<   2015年 09月 ( 35 )   > この月の画像一覧

「UTAGE!」 秋のゴールデン2時間SP
e0080345_7304649.jpg今回、テーマになってたのは、SMAP

各メンバーさんが、違った方とヒット曲をコラボしたり、逆に女性のユニットがヒット曲を競演したりすると「へ~っ、こんな曲だったんだぁ」と、また違った風景が見えて、楽しかったです。

冒頭からキムタクですから、とばしてるぅ

「SMAPリクエストランキング」も大いに見ものだったし、

最大のハイライトは、中居くんが真面目に歌ったことだった、かも、

でも、ピアノ演奏するキスマイBUSAIKU!? の 千賀健永、ただでさえガチガチなのに、中居くんにいじられて、プレッシャーかけられ、もう極限状態でしたね。

でも、無事に乗り切ったあたりは、さすが選ばれし人。

中居くんも普通に歌えるのに感心?!

やはり、歌える人、踊れる人って、凄いなぁ… それだけで、エンタメになるなぁ、と尊敬の念
[PR]
by noho_hon2 | 2015-09-30 07:29 | テレビ | Trackback(1) | Comments(0)

デート~恋とはどんなものかしら~2015夏 秘湯
e0080345_7502264.jpgスペシャルらしく、サービス精神満点。横浜のさまざまな名スポットが登場するし、しかも、舞台は、いつものメンバーで、温泉旅行まで… 

しかも、依子(杏)の亡き母、小夜子(和久井映見)と父・俊雄(松重豊)の他愛無い、夫婦喧嘩の思い出が盛り込まれてたり、

半同棲生活で、依子が巧(長谷川博己)のミニ・スペースに、イライラしたり、

依子、巧の浮気疑惑に半狂乱で、刃傷沙汰になって、途中から箒をもっておいかけ、ついに湯にドボン、も可笑しかったし、

オチが、秘湯の発見。でも、捜索にいった、鷲尾(中島裕翔)くん、忘れられ、トホホなのも、笑えました。

ゲストで、キーマンにもなる、彦乃(芦名星)も雰囲気だったと思います。

あらゆる流れが、連続ドラマ時とリンクしてるのも素晴らしかったです。

フラッシュ・モブ・プロポーズにリンクして、ラスト・公務員の人脈を駆使して、氷川丸の前で、マーチングバンド・プロポーズするのも、なかなか…

佳織(国仲涼子)の別人化も御愛嬌でしたね。

とてもとても面白いかったです。満足
願わくば、まだまだシリーズ化されて続きが見たい、気がしたのでした。

     (ストーリー)

 依子と巧が作成を続けていた「結婚契約書」ができ上がった。2人はその中に「浮気」に関する項目を入れ忘れたと気付くが、自分たちには不要だと結論付けていた。

 後日、2人は結婚が合意に至ったと発表。その夜、依子は幻影の亡き母、小夜子(和久井映見)の言葉に考えさせられ、結婚前に予行練習期間を設けようと2人で半同居をすることになる。

 巧は慣れない家事に奮闘するが、次第に息苦しさを感じてしまう。そんな中、巧は和服姿の彦乃(芦名星)と出会う。運命の行方はいかに-。
[PR]
by noho_hon2 | 2015-09-29 07:45 | ドラマ | Trackback(12) | Comments(0)

劇場版NARUTO ナルト 大活劇!雪姫忍法帖だってばよ!!
e0080345_738195.jpgROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE-」を観て以来、「初期作品って、一体、どんなだったんだろう?」と思ってただけに、第一作目が観られて、念願かないました

本当に、素朴な活劇なのですね。
何より、ユーモラスで、キャラ立ちしてるのがイイです。

助ける、お姫様が女優で、ちょっとワガママで勝ち気ってのが、やや捻ってありましたが、「わぁ、正統派だぁ」とウケたのでした。

個人的に、満足

     (解説)

 “火の国”の忍びの里「木ノ葉隠れの里」の落ちこぼれ忍者うずまきナルトの活躍を描く人気TVアニメの劇場公開版。原作は週刊少年ジャンプに連載の同名コミック。映画オリジナルのストーリーで、氷に覆われた“雪の国”を舞台に、一人前の忍者を目指し奮闘するナルトとその仲間たちを史上最悪の任務が待ち受ける。同時上映は短編「劇場版 NARUTO-ナルト- 木ノ葉の里の大うん動会」。

     (ストーリー)

 “コピー忍者”の異名をもつ最強の忍・カカシ先生の下で名門うちは一族の末裔・うちはサスケと、カカシ班の紅一点・春野サクラとともに一人前の忍者を目指してがんばるナルト。そんなナルトたちの今回の任務は、超ワガママな映画女優・富士風雪絵を護衛するというもの。彼女が主役を演じる大ヒット映画「風雲姫の大冒険」シリーズの完結編が、一年中氷に覆われた“雪の国”で撮影されることになった。しかし肝心の雪絵は“雪の国”には行かない、と駄々をこね皆を困らせる。少々強引ながらなんとか雪絵を“雪の国”へと連れて行ったナルトたちだったが…。
[PR]
by noho_hon2 | 2015-09-28 07:38 | 映画 | Trackback | Comments(0)

劇場版NARUTO ナルト 木ノ葉の里の大うん動会
e0080345_731668.jpg本編前の、限りなくギャグ編。

お好きな人は、ものすごい勢いでくいつき、大爆笑しそうですが、引いちゃう人は、思いっきり、ドン引きしそう

でも、初めての劇場版。活劇前は、このぐらいの大脱力編が、御愛嬌… かも (^^;)ゞ
[PR]
by noho_hon2 | 2015-09-28 07:28 | 映画 | Trackback | Comments(0)

まれ 最終回
e0080345_6244095.jpg贅沢キャスティングだっただけに、目の保養でしたが、なんだか役者さん達がちょっとお気の毒でしたね。

毎回、「なんで? どうして?」の連続

ネットで同異見の方の存在、ホッとしてた感でした。

ただ、土屋太鳳のファンなので、願わくば、山崎賢人と、「百恵友和パターンをもう1度と」変なしばりをして欲しくないなぁ。のびのびと自由に役を選んで欲しい気がして。

大泉洋も、常盤貴子も大好きな俳優さんだけに、両親役で、損してた感で… う~ん 惜しい! でも、見事なプロ根性?です

しかし、「文さん劇場」の紙芝居(特に最初のバージョン)を、朝ドラにあるまじき悪趣味に感じたのは私だけ? (おじいちゃんを悪く孫に伝えるなんて…)

田中裕子も好きだっただけに (^^;)ゞ でした

とにかく、やっと「終わって」ホッとしたのが本音… かも。
[PR]
by noho_hon2 | 2015-09-27 06:20 | ドラマ | Trackback(8) | Comments(0)

2014東京インターナショナルオーディオショウ
雑誌の付録でスピーカーを組み立てよう、という発想と根性が凄い!
大音響で「ホテル・カリフォルニア」のライブが聴けて、大感激
e0080345_18415471.jpg
e0080345_1842859.jpg
e0080345_18421764.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2015-09-26 18:42 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

表参道高校合唱部! 最終回「号泣…伝説の愛の歌で奇跡!家族の再生」
e0080345_7132756.jpgそれなりに楽しく観てたのですが、「伝説の愛の歌」にこだわるあまり、と、問題テンコ盛りにして、ちょっと引っ張りすぎちゃったかな?

でも、ヒロインがフレッシュで、毎回、趣向を凝らした合唱が楽しかったし、青春モノとして、爽やかさんで、キャスティングも合ってた気がしました。

この、鮮度のイイ顔ぶれのメンバー達、まだまだビッグになりそうですね。
楽しみ楽しみ

      (ストーリー)

 表参道高校の文化祭で顔を合わせた雄司(川平慈英)と美奈代(堀内敬子)。二人の再会に喜ぶ真琴(芳根京子)だったが、「僕は君を幸せにできない」という言葉を残して雄司は去ってしまった。両親の復縁が不可能だと悟った真琴は、それからというもの、何をするにも気力をなくしてしまい、部活も休みがちになってしまう。

 そんなある日、雄司から香川へ帰ると聞いた真琴は、自分も香川へ戻ると言い出す。そんな二人の会話を、雄司を訪ねてきた快人(志尊淳)が聞いていた。

 真琴が香川へ帰ってしまうことを快人から聞かされた、合唱部の面々は驚きを隠せないでいた。真琴のために何ができるのかを考えろと合唱部に檄を飛ばす有明(城田優)の言葉に、真琴のいない合唱部なんて考えられないと続ける里奈(森川葵)。「俺たちに何ができる?」と部員へ問いかける廉太郎(泉澤祐希)に、快人は真琴が探し続けていた「愛の歌」の存在を伝えた。

 果たして、合唱部の面々は真琴を引き止めることができるのか? そして真琴の両親を復縁させることができるのか!?
[PR]
by noho_hon2 | 2015-09-26 07:09 | ドラマ | Trackback(7) | Comments(0)

近キョリ恋愛
e0080345_851658.gifああ、やはり、山Pの美貌には、こういう正統派・ラブストーリーが似合うなぁ、と感心してしまいました。

いつもクールな天才女子高生・枢木ゆに役の小松菜奈も、女優として、なかなか素敵な個性だと感じました。

噂では、かなり原作を無視してる?との評判でしたが、こういう胸キュンな「見どころ」を堪能する映画があってイイかも、と感じました。

また、昨今の学園モノのありがちな「いじめ」が前面に出てなくて、ふたりの心模様に絞ってあったのも、見やすかったかな?

「美しい人は、美しい内に、そういう役を」
私的には、美しい山Pが堪能できて、満足

    (解説)

山下智久の主演で、みきもと凜による人気コミックを実写映画化し、美形ツンデレ教師とクールな天才女子高生の恋を描いたラブストーリー。「君に届け」の熊澤尚人監督がメガホンをとった。成績優秀だが英語だけは苦手な女子高生・枢木ゆには、新しく赴任してきたイケメン英語教師・櫻井ハルカから特別補習を言い渡されてしまう。自信家で毒舌なハルカに苦手意識を抱くゆにだったが、日々の補習を受けるうち、彼に恋心を抱きはじめていることに気づく。そんな自分の気持ちに戸惑いながらも、ゆにはハルカに告白。教師という立場から頑なに拒んでいたハルカも、ゆにのひたむきさに強くひかれていく。ヒロイン・ゆに役を演じるのは、中島哲也監督作「渇き。」でもヒロイン役に抜てきされた注目女優・小松菜奈。

    (ストーリー)

 いつもクールな天才女子高生・枢木ゆに。成績は常に学年トップ。しかし英語だけが苦手。そんなある日、赴任してきたばかりの英語教師・櫻井ハルカに、放課後の特別補習授業を言い渡されてしまう。自信家で冷たい物言いのハルカに反発するゆには、毎日続く2人きりの補習に困惑する。ゆにのいとこで、今は親代わりでもある数学教師の明智数馬は、ゆにの戸惑いを察して補習を強制的に中止させる。補習がなくなり嬉しいはずが、なぜか寂しさを覚えるゆに。親友のナミから、それは恋だと教えられ動揺する。それでも初めての感情と真摯に向き合い、やがて勇気を出してハルカに告白するゆにだったが…。
[PR]
by noho_hon2 | 2015-09-25 08:48 | 映画 | Trackback(10) | Comments(0)

ホテルコンシェルジュ 最終回「涙のラストサプライズ!母娘に奇跡を」
e0080345_64321100.jpg最終話のゲストが泉ピン子ってのもナニでしたが、最後まで懸命に駆ける塔子(西内まりや)の情熱と、

ホテル従業員のプロ根性、友情で、毎回、やや「そんなバカな!」ではありましたが、人情チックにハッピーエンドになるので好きでした。

今回は、親子のギクシャク・社長の成沢(伊武雅刀)がご近所さんで、当時のエピソードがサプライズとして功を奏しましたね。

修理係・大倉伸也(湯浅景介)の友情も良かったし、個人的には、何より、夏菜が元気そうで向いたキャスティング、ホッとしました。

気楽に見られ、豪華な浮世離れ空間を味わいつつ、ファンタジーでした。
「現在女性が1番、なりたい顔」という西内まりやの制服姿も目の保養…

    (ストーリー)

大手エステ会社「エリコツバキビューティー」のイベントを翌日に控え、塔子(西内まりや)の言動がきっかけで映里子社長(泉ピン子)はイベント中止を宣言。さらに30周年のキャンペーンも全て白紙に戻すという。フォルモントにとっては絶体絶命のピンチ。塔子は謝罪するが、GM・美穂子(若村麻由美)からは謝って済むレベルではないと叱責される。

一方、総支配人・鷲尾(高橋克典)は冷静に塔子を諭す。 その後、社長の成沢(伊武雅刀)を加えて緊急会議が行われた。映里子と旧知の成沢は彼女の言動を訝しがる。その席上、本城(三浦翔平)は自分に映里子の説得を任せて欲しいと言い出す。映里子は美麗に全てを任せて会社から手を引くと密かに考えており、本城はその極秘文書の作成を頼まれていたのだ。全てを任された本城の説得で映里子は宣言を撤回、イベントは予定通り行われることになった。スタッフたちも安心して準備の続きに取り掛かる。

イベント当日、コンテスト候補者のメグ(大野いと)のもとに義母・光子(洞口依子)がやってきた。2人のギクシャクしたやり取りを目撃した珠久里(尾美としのり)は、メグに思い切って思いを打ち明けるようアドバイスする。

そしてイベントの開始直前、塔子が椿親子に仲直りしてもらいたいと言い出した。美穂子はまたかと怒るが、珍しく本城がこれに賛同。塔子と本城の熱弁を聞いた美穂子は2人へのサプライズを提案する。イベントが終わるまでにサプライズの準備を完了しなければならない。鷲尾の指揮の下、成沢までも巻き込んだフォルモントを上げてのサプライズが始まる。
[PR]
by noho_hon2 | 2015-09-24 07:40 | Trackback(2) | Comments(0)

カフェラテがあらわれた!(ドラクエ・コラボ店の看板)
e0080345_6514484.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2015-09-22 06:51 | 街角スケッチ | Trackback | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
貴族探偵 #02
from 刹那的虹色世界
「釣りバカ日誌(2)」1..
from ドラマでポン
「人は見た目が100パー..
from ドラマでポン
貴族探偵 第2話
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 第2話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第2話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第2話
from ぷち丸くんの日常日記
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)