<   2016年 10月 ( 77 )   > この月の画像一覧

レンタル救世主「秘密がバレた…。その時妻は」
e0080345_08444025.jpg今回の依頼主は、明辺(沢村一樹)の家の隣に住む韮沢(木下隆行・TKO)

韮沢の妻・清美(櫻井淳子)は、ミスワタナベ(千秋)と名乗る女性が主宰する投資セミナーに大金をつぎ込んでいる洗脳を解いて欲しいと依頼されます。

普段、その相場は百万だけど、そういう事情、金欠になってしまった韮沢の、1ヶ月の小遣い5万円で引き受けると、いつも金にシビアな黒宇(大杉漣)が言い出したのと、

妻の紫乃(稲森いずみ)に会社を辞め、レンタル救世主してることがバレてしまわぬよう、ずっと、隠れていた明辺の姿が笑えました。

それにしても、そのセミナーのボスが、千秋というキャスティングも笑えました。

あと、明辺をロイ(勝地涼)が「韮沢さんの案件を見事に解決すれば、レンタル救世主の仕事を奥さんに認めてもらえるかもしれない」と説得して、すっかり、その気になったのも、可笑しくて。

セミナーに参加できるのは主婦限定で、零子(志田未来)が23歳の母という設定で潜入

あいかわらず、零子の無理やりラップと葵(藤井流星)の時間、逆回転画像の謎解きは、不思議な味を出してますね。

エンドタイトルの後が長くて、ついに明辺は、妻の紫乃に全てを告白し、認められましたが、さぁさ、その後は、どうなる?

      (ストーリー)

明辺(沢村一樹)の家の隣に住む韮沢(木下隆行・TKO)が、レンタル救世主を雇いたいとやってきた。 韮沢の依頼は、妻の洗脳を解いてほしいということだった。韮沢の妻・清美(櫻井淳子)は、ミスワタナベ(千秋)と名乗る女性が主宰する投資セミナーに大金をつぎ込んでいた。ミスワタナベのセミナーについて調べると、彼女は参加者に儲け話を吹き込んで金を巻き上げる詐欺師と見られた。

洗脳を解除する料金の相場は、100万円だった。韮沢の経済状態は破たん寸前で、それだけの金額は支払えない。しかし、いつも金にシビアな黒宇(大杉漣)が、5万円で引き受けると言い出す。黒宇は、ミスワタナベの投資セミナーの内部に潜入して、セミナー自体を潰すと張り切る。

明辺は、韮沢の仕事を受けた黒宇に猛抗議。隣人の韮沢に自分がレンタル救世主をやっていると知られれば、紫乃(稲森いずみ)に会社を辞めたことがバレてしまうからだ。そんな明辺をロイ(勝地涼)が「韮沢さんの案件を見事に解決すれば、レンタル救世主の仕事を奥さんに認めてもらえるかもしれない」と説得。明辺は、すっかりその気になる。

明辺は、葵(藤井流星)、零子(志田未来)とともに、投資セミナーに通う清美を尾行。セミナーに参加できるのは主婦限定で、零子が23歳の母という設定で潜入することに。ミスワタナベは巧みな話術で主婦たちを虜にして、必ず儲かる投資法を書いた本を法外な値段で売りつけていた。さらに、清美が登壇し、体験談を語る。清美は被害者ではなく、ミスワタナベの詐欺に加担しているようだった。

 そんな中、明辺はハイジ(福原遥)から、会社を辞めてレンタル救世主になった秘密を彩芽(莉帝)に知られていると聞き…。

[PR]
by noho_hon2 | 2016-10-31 08:44 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)

キャリア~掟破りの警察署長~「隠された驚愕の真相!!」
e0080345_08292222.jpg刑事課の水口(平山祐介)の頭上に高所から花瓶が堕ちてきて、「命を狙われた」と騒ぎます

それを笑いとばしてた、南(高嶋政宏)の娘・めぐみ(駒井蓮)が誘拐された画像が、スマートフォンに入ります。

しかも、その日は、彼女の誕生日。南は全国ネットのテレビ中継で、陳謝するよう、無理難題を突きつけられたのでした。

捜査の指揮をとった警視庁の秋嶋方面本部長(東根作寿英)が憎まれ役として、嫌味たっぷりでしたね。

最初の銃声はフェイクと金志郎(玉木宏)が、見破り、金志郎株がぐぐっ。画像から、監禁場所を一同、足で探すことに。

無事、間一髪でトラブルは回避できてヨカッタ。めぐみちゃんも、金志郎から、粋な誕生日プレゼント。

今回は、見せ場の印籠ならぬ、バッチを取り出すシーンは地味だったけれど、痛快劇としては、マル

半田副所長(柳沢慎吾)が、いいとこもっていったのも印象に残りました。

      (ストーリー)

金志郎(玉木宏)は、副署長の半田(柳沢慎吾)から頼まれて、署員たちの挨拶や身だしなみの抜き打ち検査をしていた。するとそこに、刑事課の水口(平山祐介)が駆け込んでくる。署に来る途中、建物上階から花瓶が落ちてきて命を狙われた、というのだ。南(髙嶋政宏)は、考えすぎだと水口を諭すと、机の上にあった差出人不明の封筒を手に取った。が、その中には、脅迫状とカッターナイフの刃が入っていて…。

南は、家出した女子高生の捜索願や窃盗事件を後回しにして、強盗致傷事件に集中するよう、松本(白洲迅)に告げる。そこにやってきた金志郎は、脅迫状の送り主を見つけてからでもいいのではないか、と南に助言した。だが、南は聞く耳を持たない。金志郎は、水口が南からもらったジャケットを着ていたことから、狙われているのは南だと判断し、ベテラン刑事の元山(半海一晃)に、南を恨んでいそうな人物のリストアップを依頼する。

金志郎は、実里(瀧本美織)とともに、リストアップされた人物を調べ始める。ところがその矢先、南のもとに、娘のめぐみ(駒井蓮)のスマートフォンが入った郵便物が届けられる。その中には、車の後部座席で後ろ手に縛られているめぐみの画像があった。

事件を受け、警視庁の秋嶋方面本部長(東根作寿英)が捜査の指揮をすることになった。そんな中、南は、誘拐犯から、全国ネットのテレビ中継で謝罪するよう命じられ…。

[PR]
by noho_hon2 | 2016-10-31 08:29 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

IQ246~華麗なる事件簿~ 「恋が揺るがした執事の忠誠心」
e0080345_07540153.jpg今回のゲストは、滝乃川美晴(観月ありさ)で、賢正(ディーン・フジオカ)の高校の同級生

カリスマ主婦モデルとして有名で、夫は不動産会社経営とセレブ

沙羅駆(織田裕二)の演技には馴染んできたけれど… オハナシは、今ひとつ、だったかな?

でも、ディーン様の出番が多かったので、まだしも溜飲が下がったのでした。

    (ストーリー)

沙羅駆(織田裕二)と賢正(ディーン・フジオカ)は、フットマッサージ店で女磨きに励む瞳(新川優愛)と奏子(土屋太鳳)を迎えに行った先で、賢正の高校の同級生・滝乃川美晴(観月ありさ)と再会する。

美晴は近頃カリスマ主婦モデルとして活躍しており、しかも夫は不動産会社を経営するやり手の社長・滝乃川隆文(高木渉)ということで、世間の女性たちがうらやむセレブ生活を送っていた。久々の再会に、お互い感慨深げに喜ぶ賢正と美晴。二人は近いうちにまた会おうと連絡先を交わして互いにその場を後にする。

ところが、数日経ったある夜。美晴の夫・隆文が自宅の書斎で刺殺される事件が起こる。犯人は隆文との間で金銭トラブルを起こしていた工場の経営者・下村辰也(岡田浩暉)で、なんと下村も隆文の傍らで頭から血を流して絶命していた。第一発見者である美晴の証言と現場の状況証拠から、事件は隆文を逆恨みした下村が滝乃川家に侵入し、隆文に襲い掛かって刺殺。その際もみ合った拍子に下村も花瓶で頭を殴られて死亡したと判断される。

自宅で巻き起こった突然の悲劇により幸せなセレブ生活が一変する美晴の身を案じる賢正。しかし、沙羅駆は美晴の不可解な言動に疑念を抱き始める……。

そんな沙羅駆に対し賢正は美晴を擁護。美晴を巡り、沙羅駆と賢正との間に亀裂が生まれてしまう。

[PR]
by noho_hon2 | 2016-10-31 07:54 | ドラマ | Trackback(6) | Comments(0)

真田丸「軍議」
e0080345_07441626.jpg幸村(堺雅人)が、蟄居を脱し、大坂方に回ったことで、信之(大泉洋)は、おろおろ

2人の息子、信吉(広田亮平)信政(大山真志)を大坂に向かわせた後だったので、姉の松(木村佳乃)に京へ向かって欲しい、と告げます

家康(内野聖陽)は、片桐且元(小林隆)と共に、策を練りはじめます

その頃、大阪では、秀頼を中心に、前に取り決めた、五人衆、明石全登(小林顕作)後藤又兵衛(哀川翔)毛利勝永(岡本健一)、長宗我部盛親(阿南健治)らとの合議で喧々諤々

茶々(竹内結子)は、事前に、幸村に、秀頼(中川大志)を死なせないで、と頼みます

ひとり幸村は、家康のいる京都へと攻めに出る論を力説しますが、あとの4名は籠城派に

結局、説得して、責めへと説得に傾きかけ、秀頼も納得しかけていたのですが、茶々の鶴の一声で、再びひっくり返ってしまったのでした。

嗚呼、会議は踊る…

あの信繁時代の茶々の予言「私達、同じ日に死ぬの」は、どう関わってくるのでしょうか?

あと残り数回…

     (ストーリー)

徳川軍が大坂城に迫る中、茶々(竹内結子)は幸村(堺雅人)と密かに会い、ある願い事をする。一方、秀頼(中川大志)の御前で五人衆を集めての軍議が開かれる。幸村だけは、家康(内野聖陽)のいる京へ攻め込むことを主張するが、みな反対する。次第に勝永(岡本健一)は幸村の意見を認めるようになるが、又兵衛(哀川翔)だけは籠城すべきだと猛反対し続ける。そして、ついに秀頼が決断をくだすときが訪れる…。
[PR]
by noho_hon2 | 2016-10-31 07:45 | ドラマ | Trackback(12) | Comments(0)

デスノート 逆襲の天才
結局、『デスノート』と『デスノート the Last name』の総集編でした

初めて見る方には、はしょりすぎて、やや不親切だった… かも。

だけど、これをオンエアすることにより、ますます十年前の前作の、藤原竜也、松山ケンイチ、戸田恵梨香の神キャスティングぶりを再確認することになった気がするのは私だけ? (^^;)

[PR]
by noho_hon2 | 2016-10-30 16:33 | 映画 | Trackback | Comments(0)

スニッファー 嗅覚捜査官 「スナイパー連続狙撃事件!霧に消えた悲しみの匂い」
e0080345_06383839.jpg華岡(阿部寛)の元妻・片山恵美(板谷由夏)と、娘・美里(水谷果穂)、登場。

でも、のっけから平手打ちをくっちゃいました。いろいろ事情がありそうです。

その傍らで、白昼のオフィス街で、狙撃事件が発生。

でも、華岡の嗅覚は、多くのことを感じ取り… まるで、外国ドラマみたいで、かっこいいです。とても、雰囲気。

個人的には、トータス松本の登場が嬉しかったのでした。

    (ストーリー)

オフィス街で狙撃事件が発生する。射殺されたのは、経済界の重鎮だった。犯行現場を訪れた華岡(阿部寛)は、古いライフル銃を使うときに弾に塗る物質・パラフィンのにおいに気付く。かつて競技射撃の代表選手だった小向(香川照之)は、当時の仲間・仙崎(トータス松本)に目星を付け、彼の行方を探る。そんな中、今度は銀行の頭取が撃たれる。現場に残されていたわずかな花の香りを手掛かりに、華岡は事件の真相に迫っていく。

[PR]
by noho_hon2 | 2016-10-30 06:38 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

相棒 Season15「人生のお会計」
e0080345_06271493.jpg人生、残り、幾ばくもない、と知った、保険会社の落ちこぼれ営業マン、谷中(石井正則)が飛び込み営業した先は、思いがけぬ、山本(十貫寺梅軒)の自殺寸前な現場。

彼を助け、その事情を聞く内、同情して、彼なりに人生最後の大勝負?!

拳銃を手に入れたり、速攻、入れ墨を入れたり、なぜ、そうなるの?ではありましたが、ちょっと薄味な、初期相棒のオマージュな印象をうけました。

新しい脚本家さんの作品だったのですね。チャレンジ精神はかいたい、です。頑張れ、相棒。

       (ストーリー)

ある日、谷中(石井正則)という保険会社の落ちこぼれ営業マンが、医師から余命いくばくもないと告げられる。谷中は突然の宣告に戸惑いながらも、孤独な身の上をかんがみて、「今までしたくても出来なかったことをやろう」と思い立つ。

そんな折、営業でたまたま飛び込んだアパートで、山本(十貫寺梅軒)という年配の男性が、自殺しようとしている現場に出くわす。行き掛かり上、自殺を思いとどまらせた谷中は山本から、娘を死に追いやった男に復讐したいものの、行方が分からないため人生に絶望したという話を聞く。

それから三週間後、山本が自室で殺害されているのが発見された。亘(反町隆史)は、どういう風の吹き回しか、「勉強させてほしい」と伊丹(川原和久)に取り入り、その事件の捜査を“見学”することに。

一方、独自に動き始めた右京(水谷豊)は、被害者の仏壇に谷中の名刺が置いてあったことが気になり、勤務先の保険会社を訪ねる。

するとそこに伊丹たちが乗り込んでくる。山本は最近、谷中の勧めで保険に入っており、受取人が谷中になっていたため、事情聴取で連行するという。ところが、その後、谷中に確かなアリバイがあることが分かり、一課は疑いを抱きながらも解放せざるをえない状況に。

その頃、右京は、山本の娘が10年前、田島(渋江譲二)という男に貢ぐために横領事件を起こし、自殺したという情報を掴んでいた。一旦は捜査一課に帯同していた亘だったが、今回の殺人事件と田島の繋がりが気になり、右京と共に田島が勤めていたホストクラブに足を運ぶ。

すると、数日前に谷中が田島のことを聞きに店を訪れ、なぜか数百万円もの大金を散財していたことが分かる。

10年前の女性の自殺と現代の保険金殺人に繋がりが!?
余命宣告を受けた落ちこぼれ営業マンの暴走の理由とは?
右京と亘がそれぞれの視点から奇妙な保険金殺人に挑む!

[PR]
by noho_hon2 | 2016-10-30 06:28 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)

家政夫のミタゾノ「覗かれる女子アナ!!嫁にしたいNo.1の秘密…乱れた私生活と隠された双子!?」
e0080345_06213152.jpgもう、あやしい三田園薫(松岡昌宏)の強烈キャラ!に圧倒されっぱなし。(追跡姿なぞ、迫力ありすぎ)

しかも、派遣されたのは、シングル・マザーを隠してる人気アナウンサー木杉舞(小林涼子)の家だったから、なかなか… でした。

同居する舞の母・登代子(山口智恵)。持病のヘルニアが悪化し、入院を余儀なくされたから… らしいです。

しかし、次々と起こる事件、舞の周囲に現れるストーカーらしき男の影。不思議なバースディ・プレゼント。

でも、展開は、ちょっと、ブラック・コメディっぽくて、目をパチクリ… だったのでした。

むしろ、世間の評判に興味津々

    (ストーリー)

 『むすび家政婦紹介所』に依頼が舞い込み、三田園薫(松岡昌宏)と花田えみり(清水富美加)が派遣されることになる。その派遣先とは、なんと“キスパン”の愛称で人気を博している女性アナウンサーの木杉舞(小林涼子)の家だった! 

 人気アナウンサーの家で働けることで浮かれるえみりだったが、世間のイメージからはだいぶかけ離れた舞の態度の悪さを目の当たりにすることに…。さらに独身だと思われていた彼女がふたりの子持ちだったことを知る!

 実は家政婦紹介所に仕事を依頼したのは同居する舞の母・登代子(山口智恵)。持病のヘルニアが悪化し、入院を余儀なくされた登代子が子どもたちの面倒を見られなくなることを懸念して家政婦を雇ったのだった。「そんな必要はない」と三田園たちを追い返そうとする舞。だが衣装にべっとりと付いてしまったガムを綺麗に取り去る、という三田園の鮮やかな家事テクニックに救われた舞は、「子どもたちのことは絶対に秘密にすること」を条件にふたりを雇い始める。

 さっそく仕事を開始するも、いつものごとく依頼主の家庭の秘密が気になる三田園。子どもの父親はいったい誰なのか――業務の傍ら秘密を探り始めると、徐々に木杉母子の闇が見え始める。そして舞の周囲に現れるストーカーらしき男の影が見え始め、さらには不気味なプレゼントまで届き…?

[PR]
by noho_hon2 | 2016-10-29 06:21 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)

Chef~三ツ星の給食~「最高に美味しいナポリタン」
e0080345_07503537.jpg光子(天海祐希)、自分が作って唸らせた給食より、コンビニ唐揚げを美味しい、という子供達に、プロ根性と負けず嫌いから、対抗心、メラメラ

多くの種類のトマトを買ってきて、自らの舌で味見し、食材を選びます。

ただ、給食としては予算オーバー。そこで裏技。熟しすぎで市場にむかないものを安く分けてもらうことに。

その傍ら、フランスのファッションブランド「ミッシェル・ブランショ」の金沢(西村和彦)がオファーにやってきて、3ヶ月待つ、と言ってますが、光子。そんなに待たせないと断言します。

テレビ番組は好評。さらに、今回のメニューは、ナポリタン。大人も子供も同じメニューで「最高に美味しい」と言わせるのを目指し、成功したのでした。結果は「こんなの食べたことない」と大好評。

でも、お店の事情。風向きが変わってきて、光子もさらに高みな欲が出てきたみたいです。どうなる?

      (ストーリー)

自分が作った給食よりも、コンビニの唐揚げ「ウマチキ」の方が「美味しい」と言われショックを受けた光子(天海祐希)は、子供たちに自分が作った給食を「最高に美味しい」と言わせるまで学校に残ると決断。それを聞いた荒木(遠藤憲一)や晴子(川口春奈)らは、光子の料理にかけるプライドに驚きを隠せない。

同じ頃、光子を訪ねてフランスのファッションブランド「ミッシェル・ブランショ」の金沢(西村和彦)がやってくる。店舗の最上階にオープンするフレンチレストランのシェフへのオファーは断られたが、光子以上のシェフはいないと熱望する社長が、3ヵ月間待つと言っているという。光子は、そんなに待たせるつもりはない、と断言する。

そうはいっても、給食作りでの苦戦は続いていた。その様子を映したテレビ番組は、相変わらず人気で、篠田(小泉孝太郎)も光子の動向を気にしていた。番組プロデューサーの早紀(友近)は、視聴者は光子のさらなる悪戦苦闘が見たいのだ、と不敵な笑みをもらす。

そんな折、親子で一緒に給食を食べる学校行事が行われることになり、メインがナポリタンだと発表された。どうしたら同じ料理、同じ味付けで、親子ともに「最高に美味しい」と言わせることができるのか。光子はアイデアを巡らせる。

ところが、小松(荒川良々)から、子供向けに作ったものを最後に大人向けに調味するのだ、と聞かされ不快感を示す。今まで同じ料理で味付けを変えたことはないという光子は、自分なら全く同じ味付けのナポリタンで、大人にも子供にも「最高に美味しい」と言わせる自信がある、と胸を張る。

[PR]
by noho_hon2 | 2016-10-28 07:52 | ドラマ | Trackback(5) | Comments(0)

土曜ドラマ『スニッファー 嗅覚捜査官』
e0080345_07333900.jpgネットでの評判がヨカッタので、再放送で見てみました。

聞くところによると、世界的ヒットのリメイクだそう、ですってね。

なるほど。華岡(阿部寛)と刑事・小向(香川照之)の、凸凹コンビが、すごく味で、ナイス。

シリアスと、オトボケの混じったユーモラスさ、かっこよさが味わえ、お得気分になりました。

細かい部分は分からなくても、面白い!

山場の、起爆装置解体で、匂いで相手の思考を嗅ぎ分けるあたり、斬新だったのでした。

音楽やテンポもよくて、これは楽しみです。

     (ストーリー)

国会議員のパーティーが行われた豪華客船で不審な人物をにおいで嗅ぎ当てた男がいる。それは人並み外れた特殊な嗅覚を駆使して事件解決に協力するコンサルタント・華岡(阿部寛)で、米国では‘スニッファー(においを嗅ぐ人)’と呼ばれていた。一方、警視庁に新設された特別捜査支援室では、所轄の組織犯罪対策課から異動してきた刑事・小向(香川照之)が華岡と組むことに。謎の凶器で要人が次々と狙われる事件に挑む。

[PR]
by noho_hon2 | 2016-10-27 07:34 | ドラマ | Trackback(5) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
民衆の敵~世の中、おかし..
from ディレクターの目線blog@..
コウノドリ[2] 「第9..
from ディレクターの目線blog@..
日曜劇場『陸王』第八話
from レベル999のFC2部屋
大河ドラマ『おんな城主直..
from レベル999のFC2部屋
NHK大河ドラマ「おんな..
from 真田のよもやま話
【おんな城主 直虎】第4..
from ドラマ@見とり八段
おんな城主 直虎 第49..
from みはいる・BのB
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)