<   2011年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

愛と哀しみの果て
e0080345_917504.jpg壮大で古典的なメロドラマなのですが、もう、ひたすら メリル・ストリープと、ロバート・レッドフォード、アフリカの大自然に、うっとり… だけで成立する、じつに映画らしい映画だった気がします

本当に、場面ひとつひとつが絵になる絵になる… アカデミー賞、ごまんと受賞も納得です。

(一部にあった「シドニー・ポラック監督、この作品で、こんな作品でオスカーを取りたくなかった、かも」という意見には、思わず、あはは。

さすがに四半世紀以上たつと「(たくさん受賞してるものの)時として冗漫な語り口は万人向けとは言い難い」みたいなキビシー指摘に (^^;))

カレン(メリル・ストリープ)の「髪を洗う」デニス(ロバート・レッドフォード)が、とても印象的だったし、雰囲気~っと思ってたら、番組エンドの紹介写真にも使われてて、「やっぱりぃ?!」

「愛と哀しみのナンタラ」ってタイトルに、この時代を感じます。原題が「Out Of Africa」(小説の邦題は「アフリカの日々」)だけに、今なら、もっと違うタイトルがつきそう、ですね。

この原作者が「バベットの晩餐会」も書いてたとは知らなかったので、これまた、びっくり、だったのでした。「バベットの晩餐会」もまた、大好きな作品です。もう1度みてみたいナ…

  (ものがたり)

デンマークの資産家カレンは、深く考えずブリクセン男爵と結婚した。しかし、アフリカでのコーヒー栽培がうまくいかず、夫の女遊びに悩まされるカレン。13年、現在の生活に不満なカレンは、東アフリカのケニアへと渡る。そこで運命の人デニスと出会う。そんなカレンを救ったのが、ハンターで冒険家のデニスだった…。

アカデミー作品賞ほか全7部門を受賞した名作。監督は製作者や俳優としても知られるシドニー・ポラック。カレンにメリル・ストリープ、デニスにロバート・レッドフォードを得て、アフリカの大自然を背景にスケールの大きな愛のドラマを作りあげた。この作品でアカデミー賞を獲得したジョン・バリーの音楽もすばらしい。
[PR]
by noho_hon2 | 2011-09-29 09:27 | 映画 | Trackback | Comments(0)

荒川アンダー ザ ブリッジ 最終回
e0080345_82572.jpgなにげに豪華キャスティング。サプライズを含めて、想像以上に合ってた気がします。

映像や間、独特の空気感が、とても凝っていて、随所に散りばめられた遊び心が、とても実験的。最終回の縁日イベントなぞ、絵的にも美しかったです。

新感覚のシュールなギャグ・ワールド。

父親との関係が原因で、なにかと精神的にがんじがらめだった主人公が、ひょんな成り行きから、ここで、なにかと風変わりな不思議住人達と暮らすうち、成長。

人を楽しませようと思うようになって、縁日まで企画。すると、なぜか自らの愛されてた記憶も蘇り、河童の村長さん(なんと、小栗旬)に「おまえ、顔がかわった」と指摘されるフィニッシュは、味わい深かったかな?

毎回、エンディングでゆるい音楽と共に体操する場面は、心なごみました

もちろん、時折、キュンとなる心惹かれる箇所もあり、個人的には、「いろいろな味がする、ちょっと珍しくて凝った」料理チックな印象でした

でも、「次回が楽しみ♪」と「素直に楽しめる」という意味では、低予算のヨシヒコに軍配だったような… (^^;)

これはこれで、とても好きな人もいそうだなぁ、と感じましたが、映画化は、ちょっと無謀では?と感じるのは、私だけ? 
[PR]
by noho_hon2 | 2011-09-28 07:58 | ドラマ | Trackback(6) | Comments(0)

ドラマ特別企画・居酒屋もへじ
e0080345_1726389.jpg下町人情ファンタジー。往年の昭和レトロな感じは、もはや時代劇感覚。でも、改めて、水谷豊と松坂慶子って、大した役者さんだなぁ、と感心してしまったのでした。

だって、「あったらいいなぁ、こんな世界。いたら、いいなぁ、こんな人」を小粋でコミカルに演じて、ほのぼの、させるんですもの。

ギャグやユーモア、ふとした勘所のクラシックさは、御愛敬 (石井ふく子がプロデューサーだったんですね。な~る!)

右京さんでない水谷豊が、新鮮。いなせな、人情居酒屋の御主人な感じが、とても似合ってて、松坂慶子も、彼女ならではの、天女感あふれる、ふっくらマドンナ・オーラ。個人的に「卓球温泉」を連想してしまいました。

オハナシは、常連客だけの居酒屋もへじ。そこに謎の女性が酔って舞い込んできます。やがて一同は彼女の哀しい素性を知り、彼女は無礼のお詫びに、もへじを手伝うことを申し出て…

居酒屋の常連客メンバーの松村雄基、川崎麻世に「をを、頑張っておられたんですね」と安堵

殺伐とした世の中だから、こういう作品が週に1本ぐらいあったら、なごみそうです (^-^*)

   (あらすじ)

米本平次(水谷豊)が切り盛りする居酒屋は常連客だけが集まる店で、看板もない。屋号も誰が言い出したのか、平次の名前から「もへじ」になった。出入りしているのは昔校長だった男(角野卓造)、町工場の社長(六平直政)、たい焼き屋(川﨑麻世)やミシン屋(松村雄基)といった地元の人間ばかり。料金も客の懐具合で、あるだけ払うという商売度外視の酒場だ。一方で平次は面倒見のいい性格から、身寄りのない子どもたちや、元客でいつの間にか店に居ついてしまった三郎(桂文珍)と一緒に生活していた。

そんな「もへじ」も店を始めてから20年。いつもの客が集まってお祝いをしようとした矢先、酔った女性がふらりと入ってきた。平次は陽子(松坂慶子)と名乗るその女性に常連客以外はお断りという店の事情を話し、丁寧にお引き取りを願うが、鼻の下を伸ばした校長たちが放っておかない。「一杯だけ」が重なり、いつの間にか陽子は酔いつぶれてしまう。

翌日、再び店にやって来た陽子は前夜のことを侘びる。酒代は不要だと平次が告げると、どうしても代金を受け取らないなら、「もへじ」で働くと言い出した。平次は、「冗談じゃない」と拒否するが、居候の三郎は大歓迎とOKを出してしまう。

ある日、平次は近所で喫茶店をやっている由亀(奈良岡朋子)に彼女のことを相談し…。
[PR]
by noho_hon2 | 2011-09-26 17:46 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(0)

勇者ヨシヒコと魔王の城 最終回
e0080345_9504674.jpg毎回、あまりのゆるさと徹底したバカバカしさが楽しくなる、脱力が醍醐味の癒しドラマでした。

すぐに煩悩に負ける勇者達と、モンスターに扮したゲストの、コケそうなやりとりがサイコー

人間くさいホトケ(佐藤二朗)もイイ味だしてましたよね。

スタッフ一同、低予算を楽しみながら作ってたんだろうなぁ、と感心する工夫がマル。

それにしても… あまりにもハリボテ感満載な工作感覚のモンスターといい、アバウト紙芝居といい、吹き出したけれど、最後の装備のチープさも、無敵の靴といい… 可笑しすぎる

毎回。パーティの面々と「遊んでる」感じが楽しかったです。

よく出演したなぁ… ダンジョー役の宅麻伸。でも、「チョチョイと…」がギャグになりえるのは、元・島耕作の彼ならでは、かも (^^;)。なんともいえず、キュートでしたムラサキ役の木南晴夏。みんなして「魂を抜かれた」図には、もう爆笑。

ある意味で、ドラマの分野、可能性という意味で、ひとつの新境地を拓いた… かも (^^:)
[PR]
by noho_hon2 | 2011-09-26 10:03 | ドラマ | Trackback(6) | Comments(2)

アンフェア the special ダブル・ミーニング ~二重定義
e0080345_945669.jpg雪平(篠原涼子)の後任として警視庁特殊班係に配属されたのは、望月陽(北乃きい)!

他はアンフェア・メンバーで固められたスピンオフ・ドラマでしたが、スピード感があって、先日みた最初のアンフェア映画より、いい出来だった… かも。

最後の最後。空港で、雪平(篠原涼子)親子が登場したのが、映画への導入として御愛敬? (美央ちゃん、大きくなりましたね)

スピンオフ・ドラマとして、第二弾の映画宣伝としても成功といえそうです

  (あらすじ)

雪平夏見(篠原涼子)の後任として警視庁捜査一課特殊犯係に配属された望月陽(北乃きい)は、女子高生から行方不明の父親の捜索を依頼される。その直後、特殊犯係に男の声で「4人の男を誘拐した」という犯行声明の電話がかかってきた。人質の中には女子高生の父親も含まれており、犯人の要求は「今夜7時15分までに東京タワーを夏にしろ」という不可解なものだ。
 そのころ、特殊犯係の管理官・山路哲夫(寺島進)は、理事官の小久保祐二(阿部サダヲ)らとともに、科捜研の研究員・元園部恭輔(山本耕史)によるプロファイリングの捜査導入についての講義を受けていた。望月は会議室に飛び込み、犯人の要求を伝えるが、小久保はイタズラだと一笑に付し、山路も気の無い返事をするばかり。
 一方、検視官の三上薫(加藤雅也)は、北海道へ転勤するはずの刑事・雪平夏見(篠原涼子)から、突如ロスへ行くという内容の電話を受けた直後、望月と出会う。望月から話を聞いた三上も、犯人の不可解な謎かけの真意を探ろうとするが、結局、解決できぬまま、犯人が指定した時刻は過ぎてしまう。翌朝、「俺を無視した罰だ」という張り紙とともに箱詰めにされた男の死体が発見される。
 まもなく犯人から、望月あてに「俺を東京で一番有名にしろ」と2つ目の要求をする電話がかかってきた。小久保や山路の捜査方法にしびれを切らし、テレビ局に直談判し身をていして応えようとする望月。そんな中、山路は望月の腕に何かの印のようなやけどの痕があることに気づく。それは望月の忌まわしい過去につながる傷痕だった…。
[PR]
by noho_hon2 | 2011-09-26 09:11 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(2)

ドン★キホーテ 最終回
e0080345_8401659.jpgまたひとつ、入れ替わりモノの傑作が誕生しましたね (^-^*)

記憶に新しいところでは、ガッキーちゃんが演じた「パパとムスメの7日間」もヨカッタけれど

とくに、気の弱い草食男子とヤクザの入った個性が両方似合う城田(松田翔太)、ハマリ役でした。

同じぐらい、城田の入ったおどおど姿も、ヤクザも似合う、鯖島(高橋克実)とのコンビと絡み具合が、なんとも絶妙で

それに、全然、やる気がないのに、良い方に転がり、結果的に解決しちゃう展開も愉快だったかな? こういう、後味すっきり感は土曜日気分で嬉しいもの。

痛快コメディとして成功してた気がしました。

なにげに脇を固める、鯖島・妻のあゆみ役の内田有紀や、組の若頭、松重豊。京浜児童相談所 サイドでは、所長のミネコ(小林聡美)が、いい味だしてた気がして…

個人的には、何話目かに鈴木先生でもキーパーソンを演じた子が出てきた嬉しかったかな?

それにしても、あやしい雲もくもく。今度は、京浜児童相談所の上司と若頭が入れ替わってしまうとは… ぷぷぷ

松田翔太… 想像以上に「時代の気分」を表現できそうです。この分だと、まだまだ、のびしろがありそうですね

    (あらすじ)

次期総長選出の日が迫り、城田(松田翔太)は気をもみつつも、ミネコ(小林聡美)の指示で新たな児童相談所の案件に取り掛かる。

今回のケースは奈緒子(宮本裕子)と娘の香(遠藤璃菜)。奈緒子は極度の潔癖性でウイルスや菌を恐れ、香を学校に通わせていなかった。ミネコは母と子が月に1度、病院に行くタイミングを狙って、香を一時的に強制保護しようと考える。

一方、次期総長を争う鯖島(高橋克実)と鯵沢(小木茂光)は「極道かるた」で決着をつけることになった。かるたの得意な城田の特訓を受け、鯖島らは決戦に臨む。
[PR]
by noho_hon2 | 2011-09-26 08:57 | ドラマ | Trackback(12) | Comments(2)

ジウ 警視庁特殊犯捜査係 最終回
e0080345_838449.jpg毎回、「今回こそは(逆転ホームラン的に面白くなる…かも)」と一縷の望みをもたせつつ、結局、最後まで「あれは、何だったの?」と茫然となるドラマでした。

もしも、オハナシがいまひとつでも、ドキドキするほどのサスペンスや、はらはらアクション、あるいはスタイリッシュな映像や演出が醍醐味だったり、

女優さんがキレイに撮れてたり、あるいは、キャラとして魅力的に感じられたら、それもアリだと感じたのですが… 粗暴なだけの基子(黒木メイサ)と、地味なだけの美咲(多部未華子)が、あまりにも、もったいなさすぎで (ーー;)

ジウも、もったいぶった割には神秘性やミステリアスさ、存在感が感じられなかったし、どうも黒幕のひとりはミヤジ(石坂浩二)だったみたいですが、これも、いまひとつキャスティング的に「……ん?」

だけど、彼等は生きのびていそうな余韻といい、ふたりがトムとジェリーみたく、反発しつつじゃれてたラストといい、このコンビでパート2も作る気まんまん? それは考え直した方が、と、思わず、よろり…

結局、印象に残ったのは、多部ちゃんのスリップ姿と、黒木メイサの背中だけ、とはトホホ

    (ストーリー)

東京都知事の大沼(神保悟志)を拉致した基子(黒木メイサ)、白石(遠藤雄弥)らは、警察に対し「我々はNWO(新世界秩序)である」と宣言する。SATがテロ行為を起こしたことで、警視庁内は大混乱。さらに基子がその主導的立場にいることで、この件は麻井(伊武雅刀)らSITが指揮を執ることとなる。

対策会議の最中、基子とともに逃走した白石らSAT隊員の3人が、竹内(遠藤要)の自衛隊時代の同僚であることに気付いた美咲(多部未華子)は、そのことを東(北村有起哉)に報告。基子の部下として『新世界秩序』の人間を送り込める立場にいるのは、警察でも一部にしかいない―。力を持つ上層部の何者かが『新世界秩序』と通じている可能性を感じた東は、ひとり別行動をとり、捜査を開始する。

  一方、エリアと呼ばれるスタジアムに到着した基子は、そこにジウ(L)もミヤジ(石坂浩二)もいないことを知る。ミヤジを信じ、エリアを独立地区にするよう大沼に迫る白石らに「あんたらは騙されてる。捨て駒なんだよ」と言い放つ基子。すると白石は、基子もまたミヤジに騙されている、と告げる。雨宮(城田優)が『新世界秩序』の一員であるかのようにミヤジに吹き込まれた基子だったが、それは謀られたものだったと話す白石。さらに警察内部に『ジョーカー』と呼ばれる『新世界秩序』の仲間がいることも明かす! 思いがけない事実に戸惑う基子。白石らを襲撃し、ジウとミヤジがいる場所を聞き出す。大沼を連れ、ミヤジらのもとへ向かった基子は…。

 そして警察内部の裏切り者を探していた東は、ついにその人物を見つけ出す! 麻井(伊武雅刀)の協力を得てその人物をあぶり出すことに成功した東、そして木原(小市慢太郎)からミヤジらのアジトと思われるビルの場所を聞き出した美咲はそれぞれ新宿へと向かう。

 こうして決戦の地・新宿に集結した基子と美咲。長く追い続けてきたジウとの最後の戦いが始まった。
[PR]
by noho_hon2 | 2011-09-26 08:35 | ドラマ | Trackback(7) | Comments(4)

Hof ベルリンの記憶
銀座ニコンサロンで「Hof ベルリンの記憶」を見てきました

かつて、人が暮らしてた頃は、じつに風情のある味のある光景だったであろう、建物… その中庭が、何らかの事情で廃墟となり「人の気配が無くなる」ことになって、ここまで荒涼とした印象になるものか… と、思わず「……(゜゜;)」

実際、かつて賑わい、いつしか住む人がいなくなり、再開発が進んだエリアで、現在では存在しない風景なんですってね。写真は、ある瞬間、そこにある空気… 「ひゅるる~~」感も、うつしだすんだなぁ、と感心
e0080345_812346.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2011-09-26 08:16 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

理由
e0080345_8332995.jpgもともと、大林監督がwowowで撮ったものが評判をよび、劇場公開された、って経緯に「へ~~っ」と感心してしまいました

きくところによると、リアリティを出すべく、出演者が皆、すっぴんで挑戦した、って演出も、凄いなぁ、と感じました。チャレンジャーですよね。でも、南田洋子なぞ、それならではの存在感!

(序盤なぞ、リアリティありすぎて、少し怖かった)

ドキュメンタリー・タッチで証言される事件の様々な側面… そこから、まるでジグソーパズルのように、次第に浮かび上がっていく社会問題。意外な真相… さすが、直木賞受賞の原作です

個人的には、新人として、今をときめく多部未華子(中学生役)が出てたのが「をを~~っ」でした。

正直いって最後の歌には「…ん?」だったのですが、「時をかける少女」を撮った監督です。そこは御愛敬? (^^;) (「時かけ」の劇中、歌われるデュエットに、コケそうになる一方、あまりの突き抜けぶりに感動さえ覚えるのは私だけ?)。好みの分れるところかもしれませんね

wowowさんも、大林監督も、意欲的な仕事してるなぁ… と、しみじみ

 (物語)

ある大嵐の夜、東京・荒川区にそびえ立つ超高層マンションで4人の男女が惨殺された。当初被害者たちはひとつの家族と思われていたが、捜査が進むにつれ、まったくの他人同士であったことが判明する。彼らはいったい何者なのか。加害者は誰なのか。そして関係者の証言が積み重なっていくうちに、驚くべき事実が明らかになる。悲しい絆が解き明かす、その「理由」とは?
映像化不可能と言われた宮部みゆきの直木賞ミリオンセラーを、大林宣彦監督が完全映画化!
[PR]
by noho_hon2 | 2011-09-22 08:42 | 映画 | Trackback(1) | Comments(0)

アンフェア the movie
e0080345_950514.jpgスペシャル「コード・ブレーキング~暗号解読 警察OB連続殺人のナゾ! ついに父の死の真相が明らかに!」の続編。

「連続ドラマでは独特の雰囲気とテンションを持ってた、この世界観と、魅力的なヒロイン、雪平夏見(篠原涼子)が、ストーリーといい、随分、平凡になっちゃったなぁ…」と感じたのですが、

その人気と期待の反動ゆえか、ここまでネット評がボロボロなのは久々に見たような…  (^^;)

改めて、人気ドラマの映画化は難しいなぁ、と、しみじみ。

それにしても、SATよわっ、閃光ひとつで全滅したことになって、お気の毒
戸田(成宮寛貴)ドジすぎ。椎名桔平 、すっかりクセモノ役づいちゃいましたね  (^^;)

ラストが、今ひとつよく分からなかったのですが、それが新作に繋がったのでしょうか? うむむのむ

    (物語)

復讐の連鎖に終止符を打つため、雪平の最後の闘いが今、始まる。

雪平(篠原涼子)の娘が入院している病院がテロリストに占拠された! SAT隊にも屈しない頑強なテロリストたち。彼らの要求は「警察庁が機密費を不正流用してプールした裏金80億円を2時間以内に用意せよ!」というものだった。最大の人質は、来院中だった警察庁長官。裏金の存在を明らかにしたくない警察とテロリストのリーダー後藤(椎名桔平)の緻密に仕組まれた頭脳戦の攻防。テロリストの真の目的を探る公安部の斉木(江口洋介)。そして、事件に巻き込まれた我が子を救い出そうとする雪平。命を賭けた最後の闘いが始まった…。
[PR]
by noho_hon2 | 2011-09-20 09:03 | 映画 | Trackback(3) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
4号警備 総括
from ぐ~たらにっき
「緊急取調室 SECON..
from 三毛猫《sannkeneko..
貴族探偵 #06
from 刹那的虹色世界
貴族探偵 第6話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第6話
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 第6話
from ぷち丸くんの日常日記
アリス・イン・ワンダーラ..
from ★yukarinの映画鑑賞ぷ..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)