<   2012年 07月 ( 44 )   > この月の画像一覧

ロンドン五輪、初・金メダルと日暮熟睡男(こち亀)
e0080345_1058215.jpg夜中から朝にかけて、ロンドン五輪はメダル・ラッシュ

ついに初・金メダルげっちゅうしましたね。

おめでとうございます、柔道の松本薫さん。
コメントの、今一番したいのは「パフェが食べたい」ってのが、キュートです

病院での、待ち時間、少年ジャンプをぺらぺら

「こち亀」こと、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」では、伝説の男、日暮熟睡男(ひぐらしねるお)が起床。

その荒唐無稽なダイナミックさに、改めて、オリンピック・イヤーを実感 (^。^*)

(写真:高知名物・帽子パン)
[PR]
by noho_hon2 | 2012-07-31 11:07 | 日々のメモ | Trackback(1) | Comments(2)

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち
e0080345_8182960.jpgやはり、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズでは、この最初の作品が、1番好き。

特に、ジャック・スパロウ船長役のジョニー・デップのトボけた、ユーモラスな怪演ぶりと、ワクワクする音楽が、とてもヨイです。じつに楽しそうに、すちゃらかキャラを演じてますよね

もちろん、冒険活劇もさることながら、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイの美男美女ぶりも、目の保養。

(往々にして、活劇で活躍する女性は「…ん?」なことが、ままあるので、キーラ・ナイトレイ、勝気な美しさが実に良い)

ブラックパール号のキャプテン、バルボッサを演じてたのが、「シャイン」「英国王のスピーチ」のジェフリー・ラッシュだったと、後から知り「へ~っ」

人気に後押しされて、続編が作られたけれど、個人的には、この過不足なさが、とても好きだなぁ、と思ってしまいます。特に、バランスが絶妙ですよね。

それにしても、スパロウ船長、登場からして(小さな船で)笑えました。

ディズニーランドの人気アトラクションのひとつ「カリブの海賊」をモチーフに、ここまで空想の翼を広げるとは、改めて、エンタメ王、ディズニーの企画力、おそるべし!

    (ストーリー)

カリブ海の港町、ポート・ロイヤル。総監の娘エリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ)は、子供の頃に父とカリブ海を航行中に、海賊船に襲われた英国の船と遭遇した。エリザベスはその船で意識を失った美しい少年ウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)を見つけ、首にかけられていた海賊のシンボルである美しい金のメダルをはずし、自分の物にしてしまう。ある日、町はブラックパール号に乗ったキャプテン・バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)率いる冷酷な海賊たちに襲われる。エリザベスの身につけていた黄金のメダルが目当てだった海賊たちは、エリザベスをさらい船出する。エリザベスに密かに思いを寄せていたウィルは、彼女を救い出すために、一匹狼の海賊であり、バルボッサの秘密を知る数少ない人間であるジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)と手を組み、バルボッサを追った。実はバルボッサと手下たちは呪いにかけられた生きる屍であり、月の下でその忌まわしい真実の姿をさらす。死よりも苦しい地獄から逃れ、呪いを解くのに必要なのは、エリザベスの黄金のメダルと、その最後の持ち主であり、あがないの力を秘めた血筋を引く者、ウィル・ターナーだったのだ。
[PR]
by noho_hon2 | 2012-07-31 08:13 | 映画 | Trackback(4) | Comments(0)

家族、貸します ~ファミリー・コンプレックス~
e0080345_8172012.jpg劇作家・鴻上尚史が書き下ろした、完全オリジナルドラマ。「金曜ロードSHOW!」初の2時間ドラマ

玉木宏、田中麗奈、吹石一恵が目の保養で、存在感。竹中直人は、あいかわらず、気難しい役どころがうまいっ! 

「家族、レンタルします」というビジネスが成立する、という発想自体が現代的で「…なるほどなぁ」だったのでした。

そういう意味では、少しだけ発想が「たぶらかし」に似てたかな?

メインは戸崎龍之介(竹中直人)の「エンディング・ノート」(未見)企画が軸になってた気がしました。次第に心動かされていく小橋紅子(田中麗奈)が、イイ味だしてて、チャーミング

個人的には、お受験の面接官が「ゆする」という展開が興味深かったし、社長の玉木宏もまた、自身が家族に難しい問題を抱えてた、ってオチも印象的。

他にも、山口いづみ、中山祐一朗、能世あんな、野間口徹、染谷将太、安藤サクラ、朝加真由美、濱田マリ、筒井真理子、馬渕英俚可、虻川美穂子、三遊亭円楽、田原総一朗、藤吉久美子、中原丈雄、といったメンバーも魅力的なラインナップでした

発想や展開がユニークで面白かったし、キャスティングも魅力的だっただけに、また続編を作って欲しい気がして。

   (ストーリー)

お受験の面談での親代わりや冠婚葬祭、PTAの代理出席まで必要に応じて家族をレンタルする会社『ファミリー・ロマンス』を舞台に巻き起こるさまざまな家族模様を描いた異色ホームドラマ。家族を一時的にレンタルする会社『ファミリー・ロマンス』の社長、山室修司(玉木宏)は会社面接にきた小橋紅子(田中麗奈)を従業員として仮採用する。しかも自分の“エンディングノート"を撮りたいという余命半年の依頼人、戸崎龍之介(竹中直人)の娘役に抜擢。いつもクールな修司の右腕、澤香織(吹石一恵)から「これは人助けの仕事なのよ」と勇気づけられ龍之介の家に向かう紅子だが…。
[PR]
by noho_hon2 | 2012-07-30 08:17 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(2)

ごくせん THE MOVIE
e0080345_16381386.jpgやはり、仲間由紀恵は、こういうパターンのあるコミカルな荒唐無稽話がハマるなぁ… 

頭空っぽにして楽しめる、というより、頭空っぽにせねば (^^;)ゞ な、テレビよりスケールアップした、痛快劇でした。

突っ込みどころは満載だけに、むしろ、新旧イケメン大集合という見方をした方が楽しめる… かも。

厳しい意見も多いみたいですが、期待がなかったせいか、けっこう楽しめました。

仲間由紀恵と生瀬勝久のかけあいは、あいかわらず絶好調
ゲストの亀梨和也が、なかなか美味しいところをもっていってました

個人的には、初期の「ごくせん」は再放送まで楽しみに見てたけれど、(むしろ、うんと初期の再放送の方が「あんな人が!」探しで楽しかった)このメインとなった面々が出てくるシリーズは脱落してしまったので、ちょびっと残念でしたが、もはや時代劇なのね、と納得

ブラックな役柄を演じた、沢村一樹が、なかなか… で、個人的にウケたのでした

   (ものがたり)

熱血教師ヤンクミこと山口久美子が高校教師となって7年。春から新たに赤銅学院高校3年D組の担任になったが、新しい生徒たちはなかなか心を開いてくれず、ヤンクミも手を焼いていた。そんな彼女の前に、元教え子の小田切が教育実習生として現れる。教え子が自分と同じ教員の道を選んだ、とヤンクミは感動しきりだが、実の小田切はやりたいことが見つからず、人知れず悩んでいた。そんな中、卒業生の1人が警察沙汰の事件に巻き込まれ、行方不明になってしまう…。
[PR]
by noho_hon2 | 2012-07-27 16:43 | 映画 | Trackback | Comments(0)

「相棒」効果
きくところによると、夕方の「相棒」再放送… この時間帯なのに、多い時は二桁の視聴率いくそうで、(夏ドラマが、全体的に低迷してるだけに、この数字はすごいっ)おかげで、その後の情報番組も好調!なんですってね。

少し前では、長澤まさみが美脚効果で、なかなかのスマッシュヒットだった「都市伝説の女」も印象的だったし、夏ドラマ・ナンバーワン視聴率から「京都地検の女」に興味をもち、リピート放送を見てみた私みたいな人間もいる訳で… (;^◇^;)ゝ

ふと気がつくと、けっこうテレビ朝日さんの番組見てるなぁ… 「遺留捜査2」しかり
(上川隆也が好きなので、今度こそ脱落せずに見たい…)

元気なのも、納得!なのでした。
e0080345_1195261.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2012-07-27 09:12 | テレビ | Trackback | Comments(0)

京都地検の女8「逮捕=99.9%の有罪率が生んだ悲劇… おみやさんと主婦の勘が暴く真実!!」
e0080345_748965.png同じ看板であるところの、おみやさん(渡瀬恒彦)を迎えた、初回スペシャルが、なかなか高視聴率だったそうなので、興味をおぼえ、リピート放送で初めて見てみました。

(知りませんでした。おみやさんも、京都が舞台、だったんですね)

意外にもコミカルで軽くて「見やすい!」 やはり、人気シリーズには、「それなりの理由」があるんだなぁ、と改めて感心…

そもそも、京都の街自体が、大きなテーマパーク! 舞台となってる背景からして、心和みます。

それに、美味しそうなものが沢山、出てきて、それを美味しそうに食べるシーンが多いのも楽しかったかな? 

芸達者な脇役達も味な役どころで、テンポもイイです。

ミステリーの魅力でもある、メイン話以外にも楽しめるところが、ふんだん

それに、ヒロインの鶴丸あや(名取裕子)の、“おばちゃんキャラ”が、愛嬌とユーモアたっぷり。ちょっとトボけたところと、バイタリティがあるのが良く、なかなかに魅力的だったのでした。

思わず、今シーズンから、視聴を決定 (^ー^*)

    (あらすじ)

京都地検のあや(名取)の元に検察事務官・井森(大杉漣)と事務官見習の夏帆(久保田磨希)が新たに配属される。そんな折、留守中のあやの自宅に何者かが侵入、荒らされる事件が起きる。やむなく、あやと娘のりん(脇沢佳奈)は成増警部補(寺島進)の実家である寺にしばらく世話になる。あやは新聞記者・木内(石黒賢)から「あや個人、もしくは検察に憎しみを抱く人物の仕業に違いない」と忠告される。その直後、ワイドショーなどで活躍するジャーナリスト・早乙女(正名僕蔵)が痴漢容疑で逮捕され、あやの元に送致されてくる。やがて、あやと成増宛てに脅迫状が届き、あやは手掛かりを求め、鴨川東署資料課の鳥居(渡瀬)に協力を求める。
[PR]
by noho_hon2 | 2012-07-26 08:02 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)

アンフェア the answer
e0080345_8162968.jpg最初の映画、「アンフェア the movie」が、あまりにも (^^;)だったので、期待なく見たせいか、なかなかに興味深かったです

出演者も豪華だし、なにより、主演の雪平(篠原涼子)が、手負い姿でピ~ンチの時を含めて、魅力的に美しく撮れてた気がして…

物語当初からのレギュラー・メンバーが呆気無く殺されて、退場~っなのは「あれま」だったのですが、みなさん出番こそ少なかったものの、なかなかに重要な役どころ。

ゲストとして、佐藤浩市、大森南朋、山田孝之が出てたのも、芸達者で雰囲気ある、好きな俳優さん達なので、嬉しかったのでした。

酷評もあるみたいですが、少なくとも、最初の作品を挽回できる出来だった気がします。かなりのヒットだったみたいで、ヨカッタねヨカッタね

  (ストーリー)

豊洲警察病院占拠テロ事件解決後、雪平夏見は東京を追われ北海道、西紋別署刑事課で勤務していた。その頃、東京ではネイルガンによる連続殺人事件が発生。しかもその事件は、容疑者となった者が次々と殺されている予告殺人であり、今度は雪平の元夫・佐藤和夫が事件の容疑者となってしまう。雪平は佐藤と再会し、解読を依頼した機密文書が隠されたUSBを返されるが、その次の日、あろうことか連続殺人の容疑がかかり逮捕されてしまう。雪平逮捕の一報は警視庁にも大きく報道された。東京地検からやってきた検察官、村上克明からの取り調べを受け緊迫する状況の中、事件の真相を探るため雪平は警察からの逃避行を決意する。そこで真犯人の狙いは雪平が持つUSBであることが分かった。

最後にUSBを手にするのは誰か、そして雪平は事件解決のために誰を信じ、誰に裏切られ、そして、誰を裏切るのか。
[PR]
by noho_hon2 | 2012-07-25 08:27 | 映画 | Trackback(10) | Comments(0)

古いパソコン類、回収
横浜市、粗大ゴミに関しては有料の申告制です。窓口に依頼して、回収日を決めてもらい、シールを購入して張って、ようやく持って行ってくれるシステム。

でも、パソコン類に関しては「(販売した)メーカーに依頼して」との回答で、扱ってくれません。だから特に自作が趣味な分には、途方に暮れ状態。うるさいほど回ってくる業者は「なぬ?」なほど高いわ、で、ほとほと困ってました。

ところが偶然、無料引取りのチラシが入ってて、それを見たダンナさんの判断で、ゴーサイン。電話してみて(当エリアは、はじめて回る、そうでした)チラシについてた券をペタペタはって、家の前に出しておけば、OKとのことで確認済だったので…  (^^;)ゞ

昨日、買い物に出かけてた一瞬の間に、玄関前の山が消えてて、をを~っ!

ただ、笑ってしまったのは、近所で他にも同じように出してるお宅があったので「ブルータス、お前もか(同じように困ってたのね)」と2人して、タハハ

お部屋もキレイになったし、長年の宿題が片付いた気分で \(^▽^)/
e0080345_8124984.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2012-07-25 08:14 | パソコン、家電等 | Trackback | Comments(2)

27時間テレビ(さしこ、どっきり企画)
e0080345_7523031.jpg偶然、テレビをつけた時、AKB48のヒットメドレーを生中継しつつ「…なんか、違和感が…」と思ったら

さしこへのどっきり企画(「指原莉乃1人残念ライブ」転じて、みんなして、わっと出てくる)だったんですってね。

なるほど、中央でおろおろ踊ってた理由が、ようやく分かったのでした

歌のサビのところを「会いたかった、さしこ~」と替え歌にするやら、なにやら、金粉・ツタンカーメン衣装の笑福亭鶴瓶は乱入してくるわ… 思わずパチクリ、だったのですが

きくところによると、AKB48劇場での最終公演も、「ヘビロテ」で堂々センターをはったり、明るいトークも好評。終演後も大人気だったみたいだし…

本当にヨカッタねヨカッタね (^。^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2012-07-24 07:58 | テレビ | Trackback | Comments(0)

お片づけ
やっと、長年の悩みだった、古いパソコンを引き取ってもらえる… かも、という可能性が出てきたので、(どうして行政はやってくれないんでしょうね) ダンナさんが司令官となって、部屋のお片づけしてくれました (^^;)ゞ

階段と玄関に、もの凄い量の本とゴミが出て、思わず、うわおっ!
e0080345_8263873.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2012-07-23 08:26 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「ブランケット・キャッツ..
from トリ猫家族
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)