<   2013年 03月 ( 39 )   > この月の画像一覧

純と愛 最終回
エンディングが流れだした時、唖然… としたのは、私だけでしょうか?

これ、朝ドラです…よね (^^;)

あくまで個人的好みではありますが、毎朝、ジェットコースターでなく、ほっこり癒さて元気をもらいたかったのでした…

ヒロイン夏菜も、「アニメの実写化が上手に表現できる」稀有な個性の役者さんと注目してただけに、これだけ、ワンパターン服で(コスプレ、似合いそうです)いじめられるなんて… と、うるうる、だったのでした。

どうか、純と愛ちゃんがパラレル・ワールドでは幸せになりますように
あのメンバーさん達で、サザンアイランドが繁栄しますように。

俳優さん達、お疲れ様でした
[PR]
by noho_hon2 | 2013-03-31 05:38 | ドラマ | Trackback(5) | Comments(4)

山口聡一郎写真展「FRONT WINDOW」
銀座ニコンサロンで行われてる、山口聡一郎写真展「FRONT WINDOW」を見て来ました

作者の故郷の何気ない「車窓の風景」を斬りとったショットですが、写真家の目をしてみると、こんなところに着眼し、こんなフォルムが、心に触れるんだなぁ… と (^。^*)

日本中、どこにでこありそうな田舎の風景が懐かしかったのでした。
e0080345_17235659.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2013-03-30 17:24 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

4K歌舞伎
e0080345_17115180.jpg銀座ソニービルで行われてる、「4K歌舞伎座」を見て来ました。4Kカメラで撮影した歌舞伎映像は迫力満点!

まるで、歌舞伎のクライマックス・シーンがそこにある感じとか、その解説も、なかなか味わい深かったです。市川猿之助の芸に対する造詣の深さと、オーラに圧倒

1階に飾られた実際の衣装も圧巻でした

惜しむらくは私が大音響と密室に長時間耐えられないので(それゆえ、映画館、セレモニーの類が冷や汗モノ)クライマックス・シーンだけ見て、短時間でササッと切り上げたのですが、

それでも、片鱗に触れることができて、私的には大感激。

歌舞伎人気の魅力が、また少し分かった気がして… 新しい世界を垣間見られて、満足 (^。^*)
[PR]
by noho_hon2 | 2013-03-30 17:18 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

食堂かたつむり
e0080345_14172199.jpg思えば、「オレンジデイズ」のヒロインを演じた柴咲コウも「喋れない」設定でしたが、メリハリある彼女の美貌と、表情豊かさゆえ、似合ってますよね。

原作は、小川糸のベストセラー小説。

細かい突っ込みどころは満載ながら、ちょっとトボけたユーモラスで不思議ティストの愛すべき作品でした。テーマソングも素敵…

料理好きという柴咲コウの手さばきは、なかなか… 「ずっと喪服を脱がなかった」未亡人が、彼女の料理に感動して、美味しさのあまり、わしわし。表情も嬉々とする様は、痛快でした。

偶然だけど、先日見た「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」と同じく、三浦友和と余貴美子がカップルを演じてて、これまた可愛く、しっくり、で (^^*)

まだ、荒削りながら、富永まい監督… 新しい才能、かも

   (ストーリー)

おっぱい山の麓の小さな町で生まれた倫子は、自由奔放な母親に馴染めず、都会で一人暮らしをしていた。しかし、恋人に家財全てを盗まれ、仕方なく実家に戻る。母が飼っているブタ、エルメスに天然酵母パンを作っているうちに、自分で食堂を開くことを思いつく。倫子の食堂“かたつむり”は大評判になり、“かたつむり”で食事をすると幸せになるという噂が流れる。
[PR]
by noho_hon2 | 2013-03-28 14:37 | 映画 | Trackback(9) | Comments(0)

ラストホープ 最終回「大丈夫、必ずあなたを助ける…宿命を背負う医者の最後の選択」
e0080345_7413415.jpg難しい先端医療を、きわめて個性派チームで取り組みつつ、それぞれのメンバーが「事情を抱えてる」ので、なにかと過去エピソードが交錯してサンドイッチ構造。随分、複雑でテンコモリなオハナシでした。

でも「サキ」ばりに「かつて、機内の緊急事態。母を見殺しにした医者、憎し!」だった雪代も、その当人が悩み続けてたことを知り、頭を下げられ、氷解しつつある雰囲気

歩美は、父は人を殺した訳でなく、あくまで正当防衛だったことを知ります。って、ハガレン並にキメラを作ろうとして、しかも、娘・歩美の細胞を使ったと知り、阻止しようと揉みあいに、結果。事故が起こってしまった次第

父は、殺人者の烙印より、研究者としての存在を否定されることが耐えられなかったとは!

副島は突然挨拶もなしに古牧の研究データをもって旅立ってしまいます。しかも、それは、日本では認可が降りなくても外国でなら、と、あくまで古牧が彼に「託した」のでした。

そして、町医者・卓巳は、斉藤夫婦の息子で、そして健の弟でした。

健が再生不良性貧血で骨髄移植しか手段がなく、卓巳がドナーとして望まれ生まれてきたのですね。しかし、その後、肝臓障害を起し、今度は肝臓移植が必要に。2歳半の卓巳から肝臓を摘出し、その手術を受け持ったのが、波多野と鳴瀬。「情が移っては手術はできない」と、波多野夫妻のもとに託されます。

そういった謎解きと前後して、町田の親子移植手術も進行。(難手術だったけれど、無事、成功してヨカッタヨカッタ)きわめて、おイソガシの最終回だったのでした。

正直いって、あまりの複雑さ、後半、脱落気味だったのですが、ずっと引き伸ばされてた謎の結末を知りたくてチェック。やや、溜飲が下がった次第。

それにしても、髙嶋兄弟、怪演が続きますね (^^;)

    (ストーリー)

波多野卓巳(相葉雅紀)たちは、町田恭一郎(中原丈雄)への肺提供の意志を2人の息子、真一(要潤)と恵介(石田卓也)から得た。そして、生体肺移植の準備を進めるのだが、当の恭一郎に息子たちからの肺提供を拒否されてしまう。そんな時、鳴瀬哲司(髙嶋政宏)が卓巳と橘歩美(多部未華子)の前で突然倒れてしまった。意識を失う寸前、鳴瀬は生体肺移植を成功させて欲しいと卓巳たちに託す。脳腫瘍の腫瘍内出血だった鳴瀬は卓巳によって直ちに処置されるのだが、重篤な状態に陥ってしまった。

恭一郎の拒否により手術を行う事も出来ず、高度先端医療センターの責任者、鳴瀬の不在。石原隆一病院長(大石吾朗)たち病院幹部は恭一郎を転院させることを考え始めた。卓巳と歩美は、真一、恵介とともに恭一郎の病室へ。2人の息子は生きて欲しいと、恭一郎に手術することを訴える。だが、恭一郎は応じようとしない。すると、卓巳が突然、家族の説得に口を挟む。いつになく、熱い口調で真一たちの覚悟を語る卓巳。その思いは、自らの重い宿命にも重なっていた…。

果たして、恭一郎の生体肺手術は行われるのか? 鳴瀬は? そして、卓巳が背負っている宿命とは? 全ての謎が明らかに! 『ラストホープ』ついに完結。
[PR]
by noho_hon2 | 2013-03-27 08:20 | ドラマ | Trackback(8) | Comments(0)

バリィさん
ダンナさんが松山で行われた結婚式に参加
お土産に、ぬいぐるみを筆頭に、噂の「バリィさん」グッズを沢山買ってきてくれたのでした。

ちょっと前の「王様のブランチ」で、その人気ぶりを見て「へ~ぇ」だったのですが…
この、コロンとした、まぁるい体型と表情がイイですよね。
ゆるキャラ・パワー、おそるべし!
e0080345_1531060.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2013-03-26 15:04 | コレクション | Trackback | Comments(0)

劇場版 SPEC~天~
e0080345_993352.jpgエヴァじゃないけれど、かぎりなく「一見さんお断り」的で、SPECファン・感謝祭チックな映画だったかな? 

おなじみキャラ達の贅沢なハジケっぷりを楽しむ意味では、「ああ、映画だなぁ…」と感じたのでした。

個人的には、津田(椎名桔平)が不気味さが薄れ、えらく、まともな存在っぽくなってたのが、ちょっと寂しかったような (^^;)ゞ 

お約束といえば、当麻の餃子好きが「流し餃子」になってた遊び心に、あはは…

伊藤淳史の、ローカルな笑いや、モンスター腕には、タハハ…

個人的には、栗山千明が出てたのが嬉しかったのでした。

堤幸彦監督、いろいろな意味でチャレンジャーさん、ですね。

エンディングが意味深だったせいもあってか、聞くところによると、続編が出来るみたいですが、(ドラマの最後には「絶対に映画化しないぞぉ」と言ってたのにね)嬉しいような怖いような… これまた (^^;)

    (ストーリー)

2012年9月6日。
漂流するクルーザーで乗客全員がフリーズドライ状態で発見された。
その二日後、ミショウに似内警視総監と福富内閣情報調査官が現れ、
その事件の発生を知らせる。
被害者たちが殉職した吉川と同じだったことに当麻と瀬文は驚くが、
似内らは犯人のSPECホルダーに憑依されており、
ふたりを通じて「シンプルプラン」を中止するよう警告する。
捜査を始めた当麻と瀬文が被害者たちの共通点に気づいた頃、
志村美鈴から瀬文に助けを求める電話があり、
駆けつけたふたりは内閣情報調査室(CIRO/サイロ)の特務班たちと出くわす。
瀬文はその中のひとりが元恋人の青池里子と知り驚く。
青池と彼女のバディ・宮野は美鈴が購入後すぐに手放したDVDから
何を読み取ったのかを知るために美鈴を追っていた。

メモ 劇場版 SPEC~結~(クローズ) 漸(ゼン)ノ篇
   劇場版 SPEC 結(クローズ) 爻(コウ)ノ篇

[PR]
by noho_hon2 | 2013-03-26 09:20 | 映画 | Trackback(11) | Comments(0)

ビブリア古書堂の事件手帖 最終回「乱歩が残した間違った暗号文!?」
e0080345_822688.jpg原作ファンの間では随分、評判悪かったみたいで、突っ込みどころ満載だった模様ですが、乱歩ワールドへのオマージュ、な仕掛け。栞子さながらに、超・推理して、行く手行く手に立つはだかる、栞子ママ、という意味では、素朴に感心。

音楽やテンポさながらに、虚構に徹した、月9チックに凝った味付けは、好印象、だったのでした。

鹿山の隠れメッセージ、というか愛が無事、届き、栞子が母を理解し、許したのも後味ヨカッタかな? 

それに、乱歩ワールドの片鱗に触れたのも、トリビア的に楽しかったです

だけど、本筋に関係ないディテールながら「これこれ、松田美由紀よ。姉妹でしょ。身体の不自由な方を置いて、勝手に出て行くなよ~っ」と思ってしまった私は野暮天かな?

前評判が悪かっただけに、剛力彩芽の想像以上の奮闘ぶりには拍手、でした。

私的には、安田成美が目の保養…

AKIRAも決して悪くはなかったし、誠実な印象だったのですが、月9的には、華やかさに欠けるキャスティングだったかな? もっとイケメンさんを使ったら… 剛力彩芽が負けちゃうって? たはは (^^;)

だけど、栞子ファッションは好きだったし、毎回、とりあげられる本が興味深く感じた意味では収穫。鍵ティストのテンポといい、私は楽しかった、のでした。

   (ストーリー)

母・智恵子(安田成美)に金庫の鍵を奪われたと確信する篠川栞子(剛力彩芽)は、
智恵子よりも早く暗号を解いて暗証文字を入手することを目指す。

その後、栞子と五浦大輔(AKIRA)がビブリア古書堂に戻ると、智恵子がカウンターに座り
本を読んでいた。智恵子は栞子に、金庫の中身は何だと思うかと聞く。
栞子が、江戸川乱歩の未発表の草稿か何かだろうと答えると、智恵子は「押絵と旅する男」
の第一稿だと言った。
それは乱歩の代表作のひとつだが、第一稿は乱歩自身の手で破棄されたと言われている。
信じられない話だが、智恵子は鹿山明(須永慶)の父親と乱歩の接点を明かした。
その意外な事実に志田肇(高橋克実)も驚きを隠せない。

何としても第一稿を読みたい智恵子は、栞子に協力を持ちかける。
一緒に暗号を解くなら、第一稿以外の乱歩コレクションは山分けにしてもいいと。
栞子は、自分は鹿山が来城慶子(高樹澪)に残したものを本人に届けたいだけだと、智恵子の
提案を断る。

栞子らが、鹿山と慶子の関係を精査するうち、鹿山が乱歩の「少年探偵団」シリーズを、
別宅から娘の直美(横山めぐみ)が暮らす本宅に移した時期に、3年の空白が生じる。
その間、「少年探偵団」シリーズはどこに置かれていたのか。
大輔や志田らが考えを巡らす中、栞子の携帯が鳴る。
それは鹿山の本宅にいた直美からで、智恵子が現れたと伝える電話だった。
[PR]
by noho_hon2 | 2013-03-26 08:29 | ドラマ | Trackback(14) | Comments(0)

dinner 最終回「これが最後の味」
e0080345_14204485.jpg成長物語の最後にふさわしく、なかなかキモチの良い、爽やかな最終回でした。

それに、江崎(江口洋介)の原点が、『ロッカビアンカ』にあったのも分かったし、

江崎と今井(松重豊)の料理対決、軍配が、知恵を絞り、成長を遂げた今井に上がったのも、好印象。

店の雰囲気も、まとまってきて、江崎が、料理対決の負けの結果というか、置き土産の「まかない」を、みんなして舌鼓を打ちつつ食べる図も、なかなか… まるで、西部劇風

はじめて主役をつとめた辰巳沙織(倉科カナ)も爽やかで、よく頑張ってたと思います、最後は辰巳パパ(風間杜夫)も元気になり、ヨカッタヨカッタ

裏番組が強く、私も正直いって、留守した関係、後半、すこし脱落気味だったのですが、最後がこうで、大いに安堵だったのでした。見届けることができて満足

   (ストーリー)

江崎究(江口洋介)は、以前修行していたイタリアの有名店『テレーザ』から、新しくオープンするシンガポール支店の料理長になって欲しいと誘さわれる。『テレーザ』のマネージャー・フェリーニは、2日後に来日する際に返事が欲しいという。

同じころ、『ロッカビアンカ』では、客からメニューにはないかぼちゃのトルテッリが食べたいというオーダーが入る。今井耕助(松重豊)は味の決め手となるモスタルダがないからと断る。しかし、どうしても食べたいと再度オーダーが入ったため、いまあるものを使って即席でモスタルダを作ることにした。

帰る途中、店に電話を入れた江崎は辰巳沙織(倉科カナ)から状況を聞き、最終的な味の調整は自分がやるからと、料理を出すのは待つように指示を出す。しかし、沙織がそれを伝える前に料理がテーブルに出されてしまった。

店に着いた江崎は、着替えもせずに厨房に飛び込んでくる。料理がすでに出されたと聞き、残ったもので味見をした江崎は、その想像以上の美味しさに驚く。白衣に着替えるため厨房を出た江崎は、今井の指示の下きびきびと働く厨房スタッフたちを無言で見つめる。

ある日、ランチ営業後にみんなでくつろいでいると、沙織が翌日に『カーザ・トリーノ』から予約が入ったと飛び込んでくる。『カーザ・トリーノ』とは、世界中のイタリアン・レストランを三ツ星で格付けしているガイドブックで、アジアには星が2つの店はなく、星1つの店も、日本には『ロッカビアンカ』を含め3軒しかないほど評価が厳しい。今回の評価で星がなくなればダメージは大きいと困惑する一同。しかも、江崎が格付け評価のために料理を作ってくれるかどうかもわからなかった。

沙織が事情を話すと、意外にも江崎はすんなりと引き受ける。舌の肥えた審査員をギャフンと言わせたらさぞかし気持ちがいいだろうと、今井に話をふる江崎。今井がその言葉に同意した直後、江崎は『カーザ・トリーノ』の審査員に出す料理はすべて今井に任せると言い出し…。
[PR]
by noho_hon2 | 2013-03-25 14:29 | ドラマ | Trackback(8) | Comments(0)

泣くな、はらちゃん 最終回「私の世界」
e0080345_755861.jpg最終回は、きわめつけに切なく温かく、胸キュン

はらちゃんの強がりと、越前さん・弟の努力で、越前さん(麻生久美子)は、無事、こちらの世界に。そして、はらちゃんもやってくるのですが、

言葉の意味の分からず、工場長さんからの入れ知恵「新婚さんしましょう」というはらちゃん(長瀬智也)が微笑ましかったです。

あちらの世界とこちらの世界にいても「両思いです」と胸を張る、はらちゃんの、輝くような笑顔がまぶしかったです

それに彼に、むしろ「あれは何ですか? と聞いてください」という、田中くん (丸山隆平)の優しさも、ほっこりとヨカッタなぁ…

物語後半、ちょっと現実世界のビターを描いて、作品完成度的には高まったけれど、私は、ちょっとオトボケ、ぽかぽかと温かいはらちゃんワールドが大好きでした。

やはり、長瀬智也の稀有なキャラと岡田惠和ワールドの勝利だったかな?
越前さん母(白石加代子)も好きだったなぁ…

悪魔さん、こと清美(忽那汐里)の路上パフォーマンスにも人気が出て、無事、不器用ながら、田中さんに想いを伝えることができたし、矢東薫子(薬師丸ひろ子)も、再び、執筆活動をはじめ、ヨカッタヨカッタ

越前さんに、はらちゃんが傘をさしかけるラストに至るまで、素敵な最終回でした。
斬新な発想を、想像力豊かに展開して、フィニッシュさせたドラマに、大いに満足

   (あらすじ)

「はらちゃん、私たちは両思いです」
そう言って、はらちゃん(長瀬智也)たちを漫画の世界へ帰し、さらに自分自身をノートに描き、漫画世界へと行ってしまった越前さん(麻生久美子)。

心配した百合子(薬師丸ひろ子)が越前さんを呼び戻そうとするが、現実の世界に帰りたくない越前さんは、漫画世界に留まろうとする。

心配する漫画世界の面々に、
「私なんかいなくても、あの世界は何も変わらないんです」
と、悲しげに微笑む越前さん。

「そんな越前さんは好きではありません」
自分の世界を、そして自分自身を好きになろうとしない越前さんに、はらちゃんはそう告げると、再び揺れ始めた漫画の世界から、越前さんを現実の世界に連れ出そうとする。

はらちゃんと越前さん、二人の恋の行方は・・・?
[PR]
by noho_hon2 | 2013-03-24 07:24 | ドラマ | Trackback(12) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
民衆の敵~世の中、おかし..
from レベル999のgoo部屋
民衆の敵~世の中、おかし..
from ぷち丸くんの日常日記
民衆の敵~世の中、おかし..
from ディレクターの目線blog@..
デスノート Light ..
from だらだら無気力ブログ!
デスノート Light ..
from 西京極 紫の館
陸王 第5話
from MAGI☆の日記
おんな城主直虎 第46回..
from 事務職員へのこの1冊
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)