれ、根底にあるのは精一杯の友情… このあたりが相棒らしかったかな?
個人的には、犯人役の彼の、端正な美形度に注目! これから頭角をあらわしそうな予感が、ひしひし
e0080345_7565166.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2009-11-26 07:58 | ドラマ | Trackback(12) | Comments(4)

天空の城ラピュタ
e0080345_8354692.jpgもう、どれだけ回数みたでしょうか? でも、部分でも見てしまうと、もうダメですね。惹き込まれてしまう…

やはり、これが自分にとっては宮崎アニメ、というか活劇のナンバーワンです

嵐の中で、父の幻影を見るシーンと、ふたりが同時に「バルス!」と叫ぶシーン。ラピュタ崩壊の場面では、やはり問答無用。何度みても涙ぐんでしまう…

ボーイ・ミーツ・ガール。心の底から信じ合い、少年が全身全霊で少女を救おうとする… シータを求め、裸足で走るバズー… これほど胸打たれる物語があるでしょうか?

他の細かい「おそれいりました~~」は山ほどあれど、自分にとってベストワンの理由は、やはり、そのピュアさ、ただ、ひたすらの情熱に尽きる気がするのでした

PS:「ママみたいになるの?(シータが?)」というドラ息子の台詞は、やはり笑えます
[PR]
by noho_hon2 | 2009-11-25 08:34 | 映画 | Trackback | Comments(1)

ライアーゲームシーズン2 華麗なる逆転劇
e0080345_7424856.jpgライアーゲーム4回戦。先鋒の福永(鈴木浩介)は西田(荒川良々)と引き分け。
中堅戦は太陽ノ国からは、秋山深一(松田翔太)
敵の月ノ国からは、菊地翔(眞島秀和)

ゲームは、“17ポーカー”

菊地は元ボクサーの動体視力を活かして、ジョーカーの位置を把握。2回ほど秋山を破ります。ところが、彼は、そのシャッフル方法に「ちょっと待ったぁ!」シャッフル法を指定して、さらに上を行きます。

「…な、なぜ?」
「おまえ、ジョーカーが見えてるんだろう。オレは(シャッフルの法則性から)手札がみな見えてるんだ。頭をつかえ」って、でました、秋山睨み。さすが、ライアーゲームです。

あいかわらず、直ちゃん(戸田恵梨香)の緊張緩和っぽい「みんなを救いたい」の申し出と、まさかの逆転劇。秋山さんスゴイ!が定番になってきましたね。やはり、勝つとスカッとします。

でも、事務局のような正確無比。華麗なシャッフルだこそ成立したんだろうなぁ? 私達みたいな、マジックの鳩のごとく札が舞う(散乱する)、ヘッポコ・シャッフルでは… 無理? って、野暮天失礼いたしましたっ。すたこらさっさ
[PR]
by noho_hon2 | 2009-11-25 07:54 | ドラマ | Trackback(23) | Comments(4)

生放送のキムタクに驚く
e0080345_1748751.jpgもはや昨日になってしまったけれど、珍しく昼、テレビつけたら、いいともにキムタクが出てて、のけぞってしまったのでした。

   w( ̄o ̄)w オオー!

それにしても、いつにも増しての「次の人を指名した時」の会場が割んばかり。悲鳴のような、エッ~~!

…ちょっと分かるような気がしたのでした。
その後のクイズにもいっぱい出てて、思わず ♪(* ̄ー ̄)v
[PR]
by noho_hon2 | 2009-11-24 17:51 | テレビ | Trackback(2) | Comments(0)

JIN-仁- 生きる遺言… 
e0080345_16142494.jpg今回は、手術は茶屋の娘・茜(橋本真実)の大やけどにまつわるものでしたが、見どころは、なんといっても緒方洪庵(武田鉄矢)との命がけの熱い友情でしたね

佐分利(桐谷健太)が発端となった西洋医学所のゴタゴタは仁(大沢たかお)が去ることで解決したかに見えたが、まだ不満分子はくすぶり、ペニシリン製作所が失火。命からがら救い出せたのは、たった1本だけ

その失意と窮地を救ったのは、手術を見てたヤマサからの好意。元・醤油の荷降ろし場(?)でした
醸造や濾過の技術に長けてます

(素朴な疑問。ヤマサって、この時代からあったのでしょうか?)

もはや、労咳で自分の命が長くないと悟った洪庵。「どうか先生の寂しさを、私にお分けください。冥土に、持って行きます」は泣けました。うるうる…

そして、龍馬もまた天命を知り… みんなして精一杯生きてるさまに胸打たれます
来週が楽しみ楽しみ
[PR]
by noho_hon2 | 2009-11-23 16:28 | ドラマ | Trackback(28) | Comments(2)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
バイプレイヤーズ~もしも..
from ディレクターの目線blog@..
増山超能力師事務所 第1..
from ドラマハンティングP2G
相棒 season15 ..
from 英の放電日記
相棒15期最終話 & 東..
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
相棒15期最終話 & 東..
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
東京タラレバ娘 第10話..
from MAGI☆の日記
水曜ドラマ『東京タラレバ..
from レベル999のgoo部屋
最新のコメント
みっきー さん、こんにち..
by noho_hon2 at 15:41
「のほほん便り」の管理人..
by みっきー at 11:57
ふじき78 さん、こんに..
by noho_hon2 at 07:03
今度の冬には本能寺の変の..
by ふじき78 at 23:34
Dhunting(ドラマ..
by noho_hon2 at 07:19
いつもお世話になっており..
by Dhunting at 16:42
こんにちわ、そよこさん。..
by noho_hon2 at 06:03
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)