<   2010年 01月 ( 43 )   > この月の画像一覧

レイトン教授と永遠の歌姫
まさか、レイトン教授リーズが、こういう形でがちゃの仲間入りするとは思ってなかったので、ちょっと感心… (カードシェルには2枚のDSカードが入り、当然、タッチペンはDSシリーズ全般で使える模様。考えましたね)
e0080345_17212027.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2010-01-30 17:23 | コレクション | Trackback | Comments(0)

私の名前はキム・サムスン 最終回
e0080345_17245238.jpgハラハラさせて、可愛いサプライズな展開。ほどよい甘さで後口、爽やかでした。

オトボケ具合もいい感じで、いかにもコメディな感じがヨカッタかな

胸キュン・シーンあり、目の保養箇所あり、笑いどころあり… 基本的に気楽に見られる可愛いオハナシなのが好印象

本国では驚異の視聴率だったそうですが、サービス精神ふんだんな軽やかさも勝因だったのかもしれませんね。この気合いでシリアスや対立路線になると、場合によっては濃ゆすぎてツーマッチ。胃もたれてしてしまう軟弱者は私だけ?

フジテレビさん、わざわざ新しい番組枠の最初の作品に選んだのも分かる気がしました。
見られて大いに満足 (^。^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2010-01-29 17:32 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

タオル、全とっかえ
先週、ユニクロで安くなってたので「をを、これはチャンス♪」
どかんとネット買いして、バスタオルからノーマルサイズまで全とっかえしました

やはり新品は違いますね。ふかふかしてキモチいい~~っ
それに、よく水を吸うこと。えらいっ
しばらく極楽気分が味わえそうです (ついでに、お箸も代えました)
e0080345_8501726.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2010-01-29 08:51 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

とめはねっ! 鈴里高校書道部 「書道か柔道か!?」
e0080345_7532845.jpg念願叶い、書道甲子園に出品するも、入選したのは部長のひろみ(亜希子)のみ。一方、よしみ(奈津子)の率いる鵠沼高校書道部は、準優勝!

ますます気を引き締め「練習したい」と燃える結希(朝倉あき)でしたが、柔道部と書道部の掛け持ちは、いよいよ忙しさを増していまます。

(ハンコの作り方。動画な分、原作よりよく分かりました。削る特別なお道具まであったとは! テンポもよかったです)

そんな中、彼女を気遣い、書道甲子園の結果が出た現在。「しばらく休部する」とひろみは、嘘をつきます。柔道の才能があり、優勝候補の結希。インターハイ、国体を控えてる身ゆえ、顧問から頼まれてのことでした。

ある日、鈴里高校と鵠沼高校は、三浦清風(高橋英樹)から呼び出されます
書道甲子園にパフォーマンス部門ができ、その推薦を任されているから、両校に出てみたいかとのこと。大喜びの鵠沼高校。しかし、鈴里高校は出場するものの、結希抜きの4人で… と希望を述べます。

大事な試合を控えた現在。彼女には内緒にしたいとの目論み。最初は、内心。負けることも、頭の片隅で願ってたのでした。しかし、実際、応援してるうち、結希は接戦の結果。1本価値。鈴里高校柔道部を優勝に導きます。感動する一同。

一方、結希は、部員達が彼女抜きでパフォーマンスに出ることを、勅使河原のクチから知ってしまいます。キモチは痛いほど分かれど、やりきれない彼女。

また、練習風景を見に来た清風に、縁の字を「字に迷いがある」と指摘されます。結果。「5人で頑張りたいんです。とくに結希は共に字を学んだ仲間であえり、初めて出逢った友達だから」と本音を語る一同。それを片隅で聞いてた結希は感動のあまり教室に飛び込んできたのでした

ベタといえば、ベタすぎるベタだけど、キモチいい青春群像ですよね~~っ
また、結希の元気と、じれじれだけど、心優しい縁のコントラストがマル。お互い「よかれ」と願うあたり、心憎いですよね

なにげにフレッシュな新人達を囲み、日頃、そんなに頻繁にお目にかかれない贅沢な配役も、イイ味だしてること。(葉月里緒奈、高橋英樹、山本陽子、等々)しかも、のびのびと脇役を演じてるのが痛快です。眺めてるだけで清々しい気分。「青春だな~」なのでした

と、ここまでは割と原作通りでしたが、6回で終わる関係。随分、原作とは違った展開になっていきそうですね。どのようにフィニッシュするのか、そういう意味でも楽しみ楽しみ
[PR]
by noho_hon2 | 2010-01-29 08:22 | ドラマ | Trackback(9) | Comments(0)

相棒8 マジック
e0080345_7404912.jpg右京(水谷豊)とたまき(益戸育江)が見に行ったミスターアキこと秋川満(中村有志)の人気マジック・ショーで事件は起こります。

弟子であるアシスタント澤田郁哉(大口兼悟)の転落は、事故か殺人か?

それにしても秋川のマネージャーである妻・香奈恵(クノ真季子)が澤田の本名が“田中慎一郎”であることを知らなかったり、落ちたように見えなかったケミカルライトがあったり、不審なこと多すぎ。

さらには、右京が尊とともに、秋川と田中の自宅を捜索すると、スペードのエースがないトランプと、ICレコーダーがついたボールペンを発見。妻・香奈恵と田中は、不倫関係にあったことが判明します。そして田中の携帯には、探偵事務所・東都リサーチの番号が

田中は、秋川満が派遣した“別れさせ工作員”だったのですね。
探偵に依頼し、妻を不倫させての陰謀でした

そんなとき、4年前、弟子の早見浩が事故死したときに紛失したトランプが、田中の部屋にあったことに疑問を抱く右京。米沢の分析でトランプに残った指紋は、早見、秋川、そして秋川の息子である元(竹内寿)のものだけ

元に事情を尋ねると早見の事故で秋川が田中に脅されていたと知ります。その証拠が、1枚、足りなかったカード。焦げたエースでした。

秋月の行ったトリックは、無いところに三つ折りの黒い布で、ブリッジの穴を塞ぐ落とし穴。その細工を事前に知った息子は、密かにブリッジに隠れ、救済しようとしてたのですね。田中の腕の傷は、その時、ついたものでした

マジックにこだわり続ける父と犠牲になった方々。そして、彼等を助けようとした健気すぎる息子が哀れで… (しかも、その才能と華ゆえに、父と母の意見まで分かれる)

右京の「結局、落とし穴に落ちたのは、あなたご自身だったのですね…」には「……」

しかし、神戸の「マジック好きなんですか?騙すのは得意ですものね」に、右京さん
「誉め言葉として受け取っておきましょう」とは、どんどん味が出てきましたね

それにしても、角田課長。挽きたて珈琲の味が分からない?! これには、思わず、右京さん、神戸ならずともニヤニヤ(インスタントを喜んで信じ込み、美味しそうに飲む)
[PR]
by noho_hon2 | 2010-01-28 08:10 | ドラマ | Trackback(10) | Comments(2)

「アバター」興行収入歴代1位に
想像以上に早かったですね~~。
しかも、ジェームズ・キャメロン監督自身がもつ「タイタニック」を抜き、記録更新中とは… はたして、どこまで伸びるでしょうか? 興味津々
e0080345_8325686.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2010-01-27 08:31 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

私の名前はキムサムスン
e0080345_851436.jpg知りませんでした。原作はインターネット小説だったんですね。なんか見てると癖になるのが不思議不思議

どちらかというと、太目で気が強く、イケてないヒロイン(でも、その元気さがヨイ。どんどんキュートに見えてくる)が、じつは優秀なパティシエ。やけになって投げた自作ケーキからレストランに採用になったり

(自分を捨てたと思いこんでた恋人への)あてつけのための契約恋愛が成立したり、また、その相手が、じつに目の保養な美男美女だったり(とくに無意味なまでにハンサムで優しい、ジノンの主治医。ヘンリーがバランス的にグー)… やや現実離れしてるところも気楽に見られる原因でしょうか?

あっ、それと「悪い人(虐め役、意地悪キャラ)が出てこない」ところもツボでしょうか?

犬猿の仲だったのに、いつのまにか接近したり離れたりする、キム・サンソンと年上社長ジノンとの距離感。恋模様もイイですよね。ほどよいコミカル要素(サクソン・ファミリーの女性が、また揃ってパワフル。気の強いこと)と音楽、テンポもマル

華を添える目の保養組がいるかと思えば、お騒がせバカップル(サクソンの元カレと現在の彼女。ある意味で、サムソンの姉さんとイ料理長?)も変化球で笑えるし

サムソンという名前が嫌で「改名したい」って、お役場に届けにいくぐらいだから、よっぽどなんですね。(このあたりが日本では、今ひとつピンとこない要素ですが)

ある意味で「アグリー・ベティ」とも通じるものあるかな? 家族愛やガッツ。映像センス等々。なによりユーモラスで見てるとなごむし、元気になれます。不思議な味わいの物語だなぁ、と見届けたい気がするのでした。
[PR]
by noho_hon2 | 2010-01-27 08:21 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

「エンタの神様」3月終了、後番組「嵐」
e0080345_17365291.jpgあまりにも象徴的な番組編成の情報。なんだか感慨深いものがあったです。

昨今のお笑い番組の飽和状態、「エンタの神様」といえど、もたなかったのですね。しかも、後番組が、今や飛ぶ鳥を落とす勢いの嵐が担当とは… 

(この超・過密スケジュール。彼等。いつ、眠ってるのでしょうか)

思わず、うむむのむ
[PR]
by noho_hon2 | 2010-01-26 17:39 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

濱田岳ポジション
e0080345_8363948.jpg「コードブルー2」、どんどん「泣かせ」の方向に走ってるみたいですね。今週の回では、濱田岳の悲運が、o(;△;)o (彼女を守って犠牲に)

思えば「太陽と海の教室」でも、思いっきり彼が海で犠牲になってた記憶があるのですが、

命まで削らずとも「プロポーズ大作戦」では、その健気さが、なかなかのインパクトになってなかったっけ?

思えば青春群像モノでは、思いがけず誰かが召される展開が多いもの。
気のせいか、少~し小柄だったり華奢で細面だったり、「影が薄い」ことが多いですよね
(「愛という名のもとに」では珍しく太っていたけれど)

一般ドラマ。女性では、昔。戸田菜穂、今、木村多恵、りょう等が、この路線。健気だけど「幸薄い」役回りが回ってきがちな気がするのですが、濱田岳には気のせいか、その男性版を感じてしまう私…

ぱるぷんて海の家」さんの指摘じゃないけれど、月9で2度も白羽の矢が当たるなんて! (しかも短期間に)ちょっと、この先の彼に興味を感じてしまったのでした (^^;)
[PR]
by noho_hon2 | 2010-01-26 08:59 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

龍馬伝 江戸の鬼小町
e0080345_845293.jpgついに江戸の町に着いた、龍馬(福山雅治)と溝渕(ピエール瀧)。見るもの聞くものが全て珍しい中、千葉道場にあいさつに行きます。

ここは大きな道場で、女子供にも稽古をつけつつ、一方では全国の猛者達も鍛錬に励んでました。

あいさつする龍馬に対し、相手を命じられたのは、道場主・千葉定吉(里見浩太朗)の娘、佐那(貫地谷しほり)。その、あまりの素早い動きに手も足も出せません。

茫然とする龍馬。じつは、“定吉の作品”として育てられた、佐那。見た目と裏腹に、そのあまりの強さに、周囲から「鬼小町」と呼ばれていたのでした。龍馬は心をひきしめ、熱心に稽古に励むことになります

その頃。土佐では、武市半平太(大森南朋)が、若き藩士たちを集め、剣術、学問を教えて評判に

弥太郎(香川照之)もまた、塾をはじめようとし、子供を集めるのですが、そのもの覚えの悪さに落胆しかけた時「私にも学問を…」とやってきたのは加尾(広末涼子)でした。

また、稽古に励む龍馬のもと、姉の乙女(寺島しのぶ)から手紙が届きます

“広い世の中を見るという目的はどうした”

彼女らしい手紙に、ハッとする龍馬。そのことを知った溝渕に連れて行かれた店(今でいうメイド喫茶とゲームセンターが一緒になった食事屋さんかな?)で出会ったのが、長州藩士・桂小五郎(谷原章介)。桂は(女性とのゲームに負けて描かれた猫髭顔で)世界の広さについて説きます

(この、コントラストが、ちょっと笑える)

また、道場では、龍馬が子供達を教えることになり、彼の提案した太鼓に合わせた朝稽古が採用され、これが大きな盛り上がりを見せてました

それを、楽しそうに眺める佐那。「たまには、そんな顔をしたらイイのに」という龍馬に、女に生まれた不運を嘆く佐那

そんな佐那の心の変化に気付いたのは父・定吉でした。「もう佐那に龍馬は斬れない」と言います。反発する佐那が、無茶ぶりをして転んだのを助ける龍馬。涙を流す彼女に
「佐那さんは誰よりも強い」と励まします。ようやく笑みが戻る彼女

その頃、浦賀に異国の船が来たと、江戸の街は大騒ぎになってました

江戸の街も、じつに臨場感たっぷり。黒船も迫力!でしたね。
次回はペリー。どのように描かれるか楽しみ楽しみ
[PR]
by noho_hon2 | 2010-01-25 08:26 | ドラマ | Trackback(27) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「フランケンシュタインの..
from ドラマでポン
貴族探偵 #02
from 刹那的虹色世界
「釣りバカ日誌(2)」1..
from ドラマでポン
「人は見た目が100パー..
from ドラマでポン
貴族探偵 第2話
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 第2話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第2話
from レベル999のgoo部屋
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)