<   2010年 10月 ( 47 )   > この月の画像一覧

カンブリア宮殿 宝島社・蓮見清一
e0080345_9243365.jpg知りませんでした。昨今の付録つき女性誌・大ウケ!なんですね。そのオマケ・パワーで、売り上げが毎年、ぐぐ~んと右肩上がり。

「sweet」に至っては、いまや、お化け雑誌。
女性誌としては異例の100万部超えを達成したとは!

また、30代女性の部でも、「InRed(インレッド)」で首位の座を奪還。

何より驚いたのは、ベストセラーを続けてるのが、美顔コロコロ・ローラー付き冊子だったのには「へ~~」だったのでした。他業種からやってきた社員が多いのも意外や意外! (その分、発想が固定化しない?)

その昔は、サブカルチャーの、かなりチャレンジャーな出版社だったんですね。その方向性と、とんがり方が凄いです。(あの、植草甚一が記事を書いてた旨に感動)

東京の書店に至っては、特設コーナーを設け、宝島社を特集したその界隈は、まるで雑貨屋さんのよう。

いろんな意味で「へ~っ」「ほ~っ」(知らなかった)の連続でした

先日・創刊の「GLOW」(40代むけ)に至っては、キャンペーンとして、銀座のデパートで、先着何名様かに、バラの花束とルビーがプレゼントされる大盤振る舞い。

のってる企業は「発想がイイ」ですよね。思わず唸ったです。
その心意気。成功は約束された、とみた!

「雑誌は、もともと付録がついてるもの、でしょう」に、言われてみれば… (^^;)

司会の村上龍が彼をして評してた「一貫して権威への抵抗」ってのが印象に残りました。宝島社、こういう人が社長だったのですね。改めて、目が離せないなぁ、と、しみじみ
[PR]
by noho_hon2 | 2010-10-29 09:39 | テレビ | Trackback(1) | Comments(2)

ナサケの女 マルサvs3億脱税の時効
e0080345_831834.jpg注目された 「黄金の豚」&「ナサケの女」は蓋をあけてみると、ナサケの圧勝!

とくに初回ならではの「これでもか!」なサービス精神、その気合いの入り具合もヨカッタのかもしれませんね。

特に、目の保養&痛快度をメインに、細かいことは御愛敬。「んなバカな!」の連続なのが笑えます。テンポの軽快さは、漫画真っ青だし、分かりやすく、肝心のスッキリ感もバッチリ。この割り切りよう、が吉と出た?! (^^;)

よって、かなり賑やかで派手だった初回に比べ、今回はじっくり路線の対決。名物・ヒロイン松平松子(米倉涼子)の衣装チェンジも控えめです。

対する敵は、有名経営コンサルタント、桐島まどか(森口瑤子) (←個人的には、「HERO」の、お料理先生役が印象的だった。数少ないビターな余韻の回だったので)

けっこうタフネスなところを見せ、最後まで手強く抵抗しましたが、結局、人情なところからほころびが生まれ、摘発に至るあたり「ほ~ぉ」だったのでした。

キメ台詞も定まり、ラスト、脱税額や追徴金等が、派手な効果音と共にデカデカと表示されるあたり、制裁感で「やったぁ!」… カタルシスがありますよね。分かりやすいっ! 勧善懲悪エンタメに徹し、お気楽に見られる意味では、ますます、こちらが上をいく…かも

それにしても、「黄金の豚」… 「ハケンの品格」の夢よ再び!と、篠原涼子と大泉洋のタッグを揃え、息のあったユーモラスな雰囲気はサスガ!でしたが、脚本(中園ミホ)が、こっちに抜けちゃった意味で、「…そこまで違うんですね」。思わず考えさせられました
[PR]
by noho_hon2 | 2010-10-29 08:27 | ドラマ | Trackback(5) | Comments(0)

10月なのに、気温ヒトケタ
それにしても、猛暑のち、この冷え込み…
秋は一体、どこにいっちゃったんでしょうね (^^;)

各地で10月としての観測史上、最低温度を記録してるとか

まだ、灯油屋さんも回ってきてない(毎年11月から)だけにコタえるのでした
e0080345_1863221.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2010-10-28 18:07 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

服が安くなったね
最近、激安ジーンズ・対決が話題ですが、先日、あまりの寒さ。体型の変化もあって、近所の西友で、オウチ用・ゆったりジーンズを求めたら、処分価格だったせいもあってか、色違いの2本・1200円でオツリがきたのに、思わず脱力してしまいました

e0080345_8293099.jpgそういえば、近頃、記憶に残ってるもので「うん、これは、お買い得でラッキーだったなぁ… (満足)」ってものが左
上下共に千円台で、アクセサリーは数百円台

(トップとアクセサリーがH&Mで、ボトムがフォーエバー21)
e0080345_8304788.jpg右は何とまぁ、上下&アクセサリー共に、全て千円以下であります。スカートに及んでは、650円也… 

(アクセサリーのみH&Mで、トップとボトムはフォーエバー21)

いいかげん、H&Mやユニクロも凄いと思ってたけれど、さらに上をいく、フォーエバー21の「これでもか!」価格、おそるべし

いつも、ココだけは、お客さんが鈴なりなのも分かる気がして (デパート内に出店してる場合。同じフロアにもかかわらず、あまりの客数とテンションの違いに、思わずポリポリ)

文字通り、気分は「ほとんどコスプレ」になりますよね

その影響により、意識の確実な地殻変動には (^ー^;)ゞ なものがあります。コチラとしては嬉しい限りですが… ますます、服を売るのも大変になりますねぇ、既存店の動向や、いかに? と、うむむのむ 

(でも、冒頭話じゃないけれど、それに対抗する、御近所スーパー。ナイス・ガッツ♪)

e0080345_1794067.jpgPS:遅ればせながら、試しに求めたヒートテックの威力に感動

ちなみに、これは、シャツが千円代台で、ジャケットが2~3千円位ぐらいだったような… (すべてH&M)

ユニクロ以前のことを思うと、あまりの違いに ( ̄◇ ̄;)
[PR]
by noho_hon2 | 2010-10-28 08:58 | ファッション | Trackback | Comments(2)

木枯らし1号
10月中の観測は10年ぶり、なんですってね。
昨年より7日早かったそうです

しかし、突然の気温の急降下。ひゃ~~、寒っ!
慌てて、冬物ウェアや寝具等、諸々をひっぱりだし、てんやわんや (^ー^;)
e0080345_17265772.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2010-10-27 17:29 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

セカンドバージン 正直な体
e0080345_8572052.jpgあいかわらず、毎回すごいサブタイトルですね (^^;)

仕事先のシンガポールでるい(鈴木京香)と行(長谷川博己)は偶然、再会。紆余曲折ののち、ついに、踏みとどまってた一線を越えてしまいます。

やがて、産婦人科の定期検診。「何かあったのですか? (ホルモン値が上がってます)身体は正直ですから…」には、かなりドキドキ。

そこに、また、たまたま不妊治療に訪れてた、万理江(深田恭子)から、「子供をもちたがらない夫を説得して欲しい」と、かなり身も蓋もない、必死のお願いをされるのですが… (^^;)

なかなかに面白かったのは、るいの全身・タトゥだらけの不良息子、亮(綾野剛)が連れてきた彼女の愛子(YOU)… 彼女は、14歳年上で、かつて、亮の憧れロックバンドのボーカルにして、往年の雲の上的存在。

今は、スナック勤めをしてて、実は、かなりのお料理上手。るいの生真面目さと、愛子の、ゆるい「男女のことは、なりゆきよ」的、達観した、しなやかさが対照的で、コントラスト。YOUの存在感ともども、いい味だしてました

なまじ愛子の勘が鋭い分。「恋してるでしょう」とズバリ! 微妙で不思議な会話と距離感。母親、息子・その彼女で織りなす、独特の間と会話の綾が可笑しかったです。るいの、うまい呼び名が見つからず「じゃ、亮ママ」には、思わずプププ… 限りなく、その位置関係は、石田純一さんちの男女逆バージョンですもんね (^ー^;)

ラスト、ついに、行と万理江の痴話喧嘩を、なりゆきで仲裁したことから、御近所さんであることを知る、行と、るり子。それを知ってなおさら、るり子は行と「もう、終わりにしましょう」状態に、ずんずん引いていきます。でも、実際には恋愛で、こう動くと、逆に火が注がれてしまうんですよね。ついには、「万理江と別れる」とまで言い出して…

今回は、かぎりなく、分水嶺な回。
全5回ゆえ、次は、かなりダイナミックな展開になりそう。明らかに、るいの立場は激変しそうですが、個人的・興味としては、深キョンが、どう変わるか?! 注目、なのでした。
[PR]
by noho_hon2 | 2010-10-27 09:30 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)

フリーター、家を買う。「どうせオレは恥ずかしい息子だよ 」
e0080345_821029.jpgあれあれ、あの、家では亭主関白大爆発。正論でガミガミのお父さん(竹中直人)が、若い女性の肩に手を… (^^;) 

一方、誠治(二宮和也)は社会に風にあたり、どんどん成長していってるように思われます。

オットコマエ~な姿勢。仕事に真摯に取り組む、正社員でゼネコンの先輩。真奈美(香里奈)に渇を入れられ、影響され、あるいは、ハローワークで、その理想の論外な高さを指摘されて…

(このあたりの香里奈のポジション&キャラは「バンビ~ノ!」での厨房・先輩を連想させますね。よく似合ってます)

お母さん・寿美子(浅野温子)は、ゴミ出しが原因で、ますます混乱。生活に支障をきたしはじめます。どうやら、お隣の奥さん(坂口良子)の意地悪が増してきてるようですね。きちんと分別されてるペットボトルの袋に、色つき瓶を、わざと入れる陰湿ぶりの憎たらしいこと。

お母さんが、きちんとクスリを飲んでるか、懸命に確かめる、こういうところは優しい誠治

頼りにしてた、お姉さん(井川遥)も、実は抱える事情はいろいろ。リッチな町医者に嫁げど、婚家は、針のむしろ。どうやら、子供が先に出来、結婚が決まったのが、昔気質のお義母さんにといっては、気に入らないようです。

大きなオハナシとしては、あまり動いてないのですが、それぞれの事情が見え始め、遅々たる歩みながら、誠治の成長は着実で、ついに(特に、お母さんの扱いに関し)お父さんと丁々発止。「意見する」にまでなりました。そして、お母さんに、これまでを謝り、優しくするようになります(やるぅ)

ついに支給された初任給に、ガッツポーズ。トラックの荷台から見る風景。次第に「仕事にやりがい」を見いだしつつある誠治の姿が、ラストで、なかなか爽やかでした。

いろいろな意味で、夫と妻。親と子。そして仕事と… 真剣に「向き合う」ことの大切さについて考えさせられますよね

願わくば、雨降って、地固まる。…この困難を乗り越え、それぞれが前進して、明るい未来が見えるとイイのになぁ、と感じてしまうばかりです
[PR]
by noho_hon2 | 2010-10-27 08:28 | ドラマ | Trackback(16) | Comments(0)

流れ星 命がけの想い
e0080345_9263658.jpgいろんな意味で俳優マジック?! 意外なことに、荒んだ役柄の、上戸彩、似合ってます。どこかにピュアさを残しつつ… どこか浮世離れした感が、このドラマの大胆設定とマッチしてる気がして

そのダメ兄を演じる、稲垣吾郎も、その鬼畜ぶりと、だらしなさ。無邪気さの共存する感じが、不思議と、しっくりした味わいで、いろいろな意味で、「ををっ!」の連続

きくところによると、竹野内豊の役柄は、当初。もっと若い俳優さんの予定だった、んですってね。オトナの事情、すごく、よく分かる気がしました。(第一印象的に、なぜ、彼? 青春真っ直中の、伸び盛り俳優さんを使わなかったんだろ?と感じてしまったので)

でも、合ってますよね。その不器用な誠実さ。せっかくの婚約が、あらら…になったのも、妹の為なら… な事情も、すんなり納得できてしまふ。

また、どうやら、北乃きいとの兄妹関係も、なにやら訳アリみたいだし… (って、案外。上戸彩、稲垣吾郎兄妹も、そうだったりして)

当のマリア(北乃きい)は、ちゃっかり友人達と病院を抜けだし、寄席を見に行って、連れの涼太(桐山照史)がエライコッチャに。まだ、探してくれた先生(松田翔太)が偶然、居合わせてくれたのでヨカッタけれど

月9らしい「目の保養」部分、重い要素と、どこか軽いバランス、幻想的な水族館シーンも美しくて、なかなかにディープな事情も、そうキツくなく見られてしまうのでした。

ついに終盤。この契約は成立。どうなっていくのでしょうか? 山あり谷ありの中で、むしろ次第に真実の愛に目覚めていくこと。「美しい何か」が育つのに期待です (^-^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2010-10-26 09:40 | ドラマ | Trackback(15) | Comments(0)

「セカンドバージン」の深キョンと長谷川博己
もちろん、ヒロインの鈴木京香、大熱演! でも、正直いうと、このキャスティングを見た時、誰よりも深キョン、こと深田恭子に興味を感じてしまった私です。彼女と大石静(脚本)の化学反応やいかに?

現在、ドラマは、主人公の鈴木京香と長谷川博己の、オトナのじれじれ状態が続いてますが、私は、長谷川博己の妻役・深キョンの過剰ななまでの脳天気さ、無邪気ぶりが、おっかなくて (いつ豹変してしまうか、それゆえのタメにさえ感じて、ドキドキ)(^^;)

すると、今朝。新聞評の記者も同じようなことを感じてる旨が書かれてて、妙に嬉しかったのでした (私だけ、じゃなかったのね)

勘ぐりかもしれませんが、表向き、うんと年下の既婚男性にフォーリン・ラブな、オトナのラブ・ロマンスに見えて、個人的には、この裏・主人公は、じつは深キョン。場合によっては、もっていっちゃうかも… とさえ感じてしまうほど。

また、ふたりから愛される役どころ。長谷川博己って、じつは主に舞台方面の方なんですね。(個人的に、えらい納得)ドラマ出演作も、「四つの嘘」「七瀬ふたたび」「BOSS」と、なかなかに渋い役どころ。案外、通向き、というか、むしろ、オトナにアピールする魅力なのでしょうか? 

思えば、その昔。内野聖陽が、同じく大石静・脚本の「ふたりっ子」に、主人公のライバルであり、のちの夫として抜擢され、ブレイクしたように、これもまた、やはり、もともと舞台の方である彼女の眼力賜、なのでしょうか? 今後の活躍やいかに? このあたりも、興味津々…なのでした (^^*)
e0080345_8145457.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2010-10-26 08:14 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

獣医ドリトル 命を預かる覚悟
e0080345_9145283.jpgペットロスは有名だけど、その逆の“喪中症”… 動物もまた、飼い主を失った場合。病気になってしまうだなんて…

今回は、飼い主を失った猫と、それを偶然、拾った、猫を亡くしてしまった男。そして、子供を失くした迷いイルカのオハナシ。

お互い、うまくリンクして、毎回、「ええハナシやぁ」的ハッピーエンドなのも安心して見てられるゆえんかな?

次第に明らかになる、それぞれの事情… 華やかに見える、カリスマ獣医・花菱(成宮寛貴)のトラウマも判明。可愛がってた猫を執刀して、失敗。以後、メスを握ると手が震えるようになってしまった、そうです

テーマの核心は、「動物の声に(謙虚に)耳を傾ける」だったかな? ドリトル先生、あいかわらず、つっきらぼうだけど、1番。本質が見えてますよね。自信を失いかけてた、新人・水族館の飼育員も、じつは「(イルカに)信頼されてた」ことが分かり、ヨカッタヨカッタ。

でも、そのきっかけは、助手のあすか(井上真央)を水に突き落とす、という荒療治ゆえん、だったけれどね。←実はカナヅチゆえ、溺れかけたのを慌てて助けに行く。イルカまでが! 

何より動物が全て演技賞モノ… これは、凄いことです。勝因は、最後のほっこり感と、その周辺にもある気がしてならない、のでした (^。^*)


あらすじ (Yahoo!テレビより)

迷子のイルカが水族館で保護された。隔離プールで弱っているイルカを見つめながら新人飼育員・坂東大吾(増田貴久)は、ドリトル(小栗旬)に治療を依頼する。さらに激しいクラクションの音が鳴り響く中、トラックの前に猫が飛び出し、樋口肇(蟹江敬三)が間一髪で救出す。治療に訪れた、それぞれの飼い主の抱える問題に、鳥取健一が出す答えとは…。
[PR]
by noho_hon2 | 2010-10-25 09:23 | ドラマ | Trackback(13) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「ブランケット・キャッツ..
from トリ猫家族
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)