<   2012年 03月 ( 55 )   > この月の画像一覧

砂時計
e0080345_8234151.jpg「…たしか、昼枠のドラマが話題になってたけど、映画バージョンもあったんだぁ…」との興味から見てみました

なんと原作は、2005年、第50回(平成16年度)小学館漫画賞少女向け部門を受賞した、芦原妃名子の作品だったんですね。(これは、少女漫画の匂いだぞ、と感じただけに「やっぱりぃぃ!」)

テロップを見たら、監督・脚本が「県庁の星」や「いぬのえいが」の脚本。記憶に新しいところでは「GANTZ」シリーズや、月9の「ラッキーセブン」のシリーズ構成・演出の佐藤信介だったのに「へ~っ」

それにしても、夏帆、「天然コケッコー」もそうだったけれど、本当に田園牧歌な風景が似合いますね。少女が似合う年齢、こういう作品に出られてヨカッタヨカッタ

e0080345_8374897.jpg重いオハナシだったけれど、やはり中高生時代を演じる、夏帆と池松壮亮の演技と存在感が、みどころ、だった気がしました。

賛否両論みたいだけど、個人的には、青年時代の大悟も悪くなかった気がして。戸田菜穂が、ヒロインの薄幸・母を演じてて、思わずニンマリ(大納得)

現代の杏が松下奈緒だったのは、やや違和感で、藤くんの扱いが、いまひとつ「…??」だったけれど、島根の豊かな自然風景と、配役全般にマル

   (ストーリー)

14歳の水瀬杏(夏帆)は、母・美和子(戸田菜穂)と父・正弘(風間トオル)の離婚により母の実家・島根県に東京から移り住むことになった。当初は田舎独特の雰囲気と祖母・美佐代(藤村志保)に馴染めなかった杏だったが、近所に住む同い年の大悟(池松壮亮)や藤(塚田健太)、藤の妹・椎香(岡本杏理)たちと出会い、少しずつ自分の居場所を見つけることができた。そんな中、人生に疲れ果ててしまった母・美和子が杏を残して自殺してしまう。悲しみと後悔に暮れる杏を大吾は「おれが、ずっと一緒におっちゃるけん」と力強く抱きしめるのだった…。

  あれから12年。様々な出来事を経て、26歳になった杏(松下奈緒)は婚約者の佐倉(高杉瑞穂)と東京で暮らしていた。そして、同窓会に出席するため、数年ぶりにあの懐かしい故郷を訪れるのだった。初恋の人・大悟(井坂俊哉)が住む島根に…。
[PR]
by noho_hon2 | 2012-03-30 08:39 | 映画 | Trackback(7) | Comments(0)

徹子&マツコの音楽時代
e0080345_1256932.jpg今や、無敵モードのふたり。黒柳徹子とマツコ・デラックスのコンビが想像以上にイイ味だしてて、楽しかったです。

それに、なるべく、この時期、定番の「ああ、また、これか…」に、ありがち映像やチョイスにならず、3時間という長尺を生かし、なるべく新鮮な映像と選曲。たっぷりと1曲を「長めに聴かせる」企画もヨカッタ気がしました。

ゲストとして対談した水谷豊、郷ひろみ、工藤静香の3人と人気グループAKB48の指原莉乃のトークも、楽しかったです。

水谷豊が還暦周辺だったり、郷ひろみが山口百恵にアプローチしてたり、秋元康がAKB全員のブログを「チェックしてる」パワフルさには、びっくり

思わず、笑ったのが工藤静香のエピソード。秋元康がおニャン子当時は、20代だったのでメンバー達から「アッキー」と、仲間みたく呼ばれてたけれど、今や「秋元先生」。指原莉乃の「アッキーなんて呼ぼうものなら、即、コレ(首チョンパの手つき)ですよ」にはウケてしまったのでした。

彼女(指原莉乃)をして、「ドスのきいた声(が個性)」には、ますます黒柳徹子、無敵ですよね。(噂では先日、ローラに、かなり、翻弄されてたみたいでしたが…)

それにしてもトリのAKBメドレー、過去のよりすぐりにも負けない輝きで、改めて「ど真ん中!」感があったのでした。

あっ、あと静香をして、マツコの「(20歳そこそこで)銀座に3軒ぐらい店もっていそう、でしたよね」とか、「あなたが、その(前髪の半分をたてる)髪型をしたから、現在でも、それがクラブのスタンダードよ」には、ブハッ! 

彼女が飛ぶ鳥を落とす勢いだった頃の、ちょっと背伸び感のある、独特のオーラは、やはり今みても凄いです。

おっかけ録画の強み。聴きたい曲、見たい映像のみじっくり、が可能なので ♪(* ̄ー ̄)v
お得感、満点で、大いに満足
[PR]
by noho_hon2 | 2012-03-30 08:10 | テレビ | Trackback | Comments(0)

家族八景 最終回「芝生は緑~高木家編~」
e0080345_827368.jpg原作未読のせいか、七瀬ビジョンが、とても斬新。

堤幸彦を筆頭に、映像作家達が描く、七瀬ワンダーランド… この実験性が深夜枠に合ってるなぁ、と感心させられたのでした。

最終回は、前後編。お互いに意識しあってる、隣り合った2組の夫婦のスクランブル状態を、七瀬が仕掛け、結果。あまりにも、したたかな中年カップルの夫婦の機微に圧倒されるのですが… (^^;)ゞ

とにかく毎回。アッと驚く「斬新な映像!」が楽しかったです。今回も、顔だけが4倍になったり、七瀬を演じた木南晴夏。「心の声」と入浴シーンを含めて、お疲れ様でした。ドロドロした心の声と、びっくり映像。対照的な平静ぶり、楚々とした七瀬のたたずまいの落差で、随分、面白く中和されてた気がして。

木南晴夏は、「20世紀少年」小泉響子役で、原作者に「そっくり!」と言わしめ、「銭ゲバ」では、痣のある屈折した不遇の妹・三國茜 役 でも強いインパクトを残したし、記憶に新しいところでは、「勇者ヨシヒコ」の小生意気・ムラサキも似合ってました。いろんな意味で、変化自在な役者としての素材感。この先が、うんと楽しみです。

e0080345_843714.pngきくところによると、原作をかなり忠実に再現しつつ、オリジナルも追加したんですってね。「家族八景」… 原作では、活字では、どのように描かれてたのか、読んでみたいような気がしたのでした。

  (ストーリー)

市川家での雇用契約期間が終った七瀬(木南晴夏)は、今度はお隣の高木家の家政婦をすることになった。

高木直子(野波麻帆)の市川省吾(西村和彦)に対する思い、高木輝夫(大河内浩)の市川季子(星野真里)への言葉にならない思いを読むたび、七瀬は許し難い気持ちを抱いていく。この4人の不道徳さを戒めることが超能力者としての使命だと考えた七瀬は、大それた実験をすることを決意。それは4人の不倫願望を実現させるというものだった。

七瀬はテレパシーを駆使して、直子と省吾、輝夫と季子を急接近させていく。ついに二組の夫婦の関係性に変化が……。
[PR]
by noho_hon2 | 2012-03-29 08:19 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

ちはやふる 最終回「もれいづるつきのかげのさやけさ」
e0080345_7425563.jpg明らかに第二期がありそうな予感ですが、キレイな最終回でしたね。

4連覇する周防名人のかるたを前。「次元が違いすぎる」と、一同、圧倒されつつも、(もっと練習してレベルアップせねば、と)闘志を燃やす心意気がキモチよかったです。

ちはやを筆頭に部員達の成長、最初はなげやりだった顧問の先生の情熱等に、思わずワクワク

「専任読手になって、千早ちゃんのクイーン戦で読んでみたい」と夢を語る、奏
だけど、その条件の厳しさ、レベル高さに、へなへななりつつも、めらめら

それにしても、美人で憧れの的なのに、「動くと残念」なちはやって… ぷぷぷ

かるた部の存続のためには新年度、5名以上の入部が必要とのことですが… そこからが、第二期のはじまりになりそうですね。楽しみ楽しみ

アニメならではの「動き」にコミックとはまた違う醍醐味。スポーツ感覚の爽快感を覚える作品でした。次の幕開けにわくわく
[PR]
by noho_hon2 | 2012-03-29 07:52 | アニメ・コミック | Trackback(8) | Comments(0)

SMAP×SMAP二度と見られない超!超!超!お宝映像120連発
e0080345_16104369.jpg1996年番組スタート時から5年間のコント、歌、ビストロSMAPなどの貴重映像を初蔵出しつつ、メンバーと、この番組の熱烈ファンなゲスト・倉木麻衣の間でミニテスト。

すごくテンポよくて「ああ、もっと見たいなぁ…」と思わせる映像ばかり、だったのでした。

それにしても、ハプニングは、みんな、よく覚えてますね。改めて贅沢な人選、サービス精神旺盛な企画や映像の数々に、時代のトップを走り続けてる理由が分かるような気がして。

メンバーも、ビストロに招かれた面々も若くて、すごく勢いあるし、そのキラキラぶりに、なんだか胸キュン。思わず、しみじみ… (首相になる前の小泉純一郎も! 気のせいか、篠原涼子、今のほうが美しいような)

中山さん(中居正広)率いる、「しょうわ時代」の親父(な扮装の)メンバーズが、東京ガールズコレクションのステージに飛びいる企画には、このキャリアにして、この仕事をこなすチャレンジ精神と、旬な場の空気に「へ~~」。

いろんな意味で、進化し続けるSMAPおそるべし!
同時に「時代の真ん中」と「勢い」の意味を再確認
[PR]
by noho_hon2 | 2012-03-28 16:05 | テレビ | Trackback | Comments(0)

「謎解きはディナーのあとで」スペシャル
e0080345_7543519.jpgスペシャルとあって、ファン・感謝デーに、遊び心満点(影山のロマンスもどき、もあったしね)。舞台も、東京、沖縄、香港(?)と、贅沢に三都ミステリー。

まずは、軽く足跡なき、サークル部室・窃盗事件から、有名画伯を襲った密室殺人事件へと展開。

影山(櫻井翔)の海外出張中、麗子(北川景子)は画家の松下と見られる焼死体について捜査する。現場検証の結果、風祭(椎名桔平)は殺人だと断言するが、遺書が発見され自殺と断定。一方、帰国した影山は殺人と推察します

でも、風祭のすちゃらかさと暴走はあいかわらずだし、麗子の影山への報告が、女性の特徴。「インパクトあったものから先に」ゆえ、沖縄での宴会・泥酔の影響も加わって順序がごっちゃになったばかりに、謎は迷宮入りしかけましたが、全部通すと「な~るほど!」

(しかし、影山と麗子が沖縄のホテルでニアミスしてたとは!)

有名画伯、自由と初心に返る創作エネルギーが欲しかったのですね。久しぶりに高嶋兄がクセモノ役! 小料理屋の女将(麻生祐未)との関係は、なかなか、心温まるものだったのでした。そして、それが事件の動機だったのですね

上海から沖縄に至る、影山のロマンスもどきは、完全に、ファン・サービスだったかな? 2度に渡る「終わる終わる」詐欺(!)を含め、賛否両論ありそうですが、それもまた、スペシャルゆえの遊び心とみた!

個人的には、このノリ… 脳天気さとコミック・ティストのファンなので楽しめました。
二役から園児スタイルに至るまで、北川景子の七変化も、目の保養。酔っぱらいぶりも含めて、可愛かった気がして

  (ストーリー)

影山(櫻井翔)が仕える宝生麗子(北川景子)の父、清太郎(高橋英樹)に年次報告のために香港へ旅だったあと、久しく大きな事件がなかった国立署管轄で世界的に有名な画家、松下慶山と見られる焼死体が発見されるという事件が発生する。

捜査のために駆けつけた風祭警部(椎名桔平)は久々の事件とあって、いつも以上にテンションが高い。焼失したのはアトリエで、おそるおそる遺体を確認した麗子が、美大を首席で卒業した際の記念リングを指に見つける。

アトリエには静脈認証システムが設置されており、本人以外は出入りができないということを知った風祭は、駆けつけていたマスコミ関係者に向かい「これは密室殺人です!」と宣言する。完全な密室ではあるが、静脈認証は生きている本人以外には作動しないことから、殺人ではないのでは?と麗子ら国立署の面々が風祭に詰めよっていると遺書まで発見される。  

いつものように関係者の事情聴取を終え、麗子が自宅に戻ると1週間ぶりに影山が戻ってきていた。麗子が松下慶山が焼死体で発見された事件の話を影山にすると、影山は宝生家の美術品置き場にある慶山のコレクションを麗子に見せながら、完全なる密室での自殺という状況を疑う。風祭も同様のことを言っていたと影山をからかう麗子。プライドをいたく傷つけられた影山は風祭と同レベルにされてはかなわないと、必ずや謎を解くので事件の詳細をと麗子に迫る。 
[PR]
by noho_hon2 | 2012-03-28 08:12 | ドラマ | Trackback(10) | Comments(2)

相棒1「警視総監室にダイナマイト男が乱入! 刑事が人質に!?犯罪の影に女あり…」
e0080345_7474377.jpgPre SeasonからSeason 1までは、「相棒・警視庁ふたりだけの特命係」というタイトルだったのですね

あいかわらず、右京さんは天才だけど、というか、天才ゆえに気難しくて、偏屈。

それにしても、最初から、トバしてること。2人のコンビネーションが、まだ、薫ちゃんとの間柄も、ぎししゃくしてるところがSeason 1の気合いを感じさせます。

でも、こんなに捻った物語だったとは… それに、サブタイトルも、こんなに長かったとは。

番組ポスターのキャッチコピーは「ホシ、見えませんね。だいじょうぶです。ツキ、ありますから。」に、思わずプププ…

   (ストーリー)

ダイナマイトを腹に巻いた男(泉谷しげる)が、「警視総監に会わせろ!バカヤロー!コノャロー!」と警視庁にやってきた。亀山薫(寺脇康文)がまたドジをふんで・・・人質になってしまう。ダイナマイト男は薫を人質に警視総監室に篭城する。警視庁特殊犯はヘリコプターからダイナマイト男を狙撃しようとするが薫が邪魔になって思うようにならない。そうこうしているところに杉下右京(水谷豊)が警視総監室の中へ・・・。
右京の機転を利かせた判断でダイナマイト男を無事逮捕。だが、そのダイナマイト男は別の事件のカギを握ることになる・・・。
警視庁の上層部は特殊班の邪魔をするような右京らの勝手な行動にカンカン。せっかく逮捕に協力したのに…。納得いかない薫は怒り心頭、勢いで同棲相手の美和子(鈴木砂羽)とも大げんかをしてしまう。
 ムシャクシャする薫は出庁もせず、デパートでブラブラ。トイレへ入ると、紙袋を抱えた男(矢島健一)が飛び込んできた。その男はトイレに紙袋を置き忘れていった。薫は紙袋の中に入っていた社員証を頼りに、その男の勤務先へと向かう。が、現れたのは秘書室次長の麗子(純名りさ)という美女。持ち主の男・三木は休暇中だという。薫は美しい麗子に少し心を動かされつつも、紙袋を返す。

 翌日、三木の水死体がとある川から発見された。所轄署で三木の遺体の状況などを調べた右京は、何者かが三木の所持品を調べていた形跡を発見。薫の話ではあわててトイレに駆け込んできたというから、もしかして何者かに追われていたのかもしれない。ということは酔って川に転落したという事故ではなく他殺!? となると、あの紙袋の中にあったカバンも単なる忘れ物ではなかったのかも…。事件は急展開の様相を見せ始めた!!
[PR]
by noho_hon2 | 2012-03-27 07:44 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(0)

向田邦子イノセント「隣りの女」
e0080345_9314688.jpg原作を読んだのは、かなり以前だったので、その時の印象とは微妙に違ってましたが「ああ、現代版として映像化すると、そうなのかなぁ?」と感心してしまったのでした。

寺島しのぶが禁断の欲望に目覚める主婦を演じる官能サスペンス。さすが、寺島しのぶ。内側にいろいろなものを秘めた、普通の主婦がハマりまくり。そんな彼女に、サムシングを引き出す「隣りの女」である坂井真紀 も、雰囲気ありました。

衛星放送ならではの自由度。wowowならではのチャレンジ精神と意欲作に感心

   (ストーリー)

主婦のサチ子(寺島しのぶ)は、マンションの隣室にひとりで住む峰子(坂井真紀)を無理心中から救い出す。美術ギャラリーを経営する峰子が暮らしている部屋は、パトロンに用意されたもの。サチ子は以前から峰子と親しくしていたが、複数の男と遊び、好きな仕事を楽しんでいる峰子の生き方に、ひそかに強いねたみを感じてもいた。やがて、サチ子の中に、禁断の欲望が湧き上がってくる…
[PR]
by noho_hon2 | 2012-03-26 09:39 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

ルパン三世VS名探偵コナン
e0080345_1624684.jpg毛利小五郎の声が神谷明で、蘭ちゃんが、ヴェスパニア王国・ミラ王女のそっくりさん、だった時点で「…ん?!」

「…なんだか、見たことあるような…」と思ってたのですが、はやり、初オンエアは2009年3月だったのですね。(人気ゆえんか、その後、2010年5月と今回の2回も再放送!)

日本テレビ(日テレ)開局55周年と読売テレビ(ytv)開局50周年の開局記念スペシャル番組

それぞれのファンに対するサービス精神満点で、お祭り感全開でした。とくに、名物・コナンの謎解き部分に(小五郎に変装した)ルパン色もふんだんで、相互のキャラを生かした遊び心に、ぷぷぷ… エンディングまでユーモラスだったしね

e0080345_16241943.jpgそれにしても… テロップが、それぞれのスタッフが左右、同じ扱いで出てくる気の使いように、看板番組を実感。

細かい突っ込みどころはあれど、素朴に楽しかったので満足

(ちなみに、最初に見た時の感想はコチラ

   (ストーリー)

舞台はヴェスパニア王国。サクラ女王とその息子・ジル王子が猟銃事故で死んでしまう。その悲劇的なニュースは、世界中に知れ渡った。それは江戸川コナン、そしてルパン三世の耳にも例外なく・・・。

サクラ女王の長女・ミラ王女が次期女王の座につくことになり、その王位継承をめぐる事件に巻き込まれるコナンと蘭。ミラ王女に容姿がそっくりな蘭は、ミラ王女の身代わりとしてヴェスパニア王国に連れ去られてしまう。

その頃、ルパンはヴェスパニア王国につたわる「クイーンクラウン」を盗む計画をしていた。

そしてルパンとコナンは、それぞれの想いを胸にヴェスパニア王国へ!

ルパンはお宝を手にいれることができるのか? またお宝「クイーンクラウン」の隠された秘密とは一体? 一方コナンは、一連の事件の裏にある大きな陰謀を暴き、真犯人を見つけ出すことができるか? 才知ある二人がとてつもなく大きな謎に挑む本格スリルサスペンス・アクションドラマ!

決して交わるはずがない「世紀の大泥棒」と「迷宮なしの名探偵」。出会ってしまえば、おのずと戦う運命にある二人。その時は、必ずやってくる・・。果たしてルパンVSコナンの決着はいかに?
[PR]
by noho_hon2 | 2012-03-26 08:29 | アニメ・コミック | Trackback | Comments(0)

吉野正起写真展「道路2011 -岩手・宮城・福島-」
銀座ニコンサロンで、Remembrance 3.11 吉野正起写真展「道路2011 -岩手・宮城・福島-」を見てきました。

言われてみれば、たしかになぁ… どんなに支援物資として届けど、道路がなければ、それが行き渡らないですもんね。人の生活が成立しません。寸断されて通行止めになったり、水没した道、容赦無くねじ曲がったガードレールに、改めて絶句
e0080345_16571061.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2012-03-25 16:57 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「ブランケット・キャッツ..
from トリ猫家族
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)