<   2016年 02月 ( 74 )   > この月の画像一覧

臨床犯罪学者 火村英生の推理「ターゲットは火村!美しき悪魔が遂に降臨殺害動機は純愛!?」
e0080345_8481153.jpg火村(斎藤工)は、アリス(窪田正孝)らとともに、ミステリーのお約束、段壁なる黄昏岬へ

朱美(山本美月)の叔父・陽平(大高洋夫)が湯船で殺害された“夜明け前の殺人”、2年前に朱美が慕っていたピアノ講師・夕雨子が殺害された“黄昏岬殺人事件”、6年前に朱美が遭遇した未解決の放火事件“真夜中の放火犯”…

朱美の周りで起きた3つの事件はつながっていると考えたのですね

でも、黄昏岬での殺人事件は「2度、殺された」とは! 衝動殺人に、計画殺人のダブル・パンチ。なんたる不運というか、お気の毒というか…

また、火村は6年前の放火以来、彼女がずっと悩まされている悪夢に秘められた深層心理を解き明かそうとします。

そして、火村は、朱美の夢の光景が実は夢ではなく、現実に見たものなのではないかと指摘

朱美、朱美の従兄弟・正明(鈴之助)、正明の母・真知(高橋ひとみ)、正明の後輩・六人部(山本裕典)。火村は、すべての事件関係者を黄昏岬に呼び出す。彼は、事件関係者の中に犯人がいると断言して挑戦状。

ますます、ミステリーの定番ですね。スタイリッシュな音と映像で魅せるので「そんなバカな」も納得です。

そして、行き着いた結論は…

諸星(長谷川京子)が逃亡。彼女のターゲットが火村に
個人的には、ワトソン・アリス頑張れ、だったのでした。

       (ストーリー)


朱美(山本美月)の叔父・陽平(大高洋夫)が殺害された“夜明け前の殺人”、2年前に朱美が慕っていたピアノ講師・夕雨子が殺害された“黄昏岬殺人事件”、6年前に朱美が遭遇した未解決の放火事件“真夜中の放火犯”。朱美の周りで起きた3つの事件はつながっていると考えた火村(斎藤工)は、アリス(窪田正孝)らとともに黄昏岬へ向かった。

火村とアリスは、鍋島(生瀬勝久)ら警察と協力して黄昏岬殺人事件の手がかりを探す。夕雨子は、崖の下で撲殺された後、さらに崖の上から石を投げ落とされるという、残忍かつ不可解な方法で殺されていた。火村たちは、夕雨子が殺された時に現場近くにいた吉本(平泉成)に話を聞きに行く。吉本は、かつて京都府警の刑事だった。

火村は朱美に話を聞き、6年前の放火以来、彼女がずっと悩まされている悪夢に秘められた深層心理を解き明かそうとする。朱美の夢に出てくるのは、放火で亡くなった庄太郎(田口主将)にガソリンを浴びせる陽平の姿だった。彼女は、自分が庄太郎を憎んでいたと火村に打ち明ける。火村は、朱美の夢の光景が実は夢ではなく、現実に見たものなのではないかと指摘する。

朱美、朱美の従兄弟・正明(鈴之助)、正明の母・真知(高橋ひとみ)、正明の後輩・六人部(山本裕典)。火村は、すべての事件関係者を黄昏岬に呼び出す。彼は、事件関係者の中に犯人がいると断言し、まだ正体を現さない犯人に向けて“挑戦状”を突き付ける。

これまで得た手がかりから、思考をめぐらせる火村。3つの事件のつながりの謎を紐解いていくにつれ、朱美への疑惑がどんどん深まっていき…。その結果、火村自身が戸惑うほどの思いがけない結論にたどり着く…。
[PR]
by noho_hon2 | 2016-02-29 08:37 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

家族ノカタチ「オヤジがダメな女と再婚した本当の理由」
e0080345_8302269.jpg今回は、なにかと盛り沢山。

だけど、印象としては陽三(西田敏行)妻・恵(水野美紀)の事情と奮闘ぶりがインパクトあったかな?

なんだ、別居してたのは、結婚詐欺どころが頑張り屋さんの、人生リスタートに燃えて、看護師さんになるべく、受験勉強を頑張ってたんですね。

しかし、なかなか現実は甘くなくて、チャンスは残り1回… 無事、突破できるとイイのに。

また、葉菜子(上野樹里)の会社でもトラブル。原因究明のために場合によっては、葉菜子がインドネシアへ向かわなければならないというが、翌日には大事なプレゼンが控えていたけれど、なんとか上手に振って、現地に向かうことに。

それにしても、何より気にかかるのは、陽三の体調。大事に至らなければイイですね。

     (ストーリー)

 ある日の朝、大介(香取慎吾)と葉菜子(上野樹里)の前に突然現れた恵(水野美紀)は、息子の浩太(髙田彪我)をタクシーに乗せて走り去ってしまう。大介は慌ててすぐさま陽三(西田敏行)に報告するが、陽三は特に動揺したそぶりも見せない。そんな陽三の様子から、恵と連絡を取っていたことを悟る大介が問い詰めるが、さっさと仕事に行ってこいと陽三は聞く耳を持たない。大介はますます、陽三が結婚詐欺に遭っているのではと心配するが…。

 一方、葉菜子の会社では、注文していたコーヒー豆と別のものが取引先に届くというトラブルが発生。国内の倉庫の問題か? はたまた荷を送った現地の問題か? 取引先への謝罪ほか、原因究明のために場合によっては、葉菜子がインドネシアへ向かわなければならないというが、翌日には大事なプレゼンが控えていた。
[PR]
by noho_hon2 | 2016-02-29 08:29 | ドラマ | Trackback(5) | Comments(0)

真田丸「調略」
e0080345_756579.jpg信繁(堺雅人)、父・昌幸(草刈正雄)から密命をうけて上杉家へ接近に接近するも、失敗。まだまだ海千山千への道は遠いです。

個人的に、印象に残ったのは、北条氏政(高嶋政伸)の「食べる分だけ汁をかける」と、食事を戦略に見立てた怪演ぶり、というか、食べっぷりというか、

お約束の、徳川家康(内野聖陽)のユーモア担当

磔になった、春日様(前川泰之)のショッキングさ、だったかな?

陰謀渦巻く、大人達、怖~~っの巻でした。

    (ストーリー)

北条氏政(高嶋政伸)と上杉景勝(遠藤憲一)。
織田軍が撤退した後の信濃をめぐって、川中島を舞台とした大大名同士の直接対決が迫る。
真田昌幸(草刈正雄)は上杉に臣従したように見せかけ、北条への寝返りを図る。
昌幸の命を受け信繁(堺雅人)は上杉軍に潜入。
旧武田家臣の春日信達(前川泰之)への調略に挑む。
父の期待に応えようと奮闘する信繁。
しかし、昌幸の策には、信繁にも明かされていない真の狙いが隠されていた…
[PR]
by noho_hon2 | 2016-02-29 07:47 | ドラマ | Trackback(13) | Comments(0)

怪盗 山猫「遂に決着!巨悪の正体を暴け!」
e0080345_5334671.jpgますます、遊び心満載。まさか「間違い探し」に CM前の文字!

あいかわらずハイ・テンションで独特の世界を展開させつつ、ディテールでも楽しませてくれます

殺人容疑のかかる勝村(成宮寛貴)を救った山猫(亀梨和也)
彼は、藤堂(北村有起哉)都知事こそが、ウロボロスの黒幕と確信

あと、関本(佐々木蔵之介)、関本、犬井(池内博之)、さくら(菜々緒)が縦横無尽。

でも、黒幕ぶりが山猫によって、明るみにされ、藤堂の死で幕を閉じた今回、今後は、どう展開する?

        (ストーリー)

山猫(亀梨和也)は、殺人容疑をかけられて捕らわれていた勝村(成宮寛貴)を救い出した。犬井(池内博之)は、逃亡した勝村を血眼になって捜す。彼の狙いは、勝村と一緒にいる山猫だった。東京では、暴力団の侠武会、アジアンマフィアのサーペントという2つの組織の関係が悪化。その裏には、武装集団ウロボロスが絡んでいた。

山猫は、ウロボロスの黒幕が都知事の藤堂(北村有起哉)だと断言。しかし、藤堂は、自分の命を狙うウロボロスからの脅迫状が届いたことをマスコミに発表する。そんな中、侠武会の幹部3人が射殺されるという事件が発生。ウロボロスの正体がサーペントではないかという疑いが強まる。侠武会とサーペントはいつ抗争が起こってもおかしくない一触即発状態に。山猫は、藤堂がウロボロスの黒幕だという証拠をつかむために奔走するが…。
[PR]
by noho_hon2 | 2016-02-28 05:28 | ドラマ | Trackback(5) | Comments(0)

相棒 Season14「物理学者と猫」
e0080345_518335.jpg賛否両論の中で、随分、チャレンジ精神旺盛な実験作でしたね。

右京さん(水谷豊)が指パッチンするごとに変わっていく現実、というかディテール。

私は、SFチックで不思議な相棒が観られて「へ~~っ」でした。

でも、相棒名物、やはり「証拠品を返却に行き」巻き込まれちゃうあたり、個人的にウケたりして (^^*)

不思議パラレル・ワールド世界には、黒猫がお似合いで印象的でした。

      (ストーリー)

 右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、遺留品の返却で帝都大学を訪れる。次世代機器として注目を集めている量子コンピューターの核となる実験に成功した成田知子(大沼百合子)という物理学者の遺留品だった。彼女は、実験中のアクシデントで死亡し、警察ではそれを事故死として処理していた。道すがら遺留品の中にあった古いノートを見ていた右京は、数式のかたわらに『RT』という文字が書かれているのが気になる。

そこで、知子と交流のあった准教授・堀井(正名僕蔵)から話を聞いてみようと研究室を訪ねると、中には一匹の黒猫の姿も。物理学者と猫という組み合わせに、『シュレディンガーの猫』という現代物理の考え方を連想した右京。それは、猫を中が見えないケージの中に入れた場合、「猫が生きている世界」と「死んでしまった世界」の両方が同時に存在し、蓋を開けた瞬間にどちらの世界になるか決まるという考え方。

右京、亘、そして堀井がそんな話をしていた午前9時20分。突然、学内の非常ベルが鳴り、右京たちは“ある人物が死んでしまった世界”へと進む。しかし、その世界は、“午前9時20分を境に同時並行的に存在する世界”のひとつに過ぎなかった。

繰り返される世界は、妄想か、異世界か、それとも時間遡行か!?
ノーベル賞級の発見をした女性物理学者の死の真相とは?
迷宮を抜け出した先に驚きの真実が待ち受けていた!
[PR]
by noho_hon2 | 2016-02-28 05:14 | ドラマ | Trackback(8) | Comments(0)

スミカスミレ 45歳若返った女「45歳下と初キス!!彼の家に婚約者が!?」
それにしても、化け猫・黎(及川光博)、毎回、絶妙のタイミングであらわれて、澄(松坂慶子)化した如月すみれ(桐谷美玲)のピンチを救ってくれますね。

なんでも、もっとも幸せを感じた瞬間に心の底から出る“ある言葉”を口にすれば、すみれは完全に人生をやり直すことができるということ。

キャンパスで逐一、感激をクチに出してみるすみれが可愛かったです。

今回は、初めてのバイトを経験し、初スマホでメールまで。ついに彼氏の真白勇征(町田啓太)に、ライバルの意地悪にもめげず、手作りプレゼントもできたし、ファースト・キスまで

幼馴染にも出会えて、「親戚として」想いを伝えることができてヨカッタですね。

しかし、真白(リッチマン)の家の蔵でペットが出産。赤ちゃんに感激して言った言葉がキーワードで、封印されてた黎の恋人の登場とは!

悪霊退散!に燃えるコヒさんといい… どうなる?

      (ストーリー)

 憧れの人・真白勇征(町田啓太)から、遂に愛の告白をされた如月すみれ(桐谷美玲)。体は20歳だが、中身は65歳の澄(松坂慶子)であるすみれは、その長い人生の中で初めて男の人と付き合うことに! これまで味わったこともないようなドキドキ感と幸福感に包まれながら、青春を謳歌し始める。

 そんなすみれに、澄を若返らせた化け猫・黎(及川光博)が、願いを成就させるための条件を提示してきた。なんでも、もっとも幸せを感じた瞬間に心の底から出る“ある言葉”を口にすれば、すみれは完全に人生をやり直すことができるという。だが、黎がその言葉が何かを教えてしまえば、すべては破綻してしまう掟。その日から、すみれは“鍵となる言葉”を探し始めるのだが…。

 そんな中、すみれは真白への手作りプレゼント制作に熱中。と同時に、親友の由ノ郷千明(秋元才加)とともにファミリーレストランで、人生初のアルバイトを始める。何かを急ぐかのように寝る間も惜しみ、“若い頃にできなかったこと”をどんどん体験していくすみれ。その姿をそばで見守っていた黎は、心配を募らせ…。
[PR]
by noho_hon2 | 2016-02-27 06:34 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

わたしを離さないで「最終章へ…再会の夢近づく終末に望むのは許しと愛」
内側に複雑な思いと、密かな歴史を胸に、美和(水川あさみ)の介護人として働き続ける恭子(綾瀬はるか)

そして、既に提供が始まっている友彦(三浦春馬)の関係が、じっくりと描かれました。

物語最初の頃から思ってたのですが、計算し尽くされた、質素で地味なファッションが、逆に彼等彼女等、本来の美しさをきわだたせてる気がするのは私だけ?

友彦、介護人を募集してて、やってきた彼女が「美人で巨乳」と知り、てっきり恭子だと喜ぶさまが可愛かったです。その分、激しく落胆して気の毒。でも、彼女も優しい人で、体調を崩した彼のために代筆してくれたりしたんですよね。

恭子は美和の介護人として、“3種同時提供”の通知を受け取りました。知らせるのも、介護人の役目だそうです。

てっきり、パニックを起こして取り乱すと思ったら平然と受け止め、友彦を連れて3人で陽光へ行きたいと言い出します

でも、そこは解体され、あまりにも荒涼とした場で… 以後、どうなる?

      (ストーリー)

さまざまな思いを抱えながらも、美和(水川あさみ)の介護人として働き続ける恭子(綾瀬はるか)。友彦(三浦春馬)から介護人のリクエストがきたことに気付きつつも、気持ちの整理がつかず、いまだ決めきれずにいた。

そんな中、恭子は回復センターの職員から、美和の次の提供に際しての資料を受けとる。提供の告知は介護人の務めであるため、意を決して資料の中身を見ると、そこには“3種同時提供”の文字が。

実質的に即時解体と同義であるその決定を前に恭子は必死に詰め寄るが、職員はもう決まったことなのでと取り合ってくれず、途方に暮れる恭子。

一方、美和は自分の最後の望みとして、友彦を連れて3人で陽光に行きたいと言い出す。
[PR]
by noho_hon2 | 2016-02-27 06:25 | ドラマ | Trackback(5) | Comments(0)

スペシャリスト「病院が巨大密室に!?致死率100%ウイルスナースの完全犯罪!!」
なんだか、袴田吉彦が出てるだけで、彼が黒幕に思えてしまうのは… (^^;)ゞ

玄豊会総合病院に、7通目の怪文書が舞い込み、宅間(草彅剛)真里亜(夏菜)野方(和田正人)が出向きます。

それを、“玄豊会病院の七不思議”によって解いていく経緯… 宅間善人ったら、自前の白衣までまとい、ノリノリで、周囲に呆れられつつも、

蓋を開けてみると、なんだか、うまい具合に、辻褄があっていくパズル感覚が楽しかったです。

なんだか、テンポよくて、凝りに凝ってた顛末が、ここまで徹すると鮮やか。

面白かったです。

    (ストーリー)

 「玄豊会病院に恐ろしいものが撒かれる」という怪文書が送られ、宅間善人(草彅剛)、我妻真里亜(夏菜)、野方希望(和田正人)の3人が玄豊会病院にやってくる。怪文書はすでに7通も送られているものの、“撒かれる”日時も、具体的な金銭等の要求もなく、捜査一課は総合事犯対応係(仮称)に捜査を任せた形だった。

 同じ頃、松原唯子(芦名星)と堀川耕平(平岡祐太)は、梶村隼男(黒岩司)という男性が撲殺された現場に臨場。物盗りではなく、怨恨の線も薄いことから、何らかのトラブルか事件に巻き込まれた可能性を探るが、宅間は玄豊会病院の怪文書と梶村の撲殺事件が繋がっていると言い出す。なんと梶村は、玄豊会病院の最新セキュリティシステムの開発者だったのだ!

 玄豊会病院では、事務長の山本茂文(袴田吉彦)と外科部長の高沢憲一(池田政典)が宅間たちの応対をしていた。これまで送られてきた6通の怪文書と、7通目の内容があまりに違うもので、しかも不吉な文面だったため、山本は徹底的に調べてほしいと依頼。だが高沢は「わざわざ警察の手を煩わせることでもない」と、捜査介入に難色を示す。

 宅間はこれまでの6通の怪文書はブラフで、今回こそ本当に何かが撒かれるのではないかと推測。その言葉に、高沢もしぶしぶ院内の捜査を認めるのだった。

 院内捜査を始めた宅間たちは、案内ボランティアの女性・馬場小百合(小柳友貴美)たちと出会い、そこで“玄豊会病院の七不思議”について耳にする。その内容が、6通目までの怪文書と一致したことから、宅間は看護師の鳥塚蕗子(逢沢りな)に案内役を頼み、院内の“検査”を開始。すると、七不思議に見せたさまざまな犯罪が明るみになり…!?
[PR]
by noho_hon2 | 2016-02-26 08:37 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

ナオミとカナコ「どうして警察が…だまされた女」
なんだか、いろいろなことが思わぬ方向に転がり始めてますね。

防犯カメラの映像の保管期間は3週間。最初は、どうなることかと… ドキドキ

服部加奈子(内田有紀)は、李朱美(高畑淳子)のもとで働くことに… でも、思いがけぬ妊娠が発覚。

それに、ATMの別角度写真を入手した服部陽子(吉田羊)、小田直美(広末涼子)が愛人疑惑を持ち始めます。それはそれで、仕方なしと思い始める直美

それに、極めつけは、林さん(佐藤隆太=2役)加奈子会いたさに「きちゃった」アクシデントによる、諸々の混乱。

どうなるどうなる?

      (ストーリー)

 小田直美(広末涼子)と服部加奈子(内田有紀)は、マンションの防犯カメラの映像を確認すると言って一歩も譲らない服部陽子(吉田羊)と管理人の坂下(ト字たかお)を訪ねるが、住人のプライバシーにかかわる問題だから見せられない、と言われてしまう。直美と加奈子は密かに安堵するが、陽子はあきらめず、管理会社に事情を伝えてなんとか見られるように調整してくれと坂下に迫る。

 防犯カメラの映像の保管期間は3週間。あと、数日経てば証拠は消えるが、陽子の執拗な追跡に、直美と加奈子は不安が募る。加奈子は、当分、働くことは考えないほうがいいだろうと言うが、直美は加奈子の新たな人生のスタートのためには必要だとし、後日、李朱美(高畑淳子)の面接に一緒に出向く。

 同じ頃、陽子は、興信所へ駆け込み所員の三枝(前川泰之)に詳細を説明。三枝は、服部達郎(佐藤隆太)が失踪した理由は、仕事だけには限らない、女性がらみの失踪なら、土地勘のない上海に逃げる可能性もありうる、との見解を話す。あなたの知らない顔があったかもしれない、と言われた陽子は言葉を失う。興信所を出た陽子は、達郎の銀行の同僚の山本芳樹(近藤公園)に電話をかけ、あることを依頼する。

 別の日、直美は、顧客の斎藤順子(富司純子)の自宅で昼食をごちそうになった。片づけを済ませ帰ろうとしたところに、山本がやってくる。達郎の行方が分からなくなったため、自分が順子を担当している、と聞いた直美は、銀行が行っている達郎に関する追加調査について探りを入れる。そこで直美は、山本の口から驚きの事実を聞き…。
[PR]
by noho_hon2 | 2016-02-26 08:25 | ドラマ | Trackback(5) | Comments(0)

ヒガンバナ~警視庁捜査七課~「禁断の三角関係!教師殺害犯は同僚か教え子か!?」
e0080345_7551019.jpg先週からの続き。新たな事件と並行しつつ、20年前の事件の全貌が明らかになりましたね。

渚(堀北真希)と謙人(DAIGO)が戸籍上で兄弟になりかかってたのは、謙人の父が、渚の父に息子を託そうとしてたから?

でも、父親憎しな謙人は、お茶に毒を盛り、それを間違って飲んだ渚の父が犠牲になって…

また、夏子(酒井美紀)に、腹部を刺された状態の謙人(DAIGO)は、対向車と衝突寸前の事故を起こし病院に搬送。対向車に乗っていた中学校教師・浜岡(篠田光亮)は死亡し、運転者は逃げて、

浜岡は事故のずっと前に死んでたことから、捜査が始まります。

結局、私立女子中学校の熱血教師だった浜岡、転入生・ひなた(川島鈴遥)に接近したことから、美術教師・沙保里(江口のりこ)と婚約を解消。

母親が再婚し、家庭環境が複雑でひねくれてた、ひなた。浜岡の指導をうけてるうちに接近して三角関係に。ついカッとなったひなたに突き飛ばされたものの、打ちどころが悪く志望。(ほとんど、自業自得ですな)

そこで、ひなたは実父を頼って、偽装王作。ところが謙人の車とぶつかり、このような顛末になったのでした。

夏子は、謙人が実父のもとにあらわれ、いさかってる途中、刺してしまった次第。

しかし、20年前の、その事件の手柄から、出世したという七課長のすみれ(大地真央)は娘も引き入れ、何を目論む?

今回は、ちょっと七課のみなさんも奮闘してたかな?

今後、どう続くか、注目

       (ストーリー)

腹部を刺された状態の謙人(DAIGO)は、対向車と衝突寸前の事故を起こし病院に搬送される。対向車に乗っていた中学校教師・浜岡(篠田光亮)は死亡し、事故の過失は謙人にあると判断されてしまう。“体調が回復し次第、謙人は逮捕される”と告げられた渚(堀北真希)は追いつめてしまったのは自分ではないかと責任を感じ、休暇を取るとすみれに申し出る。

しかし、事態は急変。解剖の結果、浜岡は事故の3時間前に既に死亡していたことが判明。謙人の無実を晴らすため、そして事件の真相を暴くために捜査すべきだと雪乃(檀れい)らは渚を説得する。捜査を進めると、私立女子中学校の熱血教師だった浜岡は、美術教師・沙保里(江口のりこ)と婚約を解消したばかりで、その原因として転入生・ひなた(川島鈴遥)の存在が浮上する。渚と雪乃はひなたに話を聞きに行くが、ひなたは一筋縄ではいかないひねくれもので…。

一方、意識を取り戻した謙人に、渚は20年前の事件と先日の火災事故について問い詰めるが、謙人は何も話そうとしない。苛立ちをつのらせる渚に対して、謙人はある衝撃の事実を告げる…。
ついに、明かされる渚の過去!そして謙人が渚に近づいた理由とは!?20年前の事件の全貌が明らかに…!
[PR]
by noho_hon2 | 2016-02-25 10:44 | Trackback(5) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
【陸王】第8話 感想
from ドラマ@見とり八段
火曜ドラマ『監獄のお姫さ..
from レベル999のFC2部屋
監獄のお姫さま (第9話..
from ディレクターの目線blog@..
重要参考人探偵 (第8話..
from ディレクターの目線blog@..
監獄のお姫さま 第9話
from ぷち丸くんの日常日記
明日の約束 (第9話・2..
from ディレクターの目線blog@..
民衆の敵 世の中、おかし..
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)