<   2015年 04月 ( 63 )   > この月の画像一覧

戦う!書店ガール「万引き犯に土下座!?年下男を襲った悲劇」
前回は、理子(稲森いずみ)が、亜紀(渡辺麻友)を恋敵と勘違いし、ボロボロになってましたが、今度は、逆に三田(千葉雄大)を巡り、年上女性に片思い相手の心を奪われて、亜紀がヨロヨロ。心ここにあらず。

でも、理子にも、新しい恋のお相手が巡ってきましたぞ。田代こと、田辺誠一画伯、頑張れ。お互い、デートしてる内に、乗り物が苦手、とか、高いところが怖い、と分かってきて可愛かったです。

また、亜紀を想う相手・小幡(大東駿介)も接近してきました。
漫画家・あがちなお(浅利陽介)との昼食会に誘われ、「亜紀が本を好きになった理由」が明らかに。

今回は、居直り万引き犯が2度もあらわれ、賑やか、というか、ムカつきましたね。かたや、本の写真を撮ってたのを注意した女子高生で、かたや、万引き常習犯。

女子高生は、敵をとろうと亜紀に土下座を強要し、理子がうまく取りなしたものの、あの隠した本はどうなったのかな? ちょっと気になってしまいました。

また、常習犯の方は、ナイフを持って大立ち回り。三田が負傷してしまいましたが、どうなる?

書店ガールの恋愛事情も、また賑やか、なのでした。

    (ストーリー)

三田(千葉雄大)にフラれたショックで仕事に身が入らない亜紀(渡辺麻友)は、三田が片想いしている相手が誰なのか、気になって仕方がない。

そこへ、風邪で休んでいた理子(稲森いずみ)が3日ぶりに出社してくる。
三田のうれしそうな顔を見た亜紀は、三田が好きなのは理子だと直感。

そんな三田の気持ちを知る由もない理子は、再会した田代(田辺誠一)に約束をすっぽかしたことを謝罪。改めて東京案内すると約束する。

店には、以前、雑誌に掲載された記事の写真を撮っていたことを注意されたことで亜紀に恨みを抱いている女子高生3人グループが、仕返しをしようとやって来る。そのうちの一人が、持っていたブレザーの下にコミックを隠す瞬間を目撃した亜紀は、店を出たところで取り押さえようとするが、盗まれたはずのコミックは出てこない。

亜紀をまんまと罠にハメた女子高生たちは「万引き犯扱いされた!」と騒ぎ立て、亜紀に土下座を強要する。騒ぎを聞きつけ駆け付けた理子は土下座をしかけた亜紀を制止し、毅然とした態度でその場を収める。理子の強さを肌で感じた亜紀は、ホッとすると同時に、三田の気持ちが少し分かったような気がしてチクリと胸が痛む。

翌日、東京案内をするため意気揚々と田代との待ち合わせ場所に向かった理子は、船に乗ったりスカイツリーを眺めたり、久しぶりのデートを楽しむ。亜紀もまた、三田への想いを断ち切るかのように、小幡(大東駿介)に誘われた漫画家・あがちなお(浅利陽介)との昼食会に参加。

帰り道、小幡から付き合ってほしいと言われるが、返事を保留する。

そんなある日、店内の防犯カメラのモニターを見ていた理子は、男が万引きする瞬間を目撃。取り押さえようと先回りし、男の前に立ちはだかるが、逃げようとした万引き犯は持っていたナイフを理子に向ける。すると次の瞬間、理子を守ろうと三田が犯人と揉み合いになり刺されてしまう!

店長の野島(木下ほうか)らが駆けつけ、犯人は取り押さえられるが、三田は理子の腕の中で意識を失って…。

[PR]
by noho_hon2 | 2015-04-29 07:55 | ドラマ | Trackback(5) | Comments(0)

マザー・ゲーム~彼女たちの階級~「女の価値は何で決まる?母親の見栄とプライド」
希子(木村文乃)、はからずして、毬絵(檀れい)の誘いで、塾の体験学習に。

そこは、園長の双子の妹・フネ(室井滋)が塾長をしている業界でも有名な塾で、偶然にも希子のひとり息子・陽斗(横山歩)が脚光を浴びてしまいました。フネにも思うところがあった模様。嫉妬も混じり、落ち着かない常連さん達

由紀(貫地谷しほり)は、どうやら、自信の無さから、ブランドものとパチンコにハマってしまったようです。自身のプロフィールも、そうでないのに女子大出身と

また、希子のお仕事。園の行事、親子で鯉のぼり作りが、老人ホームのイベントでのケータリングと重なってしまいました。報酬が良かったので、引き受けたのですが、偶然、元ダンナ・秀徳(岡田義徳)が手伝いにあらわれ、喜んだのも束の間。お金をもってドロンされちゃいました。

そのような事情、鯉のぼり作りに陽斗は祖父・徹治(竜雷太)と参加して、お母さん仲間から「可哀想」と、ヒソヒソ話をされてしまいます。やっと、希子、ケータリングを早目に切り上げさせてもらい、行事に駆けつけたのですが、

陽斗が果敢にも「僕は可哀想じゃない。お母さんが大好き」と宣言します。なんてイイ子なんでしょう。

逆に、ハイソに着飾った園ママ達、目の保養だけど、お家では針のむしろよう。

対照的なまでにカジュアル・ルックの希子の強さと陽斗の健気さを応援してるのでした。

      (ストーリー)

 ある朝、希子(木村文乃)は毬絵(檀れい)から塾の体験学習に誘われる。受験するつもりもないからと断る希子だったが、そのことは幼稚園の母親たちの間でも話題になっていた。
そこは園長の双子の妹・フネ(室井滋)が塾長をしている業界でも有名な塾で、受講料がなんと150万円!特待制度があると聡子(長谷川京子)から聞いた由紀(貫地谷しほり)は、自分の娘も体験学習に行かせて欲しいと申し出る。

 そんな由紀は無理してセレブを装ってきていたが、ついにお金の遣り繰りが出来なくなりパチンコに通うようになっていた。希子はパチンコをしていてお迎えを忘れた由紀を非難するが、逆に由紀から誰にも一個も嘘をついていないのかと詰められてしまう。

 一方、まだ儲けが出ず悩み続けている希子の店に、いつもの男(豊原功補)が現れ、老人ホームのイベントでのケータリングを依頼する。人手が足りないと分かりつつ、報酬が10万円と聞き引き受けた希子。だが、その日は陽斗(横山歩)の幼稚園で親子参加の行事が予定されていた。

 そして当日、希子がケータリングを準備していると、秀徳(岡田義徳)が手伝いに現れるのだが…。

[PR]
by noho_hon2 | 2015-04-29 07:35 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

猫侍SEASON2 第四話
久太郎(北村一輝)、家庭菜園に精を出すほど貧乏暮らしが板につきつつも、小助(佐野泰臣)の振るまい餅には手を出さず、プライド高さが邪魔します。

猫禁止ゆえ、大家さんの前では小さくなって右往左往。

お隣さんがネコ好きで玉之丞を預かってくれてヨカッタですね。(なんと、お刺身を食べさせてて、久太郎ごっくん)

また、ひょんなことから、迷い込んでしまった仔猫の世話をしつつ、猫見屋で留守番を。エプロン姿がミスマッチで可愛かったのでした。でも、猫の指圧を覚え、ノミのたかった猫を洗ってあげられて儲けになりホッ。

子猫の件も、元の飼い主(子供ちゃん)が現れ、一件落着。

ますます、ほっこりワールドはバージョンアップ。
SEASON2も絶好調で (^^*)

     (ストーリー)

家庭菜園に精を出す久太郎。大根の芽が出てきて喜んでしまうほど、貧乏暮らしが板についてしまっている。
そのくせ、ほおずき長屋に引っ越してきた小助(佐野泰臣)からの振る舞いの餅は、プライドが邪魔をして受け取らない。
なにはともあれ、生活の為、口入れ屋の「ぴんはね」に足を運ぶ久太郎。 だが、店主の天引きから仕事の代わりに頼のまれたのは、迷い込んでしまった仔猫の世話。
困った久太郎は、猫見屋のお七を訪ねると、「猫飼指南―仔猫編―」を手渡され、挙句店番を任せられるのであった。

[PR]
by noho_hon2 | 2015-04-28 08:08 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)

ようこそ、わが家へ 「遂に捉えたストーカーの姿」
健太(相葉雅紀)は神取明日香(沢尻エリカ)と自宅に防犯カメラをとりつけたものの、不審人物は、防犯カメラの存在を知ってるかのように、巧みに身を隠し、明け方に不審な車が停まってたことも判明。

逆に、ますます深まる謎…

家には、なぜかピザ屋から大量のピザが運ばれてくるわ、(その割に、珪子(南果歩)お母さんは楽天的でしたね)不審人物は、既に家に不法侵入してるらしく、七菜(有村架純)の靴の片方をあらぬ場所に置いて、メッセージを残して行きます。ぞわっ

珪子母さんに、陶芸教室の先生も急接近してきましたよ

また、会社でも、太一(寺尾聰)は、西沢摂子(山口紗弥加)の密会ファックスが送られてくる一方、彼女から、真瀬博樹(竹中直人)の経費横領疑惑を告発するようにたきつけられますが、実行したら、逆に、ねじふせられ、彼女の態度も豹変します。風向きが急に変わってしまいました

傍らで、西沢摂子、会社では禁止されてる夜のバイトもしてるみたいでしたね。真瀬が、なにやら、ひそひそ話。

防犯カメラの設置は裏目に出て、全てが謎を呼び、家族のみんなが危機です。どうなるどうなる?

     (ストーリー)

倉田家の自動車が深夜、何者かに傷つけられた。健太(相葉雅紀)は、『円タウン出版社』で神取明日香(沢尻エリカ)と、自宅に取り付けておいた防犯カメラが捉えた映像を検証する。すると、深夜に自動車に近寄る人物が映っていた。しかし、その人物はカメラの存在を知っていたかのように体を隠している。明日香は倉田家の誰かが、カメラのことを第三者に話したのではないかと疑う。そのまま映像を見ていると、明け方に不審な車が倉田家の前に停まっていた事も判明した。

太一(寺尾聰)は、会社にFAXで送られた西沢摂子(山口紗弥加)との密会をほのめかす怪文書を社長の持川徹(近藤芳正)に釈明。持川は怪文書の内容は意に介さなかったが、太一と摂子に注意するようにと伝えた。社長室を出た太一は、家に嫌がらせをしている人間の仕業を、摂子は 真瀬博樹(竹中直人)が怪文書の犯人ではないかと疑う。

その夜、倉田家に新たな嫌がらせが行われた。七菜(有村架純)がアナウンサー試験の4次面接に受かった事を健太に報告していると、自宅前にバイクが止まる。宅配のピザが大量に届いたのだ。珪子(南果歩)が受け取りを拒まなかったため、家族の夕食はピザに。そんな夕食を食べながら、健太は防犯カメラの映像を家族に見せる。そして、カメラの話を他人にしたかと聞くが、妹の七菜を含め誰も心当たりがない。すると、倉田家の不安を見透かしたかのようにリビングに無言電話が…。

[PR]
by noho_hon2 | 2015-04-28 07:53 | ドラマ | Trackback(10) | Comments(0)

中島みゆきスペシャル
オンエアは94年だったみたいですが、若い頃の、それこそ、コンテストで受賞した時の、素人素人した映像や、様々なショット。映像。バラエティ豊かな有名人達のインタビュー(工藤静香が若い!)と盛り沢山で、特に、伝説の「夜会」の実際が観ることが出来て嬉しかったのでした。

思えば1度だけ、中島みゆきのコンサートに行ったことがあるのですが、想像以上に細いのに、心にまっすぐ届く迫力ある声で、真っ赤なドレスも、ギター1本でジーンズ&シャツ姿も、どちらもお似合いで、感動した記憶があるだけに、その進化形が嬉しかったです。

たしかに、声のみならず、身体をして、これだけの表現力があれば、役者さんや舞台俳優にもなれたかもしれませんね。

夜会で聞く、「わかれうた」や「ひとり上手」も見事でしたが、ほとんど泣き出さんばかりの絶唱。「クレンジング・クリーム」には圧倒されました。

しみじみと、天才を実感

[PR]
by noho_hon2 | 2015-04-27 09:12 | テレビ | Trackback | Comments(0)

寄生獣
e0080345_08444350.jpg後編の公開を記念した、テレビのオンエア版で見たので、

お茶の間向け、& 後編鑑賞の予備知識として、すごく総集編っぽい、というか、編集が入り、カットも沢山に感じられたのですが、プチグロながら、なかなかに見応えありました。

それに、染谷将太の主役力も抜群だったし(「WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常」に続き、イイ仕事してますね)や、深津絵里や東出昌大が演じるモンスターの、まがまがしさ、

余貴美子、演じる母親との関係といい、橋本愛の華を添える存在感や、人間とモンスターの手に汗バトルといい、「…やるぅ」だったのでした。

壮大な物語みたいなので、どのようにフィニッシュするのか、楽しみ楽しみ

     (解説)

謎の寄生生物と共生することになった高校生・泉新一の数奇な運命を描いた岩明均の伝説的人気コミック「寄生獣」を、「永遠の0」の山崎貴監督が実写映画化した2部作の前編。ある日、人間の脳を乗っ取って肉体を操り、他の人間を捕食する「パラサイト」と呼ばれる謎の寄生生物が出現。平凡な高校生活を送っていた泉新一も、一匹のパラサイトに襲われる。しかし、新一の脳を奪うことに失敗したパラサイトは、そのまま右腕に寄生し、自らを「ミギー」と名乗って新一と共生することに。当初は困惑した新一も、次第にミギーに対して友情に近い感情を抱くようになるが、やがてパラサイトと人間とが殺し合う事態が発生。新一とミギーもその争いに巻き込まれていく。主人公・新一役を染谷将太が務め、深津絵里、橋本愛ほか豪華キャストが集結。脚本は、「ALWAYS 三丁目の夕日」や「探偵はBARにいる」など人気シリーズを手がける古沢良太。

     (ストーリー)

平凡な高校生・泉新一はある日パラサイトという寄生生物に襲われる。彼らは本来人間の脳を乗っ取るが、新一を襲ったパラサイトは脳を奪うことに失敗し右腕に寄生した。新一は誰にも言えず思い悩むが、次第にパラサイト・ミギーに友情に近いものを感じ始める。

[PR]
by noho_hon2 | 2015-04-27 08:46 | 映画 | Trackback(20) | Comments(2)

天皇の料理番「~時代を超える人間の愛と命の感動物語~どうしようもない男が百年前に見た料理への果てなき夢…」
原作、『天皇の料理番』は、1979年に出版された、杉森久英による小説。過去、3度にわたりテレビドラマ化された名作なのですね。

個人的には、エネルギー過剰すぎるのか、最初は不良というか、規格外だった個性が、「これぞ!」な道を見つけて、のぼりつめていく軌跡は、なんとなく宮本武蔵を連想させました。佐藤健の短髪姿が新鮮です。(祝・佐藤健、TBSの連続ドラマでは単独初主演♪)

それに最初に、その後の快進撃と大成ぶりを語ってるので、安心して、ハラハラ時代も見守れるのかも

でも、つい夢中になって、邁進すれど、すぐ飽きて、転々と… というのが笑えますね。

もうひとつは、兄の周太郎 (鈴木亮平)、縁あって結婚した、というか婿に行った先の、妻・俊子 (黒木華)と、人に恵まれたのかも。

黒木華、繊細な演技が光りました。

「美味しそうなシーン」も見どころのひとつ、でした。

これは、「これぞ!」の「道を見つける」までのプロローグで、次回から厳しい修行時代に入りそうですが、安定感がヨイです。楽しみ楽しみ。

     (ストーリー)

明治37年 (1904年) 正月。
福井の秋山家は、父・周蔵 (杉本哲太) を筆頭に、弁護士を目指す長男・周太郎 (鈴木亮平) も帰郷し、家族一同希望に満ちていた。唯一心配の種と言えば、仏門に修行に入った16歳の次男・篤蔵 (佐藤健)。そしてその不安は的中、正月の祝いの席に 「もう面倒は見切れない」 と寺から破門を言い渡された篤蔵が、意識の無い状態で運び込まれたのだ。

もしや死んだのか !? と心配する秋山家の面々だが、運んできた坊主に言わせると、どうやら酒を飲んで酔っ払い、墓場の坊主墓を落とす悪行をしでかしたらしい。

何をしても長続きしない篤蔵の将来を案じた父・周蔵は、鯖江の昆布問屋・松前屋 (高浜家) の婿養子の話を取り付けてきた。そして篤蔵は高浜家の長女・俊子 (黒木華) の婿として、新しい生活を始めることになる。昆布問屋の仕事は、篤蔵にとって意外と馴染みやすいものだった。鼻が良い篤蔵は、産地の違う昆布をかぎ分けることができ、松前屋の主で俊子の父・金之介 (日野陽仁) も一目置くようになる。次第に篤蔵は高浜家に馴染み、俊子の表情にも笑顔がこぼれるようになっていく。

そんなある日、鯖江連隊に配達に出かけた篤蔵は、厨房から漂って来たえもいわれぬ匂いに興味をそそられる。厨房には篤蔵が見たことも無い食材が並び、調理している 田辺軍曹 (伊藤英明) は、福井ではまだ食べる習慣の無かった牛肉を料理しようとしていた。興奮を抑えられない篤蔵は、田辺の調理を興味深く見続ける。そして勧められるまま、揚げたてのカツレツを口にした篤蔵は、生まれてから経験したことの無い強い衝撃を受けた。

それが…
篤蔵の人生が変わった瞬間だった…
一口のカツレツに篤蔵がみた夢…

その日から篤蔵は 「商いの売込み」 と嘘をつき、鯖江連隊で田辺に料理を習うようになる。篤蔵にとっては見たことのない、食べたことのない料理は飽きることはなく、人生で初めて 「楽しい」 と感じる日々だった。そんな篤蔵の微妙な変化に、俊子は一抹の不安を覚えていた。そして、篤蔵が 「売込み」 ではなく鯖江連隊で料理を習っていることが、金之介に知られてしまい…

[PR]
by noho_hon2 | 2015-04-27 07:54 | ドラマ | Trackback(13) | Comments(0)

ドS刑事「恐怖の連続放火にマヤの怒り爆発!恨みの連鎖の謎を解く涙のドS攻撃!」
しかし、完全に「風が吹くと… (桶屋が儲かる)」的な連鎖の、なんとも、お気の毒な事件でしたね。

回転遊具は、かぎりなく、「もっと、もっと…」と、お約束の「思考をまとめる」お道具になってきました。今回は、逆回転もあったのが、新しかったかな?

マヤ(多部未華子)と不二子(吉田羊)、女達が凛々しくたくましいのが特徴です。

似顔絵に爆笑

    (ストーリー)

マヤ(多部未華子)と代官山(大倉忠義)は、放火事件で犠牲になったカップルから佐々木(ナカムラユーキ)という男が恐喝されていたことを突き止めるが、その佐々木も焼死してしまう。恐喝の事実を掴みながら、マヤが報告を怠っていたことを知った不二子(吉田羊)は、静かに激怒する。

浜田(八乙女光)たちが佐々木について捜査を進める中、マヤは代官山と共に半年前に焼身自殺をした女性・凛子の母・時枝(中尾ミエ)の元へ。凛子は、息子が事故死をした公園で自殺を図ったのだが、時枝によるとその公園の近くで酔っぱらった男が道路に飛び出したせいで救急車が遅れ、そのために凛子の息子は命を失ったのだという。マヤは由良(石井正則)からの情報で、道に飛び出した男・西川(相馬圭祐)に当日酒を飲ませたのが神宮寺という男だったことを聞く。

同じ頃、数十名の女性と同時進行で交際していた佐々木が伸子という女性から2000万円をだまし取っていたことが判明。伸子が佐々木だけでなく荒木たちをも逆恨みで殺害した可能性があると、不二子と浜田が伸子の事情聴取へ向かうことに。しかし伸子は思わぬ姿で発見され、不二子はマスコミから叩かれることになってしまう。そんな中、救えたかもしれない命を助けられなかった自分たちに腹を立てた代官山から、厳しい言葉を投げつけられたマヤは…。

[PR]
by noho_hon2 | 2015-04-26 06:35 | ドラマ | Trackback(5) | Comments(0)

三匹のおっさん2~正義の味方、ふたたび!!~「帰ってきた3匹のおっさん 妖怪!?ご町内のお化け騒動を成敗!」
やはり、痛快物語はイイですね。
あの3人が戻ってきてくれて嬉しい♪

さすが、同じテレビ東京さん。知らない人に対する妖怪ウォッチの解説も兼ねて、うまくコラボして物語に活かしてましたね。

鈴木福クンが、頼もしくお兄さんになってて「をを~っ!」(でも、可愛い)

着物の店で、店主は腕の立つ職人の竹田(竜雷太)、その孫の里織(谷花音)がいい雰囲気でした。地上げ屋トラブルはあれど、竹田の息子・正信(岡田浩暉)とも和解してヨカッタヨカッタ

人情あり。気持よく、理不尽を退治してくれて (^-^*)

    (ストーリー)

私設自警団結成から1年。
いつも通り町内を夜回りしていた清一(北大路欣也)、重雄(泉谷しげる)、則夫(志賀廣太郎)。その帰り道、重雄は白い人影を目撃するが、すぐに見失ってしまう。

そんなある日、清一たち3人は夜回り中に、隼人(鈴木福)ら小学生達に出会う。彼らは、町内におばけが出ると学校で噂になっている屋敷を見に来ていた。隼人はお化けを見つけて、退治するのだという。則夫が自信満々でおばけは科学で説明ができるのだと話すと子供たちはがっかり。3人は彼らを家へと送っていく。しかし、その背後に怪しげな影が…。

翌日、清一が噂の屋敷をもう一度訪れると、そこは着物の店だった。店主は腕の立つ職人の竹田(竜雷太)とその孫・里織(谷花音)と話していると態度の悪い男が現れた。男が去った後に竹田に話を聞くと、彼は地上げ屋で竹田の息子・正信(岡田浩暉)とともに店を売るよう求めているのだという。

そんな中、竹田家の周辺で「おばけを見た」という目撃情報は、どんどん増えていく。
ついには、清一の息子・健児(甲本雅裕)や則夫まで、おばけと遭遇してしまう。

そこで、ご町内の平和を守るべく、
三匹はお化け退治に乗り出すことに…。

[PR]
by noho_hon2 | 2015-04-25 18:02 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)

アルジャーノンに花束を「超知能への手術!世界一好きな人の為」
咲人(山下智久)の、知能向上の動きが始まりました。

でも、「そのままの君が好きだよ」という梨央(谷村美月)は「私には時間がない」といい、なにか深い事情がありそうです。

俳優・山下智久の新境地! 目の保養でもあり、温かく見守れます。周囲の環境も恵まれてますよね

彼なりの(現時点での)「好き」の定義、も興味深かったです。

同じ原作から、岡田ワールドとは、また違った展開と見せ場を示してくれそうな予感。楽しみなのでした。

      (ストーリー)

知能を飛躍的に向上させる研究チームのリーダー、蜂須賀(石丸幹二)から、「魔法をかけてあげよう」と言われた咲人(山下智久)。それからほどなく、咲人の適正テストが始まったが芳しい結果が得られず、蜂須賀ら研究チームは表情を曇らせていた。しかし、咲人を被験者として推薦した遥香(栗山千明)は、咲人のテストに対する熱意や向上心には特筆すべきものがあると主張する。そんな遥香に蜂須賀は、喜びや怒り、悲しみ、そのほかさまざまな欲求など、咲人の人間らしい情動について観察するよう指示する。

んなとき、ねずみのアルジャーノンの飼育を担当する小久保(菊池風磨)から、アルジャーノンのお嫁さんについて話を聞いた咲人。世界でいちばん好きな女の子はいないのかと小久保に質問されるが、咲人は考え込んでしまう…。

一方、咲人が勤める「ドリームフラワーサービス」の社長、竹部(萩原聖人)から、咲人が知能を向上させる手術を受けることになったと聞いた柳川(窪田正孝)と檜山(工藤阿須加)は、母親に金で売られて騙されているんだと、咲人を心配して手術を受けることを反対する。がしかし、手術を受けるのは咲人自身の願いだと竹部は柳川らを諭す。

そんなある日、咲人のことを気に入った梨央(谷村美月)は、舞(大政絢)が反対するのを聞かず、咲人と柳川、檜山を自分の別荘へ遊びに行こうと誘う。果たして、咲人にアプローチする梨央の真意とは? そこには、梨央が抱える大きな秘密が背景にあった…。

[PR]
by noho_hon2 | 2015-04-25 17:53 | ドラマ | Trackback(9) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
4号警備 総括
from ぐ~たらにっき
「緊急取調室 SECON..
from 三毛猫《sannkeneko..
貴族探偵 #06
from 刹那的虹色世界
貴族探偵 第6話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第6話
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 第6話
from ぷち丸くんの日常日記
アリス・イン・ワンダーラ..
from ★yukarinの映画鑑賞ぷ..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)