<   2011年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

初恋のきた道
e0080345_12403560.jpg原題「The Road Home」…じつは、この作品。笑う犬・ミル姉さんのコーナーの大プッシュで知りました。

「好きな人に美味しいものを食べて欲しい。ただ、それだけの映画なのよ。だけど、見て! とにかく見て!」その熱烈口調にほだされて

そして、好奇心を覚え、試しに見て、ボロ泣き… ラピュタの「バルス」シーンと同じぐらい問答無用で泣けました。

なんといっても、一途で健気。必死な目がいいし、懸命走りがいいですようね。ダサ可愛い服装が大陸の素朴な風土に映えて、じつに輝いてます。

この作品で鮮烈デビューしたチャン・ツィイーの独壇場です。舞も踊れればアクションもできる、演劇学校の優等生だった彼女の他の魅力は、のちの作品に任せて、その存在感と目、表情だけで、魅せたのは大正解に思われて。

のちに、気の強い複雑な役が多くなる分。このシンプルさは、この輝きは新人ならでは。きくところによると、「グリーン・デスティニー」の、この作品を、ほぼ同時に撮っていて、場所によっては公開が前後したと聞く分。日本では、こちらの公開が先になったラッキーさを思ってしまいます。

ただ、もう「可憐!」。そしてピュア。新人ならではの輝き、です。
「あすなろ白書」で、不器用ダサ男子を演じたキムタクぐらい、慧眼なトップの配慮による、(先の成長を見越した)得がたい光を感じてしまうばかり。

とくに、先生をはじめて食事に招待した日の「まるで、一服の絵のようだった」ってのは、ものすごく説得感!だわ。

個人的には、若い初々しい情熱もさることながら、その声に、のちの40年、ずっと聞き惚れた、ってくだりの一途さにも、涙が止まりませんでした。現在の、教え子達が、無償で先生を故郷へと運ぶシーンも、胸が熱くなります

チャン・イーモウ監督(なんと、今や北京五輪の総指揮監督、として、ますます名をあげましたよね)も、最初に出てきた時は、ドロドロしたビターなものを美的に表現して高い評価されただけに、そのピュアさの価値が分かり、その力量でもって、上手に肩の力を抜き、撮れたのでしょうね。

むしろ、熟練監督の、引き算の美学を感じます。
服といい、髪留めといい、織物といい… 大陸レッドが印象的

愛することは「美味しいものを食べて欲しい」「見ていたい」「駆けていきたい」「一緒にいたい」… それだけに、それを「まっすぐに」表現した直球の見事さを再確認 (^-^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2011-02-28 13:13 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(0)

スター・トレック
e0080345_9425754.jpgいつも、スタートレック。テレビ版はあれほど面白いのに、どうして映画になると、いまひとつパワーダウンしてしまうんだろう?と疑問だっただけに、やっと評判のいい作品ができてヨカッタヨカッタ (^-^*)

あくまで、割り切った、スタートレック青春白書

だけど、スターウォーズもそうだけど、どうしてもSFって、ある程度のところまで展開すると、「原点にかえれ」とばかり、エピソード1になるのかな? その現象自体が興味深いなぁ、と感じてしまったのでした。

個人的には、それでもオリジナルのTV版が好きだったかな? 時代性を感じさせる悠長さと、ディテールのちゃちさだけど、完成度の高い舞台劇っぽくて。いや、もちろん、これはこれで、現代ならではの味付け。テンポもスピーディだし、「見せる」技術は格段に進歩してるし、なかなか奮闘してたんですがね。

オリジナルで、ウィリアム・シャトナーが演じてた、カーク船長の、あの人望と人徳、ダンディさとお茶目さは、あくまで私の趣味?!

それにしても、若スポック、似てましたよね~~。未来スポックに、オリジナルのレナード・ニモイが出演してたのも嬉しいところ。ふたりの対比が、なかなか… でした。

なかなか評判は上々ゆえ、シリーズ化される… かも (^^;)

  (ストーリー)

自らを犠牲に、800人の乗員の命を救った伝説のキャプテンを父に持つ若者ジェームズ・T・カーク。偉大な父親の道をたどることを決意した彼は、一士官候補生としてUSSエンタープライズ号に乗船する。
ところが、宇宙へ出航した連邦艦隊の前に、父を亡き者にしたロミュラン人の巨大宇宙艦が現れ、エンタープライズ号をはじめとする艦隊は莫大な被害を受けてしまう。惑星連邦に異常な憎しみを燃やすロミュラン人の目的とは…!?
[PR]
by noho_hon2 | 2011-02-28 09:53 | 映画 | Trackback(12) | Comments(2)

大奥
e0080345_9114354.jpg大奥史上最大のスキャンダルともいえる“絵島生島事件”をピックアップして、ひとつのオハナシにした、フジテレビおなじみの、ヒット作・ファン感謝デー映画。

だけど、絵島生島事件に関しては、個人的にTV版の方が好き、だったかな?

大奥を束ねる重責。ストレスとプレッシャーが大きくなりすぎて、つい魔が差し現実逃避。絵島が、芝居役者に溺れてしまう江島を木村多江が演じた、TV版の方が人間臭くて、ヨカッタのでした。

薄幸と、はかなげを演じさせたら、この人の右に出る者がない、彼女だけに、墜ちていくさまがヨカッタしね。罪人となり、お縄をかけられた白い着物姿になって、はじめて、すっきりした顔をしてたのも味?!

どうしても、当時、人気絶頂の仲間由紀恵がヒロインに迎えた関係。オトナの事情。純愛路線に偏りすぎ、大奥らしさ(これでもか!に渦巻く陰謀と愛憎。突き抜けた、こてこて)が薄かったように思われて

むしろ、サイド・ストーリーの、月光院に扮する井川遥いびりの方がインパクト?!

でも、映画ならではの豪華キャストと着物とセットの絢爛さ。「目の保養」にはなった気がして。(当時のミッチーは、あくまで“そういうポジション”だったのね) (^^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2011-02-28 09:26 | 映画 | Trackback(3) | Comments(0)

江~姫たちの戦国~ 初めての父
e0080345_850891.jpg今回は、思いっきりホームドラマ、でしたよね。

これまでも、やれファンタジー大河だ、スィーツ作品だ。年少者(当時、若干9歳)を演じる江がのだめ演技すぎ、とか、ティンカーベルと思ったら、腹がたたないとか、周囲がヤンヤ、で、個人的には、むしろ、そちらを見てるのが楽しくなってる今日この頃ですが、

ここまで徹したら、あっぱれ。アングリしつつ、ある意味、感心してしまったのでした。

でも、残ってる肖像画… 柴田勝家像を見ると、なるほど、無骨なタイプだったようで。…それだけに、妙に説得力 (^^;)

  (あらすじ)

江(上野樹里)たちは、市(鈴木保奈美)の新しき嫁ぎ先、越前・北庄(きたのしょう)城に移る。茶々(宮沢りえ)や初(水川あさみ)は、義父勝家(大地康雄)を拒絶する。
天正10年、秋。江(上野樹里)たちは、母・市(鈴木保奈美)の新しい嫁ぎ先、越前・北庄(きたのしょう)城に移る。茶々(宮沢りえ)や初(水川あさみ)は、義父・勝家(大地康雄)を受け入れられず、江は初めての父に戸惑っていた。ある日、江はひとり馬に乗り駆け出すが、嵐で城に戻れなくなる。翌朝、無事に戻った江を勝家は激しく、はり飛ばす。一方、市を勝家に取られた秀吉(岸谷五朗)は、着々と戦の準備を始めていた。
[PR]
by noho_hon2 | 2011-02-28 08:52 | ドラマ | Trackback(23) | Comments(2)

石油ファンヒーター
e0080345_8305728.jpgじつは昨年度から1個だけ調子が安定せず、だましだまし…使ってたのですが、ついに悪い予感、的中。

スタートしてもしても、黒い煙の溜息ばかりつき、エラーマークが出ては、電源ぷつり、となりました。

でも、まだまだ寒い!
よって、諦めて購入することにしました

ダイニチ FW-326S-S [プラチナシルバー]
はじめてのメーカーです。

それにしても、(最初の点火音や栓の仕様や諸々)メーカーによって、とても個性があるんですね。えらい感心
[PR]
by noho_hon2 | 2011-02-28 08:38 | パソコン、家電等 | Trackback | Comments(0)

糸井潤写真展「Cantos Familia」
e0080345_8184524.jpg銀座ニコンサロンで、糸井潤写真展「Cantos Familia」を見てきました

作者が、この「森の中から見た光」をテーマに一貫した写真を撮り続けるには、とても大きな個人の事情、というか家族の物語があったみたいですが、(父君が森で自死)

海外へ渡り、修行してまで試行錯誤した結果、「こういうテーマにこだわり続ける」と徹底した姿勢に「へ~~っ」と感心してしまったのでした。

最期に、どんな風景を見たのか知りたかったのでしょうか? 作品は、鎮魂であり、自らとの折り合いでもあったのかな?

だけど、誰しも森の中で光を見ると、無条件に、心懐かしいような感動おぼえますよね。個人的に、はじめて映画の画面に光を入れた、黒澤監督の「羅生門」の大胆さを連想してしまったのでした。
[PR]
by noho_hon2 | 2011-02-28 08:26 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

春一番
が吹きました (^-^*)
気温も20度近いポカポカ陽気になって、びっくり
e0080345_1501051.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2011-02-25 14:58 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

外交官・黒田康作 「裏切り、切ない絆」
e0080345_859153.jpgどんどん霜村を筆頭に、山路課長、等々。一連の関係者達は、アメリカに本社をもつブライトン製薬のアトロン副作用に関わってる事が分かってきました。

せっかく、大垣さんちのご両親と絆ができかけてたのに、瑠衣ちゃん(夏帆)は「やっぱり、パパが大事」と、潜伏先を探し出し、黒田らや公安と鉢合わせ。

「パパ、逃げて」と叫んだ(でも、一足先に、逃げ出していた)ことから、利香子(柴咲コウ)の家を出てしまいました。…切ないですね

次第に全貌が見えてきた薬害被害。新薬による、一種の人体実験であったとは

それにしても、いきな乳母車を蹴飛ばし、公安の尾行を突き止めたことといい、部屋に入るなり不穏な気配… ビンゴぉ!に盗聴に気づくとは、なんて黒田(織田裕二)の勘はイイ?!

行き場を失った瑠衣と君島(西島隆弘)は、どこへ行くのやら? (^^;)


(あらすじ Yahoo!テレビ)

黒田康作(織田裕二)が調べる霜村毅(香川照之)が関与する一連の殺人事件の裏には、アメリカに本社をもつブライトン製薬がかつて起こしたアトロンという薬の訴訟問題が絡んでいた。事件の真相に近づく大垣利香子(柴咲コウ)を襲った山路貴繁(岩松了) の息子も、アトロンの副作用で亡くなっていた。黒田は山路のほかにも霜村の共犯者がいると、利香子を伴って佐々木藍子(片瀬那奈)のマンションへ。藍子もアトロンで妹を亡くしていたのだ。

マンションには、すでに新居田一彦管理官(田中哲司)たちが家宅捜査に来ていた。協力を求める新居田に、黒田は訴訟問題とは無関係に思える柏田勉(八神蓮)殺害は、何らかの口封じだろうと話す。だが、黒田も新居田もお互いが持つカードを全て話すような事はしなかった。

マンションを出ると、黒田は利香子に君島祐太朗(西島隆弘)の身辺調査と、山路と関係が深い前科者の洗い出しを頼む。黒田は、霜村が次の行動を起こすと睨んでいた。黒田は外務省にも網を張っていた。さらには観上祥子外務副大臣(草刈民代)にもあるお願いをするのだった…。
[PR]
by noho_hon2 | 2011-02-25 09:22 | ドラマ | Trackback(11) | Comments(0)

エコバッグの肩ひも交換
e0080345_17581542.jpgさすがに日常のお買い物に、エブリデー愛用。しかも、お米や飲み物、根菜類等、豪快に運んでたら、丈夫な麻素材といえど、肩ひもがエライことになってました。

(結果的に1番、出番が多かったのは、この中央の最もビッグサイズなもの、でした。さすがです、原型・ユニクロ。素材の強み? 洗濯しても、すぐ乾くし、丸めると、とても小さくなるので、常にバッグにクルクルポン)

塵も積もれば山となる、んですね。
よく見ると「摩擦で、すり切れる」とは!

よって、ついでにさらに「これでもか!」に、肩ヒモを幅広タイプに交換
(さすがに、やりすぎ、だったかも (^^;)ゞ)
[PR]
by noho_hon2 | 2011-02-23 18:10 | ハンドメイド | Trackback | Comments(0)

デカワンコ イケメン刑事は誰
e0080345_7494161.jpgあいかわらず、眺めてるだけでなごむドラマですよね。

今回の見どころは、「ふりふりでない服を着ろ」と言われ、命令を遂行。黒いパンツスーツ姿になった、一子(多部未華子)の新鮮ルック(でも、これもまた味)と、

ふりふりパーティに潜入した、桐島(手越祐也)の女装姿だったかな? 

それに、門馬係長の娘、ちえみ役の八木優希ちゃん。「薔薇のない花屋」の、雫ちゃんじゃないですか。ふりふり好きさん、ということで、一子と意気投合。ふたりの会話やファッションもまた可愛かったのでした。

距離ができかけた父娘を接近させたいばかり、「父親のかっこいいとこを見せよう」と逮捕アゲインしたら「じつは見てなかった」オチのギャグも笑えました

今回は、ガラさん(佐野史郎)の登場はありませんでしたね。

いつも、ラストを飾るワンコのひとこと。「親子の匂いがします」は爽やかだったなぁ
突き抜けて魅せる、多部未華子の魅力を、ますます再確認

 (あらすじ gooテレビ番組)

一子(多部未華子)は係長の門馬(升毅)から、刑事としてまともな服を着るまで捜査への参加を止められる。渋々行きつけの店に服を買いに行った一子は小学生のちえみ(八木優希)と知り合い、意気投合する。一子はにおいから、ちえみが門馬の娘だと知る。門馬は"フリフリ"の服が好きで自分の注意を聞かない娘と一子を、どこかで重ねていたのだ。

そんな中、銀行に勤める工藤純一(能見達也)が殺される事件が起き、現場からフリフリの服を着た女性が走り去ったという目撃情報が入る。一子は現場に落ちていた携帯電話のストラップを見て驚く。それはちえみのものだった。そんな時、一子の家に門馬がやって来る。
[PR]
by noho_hon2 | 2011-02-22 08:02 | ドラマ | Trackback(16) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
貴族探偵 #02
from 刹那的虹色世界
「釣りバカ日誌(2)」1..
from ドラマでポン
「人は見た目が100パー..
from ドラマでポン
貴族探偵 第2話
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 第2話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第2話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第2話
from ぷち丸くんの日常日記
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)