<   2014年 07月 ( 69 )   > この月の画像一覧

黒い福音 ~松本清張ドラマスペシャル~
e0080345_12202385.png松本清張サスペンスで、驚くような豪華キャスト…

ビートたけし、瑛太、竹内結子、北大路欣也 國村隼、市原悦子、木村文乃、角野卓造、佐野史郎、池内博之、小池栄子、風吹ジュン、川原和久、志賀廣太郎、升毅 に興味覚えて、見てみました。

戦後まもない時代背景の再現も見事で… まだCAさんが、スチュワーデスさんだった時代の物語ですね。

想像以上に、ビートたけしが雰囲気で、役者としての、懐深さを思わず見なおしてしまうことしきり。

相棒のワカゾー君を演じる瑛太も味だったし、なにより、竹内結子が、とてもキレイでした。

何気ないシーンで、小池栄子や、風吹ジュン、市原悦子が出てきて、( ̄◇ ̄;)

実際の事件を題材とした、という物語は、かなり藪の中的、終わり方をしますが、サスペンス・ドラマとして、満足感がありました。

再放送で、見られてヨカッタです。納得。

   (あらすじ)

警視庁刑事の藤沢六郎(ビートたけし)は、国際線スチュワーデスの死体を発見する。遺留品から教会の信者と判明。藤沢は、若手刑事・市村由孝(瑛太)とコンビを組み、容疑者として神父を割り出す。更に謎の女信徒・江原ヤス子(竹内結子)の姿を目撃するが…

[PR]
by noho_hon2 | 2014-07-31 12:24 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

刑事コロンボ「別れのワイン」
e0080345_11522510.jpg個人的に、我「刑事コロンボ」のベストワンは、この「別れのワイン」です。

(次点は、「忘れられたスター」だった… かも)

とても、性格の異なる、腹違いの兄弟がいて、兄・エイドリアンは、愚直なまでの、ワイン・ラブで、弟は、かなり奔放な遊び人。

兄は、採算を度外視したワイン・ラブを貫き、弟は、お金の為、兄の、父から受け継いだワイン工房を売ってしまうとします。

憤慨したエイドリアンは、彼をトロフィーで殴り、失神した彼をワインセラーに閉じ込めて殺し、その間、ワインを購入に旅行に出かけ、趣味のスキューバー中に亡くなったよう、偽装工作します。

ところが、不明に疑問をもった弟のフィアンセが、コロンボを訪れたことから、物語は始まり…

追う側、追われる側に、ワイン・ラブを中心に、いつしか、そこはかとない友情が芽生えて… そして、なんとも言えず、犯人がエレガント

制作した、レオ・ペンって、たしか、マドンナの最初ダンナ、ショーン・ペンのパパですよね。そのあたりも興味深かったです。

最初は貞淑だった、秘書さんが、事の真相に気づき、結婚を迫り、エイドリアンはその束縛より、牢獄を選ぶあたりも (^^;)

世の中で、たった数名、ワインが分かる「舌」をもっていたばかりに、真相が明らかになるあたり、ドラマチックですよね。

何と言っても、ラストの乾杯が小粋でオシャレ…

デジタルリマスターの完全版。大画面で見て、ますます堪能… 満足

   (ストーリー)

ワイン工場を経営するエイドリアンは、工場売却をたくらむ義弟の殺害を決意した。彼は空調を切った自分のワインセラーに義弟を閉じ込め、窒息死したところを海に投げ込んで溺死を装わせる。法医解剖によって事故死に疑問を持ったコロンボは、エイドリアンに疑いの目を向けるが、物証はまったく見つからなかった……。



[PR]
by noho_hon2 | 2014-07-31 12:05 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(0)

ST 赤と白の捜査ファイル「迫る炎に美女の悲鳴・連続放火事件に隠された謎を追え!相棒刑事が事件に挑む」
e0080345_11464712.jpgなんと、朝市、ならぬ、黒崎勇治(窪田正孝)も、コミュニケーションが苦手だったのですね。

そして、今回は、彼を中心にした物語…

でも、メンバーのみんな、卓抜と欠落を持っていて、だけど、ちゃんと友情を感じてるのが、ヨカッタです。

赤城左門(藤原竜也)も、自分の推理に絶対の自信をもってたり、唯一、まともで、百合根友久(岡田将生)の、全体をまとめようと奔走する姿もユーモラス。

事件のトリックといい… 現代的で、面白かったです。

どう、チームや物語が育っていくのか、楽しみ楽しみ (^-^*)

   (ストーリー)

黒崎勇治(窪田正孝)の親友で俳優の卵・内藤茂太(石垣佑磨)はインターネットを使った詐欺に引っかかる。黒崎は茂太が騙されたエレガンス企画が暴力団「極央組」関連だと突き止める。そこで警察への相談を勧めるが、茂太は「警察なんかアテにならない。相手を騙し返して自分で金を取り返す!」と息巻く。 同じ頃、付近のあるビルで火災が発生する。そしてマリという女性が遺体となって発見される。STは捜査に加わり、犬並みの嗅覚をもつ黒崎が出火原因を突き止めようとしたが、においが無いため分析できずにいた。

そんな中、不謹慎にも赤城左門(藤原竜也)は自分にふさわしい難事件だと喜ぶのであった。 早速、赤城と百合根友久(岡田将生)はまずは被害者マリが勤めていた高級クラブに聞き込みに行くことに。そこでホステスたちに囲まれ顔面蒼白になる赤城を傍らに、聞き込みをしている百合根が驚愕な出来事を見てしまう。百合根の視線の先にはなんと!黒崎がママの肩を抱き寄せて見つめ合っているのである!?

一方、火災のあったビルは茂太が騙された暴力団「極央組」の所有物だとわかる。極央組は近年台頭して来た暴力団「夏目会」と揉めており、連続して起きた原因不明の火災は2つの暴力団の縄張り内で起きていた事が判明?「原因不明の火災」「暴力団」「詐欺」「ホステス」様々なキーワードが重なり合い、1つになったとき事件の真相が…。

[PR]
by noho_hon2 | 2014-07-31 11:47 | ドラマ | Trackback(7) | Comments(0)

若狭宣子 水彩画巡回展
モンベル渋谷店モンベル渋谷店で、若狭宣子 水彩画巡回展を鑑賞

涼しげで爽やかな画風が夏にピッタリ、だったのでした。

説明を読むと、独学で絵画を習得。大自然の風の匂いなどからイマジネーションがわくみたいで、モンベルらしい企画だなぁと (^。^*)
e0080345_18185098.jpg


[PR]
by noho_hon2 | 2014-07-30 18:19 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

ペテロの葬列「30年前の真実…明かされる悪の歴史…動き出した後継者争い」
e0080345_17380887.jpgなんと、バスジャックで憤慨し「あなたのような人を見たことある」と、早々にバスを降りてしまい、以後、出社してなかった

園田編集長(室井滋)の過去が、会長の今多嘉親(平幹二朗)によって語られ、その経緯が戦慄で、ドキドキしてしまいました。

ミステリーの新境地かも。

バスジャックに居合わせた人々に送られたお金も謎だし、「付けられてる予感」といい、

間野京子(長谷川京子)のミステリアスさ。

ますます、目の離せない展開に。さすが、原作・宮部みゆき、楽しみ

   (ストーリー)

事件についてや犯人について、また誰が慰謝料を送ったのか調べを進める杉村(小泉孝太郎)と手島(ムロツヨシ)、そしてバスジャックの被害者たち。そんな中、園田編集長(室井滋)は相変わらず休職中で、自宅のマンションに閉じこもったきり。8人の被害者の中でも、もっとも事件のダメージを強く受けたのは彼女だった。ジャックされたバス車内での、園田と犯人との謎のようなやり取りはなんだったのだろうか…?

そんな園田の様子を心配する会長の今多嘉親(平幹二朗)は、園田の件については自分にも責任があるという。そんな嘉親を訪ね、なぞの現金が送られてきたことや園田と犯人のやり取りなど、ことの経緯を伝える杉村だったが、そのとき嘉親から園田が体験した壮絶な過去についての話を聞く。一体、その壮絶な過去とは!?

一方、広報室では井手(千葉哲也)は間野京子(長谷川京子)に対して、セクハラまがいの発言をし彼女を困らせていた…。

[PR]
by noho_hon2 | 2014-07-29 17:39 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)

アナと雪の女王
e0080345_16280243.jpgなんと、先日、購入した、GoogleのHDMI TVアダプタ「Chromecast」を使い、思いがけず、現在、話題沸騰中。

ほとんど社会現象にまでなってる「アナと雪の女王」を観ることができて、大感激

全然、知らずに観たので、予測を裏切る展開。

そして、あまりにも有名なレリゴーが、早くに登場するのに驚き「…こんなオハナシだったんだぁ…」と、驚いたのでした。

テレビで、がんがん有名な場面が流れてるせいか、ほとんどの曲が耳馴染みあり、アニメーションも表情豊かで、物語も面白かったです。

第86回アカデミー賞長編アニメ部門で賞に輝いたのも納得。

望んで、吹き替え版で観ました。大いに満足

   (解説)

アンデルセンの童話「雪の女王」をヒントに、王家の姉妹が繰り広げる真実の愛を描いたディズニーミュージカル。触れた途端にそのものを凍結させてしまう秘密の力を持つ姉エルサが、真夏の王国を冬の世界に変えてしまったことから、姉と王国を救うべく妹アナが雪山の奥深くへと旅に出る。監督は、『サーフズ・アップ』のクリス・バックと『シュガー・ラッシュ』の脚本家ジェニファー・リー。愛情あふれる感動的なストーリーはもちろん、美しい氷の世界のビジュアルや個性的なキャラクター、壮大な音楽など、ファンタジックな魅力に酔いしれる。



[PR]
by noho_hon2 | 2014-07-29 16:22 | 映画 | Trackback(19) | Comments(0)

HERO「真実の行方・コンビ解消の危機!?絶対に謝らない検事」
e0080345_16052420.jpg今回は、職場の席替え、というか、シャッフル企画が新鮮だったかな?
 
だけど、最後には、久利生公平(木村拓哉)の「(相手と)ちゃんと向き合ってる姿勢」に感化され、元に戻るなるあたり楽しかったのでした。

しかし、相棒・麻木千佳(北川景子)の、ふとした仕草から漏れる元ヤンの匂いといい、おひとり御飯大好きグルメちゃんぶりといい、なかなか…

また、彼女の、新境地…かも。

個人的には、ゴローさんならぬ、松重豊が、困りっぷりっぷりといい、中間管理職の悲哀を出した美味しい役で、ヤンヤ

本当に、あいかわらずHEROは、安定して面白いのですが、欲をいえば、「あと一匙…」が、ファンゆえの、ワガママな我家のリクエスト、なのでした。

大塚寧々の登場する、次回も楽しみ楽しみ

   (ストーリー)

久利生公平(木村拓哉)の担当事務官は、多忙な毎日。他の検事たちより取り調べに時間がかかるからだ。もちろん、麻木千佳(北川景子)も例外ではない。その日の夜も、久しぶりに仕事が早く終わったので、大好きな食べ歩きをしようと店に入って、注文した料理が来たところに久利生から電話。久利生が城西支部の夜当番の日だった。千佳は仕方なく料理をテイクアウトして、久利生に呼び出された城西署へ向かう。

城西署では、取調中の被疑者、佐伯亘(山崎画大が留置場で亡くなっていた。立ち会った医師は、心筋梗塞と判断。久利生と千佳は、佐伯の死に事件性がないことを確認して城西署を後にする。

翌日の城西支部で、佐伯を取り調べていた田村雅史(杉本哲太)が、もう少しで起訴出来たと歯?みしていると、長谷川洋介という人物から電話がかかってきた。その名に驚く田村と遠藤賢司(八嶋智人)。なぜなら、洋介は佐伯に殺害された被害者なのだ。電話を受けていた千佳が確認すると、相手は洋介の父、長谷川誠一(前田吟)と判明。誠一は、佐伯の裁判がいつ始まるかを知りたかった。電話を変わった遠藤が被疑者死亡で起訴されないと説明すると、誠一は絶句してしまう。

この日から、誠一が、城西支部を何度も訪ねたり、電話をかけてくるようになってしまう。担当検事に会わせて欲しいと訴える誠一。だが、当の田村は相手をしようとせず、遠藤に応対を押し付けてしまう。

[PR]
by noho_hon2 | 2014-07-29 16:07 | ドラマ | Trackback(14) | Comments(0)

ラジオ会館
新しく出来たラジオ会館に行ってきました。
内装やエレベーターはキレイに新しくなったのですが、中は、まんまで、思わず (^m^)

あの、ちょっと小汚い中での猥雑パワーが懐かしや
e0080345_18122747.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2014-07-28 18:19 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

土佐料理 祢保希(ねぼけ)
e0080345_18115526.jpg
土佐料理 祢保希(ねぼけ)で、ランチをいただきました。
内装は、名物のさわち(大皿)が飾られ、雰囲気です
e0080345_18121478.jpg
これが、ランチメニュー。
ふたりで、カツオのたたきを中心に、別々のメニューを
e0080345_18120862.jpg
お料理がやってきました。
デザートから、お漬物、茶碗蒸しに至るまで、大変、美味しかったです。大満足
e0080345_18122139.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2014-07-28 18:16 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

スペシャルドラマ「必殺仕事人2014」
e0080345_08315586.jpg煽り文句は「必殺仕事人2014 最大の敵・仇討ち屋が立ちはだかる!」… たしかに、高橋英樹とは、大物キャスティングでしたね。

伝統の音楽BGMにのって、中村主水の魂を受け継いだ東山紀之ら新生“仕事人''達の活躍… 今回は、いつもより、ジャニーズ度が高かったかな?

Hey!Say!JUMPの知念侑李、健気な役どころを頑張ってました。

個人的には、和久井映見が好き。野際陽子も、ますます似合ってますね。

ラスト、主人公の東山紀之に、お流れになった、媒酌人の役が回ってくるあたり、思わずプププ…
[PR]
by noho_hon2 | 2014-07-28 08:32 | ドラマ | Trackback | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「ブランケット・キャッツ..
from トリ猫家族
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)